タグ:トルコ料理 ( 521 ) タグの人気記事

ひき肉入りス・ボレイ。

f0232763_18481697.jpg



ここで何度も登場しているから、
繰り返し言わなくても良いのかもしれないけれど・・・

ボレキというのは、トルコでは薄い皮を使って作った粉ものの総称。

トルコ風の定番ボレキ以外にも、
春巻きなんかも、トルコ語でいえば、
中国のボレキ(Çin Böreği)となります。



今回のス・ボレキ(Su Böreği)は、
定番のボレキのひとつ。
トルコのどこでも食べらているボレキです。






f0232763_18481852.jpg


特徴はというと、

のばした生地を一回茹でてから、

具を入れながら、重ねて、オーブンで焼きます。


イタリアのラザニアと似ていますね。



たいてい、
ひき肉入りとチーズ(白チーズ)入りの2種類があって、
ひき肉入りの方が、断然おいしい!!って思いますが、

アダナ(南アナドリアの都市)にある、
『Levent Börekçilik』っていうボレキ屋さんのチーズボレキは別格のようで。
遠いし、南の方だから(南=シリアに近い=治安が不安)、
なかなか気軽には行けそうにないですけど。








映像を見ているだけでも、
ものすごく、おいしそうなのが伝わってきますよね。

調べたら、イスタンブルやイズミルにも支店を出しているみたい。
アダナよりも、立ち寄れる確率が上がりました。





ひき肉のス・ボレイのレシピ、
貼り付けておきます。
工程の途中を写真入りにしたけれど、
粉ものを伸ばしながら、写真を撮ると、カメラまで汚れるのがねぇ~。
みんなどうやって撮っているのだろ??









[PR]

by akdeniz_tk | 2018-04-11 12:00 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(6)

イチゴでマグノリア。

f0232763_12492964.jpg



イチゴのシーズンになると、
なんだかお菓子が作りたくなってきます。

正確にいえば、
作りたくなるというよりは、作らなくては!!
っていうような無意味な義務感の方かも。


イチゴが安くなれば、普通のショートケーキやフレジエ。

もっと安くなれば、コンポートやシャーベットも良いなぁ~。


とにかく、作りたいものだけはたくさんあります。











f0232763_12493255.jpg


トルコで、マグノリア(magnolia)といわれているスィーツ。

マグノリアは、普通、木蓮のこと。
なんで、このお菓子がマグノリアになるのかは知りません。


もしかしたら、Magnolia Bakeryのプディングに似ているからかも??
(トルコの伝統的なお菓子じゃないから、その可能性もありだと思う)





レシピ残しておきます。





[PR]

by akdeniz_tk | 2018-04-09 13:12 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(4)

ひき肉と茄子のサジボレイ。

f0232763_15502363.jpg



ほんと、今年の冬は寒いですね。

動くのが億劫になってしまい、
した方がよいコトはもちろん、
しなきゃいけないコトでさえ、
ついつい後回しにしちゃっています。
・・・そのうち、ツケが回ってきそうで怖いけど。








f0232763_15502704.jpg


まだあんまり寒くない頃、
ギョズレメを作りました。

Gözleme=Sac böreği

鉄板で焼くボレキの一種です。
  ※ボレキは、薄い皮を使った粉ものの総称



ひき肉と茄子入りです。













料理・お弁当部門に応募します。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]

by akdeniz_tk | 2018-01-31 12:00 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(3)

クルユフカを使ったほうれん草とひき肉のボレキ。

f0232763_14552657.jpg



クルユフカを使ったボレキです。


クルユフカは、少し前にUPしているけれど、
乾燥させて日持ちするようにしたユフカ。




食べる前に、湿らせて、パンの代わりにしたり、
そのまま食べるのではなく、ボレキをつくったり・・・。





f0232763_14552983.jpg



オーブン皿が小さかったので、フィリングを2段重ねにしちゃったけど、
もう少し大きい器や天板をそのまま使って、
ユフカ、フィリング、ユフカの3層にするのが普通かな?



作り方のレシピ、リンクしておきます。
























第2回プラチナブロガーコンテスト

料理・お弁当部門に応募します。











[PR]

by akdeniz_tk | 2018-01-25 14:51 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(4)

乾燥ユフカ。

f0232763_13452783.jpg







村のお母さんが作っていた乾燥ユフカ(クル・ユフカ)。

ギュンルック・ユフカと違って、
パリパリに乾燥しているから、日持ちがします。


普通は、大きく作るのだけど、
日本で使いやすいのは、黒海地方で見かけた小さめサイズ。






f0232763_13453075.jpg


パン代わりに、主食として食べるときは、
霧吹きで水を吹きかけてから、大きな布で包んで、しばらく置いて、
しんなりさせます。


他にも、クル・ユフカを使って、ボレキを作ったりもできますよ。







レシピ残しておきます。









第2回プラチナブロガーコンテスト

料理・お弁当部門に応募します。











[PR]

by akdeniz_tk | 2018-01-21 12:00 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(4)

テプシ・マントゥ(シニ・マントゥ)。


f0232763_10401638.jpg



一時期、マントゥの試作を続けていました。

マントゥは、トルコのトルテッリ(もしくはミニミニ餃子)なんですけど、
スタンダードなものから、変わりものまで、いろいろあるんです。




スタンダードタイプは、
以前、カイセリのお母さんが作っているところをUPしていますので、
そちらで。







今回のは、シニマントゥとかテプシマントゥって言われるタイプのマントゥ。
シニもテプシも要は、お盆(トレイ)。

水餃子みたいに茹でるのではなく、オーブンで焼くタイプです。





f0232763_10402642.jpg


1.5cmぐらいの四角い生地の中に、
ほんの少し、具を詰めて、
両側をくっつけて、









f0232763_10402187.jpg


トレイの上に(わたしはスキレットにしたけど)並べます。




で、オーブンで焼いて、
途中、トマトソースをかけて、さらに焼いて・・・。










f0232763_10402950.jpg


完成!!

今回の反省点。
マントゥは、焼くと小さくなるので、
(茹でると少し膨れるくせにね)
もっとギュッと詰めて並べた方がよさそう
(ただし、労力も増えるけど)


でも。この労力を考えると、
気軽なお値段のお料理として出すのは、難しそうです。。。
(だって、数人分作るだけでも、何時間もかかるのだもの)



レシピは残しておいたので、リンク貼っておきます。
頑張ろう!!って気合が入ったときに、作ってみてください。







第2回プラチナブロガーコンテスト

料理・お弁当部門に応募します。





[PR]

by akdeniz_tk | 2018-01-18 12:00 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(2)

コンヤ名物、トリット。

f0232763_00254338.jpg



コンヤにもう一度行きたいと思ったのは、
本場で食べたいコンヤ名物がいろいろあったので。

Bamya çorbası
Arabaşı Çorbası
Çebiç
Düğün Pilavı
Etli Ekmek
Etli Topalak
Höşmerim
Saç Arası
Fırın Kebabı
tirit

他にも、
Yağ Somunu
Mevlana böreğiなど、ざっと挙げても、こんなにあるのです。


フルンケバブとか一部のお料理は、コンヤ以外の都市でも、
名物だったりしますけどね。



f0232763_00165502.jpg


アンタルヤにあるコンヤ料理屋さんで、
tiritを食べました。



f0232763_01494113.jpg

tirit。
石釜焼きのパンの上に、
ヨーグルトやバターやスープストックをかけて、
コンヤから仕入れた牛肉のグリルがのったお料理です。






f0232763_00080303.jpg

kavruma tirit
カブルマを乗せたtirit。

お味は、ほとんど変わりません。








f0232763_00275415.jpg


お肉の山の下は、こんな感じ。








f0232763_02014350.jpg

コンヤ名物じゃないけど・・・。
エキメッキ・カダイフ。

とっても甘いけど、でも、
好きなトルコスィーツのひとつです。





第2回プラチナブロガーコンテスト

料理・お弁当部門に応募します。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]

by akdeniz_tk | 2018-01-17 12:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(4)

乾燥オクラのスープ。


f0232763_00465215.jpg




いつかUPしようと思いつつ、早や1年以上。。。
久しぶりに、トルコの話題でも。



トルコ居るうちに、行きたいトコは、
いろいろありましたが、

働いているときは時間が取れなかったし、
仕事をやめてからも、いろいろ講座を取っていたので、
なかなか遠出ができず、


結局、行けたのは、エーゲ海地方と黒海地方だけ。



行ったことある所で、もう一度行きたかったのが、
ハタイ、アンテップ、コンヤ。

一度も行けなかったのが、
エディルネ、トカット、ヴァン、エルズルム。


トルコの地名に馴染みがない人も多いと思うので、地図。
赤い●のついたとこが、行きたかったトコです。

f0232763_12094167.png


そもそも。ハタイは、『退避勧告』が、
アンテップ、ヴァン、エルズルムは、『不要不急の渡航はやめてください』
っていうのが外務省の危険情報として出ていた(今も出ています)ので、
なかなか気軽には行けないですよね。

『不要不急の渡航』っていうことは、用があったらしょうがないのかな?
って思ったりもしたけど・・・。



コンヤに行けなかったけど、
アンタルヤにあるコンヤレストランには、何度か行きました。





f0232763_00473702.jpg


名前を忘れちゃいましたが、コンヤのパン。







そして・・・。

f0232763_00083114.jpg

bamya çorbası(オクラのスープ)。












f0232763_00083769.jpg


小指の先ぐらい小さなオクラが入っています。



以前、UPした市場の様子の中に、
調理前の乾燥オクラの写真もあるので、気になる方は、こちらで。














[PR]

by akdeniz_tk | 2018-01-14 12:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(6)

天国の泥。

f0232763_14443114.jpg




トルコ、キリス名物のお菓子、
cennet çamuru(ジェンネット・チャムル)。


日本語に訳せば、『天国の泥』。


どうして、そんな名前にしたんだろ???
って思うけど、インパクトは強いですよね。








f0232763_14443591.jpg


ピスタチオの色があんまりきれいな緑じゃなかったので、
ちょっと茶色っぽく仕上がってしまいましたが・・・。


ピスタチオをふんだんに使って、
上にクロテッドクリーム(本来ならカイマク)を乗せた、
とっても贅沢なお菓子です。










[PR]

by akdeniz_tk | 2018-01-11 12:00 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(2)

シミット。

f0232763_23025450.jpg




トルコのシミット(simit)。


東京などでは、お家でシミットを作っている人も結構いるらしい

とか、


トルコから買って帰る人もいる

とか、って聞いたけど、

胡麻がたっぷりついた、香ばしい香りのシミットは、
日本人の好みなのでしょうね。


でも。シミットと一言で言えないぐらい、
トルコでは、地方によって、シミットもいろいろ。





たとえば。サフランボルのシミット。





ギレスンとか、カスタモヌでは、


胡麻のない、裸(チュプラック)シミット(=サーデシミットともいうけど)とか。




シミット屋さんのシミットは、
発酵を少なめにした、中身がギュッと詰まっているのも多いですが、
pastane simidi(ケーキ屋さんのシミット)って言われるシミットは、
もうちょっとふんわりしていたり・・・。






いずれにしても、朝ごはんや小腹の空いた時には、
シミットやポアチャですよね。

朝ごはんのシミットセットといえば、





以前、シミット屋さんのお話をUPしたこともありました。










f0232763_23025946.jpg


中味がギュッと詰まったシミットは、
焼き立てはおいしいけれど、時間が経つと・・・だから、
パスターネシミド風に、少しふんわりめなシミットを焼きました。













話は変わって、今年の目標!!

やかもずを発展させるってコトがいちばんだけど、
プライベートでは、
『バーラマを頑張る!!』をいちばんの目標にしました。


2016年に始めたけれど、去年はかなりさぼり気味で、
ちっともうまくならなかったので、
今年こそは!!弾き語りは無理だけど、
(歌うと手がおろそかになるし、そもそも、
 トルコ語の歌詞がメロディーに納まらないっ!!・・・字余りになってしまうのです)



目標は高く、
年末には、『bir ay doğar』が弾けるようなレベルになること。





どうやら、この曲を弾きならせるぐらいになると、
『バーラマを弾けます』って良いレベルなんだって。

楽器は日々の積み重ねが大切だから、
毎日、欠かさず練習をするように、頑張ろうと思います。
(12月には、そんな目標を立てていたことさえ、忘れていたりして??)





[PR]

by akdeniz_tk | 2018-01-04 18:00 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(0)