タグ:イスタンブル ( 18 ) タグの人気記事

イスタンブルのトルコ料理屋さん。

f0232763_10544637.jpg




その日の夜、アンタルヤへ移動するので、
お友達と3人で、
早めの夜ごはん。

おすすめのお店に連れていってくれました。



今回、お友達の仕事場の近くウムラニエに初めて行ったのだけど、
ビルは立派だし、人は多いし、車は渋滞しているし、
イスタンブルって、ほんと拡大していますね。。。
地下鉄もできたしね。






f0232763_10545173.jpg



メゼ(前菜)のサンプルが運ばれてきます。
実際に目にして選べると、分かりやすくて良いですね。
っていっても、
今回はまるっとお友達にお任せしたので、
選んでませんが・・・。






f0232763_10545936.jpg


焼きフムス。

普通のフムス(ひよこ豆のペースト)の上に、
パストゥルマという牛の生ハムがのっています。

あたたかいフムス、おいしいです。








f0232763_10551610.jpg



ペルデ・ピラフ。
友だちいちおしのお料理。
生地のペルデ(カーテン)がかかったピラフです。

今まで気にはなっていたけど、ほとんど食べる機会がなくて、
ちゃんとしたのは初めて食べました。
(ホテルのビュッフェで出たことが1回あったけど)

おいしかったですよ~。

こんなコンパクトなサイズのペルデ・ピラフだったら、
気軽に作れそうだな~って思いました。
(大きいと、食べきれないし)




f0232763_10551203.jpg


イチリ・キョフテ。

イチリ・キョフテといえば、揚げたのが好きですが、
トルコ人のお勧めは、茹でイチリ・キョフテ。

『揚げたのは、1個で満足するけど、
 茹でたのは、いくつも食べられるから』だって。


お店で、茹でたイチリ・キョフテを食べたのは初めてでしたが、
予想以上に、おいしかったです。
だけど、日本人の好みとしては、揚げた方かな?

今まで、揚げたイチリ・キョフテをいろんなお店で食べているので、
一部をリンクしておきますね。










イチリ・キョフテのレシピは、そのうちUPしますね。








f0232763_10550301.jpg


そして。このシーズン(6月の終り)の旬の食べ物から、
『KORUK(コルック)・サラダ』。


ブドウの未熟な実のサラダです。








f0232763_10550739.jpg


緑の丸い粒が、コルック。

トルコ人って、アーモンドでも、スモモでも、
未熟な実を(好んで)食べるんですが、
ブドウの実も食べられるんですね。

身体に良い、健康フーズらしいです。
正直、珍しいとは思ったけど、おいしいとは言えず。。。
(今まで、お店で見る機会がなかったので、珍しさはかなりですけど)






f0232763_10551928.jpg


メインは、ミックス・グリル。




で。メトロの駅まで、車で送ってもらって、
(2kmぐらいの距離だけど、ものすごい渋滞で、30分近くかかった!!)、
お友達とお別れしてから、アタチュルク空港へ向かいました。



到着して、がっかりな事に、
飛行機がディレイ。

21:55発だったのに、2時間遅れの表示があって、
『え~、アンタルヤに着くの、深夜1時。
 ホテルに着くのって、2時頃かぁ~』
って思いつつ、

ラウンジ(今回の旅の前に、楽天カードをプレミアムにしていました)で、
コーヒーを飲んだり、ビールを飲んだり・・・って時間をつぶしていたら、



知らないうちに、表示が、

f0232763_20231737.jpg


『3:45分遅れ』に変わっていました。
(上から2番目のがアンタルヤ行き)

1番上の、6時間40分遅れって・・・酷すぎる!!
よりは、マシな気もするけれど、

深夜2時前のフライトって、嫌ですよね。

今回、『ラウンジが使えて良かった~』って何度か思ったけど、
この日は、特に。



結局。
搭乗してから飛び立つまでにも、なぜかかなり時間がかかり、

アンタルヤに着いたのは、深夜3時15分。

荷物待ちのトルコ人女性が、イライラして、
怒っていたり(怒ってもしょうがないのに)、
航空会社にどなりながら電話かけていたり、
疲れているのに、さらに疲れました。。。

ホテルに着いたのは、4時過ぎ。
夜明けまで、あと1時間弱。

なんか、泊まらなくても良かったんじゃない?
って感じでした。。。



[PR]

by akdeniz_tk | 2018-11-10 20:38 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(2)

ベイレルベイ宮殿。

f0232763_10532174.jpg



ウスキュダルのフェリー乗り場から、
バスに乗り換えて、向かったのは、
ベイレルベイ宮殿。


イスタンブルには、たくさんの宮殿があって、
トプカプ宮殿とかドルマバフチェ宮殿とかだと、
日本でも、知っている人が多いと思うけど、
ベイレルベイ宮殿とかユルドゥズ宮殿とかチュラーン宮殿とか
って、興味のある人じゃないと、知らないよね。
(というか、わたしは知らなかったです)




f0232763_10535503.jpg


ドルマバフチェ宮殿に比べるとこじんまりしていますが、
それでも、やっぱり大きいです。









f0232763_10540057.jpg

オスマン帝国のスルタンが夏を過ごす離宮のひとつで、
各国の国家元首を迎えて歓待する、迎賓館としても使われていたそうです。









f0232763_10540395.jpg


近くに見える橋は、ボスポラス大橋。

2年前のクーデター未遂以降、
『7月15日殉教者の橋』と改名しているよう。








f0232763_10540632.jpg

建物の中へ。








f0232763_10540922.jpg


内部は撮影禁止だったので、
(それを知る前に、入り口付近で撮った)1枚だけ。


古びた外観からは想像できないぐらい豪華絢爛でした。








[PR]

by akdeniz_tk | 2018-11-08 22:59 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(0)

再び、アジアサイドへ。

f0232763_11505204.jpg



イスタンブルは、
アジア(アナドリア)とヨーロッパのエリアが存在する不思議な都市。



といっても、外国人にとっては、同じような雰囲気があるのですが、





重大な6つの違いとして、

1.混雑度
2.交通
3.自然
4.静けさ
5.ナイトライフ
6.歴史

があるみたい。

でも。今回、アジアサイドもかなり渋滞していたけどなぁ~。










f0232763_11510089.jpg



この2つのエリアを隔てるのは、ボスポラス海峡。
今では、橋やメトロなどいろいろな方法で移動できますが、
昔からの方法は、海上交通。









f0232763_11510552.jpg


エミノニュからウスキュダルまで、vapur(水上バス)に乗って移動しました。











f0232763_11512199.jpg


混んでいる橋よりも、
地下を走るメトロよりも、
気持ちよく移動できるから、好きです。








f0232763_11511256.jpg


約20分で、ウスキュダルに到着。


この後、この日、最後の観光地へ向かいました。







[PR]

by akdeniz_tk | 2018-11-06 10:49 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(2)

スルタンアフメット地区。

f0232763_11044097.jpg



ベシックタシュから、スルタンアフメット地区へ移動。


イスタンブル観光では、決して外せないのが、
イスタンブル歴史地区として世界遺産にも登録されている、
スルタンアフメット界隈。

いままでも、何度も来ているけど、
トルコ人のお友達と一緒に観光するのは、
よく考えると、初めてかも?





暑い日だったので、まずは、地下宮殿(Yerebatan Sarayı)へ。
(だって、地下は涼しいし・・・)








f0232763_11044525.jpg



でも。工事中だからなのか、
ほとんど貯水されていなかったです・・・。












f0232763_11044912.jpg


メデューサ。

現存する東ローマ帝国の貯水池なのですが、
半分ぐらい工事中で、期待外れな感じでした。
(以前、何度か来ているから、まぁ良いけど・・・)







f0232763_11045271.jpg


アヤソフィアは、かなり混んでいたので、パス。
何度か行ったことあるので、絶対に行きたい!!って感じでもなかったし。。。










f0232763_11045709.jpg


スルタンアフメッドジャーミーには行きました。











f0232763_11050351.jpg


が。ここも工事中。
足場がびっしりで設置されていました。。。




  





f0232763_11050075.jpg


ほとんどの天井が覆われていて、見えたのはこれだけ。




この後、エミノニュのリュステム・パシャ・モスクにも行ったけど、
ここは全面工事中。



なんだか、どこへ行っても、『何度か来ているから、まぁ良いかぁ~』と
自分を慰めるような、ぱっとしない歴史地区観光になっちゃいました。。。

けど、何度も行っているトコだから絶対に見たい!!って感じでもなかったし、
久しぶりに会ったお友達と、
散歩しながら、話をしているだけでも楽しかったです。







[PR]

by akdeniz_tk | 2018-11-02 11:45 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(4)

黒海地方のドネル屋さん(とトルコドラマ『Nefes Nefese』)。

f0232763_11480297.jpg



朝ごはんの後、
ベシックタシュを歩いていたら、
黒海地方のドネル屋さんを発見。


この肉の量に、びっくりしませんか??



お友達曰く
『人気のお店だから、夜になるまでに全部なくなっているよ~』







f0232763_11480751.jpg


『食べて見る?』
ってお友達に聞かれたけど、
朝ごはんの直後には、さすがに無理で、
写真を撮っただけ。


次、イスタンブルに行ったら、
食べてみたいです。








続きは、トルコドラマ『Nefes Nefese』について。
[PR]

by akdeniz_tk | 2018-10-31 11:52 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(4)

ベシックタシュで朝ごはん。

f0232763_11340287.jpg

朝ごはんを食べに、ベシックタシュに行きました。

ベシックタシュ地区には、
朝ごはんのカフェがたくさんあります。


お友達のおすすめは、『carmenta kahvaltı & Brunch』。



朝から、かなり賑わっていましたよ~。






f0232763_11340593.jpg

セルプメ・カフバルト。

セルプメっていうのは、まき散らすっていう意味で、
お皿がたくさん、テーブルの上に散らばるって感じ?

お皿の中は、トルコの朝ごはんの定番、
チーズ、ジャム、はちみつ、オリーブ、ハム、卵、トマトやキュウリなど、いろいろ。







f0232763_11341096.jpg


ピシ(揚げパン)。
は、追加オーダーだったのかな?
(お友達にお任せしていたので、不明)










f0232763_11340811.jpg


そして、メネメン。
これも、確か、追加オーダー。


メネメンって、作る人やお店によって、
全然違いますね。
(基本の卵、トマトは必須だけど・・・)







とにかく。朝からお腹がいっぱい。
しっかりと食べた後は、イスタンブル観光に繰り出しました。




[PR]

by akdeniz_tk | 2018-10-30 17:39 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(0)

イスタンブルで、キョフテとピアズ。

f0232763_344248.jpg


イスタンブル街歩きの続きです。

ケチェ(フェルト)のアトリエ兼ショップを出て、
エジプシャンパザルとリュステムパシャへ行った後、
遅めのお昼ごはんを食べました。


ヨーロッパから帰ってきたばかりだったので、
無難にトルコ料理、キョフテ屋さんへ。

旧市街で、有名なキョフテ屋さんといえば、
Surltanahmet Koftecisi(スルタンアフメット・キョフテジスィ)。


以前アンタルヤの鶏肉のドネルの時にも書いたけど
どうもトルコでは、同じようなお店が隣り合わせになるコトが多いみたいで、
ここもそうでした。





f0232763_3444353.jpg


ピアズ。おいしいんだけど、
アンタルヤのを食べ慣れていると、なんか足りない気がして
(なにかじゃなくて、主にターヒンですが)、ちょっと物足りないかも?

アンタルヤのピアズはこんな感じ







f0232763_3451941.jpg


キョフテ。
キョフテ自体も悪くなかったけど、
さらにおいしいって思えたのは、添えてもらったペースト。








f0232763_3455299.jpg
   




Surltanahmet Koftecisi

Divanyolu Cad. No.12, Sultanahmet
0212(520)0566




これで、イスタンブル編は終わり。

ほぼ半日しか周れなかったけど、イスタンブルって楽しいです。
飛行機のチケットも高い訳じゃないし、日帰りできるのだから、
また、近いうちに行けたら良いなぁ~と思っています。

明日は、アンタルヤのピアズとキョフテをUP予定。
イスタンブルとアンタルヤ。同じお料理でもこう違うってコトで。
(地域だけじゃなくて、お店によっても、さまざまですが)
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-28 04:16 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(12)

トルコの羊毛フェルト(ケチェ)。

f0232763_2243623.jpg



イスタンブルの続きです。

アヤソフィアの中を見学した後、
『盗まれた遺跡を見に行きましょう!』とzeytinさんに連れて行ってもらったのは、
トプカプ宮殿方向にある他の入り口(こっちもアヤソフィアです)。

以前、zeytinさんのブログで読んで興味があったのですが、
(詳しくは、盗まれた遺産1 アヤソフィヤ博物館のタイル画 で)
ここにある、セリム2世廟の入口にある対のタイル。
1つは本物で、1つは偽物なんですよ。
(盗まれたタイル画は、現在、ルーブル美術館に飾ってあるとのコト)


  ※カメラの調子が悪くて、写真は全く残っていません。。。






そして、その後、向かったのは、keçe(羊毛フェルト)のお店。

f0232763_2272410.jpg
   

トルコの人間国宝メフメット・ギルギチ氏のアトリエ兼ショップ、
Ikoniumです。










f0232763_2264890.jpg


フェルトというと薄い単色のシート状のモノ(とか、それで作った小物)とか、
ニードルワークとかのイメージが強いのですが(わたしだけ?)、












f0232763_2262651.jpg


それもあったけど、メインはこっち。布フェルト。

詳しい作り方も、zeytinさんのトコで。


後継者が少ないとのコトだったんですが、
zeytinさんの体験談を読んで、納得しました。

翌日、腕の筋肉痛で手が上がらないぐらいの重労働だし、
それだけ頑張っても、女性が作るモノは、力不足で、
男性に比べると、フェルト化が甘いそうです。。。。








f0232763_2254689.jpg


上の階がショップになっていて、











f0232763_2301993.jpg


下の階は、アトリエ。
ここで、フェルト作業のワークショップもあるそうです。








f0232763_226439.jpg


Ikonium
Binbir Direk Mah. Dr.Sevki Bey Sok. No.6, Sultanahmet Istanbul
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-27 04:01 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(24)

アヤソフィアの天使に会いに。

f0232763_00615.jpg



イスタンブルの旧市街。
久しぶりに、観光客気分で歩いてきました。

とはいえ、行ったのは、ただ1つ、アヤソフィアだけなんですけど・・・。


で。どんだけ『観光客』らしかったか?っていうと、
なんと、なんと、客引きに、日本語で、話しかけられるぐらい!!

ここのとこずっと、客引きにさえ見向きもされないって、
どんだけ日本人力が下がっているんだろ・・・と思っていたから(前回)、
ちょっと嬉しかったです。

声をかけられすぎると、うんざりだけど、
見向きもされないっていうのも、いや。
・・・人間、我儘にできています。







f0232763_003289.jpg


さて。話は、アヤソフィアに戻して・・・。

今まで、何度か行ったコトはあったけど、
いつ行っても、内には、巨大な鉄製の足場があって、
イマイチ雰囲気に浸れる状態じゃなかったのですが、













f0232763_01289.jpg


今回、行ったら、修復工事が終わり、
足場も撤去されていて、ほんと素敵に変わっていました。


















f0232763_05365.jpg


上の階から眺めてみると。

ヒトのサイズから、アヤソフィアの大きさが実感できますよね?











f0232763_023962.jpg


天使たちもね。
顔を隠したモノが多いのですが、
(偶像崇拝の禁止のためらしい)










f0232763_021256.jpg


この大修復作業によって、
天使セラフィムの顔が出てきたそうです。
(写真の右上の天使さんです)









f0232763_014368.jpg



今回、わたしたちは、
ミュゼカード(滞在許可書を持っていると作れる)を持っていたので、
並ばなかったけど、チケット売り場は、平日なのに長蛇の列でした。
訪れるときは、時間を選んだら良いかも??



次は、トルコの人間国宝がつくるフェルトのお店についてです。
フェルトで人間国宝って、日本ではピンときませんよね?
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-26 00:20 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(16)

イスタンブル街歩き・はじめに。

f0232763_4192266.jpg


気がついたら、2月もあとわずか。
去年の10月に出かけたイスタンブルの話を、
さっさとUPしなくてはっ!!






ヨーロッパの帰り道、イスタンブルで、ストップオーバー(1泊)。
イズニクタイルに首ったけ-イスタンブルで日進月歩-のzeytinさんにお会いして、
イスタンブルの旧市街を、一緒に歩きました。

午後3時には、市内を出て空港に行かないといけなかったので、
朝、早い時間から遊んでいただくコトに。

会社の出勤ラッシュもあるのに、9時台に待ち合わせって、
ほんと申し訳なかったです。


しかも、お会いして早々、『とりあえず、コーヒーでも・・・』って、
マクドナルドに入ったら、話に花が咲き過ぎて、
あっという間に、11時になっていました。。。
(早く来ていただいた意味が・・・)




f0232763_4195579.jpg


結局、どこへ行けたか?というと・・・。

アヤソフィア(修復後初めていきました!)、
フェルトの人間国宝の職人さんのお店、
エジプシャンパザールとタフタカレ、
リュステムパシャ、
そして、有名なキョフテ屋さん。



途中、エジプシャンパザルとリュステムパシャでは、
カメラの調子が悪く、写真が撮れず。。。



タイルの絵付けをなさっているzeytinさんのお勧めのリュステムパシャ、
とっても良かったですよ~。写真で紹介できないのが残念です。
(気になる方は、以前、zeytinさんがリュステムパシャの記事をUPなさっているので、そちらで。)
ドキュメンタリ(トルコ語)の紹介
リュステムパシャのお話
リュステムパシャのタイル(けしの実)について







f0232763_4352966.jpg


そして、そして、zeytinさんの描かれたタイルをいただきました。
ブログで作品を見て、ほんと凄いなぁ~って思っていたけれど、
本物は、さらに素敵です。

玄関に飾って、遊びに来たお友達に、
『日本人のお友達が作ったんだよ~』と自慢しています。

ほんと、ありがとうございました。








f0232763_4361630.jpg


トップの写真の同じお店のモノですが・・・。
子供用の帽子屋さん。

かわいいですよねぇ~。







なんだか、まとまりの内容になっちゃいましたが、
明日から、3日間、イスタンブルの街歩きネタになりますって予告と、
zeytinさんにいただいた、タイルの自慢話でした。。。
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-25 04:45 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(20)