タグ:アンタルヤ ( 178 ) タグの人気記事

カレイチ(旧市街)の居酒屋さんで。

f0232763_16220150.jpg




山陰中央文化センターの特別講座、2回とも終わりました。
参加してくださった方、ありがとうございました。
次回は、2019年の3月に、ギョズレメ(サジボレイ)を予定しております。
是非、ご参加ください。



■■■  ■■■  ■■■  ■■■

長くアンタルヤに住んでいたから、
会いたいと思う人もたくさんいるけれど、
いちばんは、在アンタルヤの日本人のお友達。

いちばんお世話になっていたからね。
(実は、今も引き続き、お世話になっています)




そんな彼女と、カレイチ(旧市街)で待ち合わせて、
メイハーネに、夜ごはんを食べに行きました。

メイハーネっていうのは、お酒を出す料理屋さん。
なので、居酒屋って感じでしょうか?
(とはいっても、食堂とは違い、けっこう良いお値段になります)

※ たぶん今も変わっていないと思うけど、
  トルコの飲食店では、営業許可が2つあって、普通の許可だと、
  アルコールは出せないんですよ
  お酒を出すには、許可の下りる場所にお店があり、
  さらに面倒な手続きのいる許可を申請しなきゃいけないです
  


f0232763_16220905.jpg


メゼは、リストからも選べますが、
並んでいるところから選んでもOK。

お酒のつまみにもなるメゼだから、充実しています。







f0232763_16221535.jpg



シーアスパラガスの冷製。

にんにくが効いていておいしかったです。








f0232763_16221897.jpg


定番だけど、シャクシュカ。
揚げ野菜のトマトソース。


同じシャクシュカで、使っているお野菜も一緒なのに、
お店によって、味が違いますね。





f0232763_16221269.jpg



アンテップ・エズメ。
(だったと思います)

スパイシーなトマトベースのペースト風。









f0232763_16222341.jpg


タコのサラダ。

・・・クロアチアのタコサラダとは大違い。
   酸っぱいガムのよう。

そもそも。タコなんてほとんど食べない(アンタルヤで獲れるけど)から、
頼むわたしが悪いのでしょうけど。。。












f0232763_16222053.jpg


メイハーネでは、
ラク(トルコのお酒)を飲むってのが、
トルコらしいのでしょうが、ラクは嫌いなので、
エフェスビールで。










f0232763_16222618.jpg


お魚もいろいろ並んでいましたが、
正直、お魚は日本での方がおいしいと思うので、











f0232763_16244199.jpg

karides güveç。

エビの土鍋焼き。


と、写真を撮るのは忘れていたみたいだけど、
烏賊フライを頼みました。








f0232763_16222974.jpg


わたしたちが食べ終わる頃には、
かなり賑わっていましたよ。
(実は、昔、通ってお寿司を出していたプチホテルのすぐ近くで、
 前々から気になっていたお店だったんです)









f0232763_16223140.jpg

その後、カレイチをお散歩して、
デザートは、アイス。

2年弱で、
1スクープ1リラから、1.5リラに値上がりしていましたけど、
それでも、他のお店と比べて安いです。













f0232763_16223650.jpg


しめは、トルココーヒー。
アンタルヤから、全国展開をしているコーヒーショップ、







ちゃんとしたトルココーヒーって、ほんとおいしいです。




1年半ぶりに会ったお友達と、
たくさんおしゃべりして、楽しい時間が過ごせました。




[PR]

by akdeniz_tk | 2018-11-26 14:09 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(4)

バーラマを買いに。

f0232763_10212910.jpg



アンタルヤで、バーラマを買いました。
前のバーラマは、レッスンを受けていたトコの上階にあった楽器屋さんで、
先生に選んでもらって購入したけど、そのお店は、すでに閉店。
しょうがないから、楽器屋さんの集まっている商業ビルに行きました。


以前にも何度か書いていますが、
バーラマは、トルコの民族楽器のひとつ。

日本では、サズっていう人の方が多いのかな?

サズ?バーラマ??
って馴染みのない方も多いでしょうが、


リュート属の撥弦楽器で、
もともとは、コプズ(kopuz)という楽器が始まりだそう。

もともとは、この手の楽器は、
サズといっていたらしいのですが、
今では、サズという言葉が楽器全般を指すようになったので、
バーラマというようになったそう。

 ※楽器(çalgı)のことを、enstrümental(インストゥルメンタル)というようになり、
  enstrümentalは外来語だから、sazっていうようになったのだって


だから、バーラマは、サズと言ってもよいけれど、
サズと言っても、バーラマとは限らないってコトですね。


実は、バーラマにも何種類かあるけれど、
わたしは、柄の短いバーラマ(kısa sap bağlama)を習っています。
(それぞれ見た目は、似ているけど、フレットの数、音階が違う)

選んだ理由はただひとつ。
だって、日本に持って帰るなら、機内に持ち込めないと困るから・・・。
(って、習い始める前に考えたわたし。久しぶりに、正しく先が読めた!!)

ちなみに。柄の短いバーラマでも、トルコ国内線、国際線は機内持ち込みOKでしたが、
日本国内線(JALとANAともに)は、駄目で、受託荷物にするしかなかったです。



今回は、ひとりで行って選んだのですが、
そのときは、響きが気に入って買ったのだけど、
日本で弾いているうちに、『なんかなぁ~』と思い始めています。
(バーラマの良し悪しよりも、わたしの技術の問題が大きいけど)

今、リラがものすごく下がっているから、
以前の感覚だと、10万円以上していた中上級者用のバーラマも、
2~3万円ぐらいで買えるので、
次またトルコに行ったら、もう1本欲しいって思っちゃいそう。






なんで、バーラマって言うの???
[PR]

by akdeniz_tk | 2018-11-24 11:28 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(2)

ロカンタごはん。

f0232763_20440965.jpg




1年半ぶりのアンタルヤ。

クロアチア→ボスニア→イズミル→イスタンブル
と旅した後だったからなのか、
なんとなく帰って来たって気になりました。
・・・もう住んでいないのにね。









f0232763_20441320.jpg


普通のロカンタ(食堂)で、お昼ごはん。


外の席が多いのに、ペットショップの隣にあって、
「衛生的にどうなのかしら?」
って、行くたびにいつも思うのだけど、
かなりハヤっています。


10年前ぐらいは、小さなお店だったのに、
5年ぐらい前には、お隣の店舗も借りて、2倍の大きさになっていて、
今回行ったら、
さらに通り(といっても路地)の向こう側にも、お店が広がっていました。

次に行ったときには、どうなっているんだろ?
隣りのペット屋さんも追い出していたりして??


わたしは、ciğer kavurma(レバー料理)と、
musakka(だったと思う茄子のムサカ)と、
ピラフを合わせて盛り付けてもらいました。






[PR]

by akdeniz_tk | 2018-11-12 16:13 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(2)

骨董オークション(旅行・お出かけ部門)。

f0232763_02292425.jpg





お友達に、
前から気になっていたけど、行く機会がなかった、
骨董オークションに連れて行ってもらいました。

骨董というよりも、ガラクタ・オークションっていう方が正しいかな?
古くて価値がありそうなモノもあれば、
なにこれ?っていうようなモノもあったから・・・。










f0232763_02292846.jpg


くじで決められた順番に売るヒトが、
商品をどんどんとオークションにかけていきます。

安いモノでは、5TL(約180円)ぐらいからスタート。



売るヒトもだけど、買うヒトの多くは、
自分のお店(お土産物やさんとか雑貨屋さん)を持っているそう。









f0232763_01081287.jpg


どこで見つけたの?
っていう、刀もオークションにかけられていました。

由緒ありそうな日本刀じゃなくて、
映画やドラマのお侍さんが持っているような感じ??
木刀じゃなくて、金属の刃はありましたけど。






で。わたしが(お友達に頼んで)、
競り落としてもらったのは・・・、




『satıyorum, satıyorum, sattım!!
  サトゥヨルム、サトゥヨルム、サットゥン!!

 (=going going gone!!)』




f0232763_02154810.jpg


古いジェズベ5点セット。
ジェズベはトルココーヒーを淹れる小さな片手鍋のコトです。

手数料を含めて、20TL(700円ぐらい)だったかな??



普通にお土産物屋さんなどで、古いジェズベが売っているけれど、
安くても1つ10TLはするから、かなりお得でした。


実際、使うのではなくて、
並べて吊るして、インテリアにできるかなぁ~?と思っています。











第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by akdeniz_tk | 2017-01-23 20:56 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(6)

シシ・キョフテ。

f0232763_09271861.jpg





最近知ったけど、
シシ・キョフテって、アンタルヤの名物なんだって!!


アンタルヤといえば、
ターヒンのソースがかかったピヤズ。
ピヤズ屋さんに行くと、メニュにはキョフテとピヤズが載っているけど、
シシ・キョフテを食べた記憶がないかも??
・・・帰国前に、味わっておかなくっちゃね。







f0232763_09273332.jpg




お友達に教えてもらった、シシ・キョフテがあるピヤズ屋さん。
わたしの家から、歩いていける距離にありました。

家族経営で、ごく普通の住宅地にあるけれど、
実は、人気のお店らしく、お昼は満席、
遠くから車でわざわざ食べにくる人もいるそうで・・・。







f0232763_09274421.jpg




『このお店のうりは、ピヤズが暖かいトコだよ~』
って、お友達が言っていたので、

ハーフポーションのピヤズも頼みました。








f0232763_09275468.jpg




そして、シシ・キョフテ。

ここのお店では、
シシ・キョフテには、牛肉と羊肉の合いびき肉と塩のみ、
普通のキョフテには、牛ひき肉、たまねぎ、にんにく、イタリアンパセリ、
塩・胡椒、クミンを使っているそうです。

食べ比べられるように、おまけでキョフテを1個つけてくれました。

シシ・キョフテは、わたしには若干塩味が強すぎて、
普通のキョフテの方がおいしかったです。



他のお店のシシ・キョフテも気になるトコですよねぇ~。
・・・残り1週間のアンタルヤ生活で、食べに行けるのかしら?





[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-18 02:32 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(10)

インスタントラーメン。

f0232763_04460004.jpg





ずいぶん前から、バインミーが食べたいのですが、
なかなか実現できません。
最近まで、コリアンダーが手に入らなかったし、
(夏は、育たないのか?パザルで売っていないのです)
やっとコリアンダーを買ったよ!!って思ったら、
次は、パン。。。


ベーカリーでも、スーパーでも、万屋さんでも売っているのですが、
バインミーには、少し太すぎるので、ミニekmekを求めているんだけど、
これが、どこでも売っている訳じゃなくって・・・。

しかも。なぜか、すぐに売れきれてしまいます。

実は。今週3回、お家の近くのベーカリーに行ったのだけど、

1度目は夕方。『売り切れ、30分後に焼き上がるよ~』

2度目は夜。『今日のはすべて売り切れだよ』

3度目の今日、お昼の焼き上がりを狙っていったのに関わらず、
『売り切れ。夕方にまた焼き上がるよ~』

どんだけ、人気なの?って思いますよね。






で。ガッカリ、トボトボとお家へ帰る途中、
スーパーに寄り道したら、

日清食品のインスタントラーメンが新発売!

ってのを見つけました。


日清食品が2013年にトルコに進出した当初、
『トルコでも、インスタントラーメンが出るのね』ってすっごく期待して待っていたら、
ちょっとがっかりした記憶があります。


待つこと3年。やっとインスタント・ラーメンです。
この3年で、トルコもちょっと変わってきて、
日清食品の前に、他のメーカーがインスタントラーメンを出しているし、
売れる!!って思ったのかなぁ~??

ちなみに。お味はチキン風味とカレー風味の2種類です。
きっと、しばらくしたら他の味もでるのでしょうが、
そのころには、日本の生ラーメンとかを食べているんだろうなぁ~。






f0232763_04470639.jpg



裏に作り方が書いてあるんだけど、
『沸騰したお湯に、ラーメンを3~4つに割って、粉スープと一緒に入れる』
・・・え?日本のインスタントラーメンと作り方が違うね。

そういえば。インスタント・パスタのときも、
3~4つに割って入れるって書いてあって、不思議だな~って思ったんだけど、
トルコ人は、長い麺を好まないってことなのかしら??


パスタで思い出したのですが・・・。
最近、トルコ人の女性が、おすすめパスタ調理法を教えてくれたのだけど、

パスタ(ショートパスタ)の半分を油で炒めて、
色が付いたら、残りの半分のパスタと水と塩を加えて、
水がなくなるまで加熱する

んだって。本当においしいのかしら??ってかなり気になっています。
少なくともアルデンテには程遠い仕上がりですよね。
・・・イタリア人には怒られそうかも?






[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-21 18:00 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(8)

半月ギョズレメとイチキョフテ

f0232763_17362879.jpg





毎週水曜日。朝から夕方までとある講習に通っているのですが、
ちょうど、その近くで、水曜パザル(市場)が開かれています。



住宅街の中の路地で開かれているので、規模は小さいけれど、
(珍しいものは、あんまりないね)
パザルのギョズレメ屋さんは、なかなか魅力的で、
最近、毎週、ここでお昼ごはんを食べています。





粉もの屋さんで売っている定番ボレキといえば、コル・ボレイス・ボレイですが、
ギョズレメ屋さんで売っているギョズレメも、別名サジ・ボレイ(鉄板のボレキ)といって、
ボレキの仲間になります。

ユフカ(小麦粉の薄い皮のような生地)で作るものは、
たいがい○○ボレイになるからね。
(上に〇〇がつくとボレキの「キ」が語尾変化して「イ」になります)

春巻き→チン・ボレイ(中国のボレキ)だし。









f0232763_17371497.jpg



前日の夜に準備して、寝かせておいた
ユフカ用の生地は、
粉、水、塩のみのシンプルな配合です。


これをベゼ(1人分ずつの小さい玉・・・日本語はなんですっけ?)に分けて、













f0232763_17375150.jpg



1つずつ広げていきます。

『同じことやっているのに、わたしがやるとなぜか歪みが出て、
 こんななまん丸にはならないんだよねぇ~』って呟いたら、

次回、行ったときに、実践で指導してくれるそう。

来週は、自分で作ったギョズレメを、自分で食べることになりそうです。
・・・ちょっと楽しみ。


そうそう。調理師さんのトコでも、日本に帰る前に、
きっと、帰国前にはまん丸なユフカが広げられるようになるハズ。













f0232763_17385860.jpg



具は、ジャガイモ入り、ホウレンソウ入り、
そして、野草ミックス入り。

さすがエーゲ地方って思っていたけれど、
アンタルヤでもあるとこにはあるんですね。

・・・だけど。イラクサは入っていなかったです。











f0232763_17372768.jpg



ここのは、半月ギョズレメ。

半月ギョズレメは、具だくさんで、
薄くて、パリパリになります。








f0232763_17380626.jpg



1枚のボリュームは小さめだけれど、わたしにはちょうど良いです。
・・・足りなければ、もう1枚食べたらいいしね。

それに、ちょっとびっくりなお値段なんですよ!!

普通のギョズレメ屋さんのギョズレメが、4~8TL(場所による)なところ、
ここのは、なんと2TL(約70円・・・感覚的には170円ぐらい)!!
・・・170円でも、安いですよね?










f0232763_17391712.jpg



歩道に茣蓙をひいただけの簡易ギョズレメ屋さんだけど、
安くて、おいしいのだから、毎週通うのも当然でしょ??













f0232763_17384147.jpg


おまけは、
このギョズレメ屋さんのお友達が売っていた、
İçli köfte(イチリ・キョフテ)。

イチリ・キョフテもお店によってピンキリですが、
ここのは、ものすごくおいしくて、しかも安いんです。
レシピをしっかり聞いてきたので、自分でも作ってみたいと思います。










[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-17 18:51 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(10)

YÖREX(地方物産展)。

f0232763_18371904.jpg





黒海への旅に行く直前に、YÖREXという地方物産展に行ってきました。
YÖREXは、年に1度開かれていますが、なかなか都合がつかなくて、
わたしは今回が初めて。

今年を逃すと、たぶんもう行けないだろうから、
フライト前に1時間ちょっとしか時間がなかったけど、
とにかく行ってきました。
会場が、ちょうど空港の近くだったしね。


今まで何度かUpしている物産展(年に数度ある)よりも、
規模が大きいから、大物産展。
150ぐらいのブースがあったと思います。









f0232763_18373093.jpg



会場は、エキスポセンター。
アンタルヤ・エキスポとは全く無関係です。
(先日まで、一緒かと思っていたんだけどね)










一部だけですが、トルコの地方とその名物を紹介すると・・・



f0232763_18375305.jpg


日本では、青森ですが、
トルコでは、カスタモヌがにんにくで有名です。

で。そのにんにくで作ったガーリックオイル。









f0232763_18380485.jpg



最近、エーゲの旅で行ったアラチャトからは、
ダムラ・サクズのクッキー。

マスティック・ガム入りクッキーです。

味見させてもらったけど、
やっぱりダムラ・サクズは好みじゃないかも?
アラチャトでアイスを食べなかったけど、全く後悔していません。







f0232763_18384343.jpg



結晶化したものは、スーパーなどでよく見るけれど、
ここでは、ペーストになっているのが、売っていました。
(他の都市のブースでですが)









f0232763_18382855.jpg




ブルサ名物といえば、
マロングラッセ(kestane şekeri)。












f0232763_18394196.jpg



はちみつは、多くのブースで売っていました。
はちみつを作っている県ってかなり多いですしね。














f0232763_18414523.jpg



アフィヨンのエキメッキカダイフ。

テル・カダイフ(細い麺状のカダイフ)よりも、わたしはこっちが好きです。
この上に、アフィヨン名物のカイマクを乗せると、
甘味が和らいで、とってもおいしくなるんですよ。
(といっても、甘いのでたくさんは食べられませんが・・・)









f0232763_18421132.jpg



エルズルムのカビチーズ。

わたしは、苦手。だって、
ただ古くなって、カビが生えてしまったとしか思えないので。
(わたしの思い込みなだけですけどね。)








f0232763_18454345.jpg


Vanのotlu peynir。

これも、カビチーズと同じで、
わたしにはおいしさが理解できないです。







f0232763_18434415.jpg



スジュクといえば、アフィヨンやカイセリが名産地ですが、
これは、アイドンのスジュク。











f0232763_18474548.jpg



黒海地方の乳製品。

黒海地方の乳製品ブースは、いくつもありました。








f0232763_18455698.jpg


アンタルヤ県内から。
エルマルのブースで、ヘルヴァの実演中。











f0232763_18460880.jpg



ターヒンのヘルヴァ。









f0232763_18462205.jpg


çörek helva。
ほかの町でも、ヘルヴァはありますけどね。









f0232763_18463677.jpg


ロクムの実演中。








f0232763_18464681.jpg



箱に入って、お土産用に売っているロクムとは、
水分量が違っている、柔らかいロクムです。
日持ちはそんなにしませんが、わたしは、こっちが好み。








f0232763_18415862.jpg


食べ物だけじゃなくて、銅製品とか、








f0232763_18381546.jpg


絨毯などもありました。












f0232763_18465934.jpg


外では、エルズルムのジャーゲバブの実演販売。












f0232763_18472035.jpg


ブルドゥルのシシ・キョフテ。











f0232763_18473252.jpg



今回は、旅直前に行ったので、シシ・キョフテを食べただけですが、


近くにいたトルコ人同士が、
「こんだけ買って、20TL(1000円弱)!
 めちゃくちゃ安い!!なのに、駐車場代が8TLってねぇ~」
って話していました。


会場をぐるっと駆け足で歩いて、
お昼ごはんを食べたら、あっという間に、1時間。
試食品を配っているブースも多かったので、
もうちょっと時間があれば、
ひとつ、ひとつ、ゆっくり回れたのに・・・って残念でした。

今月末には、また、年に数回ある物産展が開かれるので、
最後の最後に、また行きたいなぁ~って思っています。
目当てだったものが見つからなかったしね。
(ギョンベ用の型が欲しかったんです。)







[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-07 18:50 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(4)

アンタルヤエキスポ2016

f0232763_07005735.jpg





今年の4月から今月30日まで、
アンタルヤでエキスポが開催されています。

3月の終わりに前売りを買ったは良いものの、
『行こう、行こう』と思いつつも、時は過ぎていき・・・。
気が付けば、後3日で終わり。

『まぁ、1度ぐらいは行っておいたら?』とお友達に言われて、
昨日、一緒に連れて行ってもらいました。
・・・ひとりじゃ行く気にならないしね。


9月の初めに日本イベントがあったらしいので、
その時に行けば、良かったけど、
すでに終わった後に知ったから、しょうがないです。。。




f0232763_07010838.jpg





オープン当初、設置が間に合わなかった(らしい)塔。
昨日も、エキスポは開催されているのに、登れませんでした。
・・・どうして??







f0232763_07014025.jpg


昨日の夜は、とっても寒くて、
でも、防寒対策を全くしていなかったので、
(だって、日中は半そででも良いぐらいなのだもの)
外を歩くのがつらかったです。


『遊牧民の花嫁』という屋内展示。








f0232763_07015421.jpg


『日本人にも、こんな顔立ちのヒトいるよね?』
って、ちょっと思ったけど、気のせい??












f0232763_07022008.jpg


パネル展示の花嫁行列。
完全に顔を隠している赤いマントが、花嫁さん。







f0232763_07023198.jpg

とにかくガラガラでした。












f0232763_07034916.jpg



日本の展示場は、20時に終わっちゃっているし・・・。
(行ったのが、20時30分ぐらいだったので、一足遅かったですね)









最終日は、タルカン(トルコの歌手)のコンサートが無料であるらしいから、
きっと、それを狙ってくる人もいるのでしょうが、
ちょっと寂しい感じなエキスポでした。
まぁ、いろいろ(テロとかクーデターとか)あったから、
今年はトルコへの旅行客も少なかっただろうし、
折が悪かったのでしょうね。





話は変わりますが、今日は、バーラマのレッスンの日でした。
先生から新しい曲を渡されたのですが、初めて聞いた曲だけど、
これがやけに耳に残るんですよ~。








「ちゃんと続けられるかどうか?」かなり怪しかったので、
弾くことが可能な練習用の安いサズ(それ以下のお値段のは、飾り付け用)を買ったのですが、
先生から、買い替えを進められました。
「何年か使い続けられる、もうちょっと良いのを買ったら?
 今のだと、3ヵ月ぐらいで買い替える必要が出てくるし、
 どうせ買い替えるなら、早いほうが良いと思うよ・・・」って。

予算内で候補を数点UPして、その中で、先生に選んでもらったんですが、
やっぱり、音が全然違いますねぇ~。
日本で買うと、本場の数倍はするだろうから(しかも選択肢も少ないだろうし)、
持って帰るつもりだけど、飛行機大丈夫かしら??





[PR]

by akdeniz_tk | 2016-10-28 07:57 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(8)

約4年ぶりに村へ。

f0232763_21112397.jpg




エーゲの旅の記録は、一休み。
アンタルヤでのお話になります。




『アシュレを食べに、アイシェの村に行かない?』
と、お友達が誘ってくれたので、さっそく出かけてきました。

アイシェは、村のお母さん。
ずいぶん前になりますが、わたしが、村に住み込んで絨毯織りをしたときに、
とってもお世話になった師匠です。

アイシェのとこに行くのは、約4年ぶり。
お店があったから、なかなか郊外へ行けなかったけど、
そんなに時間が経っていただなんて、ちょっとびっくりです。







f0232763_21121527.jpg



最後に、行ったときもオリーブのシーズンで、
オリーブの収穫をお手伝い(というか見学?)しました。

ブログにもUPしていたと思っていたけれど、
どうやら、そのまま忘れてしまっていたみたい。

さすがに4年も経っているから、今更ですよね?
写真はいろいろあるのだけど・・・。







f0232763_21125023.jpg



村のユフカ。

ユフカ屋さんで売っているユフカと違い、
長期保存するために、かなりパリパリに焼き上げて、
食べる前に、水をかけて、湿らせて柔らかくします。

作り方は、以前紹介しているので、そちらで。










f0232763_21134249.jpg


グリーンオリーブ、仕込み中。
アイシェの作り方とは違いますが、以前、わたしも作ったことがあります。

今年は最後だから、作ってみようかな??












f0232763_21154273.jpg



この4年間で、村も随分と変わり、
アイシェのお家が2階建てになっていました。

屋上もあるのですが、2階から屋上への階段がかなり恐ろしい。
下を見ると怖いし、階段がすとんと落ちたらどうしよう?って思うとね。













f0232763_21165495.jpg




屋上からの風景です。















f0232763_21173663.jpg


この地方の伝統柄の絨毯。
わたしは、1か月かけて、セッジャーデのサイズを作りました。
(空飛ぶじゅうたんの大きさ=120cm×150cmぐらい)














f0232763_21180705.jpg



久しぶりに織ってみようと思ったら、
・・・あれ?どうやって糸をかけるんだっけ???

すっかり忘れてしまっていました。









f0232763_21185295.jpg



でもね。手は覚えているみたいで、
一度聞けば、ちゃんと思い出しましたよ。

絨毯について、以前UPしているので、詳しくはそちら(縦糸張り織り方)で。










f0232763_21203007.jpg



シャルワルっていうトルコのモンペ。
洋服が汚れないように、洋服の上から履きます。
わたしも、絨毯織りをしていたときは、ジーンズの上から履きました。












f0232763_21194983.jpg


超ビッグサイズ!!
ウェスト100cm以上に対応??











f0232763_21143817.jpg



村の朝食。
アイシェが漬けたオリーブ、
とれたての村の卵、
庭でなっていたブドウ
そして、手作りユフカのギョズレメなど。










f0232763_21151149.jpg



今回の目的のアシュレ。



久しぶりにアイシェに会えて、楽しかったです。
連れて行ってくれたお友達に感謝です!!











[PR]

by akdeniz_tk | 2016-10-25 22:03 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(14)