タグ:お菓子 ( 434 ) タグの人気記事

カプラン山でデザート三昧。

f0232763_11143277.jpg



ちょっと前にUPした、
カプラン山のレストランの続きです。


メゼ(前菜)から、メイン料理を飛ばして、
デザートに。

人数が多かったので、シェアして食べるコトにして、
全種類頼みました。




f0232763_11143741.jpg


Karadutlu Lor Tatlısı。
トルコ風リコッタチーズの桑の実のソース。

この地方の名物デザート。


このチーズに、蜂蜜とクルミをかけたのもおいしいらしいです。







f0232763_11143938.jpg


Tahinli Muz。
ターヒン(ゴマペースト)がけバナナ。

ナッツは、たぶんピーナッツ。






f0232763_11144220.jpg


Kazandibi。
カザンディビ。









f0232763_11144480.jpg

Kemalpaşa Tatlısı。
ケマルパシャ。

シロップをかけたトルコスィーツ。








f0232763_11144890.jpg


Ceviz Krokan。
クルミのクロカン。









f0232763_11145071.jpg

Sütlaç。
トルコのライスプディング。







【行ったお店】

Kaplan Dag Restaurant
Kaplan Ah., Karşıyaka Sokak No:14, 35900 Tire/İzmir




[PR]

by akdeniz_tk | 2018-09-06 10:53 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(0)

Paprenjakの型が欲しい。

f0232763_15425657.jpg



クロアチアでどうしても欲しかったもの、

それは、Paprenjakの型でした。



Paprenjakは、スパイスやナッツなどの入ったクッキーで、
クッキー自体は、スーパーやお土産物屋さんで手に入りそうなのは、
分かっていたけれど、
わたしが欲しいのは、型の方。


検索しようにも、クロアチア語で
『Paprenjakの型はなんていうの?』
ってトコから始まって、

それが分かって検索をかけても、
オークションっぽいのがほとんどで、お店がヒットせずに・・・。

でも。なんとかやっと1軒、ザグレブの製菓材料店を見つけました。
かなり郊外にあったんだけど、ラッキーなことに、
ホテル(わたしたちはレンタカーの都合上、郊外に泊まっていた)
からは、かなり近い!!

当日、お店の前の道路が通行止めになっていて、
『え~!!ここまで来て、行けないの??』
って思ったけど、
強引に通行止め(工事でアスファルトが撤去され、石と砂の道になっていた)を通過する
クロアチア人に混じって、ガタゴト道を1km走り、お店まで。




f0232763_15425930.jpg



で、念願の型。









f0232763_15430241.jpg


一緒に置いてあった、košniceという
クロアチアのお菓子の型も買いました。

レシピ入りだったので、クロアチア語を解読しながら、
作ってみようと思っています。



Paprenjakの型が欲しい!!って方のため、
製菓材料店の情報を残しておきますね。

Trgovina Sve i svašta
TrgGornjostupnička 24b, 10255, Gornji Stupnik,
+385 1 6588 402


[PR]

by akdeniz_tk | 2018-08-13 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(4)

バルカンスィーツに大満足。

f0232763_16341781.jpg



バルカンの旅、6日目の続きです。


モスタールでがっかりなバルカンスィーツを食べたわたし。
このまま、帰っちゃう訳にはいかないよね?
と、サラエボでもケーキ屋さんに行きました。









f0232763_16342567.jpg

ボスニアコーヒー。

この器が素敵なので、お店でもバルカンコーヒーが出せたらな~と、
モスタールとサラエボで少しずつ買いました。

下のお皿が、モスタールとサラエボでは違うのですよ~。


安いトコ探したけど、だいたいどこも同じお値段で、
『この品質で、このお値段かぁ~』って思ったけど、
観光地買うのだからしょうがないね。。。






f0232763_16343377.jpg


普通のケーキもあるけれど、










f0232763_16342289.jpg


やっぱり、クレームピタだよね。












f0232763_16342880.jpg


モスタールで食べたのよりも、クリームの色が黄色がかって、
カスタードの味がはっきり出ていました。

ものすごくおいしかったです!!


食べなかったけど、似たようなŠampitaって名前のスィーツも
とってもおいしそうでした。
挟むクリームは、生クリームかと思ったら、メレンゲだって。











f0232763_16343184.jpg




4、5年前から、トルコで流行のバルカンスィーツ、
トゥリレチェ。


これまた、ものすごくおいしかったです。











トルコのトゥリ・レチェについて、↑にいくつかリンクをはっておきます。





次回は、バシュチャルシャの散策です。

[PR]

by akdeniz_tk | 2018-08-10 00:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(0)

クレームピタ。

f0232763_11350001.jpg



バルカンの旅5日目の続きです。


お昼ごはんも、夜ごはんも、お料理でお腹が満たされてしまって、
結局、デザートにたどり着けないってコトばかり。


なので、おやつタイムに、ケーキ屋さんに行くことにしました。
ホテルの近くにある『Slastičarna Palma』、
google mapの口コミ情報では、評価4.5。
かなり期待していました。






f0232763_11345694.jpg


注文したのは、もちろんクレームピタ(1.5マルカ)。

クロアチアのクレームシュニタがおいしかったから、
クレームピタも同じぐらいにおいしいハズって、
期待していたのに・・・。

何がまずいのか?って考えながら食べて、
でも、頑張っても、食べきれずに残しちゃいました。







f0232763_11350439.jpg


・・・トゥリレチェにすれば良かった。










ちなみに、お菓子屋さんに付き合ってくれた方は、
『わたし、あんまり甘いもの好きじゃないんだよね。
 どちらかといえば、ビールの方が・・・』って、

軽めに、フルーツポンチだかフルーツサラダを頼んだんだけど、



f0232763_11350256.jpg


こんなの出てきちゃいました!!


『これ、さっき入口に座っていた男の子が食べていたやつだわ。
 あんな大きいのよく食べるなぁ~って思っていたのに・・・』
 と、彼女、苦笑。

値段を見れば、クレームピタの3倍。
そりゃ、相当、盛っても当然ですね。



次回は、ハマム博物館とスタリ・モストの街歩き(再び)です。


[PR]

by akdeniz_tk | 2018-08-05 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(0)

クレームシュニッタをはしご@U prolazu。

f0232763_23015736.jpg

バルカンの旅1日目の続きです。

道に迷って歩き疲れたみんなには、
『Livadić』で休んでいてもらい、
わたしだけ、近くのケーキ屋さん『U prolazu』へ。

2つのお店。100mも離れていないから、
今度ははぐれるコトはないと思ったし、
『わたしたち、動きたくないから、ここで待っている』
って言われたし・・・。







f0232763_23024217.jpg


クレームシュニッタ以外にも、
気になるケーキはありましたが、





f0232763_23031599.jpg

やっぱり、クレームシュニッタですよね。
1個9クーナ。

Livadićのよりも、クリーム部分が硬くて、
カスタードの味が少し弱いかな?







f0232763_22091999.jpg



本当は、この後、
samoborska mustarda(サモボル・マスタード)を買いに、
ベルメットとマスタードの販売所に行くつもりだったんだけど、

長距離フライトの後、歩きまわって、疲れていたし、
アパートのチェックイン時刻に大幅に遅れそうだから、諦めました。






f0232763_22085988.jpg





行ったお店

U prolazu
Trg kralja Tomislava 5, 10430, Samobor



[PR]

by akdeniz_tk | 2018-07-10 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(2)

ザグレブ到着後のもろもろと、サモボルのクレームシュニッタ@Livadić。

f0232763_22084700.jpg


バルカンの旅1日目です。

12:30 ザグレブ空港に到着後、
まず、空港内の売店で、SIMを購入。

数タイプのSIMを扱っていたけど、
売店の方からお勧めされた『Vip』という会社の、

1週間使い放題のインターネットに
電話がついている(どれだけかけたか覚えていないけど)、
1枚80クーナのものにしました。

日本でwifiをレンタルするよりも安いし、電話もかけられるので、
SIMフリーのスマホをもっているのなら、こっちの方が便利だと思います。


そして、日本で予約しておいたレンタカーを借りて、
一路、サモボルへ。

ちなみに。レンタカーは、2台とも新車!! 
『君たちが初めて借りるんだよ~』って言われました。
走行距離を見ると、10km。ほんと納車の時に使っただけって感じで、
・・・事故起こしたらどうしよう??って、よけいにドキドキもしたけれど、
やっぱり、新車はいいですねェ~。


f0232763_22085278.jpg

空港でもたもたしていたのと、
当日大きな道が工事中で閉鎖されていたのもあって、
3時ごろに、やっとサモボルへ到着。



車を止めて、200mぐらい歩いた後に、
カメラを車に忘れたことに気が付き、
わたしだけ、駐車場に引き返したのですが・・・。



f0232763_22090880.jpg



先に行ってもらったハズの7人が、
待ち合わせのカフェにいない!!

本当に小さな町なのに、どこをどう迷ったのか?
不思議なぐらいなんだけど、

電話で連絡を取りながら(SIMを2つ買っていてよかったです)、
小高いとこに立っていて、
とっても分かりやすい教会の前で待ち合わせをしなおしたのですが、




f0232763_22091398.jpg


それでも、出会うまでに、30分近くかかってしまいました。。。











f0232763_22092518.jpg



で。しきりなおして、
『Livadić』でクレームシュニッタと、レモネードを注文。

みんな歩きまわって暑かったからレモネードにしたんだけど、
「これ足りなかったから、4つ分を8つに薄めたでしょ?」
っていうようなひどいものでした。。。


期待のクレームシュニッタは、
カスタードが濃いめで、だけど、クリームは柔らかいタイプ。
・・・おいしかったです。






次回もサモボルのクレームシュニッタ。
もう1つの有名店にも行ってきました。


行ったお店:
Livadić
Trg kralja Tomislava 1, 10430, Samobor




[PR]

by akdeniz_tk | 2018-07-09 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(4)

オリーブ入り全粒粉のステックパン。

f0232763_21162610.jpg


ご無沙汰しております。

気がつけば、春はとっくに終わり、
ゴールデンウィークも、5月も過ぎ去り、
もう6月。梅雨入りしちゃいましたね。

ブログを更新していない間も、ちょこちょこ見ていた
トルコドラマ。
ドラマのシーズンも終りになり
(連続ドラマは夏休みに入るものが多いのです)、
そのまま最終回をむかえるものもあり、来シーズンに続くものもあり。


来シーズンに続くドラマの中のひとつ。
『ufak tefek cinayetler(ささやかな殺人)』







10月24日に放送開始されてから、
シーズン最終回の32回まで、
なんと8か月間、
被害者も加害者も誰かがわからないという、
ものすごく不思議な展開のドラマです。
(シーズン最終回にやっと被害者が分かったけど・・・意外な人でした)


高級住宅地区に住んでいる3人の富裕層の女性たち。
物語は、彼女たちと、高校時代に罠にはめた同級生が、
当時の校長の葬儀で出会うことから始まる・・・。

事件後の警察での証言、
事件1年前からの当日までの愛憎劇、
高校時代のできごとが複雑にまじりあったドラマで、
次のシーズンが気になります。
事故なのか?殺人なのか?もまだはっきりしていないし。

おすすめドラマのひとつです。このドラマ以外でも、
Ay Yapım(メディア企業)のは、
結構な確率で、おもしろいです。




f0232763_21163281.jpg



話は変わって・・・。

最近つくった全粒粉のパン。
中に緑と黒のオリーブが入っています。













[PR]

by akdeniz_tk | 2018-06-08 12:51 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(6)

餡バターサンドとトルコのドラマ。

f0232763_13184605.jpg



先日、桜と共に、トルコから知人がやってきました。
日本好きの彼は、だいたい毎年日本に来ていて、
松江に来るのも、3回目だそう。
今までは、わたしがトルコに居たから、
松江で会うこともなかったけれど、

今回は、タイミングがよく、
丸1日+仕事が終わってからの数時間、
松江案内をすることにしました。

1日目のコースは、
わたしのいちおし観光スポット『由志園』を散策して、
市内の天ぷら屋さんでランチをして、
玉湯町の窯元に行って、
日帰りの温泉へ(母が)連れて行って、
夜ごはんは、家にご招待。

2日目は、わたしの仕事が終わってからなので、
玉湯町へ夜桜を見に行っただけ。

よく考えたら、トルコから帰国して以来、
初めてトルコ語を話しました。
・・・案外忘れていないものですね。
って、しょっちゅう見ている、トルコドラマのおかげかも??


トルコのドラマって、かなりシビアで、
日本だと、おもしろくてもおもしろくなくても、
1クールは続きますが、
トルコの場合、視聴率が悪かったり(他の事情もあるかもしれないけど)
数回で打ちきりってのも多々あるんです。
その代わり、人気があると、年を越しながらも続きます。


2017年のテレビ番組を例にとると、
(デーリードラマやwebTVなどを除く)
57のドラマが放送開始して、
その中の、15が2ヶ月(8回)以内に打ちきり、
・・・ひどいのは、2回で放送終了でした!!
逆に、10以上のドラマが2018年にも続いて放送されています。

さらにいうと、2016年から現在まで続いているドラマも、
いくつかあるんですよ。・・・2年越しって、長寿ですよねぇ~。



日本でトルコのドラマを見るなら、
テレビ局のサイトかYOUTUBEで。

一部の放送局は、YOUTUBEにUPしていないけれど、
YOUTUBEの方が、再生回数などでおもしろそうか?って
判断ができるのでお勧めです。
たまに、字幕付きのもありますしね(日本語は見たことないけど)。


そんなYoutubeで見れるトルコドラマで、
第一話の再生回数が、
1,100万回以上、グッド(いいね)の回数が10万以上
っていうすごいのがあるんです。


『Sen Anlat Karadeniz(Tell Me About The Black Sea)』







英語の字幕付きのもありました(↓)。





正直に言うと・・・。
第1話を見たけど、なんでこんなに人気があるのか?
おもしろみが、わたしにはさっぱり分からなかったですけど。





f0232763_13184926.jpg


リュスティックで作った餡バターサンド。

毎日食べるのは、カロリー的にも栄養的にもどうか?
と思いますが、
とってもおいしかったです。
たまには、こういうのもいいですよね?






[PR]

by akdeniz_tk | 2018-04-10 00:00 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(0)

イチゴでマグノリア。

f0232763_12492964.jpg



イチゴのシーズンになると、
なんだかお菓子が作りたくなってきます。

正確にいえば、
作りたくなるというよりは、作らなくては!!
っていうような無意味な義務感の方かも。


イチゴが安くなれば、普通のショートケーキやフレジエ。

もっと安くなれば、コンポートやシャーベットも良いなぁ~。


とにかく、作りたいものだけはたくさんあります。











f0232763_12493255.jpg


トルコで、マグノリア(magnolia)といわれているスィーツ。

マグノリアは、普通、木蓮のこと。
なんで、このお菓子がマグノリアになるのかは知りません。


もしかしたら、Magnolia Bakeryのプディングに似ているからかも??
(トルコの伝統的なお菓子じゃないから、その可能性もありだと思う)





レシピ残しておきます。





[PR]

by akdeniz_tk | 2018-04-09 13:12 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(4)

蓮花酥とワークショップのお知らせ。



f0232763_15261497.jpg



蓮花酥。
餡を2色の生地に包んで揚げた中華風の菓子です。

揚げている間に、ふわりと花が咲いていくのを見るのは、
楽しいですよ~。

でも、手間はかかるし、お味も普通だから、
また作るか?と聞かれると、微妙ですけど。








f0232763_14543814.jpg



先日、島根県の地方新聞『山陰中央新報』の生活情報応援紙りびえ~るの、
『創る』のコーナーで、紹介していただきました。

こういう時の『肩書』って、何にして良いか?って悩みますが、
現在、トルコ手工芸のいくつかのワークショップをしているので、
ざくっと網羅できるような肩書にしちゃいました。


5月には、山陰中央文化センターの松江教室で、
特別講座(1回だけの講座)を開かせてもらいます。
申し込み、詳細は、山陰中央文化センターへお問い合わせください。

電話:0852-32-3456
フリーダイヤル 0120-079123 (定休日:日曜、祝日)





f0232763_15261806.jpg


蓮花酥をどうして作ったか?っていうと、
やかもずキッチンで、たまに中華料理を頼まれるから、
少しスィーツのレパートリーをひろげたいなぁ~と思って。

マンゴープリン、杏仁豆腐、エッグタルト、胡麻団子以外で、
なんか、お勧めの中華スィーツってありますか??




ちなみに。やかもずキッチンでは、
基本的には、トルコ・バルカンのお料理を中心としたコースをお出ししていますが、
中華やアジアのお料理の注文も可能です。(完全予約制の強味だね。)


[PR]

by akdeniz_tk | 2018-04-05 12:00 | やかもず | Trackback | Comments(4)