リュブリャナの市場と列車の旅。

f0232763_13375038.jpg


バルカンの旅2日目の続きです。


おいしいスロベニア料理を堪能した後、
列車の時間まで、街歩きをしました。






f0232763_13382042.jpg



わたし以外は、わたしが銀行に無駄足を運んでいる間、
リバークルーズを楽しんだとのコト。

とっても良かったそうですよ。








f0232763_13382808.jpg


リュブリャナの中央市場。










f0232763_13383834.jpg


国旗とか見ると、スロベニア感がでますよね。









f0232763_13384141.jpg

『夜ごはんは、アパートで食べましょう』
って、市場で野菜やフルーツを買いました。






f0232763_13384430.jpg

サモボルで見たときから気になっていた、
扁平な桃。

『おいしいの??』って否定的な意見があったものの、
実際、食べたら、ものすごく甘かったです。
・・・見ためと味はすいぶん違った。






f0232763_13385600.jpg


14:45発の列車で、ザグレブに帰りました。

割引チケットで、ひとり9€。
バスと同じ値段なのに、ものすごく快適。








f0232763_13390260.jpg


車窓の風景も、バスよりも楽しい。


往復とも、列車を使う方が絶対よいと思うけど、
朝ザグレブ発は、1本、
しかも7時ぐらいだったかな?なので、
わたしたちは、バスを選びました。










f0232763_13390848.jpg


途中。ザグレブ到着予定時間を過ぎているのに、
電車が止まったままで、
どうなっているの??
って思っていたら、

しばらくしてから、パスポートコントロールがはじまりました。

スロベニア出国とクロアチア入国のスタンプを押してもらい、
わずか半日のスロベニア滞在は終了。




f0232763_13390685.jpg

そして、20分遅れで、ザグレブ到着。

駅の近くのスーパーで、ハム、チーズ、パンを買って、
タクシーでアパートに帰りました。




f0232763_13391134.jpg

チーズは、Sir TVR mijesと、
Sir OVCJI PASKI(パク島のチーズありますか?って聞いたら、店員さんがこれをくれた)
っていうのを買ったのですが、

PVCJIって後で調べてみると、羊。
でも、羊の味などほとんどしない、とっても食べやすくておいしいチーズでした。








追記は、ぼったくりタクシーについて。
[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-07-15 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(2)

スロベニアの郷土料理@Julija。

f0232763_12175090.jpg


バルカンの旅2日目の続きです。

わずかなスロベニアの滞在。
スロベニアの郷土料理を味わえるのも、ランチ1回だけ。

ということで、絶対に外したくないとかなり悩んで、
予約したのは、Julija
出発前に、ネットから予約しました。


『Gujžina Prekmurska Gostilna』っていうレストランも気になっていて、
どうしようか??ってすごく迷ったんだけどね。










f0232763_12175748.jpg


時間よりも少し早めに行ったけど、
ちゃんとテラス席が用意されていました。




メニューから、お店の人と相談しつつ、
みんなでシェアできる、スロベニアの郷土料理を頼みました。




f0232763_12180275.jpg

生ハムとチーズとオリーブの盛り合わせ。

スロベニアのプロシュットもおいしかったです。





f0232763_12181024.jpg


サラダ。
たしか、Julija特製サラダだったハズ。

写真のとおり、イカがたっぷり入っていました。








f0232763_12181375.jpg

イストリアのパスタ、フジ(Istrski fuzi)、
セップ茸とアスパラガスのソース。







f0232763_12181975.jpg

イドリア風ラビオリ(idrijski žlikrofi)、
クラス地方のパンチェッタとセップ茸のソース。

地味な見ためと相反して、とっても美味でした。










f0232763_12182369.jpg

手作りシュトルクリ、ポルチーニソース。

シュトルクリは、クロアチアでも食べた(詳細は後日)けど、
名前は同じでも、お国によってかなり違うね。









f0232763_12182795.jpg


ランプステーキ、
Teranワインとセップ茸のソース。


お肉が柔らかかったです。
ソースもおいしかったし・・・。






f0232763_12182942.jpg


店内も素敵でした。







f0232763_12183265.jpg


壁には、お皿が飾ってあったり、








f0232763_12183646.jpg


『良いお店を予約してくれたね!!』
って、みんなに褒められちゃいました。



残念ながら、お料理でお腹がいっぱいで、デザートが食べられず。
スロベニア料理、もっといろいろ食べてみたい
ってぐらい、おいしかったですよ。





行ったお店

Julija
Stari trg 9, 1000 Ljubljana





[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-07-14 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(8)

バスで国境を越えてリュブリャナへ。

f0232763_11075267.jpg



バルカンの旅2日目です。

実は、2日目にして、わたし絶不調。
熱があるんじゃないか?ってぐらいフラフラだったのですが、
とにかく行程はこなさなくてはっ、とリュブリャナへ行きました。







f0232763_11075470.jpg

6時半、アパート出発。
タクシーで、バスターミナルへ向いました。


チケットは、ザグレブバスターミナルのサイトから事前購入済み。
わたしたちは8人グループだから、
当日買えない可能性もありそうだったしね。



リュブリャナ到着後、自由行動。
みんなと別れて、わたしは銀行へ。

というのも、わたし、ユーロのトラベラーズチェックをまだ持っていて、
(いったいいつの??ってぐらい前のですが)
『せっかくユーロ圏に来たのだから、なんとかしたい!!』と、
事前にアメリカンエクスプレスのサイトで、
トラベラーズチェックを買取してくれる銀行を調べておいたのです。

で。不調をおして、ふらふらな身体で
駅近く(といっても往復1kmはあったよ)の銀行に行くものの、

『うちは、去年の11月からトラベラーズチェックは取り扱っていない』と。
しかも、どこか変えてくれるトコあるか?って聞いても、
『どこの銀行も顧客以外は無理じゃない??』って。
・・・アメックスのサイト情報、更新していないの??
ほんと、無駄足でした。


ちなみに。トラベラーズチェックのその後ですが、
駄目もとでトルコで聞いてみたら、
トルコは、法律が変わっていて、
どこの銀行でもトラベラーズチェックの取扱いはしない
ってコト。

結局、羽田空港で、日本円に戻しました。
すごくレートは悪かったけど、ゼロよりはマシだよねって感じ。





f0232763_11080354.jpg



リュブリャナの街中へ。


















f0232763_11080654.jpg


人気のアイスクリーム屋さんVigoで。
アイスを食べてクールダウン??










f0232763_11080977.jpg


ピランのお塩屋さん。













f0232763_11081273.jpg

店内も素敵でした。









f0232763_11295500.jpg


リュブリャナで唯一買ったものが、
この、ピランのフルールドセル。








f0232763_11364644.png


ピランは、
イタリアとクロアチアに挟まれた、スロベニアのアドリア海沿岸の町

行く機会はたぶんないだろうから、
日本で、お塩を味わいながら、思いを馳せてみようかなぁ~。





次回は、リュブリャナでのお昼ごはん。
スロベニアの郷土料理を食します。




[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-07-13 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(2)

夜のザグレブをお散歩。

f0232763_10402999.jpg



バルカンの旅1日目の続きです。


夜ごはんを食べた後、
8時半を過ぎていたというのに、まだ明るかったので、
少し街中をお散歩して帰ることにしました。
・・・アパートが郊外だったから、
   ごはん食べるだけじゃもったいない気がして。






f0232763_10403474.jpg


屋根瓦が素敵な、聖マルコ教会。













f0232763_10403819.jpg


カタリーナ教会の近くから、
ザグレブ市内を展望。










f0232763_10404065.jpg



・・・最近、どこでも南京錠を見ますよね。











f0232763_10404388.jpg


暗くなってきたので、アパートへ戻りました。






まだ1日目。とは思えないほど、盛りだくさんな1日でした。
次回は、隣国スロベニアの首都まで
バスと電車を使った小旅行についてです。






[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-07-12 10:39 | 日本での非日常。 | Trackback | Comments(2)

ペカが食べたい@Konoba Didov san。

f0232763_23352288.jpg



バルカンの旅、1日目の続きです。

今回、8人という結構大人数だったので、
めぼしいレストランは、事前に予約しておきました。


ザグレブの宿泊は、レンタカーを借りている関係で、
市内からちょっと離れたLučkoってトコだったので、

夕食は、新ザグレブ地区にある『Konoba Didov san』
っていうお店に決めました。



『ペカが食べたいけど、当日、オーダーできる?』
『ペカは、調理に2時間かかるので、事前予約が必要』
とか、
『何人前から注文できる?1人前いくら??
 他のお料理も食べたいから・・・』
とか、
結構なんどもやり取りをして、予約完了していたけれど、
(かなり親切で早い対応でしたよ)

出発の5日前にメールが届き、
『予約していた日は、新ザグレブ地区のお店はオープンしないコトになりました
 ダウンタウンのお店でよければ、予約を受けることが可能です』
って。


結局、市内まで足を延ばして、夜ごはんを食べることにしました。



f0232763_23361720.jpg


クロアチア初のビールは、Ožujsko。







f0232763_23352868.jpg


ダルマチアのチーズとハムの盛り合わせ。

クロアチアの生ハムもチーズも美味。









f0232763_23353225.jpg

チーズと揚げパン(Uštipci)。

ただの揚げパンなのだけど、
予想以上においしかったです。








f0232763_23353720.jpg

soparnik

以前、動画で作り方を見ていて、
食べるのが楽しみだったクロアチアの粉もの。






期待が高過ぎたからなのか?
焼き立てじゃなかったからなのか?
それとも、このお店がハズレだったのか??

正直、がっかりでした。







f0232763_23354000.jpg

Sač(2人前)。

トルコ語にも、sacってあるんだけど、
語源一緒かな??

鉄の浅い鍋で焼いたお料理でした。








f0232763_23354442.jpg

たぶんだけど・・・ザグレブ風カツレツ。

正直、印象があんまり残っていないお料理で、
後でレシートから割り出して、たぶん。。。

お味も、普通だったんだと思います。







f0232763_23355577.jpg


そして、これが待望のPEKA!!


お肉は仔牛でした。










この方法で作れば、時間がかかるの納得。
たしかに、事前に予約しておかなければ、食べられないお料理だね。

仔牛自体もおいしかったけど、
肉のうまみが浸み込んだじゃがいもや野菜が絶品!!


2人分って予約はしておいたのですが、
日本に帰って、レシートを見たら、1人前になっていて、
この量が、1人前なのか2人前なのか?よくわかりません。






かなりお腹がいっぱいになってしまい、
デザートは注文できませんでした・・・残念。




f0232763_23374779.jpg




行ったお店
Konoba Didov san
Mletačka ul. 11, 10000, Zagreb




[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-07-11 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(4)

クレームシュニッタをはしご@U prolazu。

f0232763_23015736.jpg

バルカンの旅1日目の続きです。

道に迷って歩き疲れたみんなには、
『Livadić』で休んでいてもらい、
わたしだけ、近くのケーキ屋さん『U prolazu』へ。

2つのお店。100mも離れていないから、
今度ははぐれるコトはないと思ったし、
『わたしたち、動きたくないから、ここで待っている』
って言われたし・・・。







f0232763_23024217.jpg


クレームシュニッタ以外にも、
気になるケーキはありましたが、





f0232763_23031599.jpg

やっぱり、クレームシュニッタですよね。
1個9クーナ。

Livadićのよりも、クリーム部分が硬くて、
カスタードの味が少し弱いかな?







f0232763_22091999.jpg



本当は、この後、
samoborska mustarda(サモボル・マスタード)を買いに、
ベルメットとマスタードの販売所に行くつもりだったんだけど、

長距離フライトの後、歩きまわって、疲れていたし、
アパートのチェックイン時刻に大幅に遅れそうだから、諦めました。






f0232763_22085988.jpg





行ったお店

U prolazu
Trg kralja Tomislava 5, 10430, Samobor



[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-07-10 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(2)

ザグレブ到着後のもろもろと、サモボルのクレームシュニッタ@Livadić。

f0232763_22084700.jpg


バルカンの旅1日目です。

12:30 ザグレブ空港に到着後、
まず、空港内の売店で、SIMを購入。

数タイプのSIMを扱っていたけど、
売店の方からお勧めされた『Vip』という会社の、

1週間使い放題のインターネットに
電話がついている(どれだけかけたか覚えていないけど)、
1枚80クーナのものにしました。

日本でwifiをレンタルするよりも安いし、電話もかけられるので、
SIMフリーのスマホをもっているのなら、こっちの方が便利だと思います。


そして、日本で予約しておいたレンタカーを借りて、
一路、サモボルへ。

ちなみに。レンタカーは、2台とも新車!! 
『君たちが初めて借りるんだよ~』って言われました。
走行距離を見ると、10km。ほんと納車の時に使っただけって感じで、
・・・事故起こしたらどうしよう??って、よけいにドキドキもしたけれど、
やっぱり、新車はいいですねェ~。


f0232763_22085278.jpg

空港でもたもたしていたのと、
当日大きな道が工事中で閉鎖されていたのもあって、
3時ごろに、やっとサモボルへ到着。



車を止めて、200mぐらい歩いた後に、
カメラを車に忘れたことに気が付き、
わたしだけ、駐車場に引き返したのですが・・・。



f0232763_22090880.jpg



先に行ってもらったハズの7人が、
待ち合わせのカフェにいない!!

本当に小さな町なのに、どこをどう迷ったのか?
不思議なぐらいなんだけど、

電話で連絡を取りながら(SIMを2つ買っていてよかったです)、
小高いとこに立っていて、
とっても分かりやすい教会の前で待ち合わせをしなおしたのですが、




f0232763_22091398.jpg


それでも、出会うまでに、30分近くかかってしまいました。。。











f0232763_22092518.jpg



で。しきりなおして、
『Livadić』でクレームシュニッタと、レモネードを注文。

みんな歩きまわって暑かったからレモネードにしたんだけど、
「これ足りなかったから、4つ分を8つに薄めたでしょ?」
っていうようなひどいものでした。。。


期待のクレームシュニッタは、
カスタードが濃いめで、だけど、クリームは柔らかいタイプ。
・・・おいしかったです。






次回もサモボルのクレームシュニッタ。
もう1つの有名店にも行ってきました。


行ったお店:
Livadić
Trg kralja Tomislava 1, 10430, Samobor




[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-07-09 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(4)