お花の包子と失敗トトロ包子。

f0232763_14550316.jpg





蒸しパンがおいしい冬。

やかもずでも、
リクエストがあれば蒸しパンを出したりしています。
・・・といっても、トルコ料理がほとんどだけどね。







f0232763_14551216.jpg


紫いもと南瓜のパウダーを使った
2色の菊花包子。










f0232763_14551544.jpg



セイロで蒸すこと、15分ちょっと。
ふわりと広がるお花たち。











f0232763_14551978.jpg


調子に乗って、キャラものを試してみたけれど、
なんか、違う。。。

トトロの目にも、白目が必要だったのと、
そもそも、トトロは緑色じゃなくて、グレーだって!!

まっくろくろすけは、良い感じにできたと思う。
って、丸めた生地の上に、眼をつけただけだけど。


キャラものを売り物にするためには、
まだまだ練習が必要だね。。。
(お子様向けのお店じゃないから、そんなに頑張る必要はないけど)













[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-08 12:00 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(6)

九份名物の芋スイーツ。

f0232763_22360048.jpg


台湾の旅の記録の続きです。


九份は、草餅とともに芋圓も有名。

やっぱり、食べておかなきゃねぇ~と、
展望台で座って食べられる、阿柑姨芋圓に行ってみたものの、
朝、早すぎて、開店前。



8時~オープンしている、賴阿婆芋圓へ行きました。
(というか、通りかかっただけなんだけどね)






f0232763_22255336.jpg


芋圓は、タロイモ団子。
生地を、細く棒状にのばして、
トントンと切って・・・。








f0232763_22260020.jpg

そのままパックして売っているし、











f0232763_22324626.jpg

ぜんざいとして、その場で食べたり・・・。











f0232763_22260758.jpg

さすがに、朝8時半ぐらいだったので、
誰もいなかったです。。。







f0232763_22261496.jpg


暑くなりそうな、そんな1日だったので、
アイスを注文したのですが、

ぜんざいは、やっぱり、温かいのの方がおいしいかも?
って、思いました。







[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-07 12:00 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(6)

阿蘭草仔粿。

f0232763_23141450.jpg


台湾の旅の記録の続きです。

朝の8時過ぎ、まだ眠っている九份の街で、
数少ないオープンしていたお店が、








f0232763_23142948.jpg


阿蘭草仔粿。







f0232763_23152512.jpg


現在、仕込みの真っただ中って感じで、








f0232763_23151868.jpg


お餅の中に、具を包んでいるところでした。







f0232763_23153161.jpg


出来立ての、あまくない草餅をひとつ。
餅が、とっても柔らかくて、おいしかったです。








f0232763_23153993.jpg


帰りがけに、お店の前を通ったら、
4種類の草餅が、ずら~と整列。
(最初に通ったときには、まだ並んでいませんでした)


・・・4種類、全部食べてみたかったかも。





[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-06 12:00 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(0)

朝の九份老街。

f0232763_23091677.jpg



台湾の旅の記録の続きです。

台湾1日目は、九份の民宿(easy B & B)で泊まりました。

実は、今回の旅、4人で行くハズだったのですが、
当日1人が体調不良により不参加。
フライトもホテルもキャンセル可能期間を過ぎていて、
(フライトは格安だったので、そもそもキャンセルできなかったんですけどね)
どうしようもないと諦めつつも、民宿の方に話したら、
『予約サイトに支払う手数料だけは負担してね』って、
宿泊料金は、払わずにすみました。

他にも、いろいろ親切にしていただいたし、
とっても良い民宿でしたよ。







f0232763_23043390.jpg

朝ごはん付きだったのですが、
わたしは、パス。

だって、もう来ることがあるか分からないのだから、
九份の名物をいろいろ食べておきたいじゃないですか?








f0232763_23043936.jpg

同行者は、朝ごはんを食べていたのですが、
ハムと目玉焼きを乗せたパンと、
米乳と豆乳でした。










f0232763_23045012.jpg

朝8時過ぎの九份は、まだ静か。









f0232763_23044696.jpg


まだ眠っている街の中を、
ふらふらお散歩。









f0232763_23045619.jpg

高台に行けば、海が見えました。







f0232763_23050883.jpg

そもそも、九份って、標高が高いし・・・。
眺めは良いですねぇ~。










f0232763_23071202.jpg

9時頃には、お店が次々オープンしはじめました。









f0232763_23072420.jpg

仕込んだばかりのフィッシュボール。









f0232763_23052351.jpg


エリンギが大きかったっ!!









f0232763_23052069.jpg


炭火焼きのエリンギ。
おいしそうでした(買わなかったけど)。






f0232763_23095502.jpg

食べてみたいと思いつつも買わなかったもの。
核桃餅=ウォールナッツケーキ。

薄くて大きな月餅みたいなものかなぁ~?と想像。







f0232763_23094667.jpg

街歩きをしている間に、ツーリストがどんどん増えてきて、
10時前になると、街は、かなり賑わい始めていました。



今回、思ったのが、

九份に行くのなら、夕方。
そして、一泊して、朝、混雑し始める頃に出発する。

っていうのは、かなり有効なプランだったなぁ~と。



次回の台湾の旅の記録は、
九份を味わう・その1 です。


[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-05 12:00 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(6)

シミット。

f0232763_23025450.jpg




トルコのシミット(simit)。


東京などでは、お家でシミットを作っている人も結構いるらしい

とか、


トルコから買って帰る人もいる

とか、って聞いたけど、

胡麻がたっぷりついた、香ばしい香りのシミットは、
日本人の好みなのでしょうね。


でも。シミットと一言で言えないぐらい、
トルコでは、地方によって、シミットもいろいろ。





たとえば。サフランボルのシミット。





ギレスンとか、カスタモヌでは、


胡麻のない、裸(チュプラック)シミット(=サーデシミットともいうけど)とか。




シミット屋さんのシミットは、
発酵を少なめにした、中身がギュッと詰まっているのも多いですが、
pastane simidi(ケーキ屋さんのシミット)って言われるシミットは、
もうちょっとふんわりしていたり・・・。






いずれにしても、朝ごはんや小腹の空いた時には、
シミットやポアチャですよね。

朝ごはんのシミットセットといえば、





以前、シミット屋さんのお話をUPしたこともありました。










f0232763_23025946.jpg


中味がギュッと詰まったシミットは、
焼き立てはおいしいけれど、時間が経つと・・・だから、
パスターネシミド風に、少しふんわりめなシミットを焼きました。













話は変わって、今年の目標!!

やかもずを発展させるってコトがいちばんだけど、
プライベートでは、
『バーラマを頑張る!!』をいちばんの目標にしました。


2016年に始めたけれど、去年はかなりさぼり気味で、
ちっともうまくならなかったので、
今年こそは!!弾き語りは無理だけど、
(歌うと手がおろそかになるし、そもそも、
 トルコ語の歌詞がメロディーに納まらないっ!!・・・字余りになってしまうのです)



目標は高く、
年末には、『bir ay doğar』が弾けるようなレベルになること。





どうやら、この曲を弾きならせるぐらいになると、
『バーラマを弾けます』って良いレベルなんだって。

楽器は日々の積み重ねが大切だから、
毎日、欠かさず練習をするように、頑張ろうと思います。
(12月には、そんな目標を立てていたことさえ、忘れていたりして??)





[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-04 18:00 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(0)

基隆廟口夜市で見たもの、食べたもの。

f0232763_13095315.jpg



年を越してしまいましたが、引き続き、基隆廟口夜市。


基隆廟口夜市は、グルメ夜市。
老舗が多く、おいしいものがいっぱい
ってコトなので、

魯肉飯の夜ごはんの後、さらにふらふらと散策しました。




f0232763_13314773.png

ちょうど、夜市はL字型になっているので、
仁三路から入って、愛四路に抜ける感じで、
ひととおり、歩きました。






f0232763_13100012.jpg

世盛一口吃香腸。












f0232763_13100241.jpg


ほんと、一口のソーセージ。
お好みで、にんにくと一緒に。。。









f0232763_13101593.jpg

海鮮やら、










f0232763_13101876.jpg


カエルやら・・・。








f0232763_13100725.jpg

牡蠣、大きい~。







f0232763_13101025.jpg


烏賊も、ごつい~。






f0232763_13102453.jpg

ボードゲームとかもありましたよ。





f0232763_13102168.jpg


台湾で、食べ歩きたいと思っていたもののひとつが、
胡椒餅。
この旅、初めての胡椒餅は、聚炉益爆漿胡椒餅で。
普通においしかったです。






[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-03 18:00 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(9)

砂の美術館。

f0232763_15483845.jpg




去年の寒い日のこと。
日帰りで、鳥取に出かけてきました。

その日限定の鳥取までの往復切符を貰ったので、
じゃあ、出かけようか?って。
でも、当日。寒波が来て、とっても寒くて、
ギリギリまで悩んだんですけどねぇ~。
まぁこういう機会がないと、鳥取にいく機会もないだろうなぁ~と思って、
結局、行くことにしました。




鳥取砂丘も歩きたかったのですが、とにかく寒くて、
(風がびゅうびゅう、途中からは雹が降って・・・)
やっぱり屋内だよねぇ~。


と、鳥取駅に到着後、バスで向うのは、『砂の美術館』。

第10期「砂で世界旅行・アメリカ編」
〜世界に誇る大自然と自由の国を訪ねて〜

を見に行きました。







f0232763_15484565.jpg


アメリカンな砂のアート。









f0232763_15493263.jpg


『アメリカンライフ』では、
ハンバーガーとフレンチフライ


とか、







f0232763_15510109.jpg


『アメリカの動物たち』


とか、







f0232763_15510575.jpg


『宇宙開発』で、
スペースシャトルに宇宙飛行士、



とか、


f0232763_15510921.jpg


『アメリカの文化~映画産業』
で、モンローが居たり、


とか。

砂アートを満喫しました。




そして、麒麟獅子バス(観光スポット周遊バス)に乗って、


f0232763_15484911.jpg


砂丘は、あまりにも寒そうだったので、
通過して、


海鮮市場かろいちで、お昼ごはん。




f0232763_15511350.jpg


かなり悩んで、決めたのが、
紅いかの入った、海鮮丼。







f0232763_15511890.jpg

同行者は、焼きがに定食を頼んでいました。
(わたしも、これか海鮮丼を迷っていたんだけどね)




島根も寒いけど、鳥取の方がさらに寒いかも?
って、思うぐらい、寒かったです。
砂丘に行くなら、季節を選ばないとだめですね。




[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-02 00:00 | 日本での非日常。 | Trackback | Comments(2)