小龍包めぐり・その1。

f0232763_12483207.jpg



3日目の朝ごはんです。


台湾グルメといえば、小龍包ですよね。

今回、自分好みの小龍包を探しに、
いくつかのお店を食べ歩いてきました。
しかも、朝から。



まずは、『鼎泰豊』。
台北にいるんだから、本店だよね、やっぱり。

オープンの9時(土日は早い)を目指して、
8時50分ごろにはお店に着いたのですが、
すでに開店していて、すんなりと席に案内されました。






f0232763_02191468.jpg


地瓜葉。
サツマイモの葉っぱ。

ネットのどこかで、シーズン物だから、おすすめって書いてあったので。
空芯菜は、日本でも食べられるけど、サツマイモの葉っぱは食べないですしね。









f0232763_02192946.jpg


期待の小龍包。









f0232763_02193276.jpg


どうして、こんなに薄い皮なのに、破れないのかしら??














f0232763_02193590.jpg


カニみそ入り小龍包やヘチマと海老の小龍包も注文しました。

好き好きだと思いますが、
わたしは、普通の小龍包がいちばんおいしかったです。






f0232763_02193944.jpg


紅油抄手。
ピリ辛茹でワンタン(海老)。

小龍包もおいしかったけど、ワンタンもおいしかったです。
これ、自分でも作れるようになりたいなぁ~って思うぐらいに。


実は、松江っておいしい中華料理屋さんが少なくって、
自分好みの中華が食べたいなら作るのがいちばんなんですよね。
近くに鼎泰豊があれば、便利なのに・・・。








f0232763_02194723.jpg


他にも、おいしそうなお料理がたくさんあったけど、
朝ごはんだし、小龍包を、もう1軒食べ歩くつもりだったので、
あきらめました。






f0232763_02194948.jpg


で。お店からでると、すでに行列。
・・・早く到着して良かったです。






【行ったお店】
鼎泰豊 本店 
台北市信義路二段194号


[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-23 12:00 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(6)

トマト風味の刀削麺を食べに。

f0232763_16413313.jpg



台湾の旅の記録の続きです。




順番が前後していますが・・・2日目のお昼ごはんは、ハシゴしていました。
好記担仔麺の近くにある、
甘記蕃茄刀削麺で2回目のお昼ごはんです。







f0232763_16414268.jpg


トマト味の麺といえば、パスタが良いなぁ~って思ってしまいますが、
『おいしい~』って評判の台湾麺だから、気になりますよね。








f0232763_16421165.jpg


お昼の時間から少しズレていたからなのか、
店内には、ほとんどお客さんも居ず、
お店の人が、店先で、トマトの仕込中でした。










f0232763_16421589.jpg


大量のトマト!!
日本で作るとなると、コストが高くなりそう。
夏季限定だったら、良いのかなぁ??









f0232763_16422160.jpg

お店の看板メニュ、蕃茄牛肉麺。

上に乗っている厚切りの牛肉が、驚くほど柔らかかったです。
すじの部分でさえ、柔らかくって、
でも、お肉の部分はボソボソになっている訳でもなく、
とってもおいしかったです。










f0232763_16422774.jpg

一見、蕃茄牛肉麺ですが、
こちらは、蕃茄牛肉泡餅。

以前、北京で、羊肉泡馍を食べ損ねたので、
牛肉と羊肉の違い以外は、似たような物だよね?
と注文しました。

パン入りスープって感じだから、
ダメな人は、ダメかも?

補足だけど、羊肉泡馍は、北京グルメじゃなくて、
本場は西安。自分で、餅を千切って、そこにスープをかけてもらう
っていう、参加型料理?です。
西安は行ったことないけど、他にも気になるお料理がいろいろ。
絶対に書けないような漢字、ビャンビャン麺とか気になります。

ちなみに、こんな漢字。

f0232763_01333660.png

                                  wikipediaより










【行ったお店】

甘記蕃茄刀削麺
台北市中山區四平街42號


[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-22 14:49 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(4)

乾燥ユフカ。

f0232763_13452783.jpg







村のお母さんが作っていた乾燥ユフカ(クル・ユフカ)。

ギュンルック・ユフカと違って、
パリパリに乾燥しているから、日持ちがします。


普通は、大きく作るのだけど、
日本で使いやすいのは、黒海地方で見かけた小さめサイズ。






f0232763_13453075.jpg


パン代わりに、主食として食べるときは、
霧吹きで水を吹きかけてから、大きな布で包んで、しばらく置いて、
しんなりさせます。


他にも、クル・ユフカを使って、ボレキを作ったりもできますよ。







レシピ残しておきます。









第2回プラチナブロガーコンテスト

料理・お弁当部門に応募します。











[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-21 12:00 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(4)

老舗台湾料理店で夜ごはん。

f0232763_01403425.jpg



2日目の夜ごはんです。

台北のホテルの近くに屋台があったけれど、
前日が屋台ごはんだったので、
この日は、ちょっと豪華にしましょう♪♪
と、老舗の台湾料理店・欣葉へ行きました。

欣葉は、台北にいくつも支店があるけれど、
せっかくなので、本店、台菜創始店に予約して。






f0232763_01403804.jpg

欣葉滷肉。
お勧めメニューの豚の角煮。

ほんと驚くほど、とろとろ。
どうしたら、こんな風に仕上がるのだろ??
と思うぐらい柔らかかったです。





f0232763_01404373.jpg

蒜香醃蜆仔。
しじみのニンニク醤油漬け。

気になっていた台湾料理のひとつでしたが、
生のしじみなので、ちゃんとしたお店で食べたいなぁ~と。

数個はおいしく食べられるのですが、
でも。やっぱり生臭いねって、同行者には不評でした。







f0232763_01404719.jpg

烏魚子福卷。
からすみの生春巻き風。

台湾からからすみを買って帰ろうと思っていたので、
変わった食べ方を覚えておこうかなぁ~と。

大根と葉っぱとからすみを皮で巻く、
お家でも真似できそうですよね。






f0232763_01405172.jpg

手打花枝丸。
手作りいか団子。

これも、お勧めだったので、頼んだのですが、
お勧めだけあってとってもおいしかったです。







f0232763_01405443.jpg

紅蟳米糕。
ワタリガニのおこわ、黒ゴマ油風味。

ガイドブックとかにも載っている名物おこわ。
台湾のごちそう料理だそうで・・・たしかに。








f0232763_01405835.jpg


取り分けもしてくれました。





f0232763_01410118.jpg


ちょうど、今が蟹のシーズンだから、
作ってみようかしら??






f0232763_01410493.jpg


食後のサービス。


頼んだお料理がハズレなく、さすが老舗だなぁ~と納得。
(しじみは、このお店が悪いのではなく、たぶん、そういう料理なんだと思います)

他にも、食べてみたいお料理がいくつもあったけど、
おこわが大きすぎて・・・。


中華料理は、もっと大人数で行って、
すこしずつ食べるのが良いですよね。




【行ったお店】
欣葉 台菜創始店
台北市雙城街34−1号

[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-20 12:00 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(8)

煎餅と迪化街。

f0232763_01425742.jpg



台湾の旅の記録の続きです。


お昼ごはんをハシゴしたから、
もう食べられないって思いつつも、
行きたかった煎餅のお店にも、寄り道。

せっかく近くに居たのだから、
買って帰れば、後で食べられるしねってコトで。





f0232763_01431032.jpg

『阿源煎餅』

人気のお店だから、どんどん売り切れになっていくらしいですが、
お昼過ぎだったので、全種類の煎餅がありました。









f0232763_01431789.jpg


煎餅は、具を生地に包んで揚げたもの。







f0232763_01432459.jpg

具の入ったピシ(トルコのね)とか、
ホトック(韓国のね)とかに、似ていますよね。






f0232763_01432912.jpg

ちょっと悩んだけど、葱肉(葱とお肉入り)にしました。








f0232763_01433756.jpg

しっかり食べた後に向ったのは、迪化街。

街歩きを楽しもうと思っていたのですが、
お天気が悪くなり、途中から大雨も降ってきて・・・。

アーケードだけを歩きました。








f0232763_01434139.jpg

迪化街には、乾物や漢方やお茶などを売っているお店が並んでいます。
フカヒレやアワビや乾燥ナマコとかは、
買っても使わないだろうし、見るだけ。







f0232763_01434676.jpg

お茶は、お茶屋さんで買うつもりだったので、これも見るだけ。

結局、買ったのは、粽用の竹の皮と紐。
これは、安かったし、お買い得でした。

大量に入っていたから、
半年たった今でも、まだ使い切ってません。




【行ったお店】
阿源煎餅
台北市中山區四平街31號






[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-19 12:00 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(2)

テプシ・マントゥ(シニ・マントゥ)。


f0232763_10401638.jpg



一時期、マントゥの試作を続けていました。

マントゥは、トルコのトルテッリ(もしくはミニミニ餃子)なんですけど、
スタンダードなものから、変わりものまで、いろいろあるんです。




スタンダードタイプは、
以前、カイセリのお母さんが作っているところをUPしていますので、
そちらで。







今回のは、シニマントゥとかテプシマントゥって言われるタイプのマントゥ。
シニもテプシも要は、お盆(トレイ)。

水餃子みたいに茹でるのではなく、オーブンで焼くタイプです。





f0232763_10402642.jpg


1.5cmぐらいの四角い生地の中に、
ほんの少し、具を詰めて、
両側をくっつけて、









f0232763_10402187.jpg


トレイの上に(わたしはスキレットにしたけど)並べます。




で、オーブンで焼いて、
途中、トマトソースをかけて、さらに焼いて・・・。










f0232763_10402950.jpg


完成!!

今回の反省点。
マントゥは、焼くと小さくなるので、
(茹でると少し膨れるくせにね)
もっとギュッと詰めて並べた方がよさそう
(ただし、労力も増えるけど)


でも。この労力を考えると、
気軽なお値段のお料理として出すのは、難しそうです。。。
(だって、数人分作るだけでも、何時間もかかるのだもの)



レシピは残しておいたので、リンク貼っておきます。
頑張ろう!!って気合が入ったときに、作ってみてください。







第2回プラチナブロガーコンテスト

料理・お弁当部門に応募します。





[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-18 12:00 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(2)

コンヤ名物、トリット。

f0232763_00254338.jpg



コンヤにもう一度行きたいと思ったのは、
本場で食べたいコンヤ名物がいろいろあったので。

Bamya çorbası
Arabaşı Çorbası
Çebiç
Düğün Pilavı
Etli Ekmek
Etli Topalak
Höşmerim
Saç Arası
Fırın Kebabı
tirit

他にも、
Yağ Somunu
Mevlana böreğiなど、ざっと挙げても、こんなにあるのです。


フルンケバブとか一部のお料理は、コンヤ以外の都市でも、
名物だったりしますけどね。



f0232763_00165502.jpg


アンタルヤにあるコンヤ料理屋さんで、
tiritを食べました。



f0232763_01494113.jpg

tirit。
石釜焼きのパンの上に、
ヨーグルトやバターやスープストックをかけて、
コンヤから仕入れた牛肉のグリルがのったお料理です。






f0232763_00080303.jpg

kavruma tirit
カブルマを乗せたtirit。

お味は、ほとんど変わりません。








f0232763_00275415.jpg


お肉の山の下は、こんな感じ。








f0232763_02014350.jpg

コンヤ名物じゃないけど・・・。
エキメッキ・カダイフ。

とっても甘いけど、でも、
好きなトルコスィーツのひとつです。





第2回プラチナブロガーコンテスト

料理・お弁当部門に応募します。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-17 12:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(4)