ドブロヴィニクでシーフード@Tavren Bonaca。

f0232763_15381256.jpg



バルカンの旅4日目の続きです。


ドライバーさんに送ってもらったのは、
Franjo Tudjman橋から入江になっている地域にある、
『Tavren Bonaca』というレストラン。










f0232763_15235423.jpg


旧市街よりも、安くておいしいお料理が食べられるという噂。
・・・アドリア海のシーフードに期待が高まります。
クロアチアに来てから、全く魚介類食べていなかったしね。











f0232763_15235994.jpg

Škampi na buzaru。

スカンピのブザラ。






f0232763_15240115.jpg

Kozice na buzaru。

エビのブザラ。
本当は、ムール貝のブザラを頼もうとしたのだけど、
今日はないというコトで・・・。

スカンピもエビも似たようなものだなぁ~と思いつつも、注文。
どちらも、ソースがおいしかったです。








f0232763_15240438.jpg

Crni rižoto

黒(イカ墨)のリゾット。
クロアチアの名物料理だって聞いていたので、
食べてみないとね。







f0232763_15240779.jpg


Bijeli rižoto

白のリゾット。
黒を頼んだので、白も頼んでみました。

エビの風味がおいしく、こっちの方が好みでした。








f0232763_15241075.jpg

salata od hobotnice。

タコのサラダ。
これも事前に食べてみたいと思っていたシーフード料理。








f0232763_15241339.jpg



Lignje pržene。

烏賊のフライ。
ヨーグルトのソースで、さっぱりとしていて、
烏賊自体も柔らかかったです。








f0232763_15241755.jpg

Riblja plata " Bonaca" za 2 osobe。

お魚プレート”Bonaca”(2人前)。
お店の人におすすめされて頼んだものの、
他のお料理に比べると・・・。

種類も量もたくさんだけど、特においしいという訳でもなく、
そもそも、他のお料理でお腹もほどよく満たされていたので、
『頼まなくてもよかったのでは??』って。
見ためは、ゴージャスで、お値段もそれなり(7000円ぐらい)したんですけどね。







f0232763_15235605.jpg


小ぶりなパンも食べやすくておいしかったです。


お魚プレートは微妙でしたが、
他はとってもおいしくて、満足しました。







f0232763_15241963.jpg

食事の間に、完全に日は落ちて、
入江のライトアップがきれいでした。


その後、旧市街までタクシーで行って、
夜のドブロヴィニクを少しお散歩してから、
ホテルに帰りました。


行ったお店
Konoba Bonaca
Sustjepanska Obala 23 Sustjepan, Dubrovnik




[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-07-26 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(2)

ストンの塩田。

f0232763_11252154.jpg


バルカンの旅4日目の続きです。


ツアー最後の訪問地は、ストン。
ヨーロッパでも最古クラスの塩の生産地です。








f0232763_11252916.jpg




ストンには、防塁壁があって、
世界で2番目(1番はもちろん、万里の長城)だそう。

ドブロヴィニク共和国が1334年にペリェシャツ半島を制圧した後、
14世紀に建設されたらしいです。


翌日、ドブロヴィニクの城塞ウォーキングを控えているから、
体力は温存したいってコトで、
外から眺めただけでしたが・・・。










f0232763_11254093.jpg



製塩所の前で、塩の販売はしていましたが、
せっかくなので、入場料を払って、中に入りました。

簡単な製塩のビデオ説明の後、









f0232763_11254303.jpg



塩田を見学。

7月~9月の夏の間に、塩は製造されるそうです。
塩の収集作業は、参加できるらしいですよ)。









f0232763_11254656.jpg



3時ごろから始まったツアーも、
日が暮れる(8時30ごろ?)には、終り。。。


お世話になったドライバーさんには、
予約してもらったレストランの前でお別れしました。



半日だったけど、とっても密度の濃い思い出に残るツアーとなりました。



で。このツアー会社さん、予約の時の回答も迅速・丁寧だったし、
いろいろリクエストにも答えてくれたし、
ドライバーさんは、とっても気がきく好青年だったし、
マリオさんも、英語はできないけど親切だったし、
さらには、ツアーが終わった翌日には、フォローアップメールが届きました。

なかなか行けるような場所ではありませんが、次回があればまた利用したいですし、
ドブロヴィニクへ行く方にお勧めしたいって思います。

Dubrovnik transfer services




次回は、クロアチアのシーフード。
おいしい夜ごはんです。



[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-07-25 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(0)

Vinarija MILOŠ。

f0232763_11020297.jpg


バルカンの旅4日目の続きです。


おいしい牡蠣を堪能した後、
マリオさんに別れを告げて、
わたしたちはワイナリーに向いました。






f0232763_11022271.jpg


今回、ものすごくお世話になったドライバーさん。


ツアー自体も、もちろんよかったけれど、
とっても気が利くドライバーさんのおかげで、
さらに満足できるものとなりました。






f0232763_11021974.jpg


ワイナリーのブドウ畑。
1種類のブドウだけを育ててワインを作っているそうです。

ブドウの品種は・・・忘れちゃったけど。










f0232763_11022741.jpg


軽く見学をした後、ワインのテイスティングです。








f0232763_11023197.jpg


まずは、ロゼ。













f0232763_11023436.jpg

その後、1本目の赤ワイン。











f0232763_11023753.jpg

10年ものの赤ワイン。










f0232763_11024099.jpg


ワイン3種類の後、
最後は、オリーブオイル。

ワインは詳しくないので、よく分からないけど、
このオリーブオイルは、すごかった。

上質なオリーブオイルって、ピリってくるものがありますよね?
ここのも、ピリピリしていました。




みんな『重いけどなぁ~。割れないかなぁ~』って言いつつも、
オリーブオイルを購入していました。



訪問したワイナリー







ツアーは、まだまだ続きます。
次回は、最後の訪問地ストンと塩田です。





[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-07-24 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(2)

ボートの上で、剥きたての生ガキを食べる。

f0232763_19262220.jpg


バルカンの旅4日目の続きです。

わたしたちのドブロヴィニク滞在は、1日。
『でも、せっかく来たのだから、
 ドブロヴィニクの郊外にも行ってみたいよねぇ~』
と、ツアーを利用することにしました。
(本当は、モンテネグロのコトルに行ってみたかったけど、
 旧市街の観光が全くできなくなりそうで、諦めた。。。)


送迎をお願いした会社のホームページを見たら、
比較的手頃なお値段で、ストン湾のツアーが2つ。

詳しく聞いてみたら、
ひとつは、トレステノとストンとワイナリー半日ツアー、
もうひとつは、ストン(オイスター付き)とワイナリーの半日ツアー。


トレステノは、あんまり人気がないスポットみたいだし、
ひとり10€ぐらいしか違わないのなら、
牡蠣とワインが良いよね?

と、送迎サービスの後、
そのままオイスターとワインのツアーをアレンジしてもらいました。



f0232763_19263233.jpg

約1時間のドライブで、ストン湾に到着。

到着少し前、
『マリオ(というスタッフ)が、すでに船でスタンバイしているよ~』
ってドライバーさんが言ったので、

ツアーに、ボートクルーズが含まれていたのね
って、初めて知りました。






f0232763_19270517.jpg


ストン湾は、牡蠣の養殖がさかん。








f0232763_19264201.jpg


停泊してから、牡蠣の養殖についての説明が少し。

まず、1年間こんな感じで育てて、









f0232763_19264691.jpg


大きくなったら、移し替えて、さらに2年。
・・・3年もかかるんだね。











f0232763_19263826.jpg

船で案内してくれたマリオさん。

『さぁ、牡蠣を食べましょう!!』と、










f0232763_19265506.jpg


クーラーボックスから、ワインや水を取り出して、
みんなのグラスに注ぐと、











f0232763_19265103.jpg


用意してあった牡蠣を、










f0232763_19265840.jpg

せっせと剥いてくれました。


『ここは、マリオのレストラン!!』だって。


生牡蠣ひとり5つ付きのツアーだってのは知っていたけど、
レストランか何かで、牡蠣を出してくれるものだとばかり。。。

こんな船の上で、剥きたての牡蠣を味わうなんて、
全く想像していませんでした。





f0232763_19270180.jpg


船の上で、ストン湾を見ながら食べる牡蠣は、
今まで食べた生牡蠣以上においしくて、
とっても贅沢な気分になれました。
・・・ワインまで用意してくれているってのが、気が利いていますよね。








ツアーは、まだまだ続きます。
次回は、ドブロヴィニクのワイナリーです。




[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-07-23 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(4)

ドブロヴィニクへ。

f0232763_17532334.jpg


バルカンの旅4日目です。

この日、ザグレブからドブロヴィニクへ移動しました。







f0232763_17525392.jpg



3日間、お世話になったレンタカー。
ピカピカの新車を借りたけど、
ずいぶんと埃っぽくなってしまいました。。。








f0232763_17525656.jpg


ドブロヴィニクまでは、クロアチア航空で。

こんな小さい飛行機だから、すぐにいっぱいになるみたい。

最初は午後便を予約するつもりだったのだけど、
3ヵ月前に予約しようと思ったら、取れませんでした。

・・・1時間ほどディレイして、到着は午後。





f0232763_17532505.jpg


ドブロヴィニクの上空から。

30秒ほど、撮るのが早すぎた。
あと、5kmぐらいで旧市街がだったのに・・・。










f0232763_17525842.jpg


空港からはホテルへは、送迎バンを頼みました。

これが、ものすごく良いツアー会社さんで、
詳しくは後述しますけど、ドブロヴィニクに行くならぜひ、
強くお勧めしたいです。


今まで、なんどか送迎をすっぽかしされたコトがあったので
(トルコでとか、インドネシアでとか・・・)
ちゃんときてくれているのか?
1時間遅れで到着したけど、待っていてくれるのか?
って、不安もありましたが、

名前を書いた紙をもって、ドライバーさんが迎えてくれました。



しかも、市内に行く前に、
『写真スポットに、寄り道してもらえますか?』
って頼んだら、

絶景ポイントで停車してくれました。






f0232763_17532959.jpg


階段を上がると・・・

旧市街が素敵です!!










f0232763_17530404.jpg


ホテルにチェックアウト後、

このドライバーさんと一緒に、予約しておいた
ストン湾とワイナリーのツアーに出かけました。
(このツアーも、ものすごくお勧めなのですが、詳細は後日)









[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-07-22 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(4)

肉を堪能する@kosta。

f0232763_22054141.jpg



バルカンの旅3日目の続きです。


3月の終わりに、NHKのBSプレミアムの『世界入りにい居酒屋』で、
ザグレブのグリル料理が放送されていて・・・。

ザグレブは、どうやら肉料理が安くておいしいらしいって知りました。








ザクレブを離れる前に、是非とも堪能しておかねばっ!!
と、グリル屋さんに行くコトに。



テレビで放映されていたトコは、ちょこっと離れていたから、
トラムで行きやすい『Tvornica Pljeskavica Kosta』へ。


夜ごはんには早い時間だったので、予約はしていませんでしたが、
すんなりと入れました。




f0232763_22054464.jpg

この日のビールは、PAN。
2種類のビールと、Radler。

Radlerは、パナシェと同じかな?
レモンソーダ割りのビールでした。







f0232763_22054784.jpg


ショプスカ・サラダ。







f0232763_22055085.jpg


パンは別に注文。





f0232763_22061436.jpg


グリルといえば、やっぱりチェバプ。

シンプルだけど、美味でした。







f0232763_22055210.jpg


ソースは、別売り。
Kajmak(クロテッドクリーム風)、
Urnebes(チーズとチリの合えたもの)、
Ajvar(スパイシーなソース)を注文しました。








f0232763_22055532.jpg

DEVREK

牛肉にベーコン、チーズ、カイマク、チリペパー、ガーリックが入った、
ドーナツ型のハンバーグ。

これまた、おいしいっ!!





f0232763_22055958.jpg



Leskovački uštipci。

牛肉にチリペッパー、ガーリック、チーズ、ベーコンが入った、
ミートボール風。







f0232763_22060231.jpg

Ražnjići。

塩胡椒をした豚肉の串焼き。

他のお肉がおいしすぎて、
普通にしか感じられなかったです。






f0232763_22061053.jpg


Punjena pljeskavica。

ハムとチーズが中に入ったハンバーグ。






f0232763_22061815.jpg

切ったら、こんな感じ。



ほんと、どれを食べてもおいしかったです。

すっかり疲れた身体も、
お肉を食べたら、なんだか元気になった気もしたしね。








f0232763_22062148.jpg



行ったお店

Tvornica Pljeskavica Kosta
Savska cesta 107




[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-07-21 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(3)

世界一短いケーブルカー。

f0232763_22024519.jpg



バルカンの旅3日目の続きです。

シュトルクリを食べた後、市内を散策しました。











f0232763_22025972.jpg



クロアチアは、ネクタイの発祥の地だそうで・・・。









f0232763_22031967.jpg


民族衣装がかわいい。










f0232763_22032684.jpg


世界一短いケーブルカー。

乗ったかと思ったら、もうおしまいって感じでした。。。







f0232763_22031127.jpg


何の行進かは分かりませんが、
旗を振って、音楽を奏でながら、歩いている人がいました。

・・・ワールドカップ関連??









f0232763_22032485.jpg

おいしいって評判のケーキ屋さんで。

クレームシュニッタとこのケーキをテイクアウト。

ここのクレームシュニッタの方が、サモボルのよりもよりも、
わたしの好みでした。





本当は、失恋美術館とかにも行きたかったけど、
朝5時から活動(しかも、長距離運転もしたし)で、
すっかり疲れてしまったので、街歩きはこれで終わり。


次回は、ザグレブ滞在最後のごはん。
肉をしっかり味わおうと思います。






[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-07-20 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(0)