三峡老街・その1。

f0232763_15342431.jpg


またもや滞っていたけど、終わらせてしまいたい、
台湾の旅の記録の続きです。


台湾滞在最後の日、台北郊外までおでかけしました。

三峡老街には、地下鉄+バスでも行けるみたいですが、
台北から鶯歌まで電車。それから、タクシーを使いました。






f0232763_15343011.jpg

土日は混むって聞いていたので、
日曜日だからと朝早めに出たら、
三峡老街には、8時30分ごろ到着しました。








f0232763_15345791.jpg

・・・ガラガラ。
だけど、早すぎたみたいで、
ツーリストはもちろん、
お店もまだあんまり開いていません。








f0232763_15345305.jpg


赤レンガの街並みは、日本統治時代に完成したそう。









f0232763_15370632.jpg

とっても趣きのある街でした。









f0232763_15373037.jpg

帰る頃(11時前)には、観光客が増えて賑わい始めていましたよ。









f0232763_15350078.jpg


続きは、次回。





[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-03-02 12:00 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(3)

豚肉のボルシチ。

f0232763_17381160.jpg


気が付けば、3月。
2月は大雪で大変だったけど、
これからは、花粉に悩まされそう。・・・憂鬱です。






トルコに居る頃には、ビーツが市場に並んでいたから、
たまに作っていたボルシチ。

でも、日本ではスーパーの野菜の棚に並んでいないので、
なかなか作る機会もなく・・・。


と思ったら、真空パックのビーツを発見しました。






f0232763_17381839.jpg


ムスリムの多いトルコじゃ作れなかった、
豚肉のボルシチ。








レシピ残しておきます。





追記は、トルコのドラマについて。
[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-03-01 14:09 | レシピ(洋食)。 | Trackback | Comments(6)

早起きして、朝ごはん。

f0232763_15314224.jpg


台湾の旅の記録の続きです。

台北のホテルは、素泊まりだったので、
朝ごはんも外でいろいろ楽しみました。
アジアの国では、朝の外食もおいしいですよねぇ~。



朝ごはんの定番といえば、豆漿。

ネットで調べていちばん気になっていたお店、
阜杭豆漿に行くことにしたのですが・・・。

とにかく大行列で、あまり並ばないためには、
開店と同時にお店に行くのがおすすめ。だそうで。

開店=早朝5時半。


ってコトは、何時起き??
朝ごはんを食べるだけなのに・・・。




朝5時15分。ホテルを出たところで、
ちょうどタクシーが拾えたので、
開店直前5時25分ぐらい?に阜杭豆漿へ到着。

途中、カメラを忘れたことに気が付いたけど、
取りに戻る時間もなく・・・(なので、今回の写真は全部スマホ)。

お店は2階にあるのですが、
通路、階段、そして、1階の入り口を出たところまで、
ずら~っと行列ができていました。
・・・たぶん100人以上は並んでいたのではないでしょうか?





f0232763_15323506.jpg

回転は速いから、待ち時間は20分ぐらいでした。
2階に上がったら、厨房を見ながら、さらに5分ぐらい?









f0232763_15323829.jpg

作っている様子を眺めていたら、
あっという間に時間が過ぎていきました。










f0232763_15324288.jpg

胡椒餅と同じような釜で、
のばした生地を焼いていました。











f0232763_15324812.jpg


期待の豆漿。











f0232763_15325187.jpg

薄餅夾蛋。









f0232763_15331180.jpg


6時15分ごろ、食べ終わって外に出たら、
行列はさらに延長され、お店の入り口からL字型に伸びていました。
・・・150人待ちぐらい??







【行ったお店】
阜杭豆漿
台北市忠孝東路一段108号2F-28



[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-02-04 12:00 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(4)

りんごのタルト。

f0232763_10340672.jpg



タルトの生地が余っていたので、
りんごのタルトを作りました。














f0232763_10341240.jpg



クレームダマンドを詰めたタルトに、
スライスしたりんごをくるくると巻いたものを、
貼り付けて、ローズ風に。






お料理・お弁当部門に応募します。





第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-02-03 12:00 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(6)

思い出の味を買いに。

f0232763_01033252.jpg



台湾の旅の記録の続きです。

『●●で食べた○○って、おいしかったなぁ~』
っていう思い出は、たいがいの人にあると思います。


わたし、台湾は今回2回目。
ただし、前回は15年以上前(記憶さえ定かじゃない)に行っているので、
ほとんど記憶がないんです。

鼎泰豊の本店も行ったけど、もっと食堂的な雰囲気だった気がするし、
夜市も歩いたけど、どこの夜市だったか?さっぱり。

ただ、そんな中で、強烈に覚えているのが、
屋台で買った割包のコト。


内臓っぽい(じゃなかったかもしれないけど)とろとろのお肉と、
野菜の煮たのを挟んで、
ピーナッツ、香菜、お砂糖をかけて。


なぜお砂糖?
って思ったけれど、これが予想以上においしくて・・・。








f0232763_01034153.jpg

で。そんな思い出の味、割包を、
今回の旅でも食べたいなぁ~と。

ただし、前回、どこの屋台で買ったかは覚えていないので、
評判の高いお店に行くことにしました。


おいしいお店=長い行列

って思い、待つこと10分ぐらい?







f0232763_01034696.jpg


行ったのは、公館『藍家割包』。
大学が近くにあるから、若い子が多かったです。










f0232763_01035170.jpg

注文に従って、ささっと作って手渡してくれます。

脂身の多い肥肉か?赤身の多い痩肉か?
それとも、ミックスか??







f0232763_01042741.jpg


どっちが良いか分からないので、ミックスにしました。











f0232763_01043579.jpg


わたしの記憶の割包には、お砂糖がかかっていたのに、
ピーナツと香菜だけで。

あれ?

って思って調べてみても、
他の割包屋さんのも、そんな感じで・・・。




今回の割包も、バンズがふかふかしていて、おいしかったです。
でも、前回のが忘れられない。。。
時の経過とともに、美化され過ぎていたのでしょうか??


【行ったお店】
藍家割包
台北市羅斯福路3段316巷8弄3號





[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-02-02 12:00 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(2)

だんごチョコレート。

f0232763_17264676.jpg




去年の秋。
お団子を食べながら、考えていたチョコレート。
バレンタインデー前に、作ってみました。










f0232763_17265124.jpg



打吹公園だんご風チョコレート。

食べ終わったお団子の箱に入れたら、
そっくりさんになりました。



しかも、生チョコにしたから、

「これおしゃべりしながら食べたら、
 チョコだと気が付かない人もいるんじゃない?」

って言われました。





レシピ残しておきます。

ブラッグチョコは、
もう少し生クリームを多くしてもよかったかも?










お料理・お弁当部門に応募します。





第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-02-01 12:00 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(4)

ひき肉と茄子のサジボレイ。

f0232763_15502363.jpg



ほんと、今年の冬は寒いですね。

動くのが億劫になってしまい、
した方がよいコトはもちろん、
しなきゃいけないコトでさえ、
ついつい後回しにしちゃっています。
・・・そのうち、ツケが回ってきそうで怖いけど。








f0232763_15502704.jpg


まだあんまり寒くない頃、
ギョズレメを作りました。

Gözleme=Sac böreği

鉄板で焼くボレキの一種です。
  ※ボレキは、薄い皮を使った粉ものの総称



ひき肉と茄子入りです。













料理・お弁当部門に応募します。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]

# by akdeniz_tk | 2018-01-31 12:00 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(3)