汁なし坦々うどん。

f0232763_14243713.jpg


10年ぐらい前のコト。
「四川省に坦々麺を食べに行く」という企画のテレビ番組を見ました。

「食べる」のがメインなので、レシピなどは一切なかったのですが、
それでも、調理場での作業を見たり、坦々麺名人のコメントを聞くだけでも、
日本の坦々麺との違いが歴然。
今では、日本でも汁なしの坦々麺が食べられますが、
当時のわたしには、画期的な麺でした。



麺は、「中華めん」よりも、「うどん」のようで、
思った以上に、お酢を加えていた、
という2点を参考にしながら、作ったのが、「汁なし坦々うどん」。

f0232763_14461082.jpg


【材料】 2人分
ひき肉  100g(合びき、牛肉、豚肉、お好みで)
ネギ   1本  (みじん切り)
にんにく 2かけ (みじん切り)
しょうが 1かけ (みじん切り)
しょうゆ 大さじ1
ラー油  大さじ3
ごま油  大さじ1
花椒   少々(なければ、胡椒)
水    50ml

うどん  200g(乾麺)

(タレ)
ラー油  大さじ1(後述)
しょうゆ 大さじ1
酢    大さじ1
芝麻醤  大さじ1(tahinでも、練りゴマでもOK)
(飾り)
香菜   少量


【作り方】
1.にんにくと少量の油(材料外)をフライパンに入れ火にかける
2.にんにくの色が変わり始めたら、ショウガとネギを加え炒め、ひき肉を加える
3.肉の色が変わってきたら、水、しょう油、花椒、ラー油を加えて煮込む
4.うどんを茹でる
5.3の水分が少なくなってきたら、ごま油を入れて混ぜる
6.(タレを作る)小さなお椀に、タレの材料を入れてよく混ぜる
7.茹であがったうどんを、6のお椀に入れ、上から5をかける
8.香菜を飾る

※中国式に、小さなお椀(ご飯茶椀ぐらい)を使います
 1人2杯ぐらい食べられると思います
 

ちなみに。うどんの代わりにパスタで試してみたものの(アンタルヤ時代)、
かなりの不人気でした。トルコ人には、もちろん、日本人にも不評。
お勧めは、うどん。
それも、断面が丸いうどんが一番おいしいです。

ラー油について。

# by akdeniz_tk | 2010-07-14 15:11 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(2)

とろとろ煮タマゴ。 oishii

f0232763_025960.jpg


「家庭料理は、連続ドラマ」
と、誰かが言っていたような気もしますが、
(もしかしたら、勝手にわたしが作った言葉かも?)
残りものを上手に使いまわすのは、とっても大切なコトです。

豚の角煮を作ると、かなりの量の煮汁が余るので、
これを使って、煮タマゴを作りました。

実は、豚の角煮よりも、
この煮タマゴの方が楽しみだったりします。



f0232763_032744.jpg

白いご飯にのせて食べるのもおいしいですが、
今回は、つけ麺に合わせて。
チャーシュー替わりに、薄く切った角煮も入れています。

【材料】
タマゴ   4個ぐらい
角煮の煮汁 適量

【作り方】
1.卵を水から茹でる。沸騰して5分後、すぐに火を止め、水につける
2.煮汁を温めておく
3.殻をむいた卵を煮汁の中に浸ける
  煮汁が冷めたら、冷蔵庫で保存(1日)



やっぱり、煮タマゴは、
外はしっかり色がついていても、
中は、とろりと半熟状態が良いです。

  
ちなみに。
アンタルヤでトルコ人数人に、煮タマゴを食べてもらったコトがありますが、
全然、人気がありませんでした。
味以前に、卵に色が付いているのが許せないみたいで・・・。
保守的なトルコ人には、不向きなんでしょうね、きっと。

# by akdeniz_tk | 2010-07-13 00:45 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(0)

豚ブロックの煮もの(角煮)。

f0232763_16495165.jpg
豚ブロックの煮もの(角煮)。
イスラム教徒の多いトルコに居た間は、当然ながら、
作るコトも、食べるコトもできなかったので、
本当に、久しぶりの味です。

わたしの角煮は、2日がかりのお仕事。
前日に、下茹で。当日に、本調理。

でも、お鍋でコトコト言わせておきながら、他の用事をしているので、
労力はほとんどかかっていません。


f0232763_16571047.jpg


【材料】
豚ブロック 1本
長ネギ   10cmぐらい
しょうが  1かけ

(煮汁)
しょうゆ  50ml
酒     40ml
みりん   40ml

水     適量

(飾り)
長ネギ   5cmぐらい
香菜    少量



【作り方】
1.(前日)鍋に、水を7分目ぐらいまで入れ、しょうがと長ネギを加え、火にかける
   沸騰したら、豚ブロックを入れて、あくをとりながら、茹でる(1時間ぐらい)
2.火を止め、冷めたら、そのまま冷蔵庫へ入れる
3.(当日)豚ブロックを食べやすい大きさに切る
4.鍋に、酒とみりんを入れ、火にかけ、沸騰したら、しょう油、3を加えて、
  ブロック肉がかぶるぐらい、2のゆで汁を加える
5.再び、沸騰したら、弱火にして、ふた(落としぶたの方が良い)をしながら、
  煮込む(3時間~5時間)。途中、水分が減っていたら、2の茹で汁を加える
6.皿に盛り付け、水に離した白髪ねぎと香菜を飾る

※煮こぼしをせずに、冷蔵庫で冷やすのは、角煮のついでにラードを作るため
 当日、茹で汁の上にあるラードを取り除いて、煮汁を使います
 ラードは、冷凍庫で保存をしておいて、他の料理に使います



そして、残った煮汁は、次の日のお料理へ・・・。

# by akdeniz_tk | 2010-07-12 17:20 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(0)

「わぁ、日本だなぁ~」と思ったコト。

f0232763_215240.jpg
話は、随分前に遡りますが、

久しぶりのアンタルヤ空港は、驚くほどきれいになっていました。
一瞬、自分がどこに居るのだか分からなくなってしまったぐらいです。
新しい空港って、なんだかどこでも似たような雰囲気だから、
特に、そんな感じがするのでしょうか?


今回の帰国フライトは、結構大変でした。
わたしの場合、トルコの地方都市から日本の地方都市までの移動なので、
イスタンブル、ドーハ、大阪、東京経由で、5回のフライト。
機内に1泊。そして、同日の乗り継ぎができなかったので、東京にも1泊。
長い、長い、移動時間となりました。

雨女ならぬ、ディレイ女(搭乗する国際線の半分ぐらいがディレイする!)のわたし。
今回は、予定通りのフライトだったので、良しとしなければならないかも?
(でも、トルコ行きのフライトがディレイだったので、やっぱり確率50%)



f0232763_2441995.jpg


久しぶりの日本。
「わぁ、日本だなぁ~」としみじみ思ったのが、
帰国2日目の東京での出来事。


山手線で、隣に座ったおじさんが、いきなりお財布を取り出して、
シャッシャッという音とともにお金を数え始めたのです。

最初は、何をしているのかよくわからなかったのですが、
小さな声で、1、2、3・・・と数を数えているのが気になって、
ふと隣を見ると、1万円の札束のカウント中。

結局、32まで続いたので・・・かなりの額ですよね。


しかも、どうやら納得ができなかったらしく、
一度しまったお財布を、また取り出して、数え直し。


『公共の場で、お金を取り出すのは、かなりの危険行為』
って感覚が強くなっていたから、本当に驚きました。

日本以外の国で、こんな光景を見たコトないですし・・・。
やっぱり、日本って平和なのかしら?

# by akdeniz_tk | 2010-07-11 03:03 | 日本での非日常。 | Trackback | Comments(2)

冷やしうどん。

f0232763_0234625.jpg


中華めんよりも、うどんが好きです。
だから、冷麺を作るのにも、冷やし中華じゃなくて、冷やしうどん。
(もしくは、うどんの代わりに素麺を使って・・・)

冷やし中華よりも、さっぱりと食べれるような気がします。




f0232763_0294393.jpg


【レシピ】

うどん(乾麺)  100g

トマト(プチトマト) 5個
アボガド     1/3個
玉ねぎ      1/4個
きゅうり     1/3本
エビ         4尾
卵        1/2個
焼き豚        2枚

大葉        2枚
香菜        2本

(タレ)
しょう油    大さじ2
ラー油     大さじ1 ※1
胡麻ペースト  大さじ2 (tahinなど)
ぬるま湯    大さじ1



【作り方】
1.アボガドは皮をむきくし切りに、きゅうり、焼き豚は千切りに、
  玉ねぎはスライス、プチトマトは湯むきにして半分に切る
2.エビは皮をむき茹で半分に切り、卵は錦糸卵にする
3.うどんをゆで、水洗いして、水気を切る
4.タレの材料を混ぜ合わせる
5.3のうどんの上に1と2の具材を載せて、スライスした大葉と香菜を飾る





f0232763_0334744.jpg


タレをかけて、よく混ぜて食べます。


タレ自体、食べる直前に作った方がおいしいです

※1 ラー油は、簡単な手作りラー油で。
   とうがらし(大さじ2)にゴマ油(大さじ)を加え良く混ぜ、
   ネギ(小口切り・小さじ1)とショウガ1かけを加え、
   上から熱した油(40ml)をかけて作ります。

# by akdeniz_tk | 2010-07-10 00:52 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(0)

胡麻ペースト(tahin)。

f0232763_051938.jpg
アンタルヤの名物「ピアズ」。
これを作るために、絶対に欠かせないのが、Tahin(胡麻ペースト)です。

トルコでは、tahinといえば、
pekmez(ブドウなどを濃縮したエキス(シロップ))と混ぜて、朝食で食べたり、
tahinli Çöreğiのような甘いパンに使ったりするぐらいで、
お料理にはあまり使われていないような気がします(たぶん)。


だから、アンタルヤのピアズはちょっと特殊。
おいしいピアズを作るためには、当然、tahinにもこだわりが必要で、
スーパーやパザルで売っているようなモノでは駄目だそうです。

「ピアズを作るなら、ひきたてのtahinじゃなきゃ」とのコト。

アンタルヤでは、ひきたてのtahinを売っているトコは少なくて、
わたしが知っているのは、「akdeniz」というお店のみ。
(わたしのblogと一緒の名前なので、親近感があります!!)


小さなお店の奥には工場があり、tahinやロクムなどを作っています。
tahinを買いに行ったついでに、工場見学もさせてもらいました。

これが、tahin用の機械。
f0232763_0135513.jpg

上に胡麻を入れ、下にtahinができるという仕組みです。


胡麻は、2回ひかれます。
1回目。
f0232763_0151169.jpg




そして、2回目。
f0232763_0184081.jpg

胡麻ペーストの状態変化がはっきりとわかります。
そして、熱々のtahinはボトルに詰められ、店頭に並べられます。


わたしも、小さいサイズを1本買いましたが、
手渡されたボトルは、まだ暖かく(熱いぐらいで)、
本当にできたてのtahinでした。




f0232763_0191693.jpg
早速、家に帰って味見をしたところ、
確かに、スーパーの瓶詰めtahinとは、味も香りも全然違います。
高い香り、そして、ふくよかな味・・・もうちょっと買っておけばよかったと後悔。







追記:

今回、tahinについて調べてたのですが、ちょっとびっくりしたのが、
アラビア語のtahinaが、ほとんどの言語でそのまま使われていて、
スペイン語やイタリア語などではtahina、
英語やフランス語などではtahiniと呼ばれているコト。
英語だと「sesame paste」が普通だと思っていたのに・・・。

結構、いろいろな国で使われているんですね。
それも、ちょっと意外でした。

# by akdeniz_tk | 2010-07-09 00:51 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(0)

魚の箸置き。

f0232763_237572.jpg


お魚の箸置き。


「かさご?」って聞かれるコトもあるのですが、
本当は、こいのぼり。


以前、短い間通っていた陶芸教室で、
「端午の節句」のために、先生がデザインされたモノですが、
あまりにも、かわいらしいので、季節に拘らずに使っています。



f0232763_2412228.jpg

これでも、一部。
数えたコトないですが、25尾ぐらいあります。





f0232763_2465563.jpg

泳ぐ魚たち。
並べて遊んでみました。





f0232763_243356.jpg

いろんな種類の箸置きを持っていますが、
結局、使うのこればかり。

# by akdeniz_tk | 2010-07-08 02:49 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(0)