カテゴリ:アンタルヤの事情(食物編)。( 464 )

トルコで飲んだボスニアコーヒー。

f0232763_18562148.jpg




わたしが帰国する数年前から、
ってコトは、5年ぐらい前からだと思うけど、
トルコ(アンタルヤ)では、
コーヒー屋さんがものすごく増えました。


流行っているお店は、たいがいがフランチャイズ化していて、
アンタルヤだけじゃなくて、他の地方にまで出店しているみたい。


トルココーヒー、おいしいのはほんとおいしいからね。
(古い粉を使ったり、下手な淹れ方をすると、飲めたものじゃないけど)






f0232763_18573588.jpg


そんなフランチャイズ化しているコーヒー屋さんのひとつ、
『Bosna Kahvecisi』に行きました。

Bosna=ボスニア


モスタルやサラエボで飲んだコーヒーがトルコでも飲めるのかな?
って、トルココーヒーじゃなくて、
ボスニアコーヒーをオーダーしたのだけど・・・。








f0232763_18562712.jpg


・・・思っていたのと、全然違う。

ボスニアのコーヒーじゃなくて、
お店の人がボスニアのコーヒーをイメージしたらこうなった
って感じなのかな?

トルコでは、やっぱり普通にトルココーヒーを頼んだ方が無難ってコトですね。








f0232763_18562948.jpg


巻いてある紙をあけると、占いが書いてありました。







by akdeniz_tk | 2018-12-14 19:24 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(4)

カレイチ(旧市街)の居酒屋さんで。

f0232763_16220150.jpg




山陰中央文化センターの特別講座、2回とも終わりました。
参加してくださった方、ありがとうございました。
次回は、2019年の3月に、ギョズレメ(サジボレイ)を予定しております。
是非、ご参加ください。



■■■  ■■■  ■■■  ■■■

長くアンタルヤに住んでいたから、
会いたいと思う人もたくさんいるけれど、
いちばんは、在アンタルヤの日本人のお友達。

いちばんお世話になっていたからね。
(実は、今も引き続き、お世話になっています)




そんな彼女と、カレイチ(旧市街)で待ち合わせて、
メイハーネに、夜ごはんを食べに行きました。

メイハーネっていうのは、お酒を出す料理屋さん。
なので、居酒屋って感じでしょうか?
(とはいっても、食堂とは違い、けっこう良いお値段になります)

※ たぶん今も変わっていないと思うけど、
  トルコの飲食店では、営業許可が2つあって、普通の許可だと、
  アルコールは出せないんですよ
  お酒を出すには、許可の下りる場所にお店があり、
  さらに面倒な手続きのいる許可を申請しなきゃいけないです
  


f0232763_16220905.jpg


メゼは、リストからも選べますが、
並んでいるところから選んでもOK。

お酒のつまみにもなるメゼだから、充実しています。







f0232763_16221535.jpg



シーアスパラガスの冷製。

にんにくが効いていておいしかったです。








f0232763_16221897.jpg


定番だけど、シャクシュカ。
揚げ野菜のトマトソース。


同じシャクシュカで、使っているお野菜も一緒なのに、
お店によって、味が違いますね。





f0232763_16221269.jpg



アンテップ・エズメ。
(だったと思います)

スパイシーなトマトベースのペースト風。









f0232763_16222341.jpg


タコのサラダ。

・・・クロアチアのタコサラダとは大違い。
   酸っぱいガムのよう。

そもそも。タコなんてほとんど食べない(アンタルヤで獲れるけど)から、
頼むわたしが悪いのでしょうけど。。。












f0232763_16222053.jpg


メイハーネでは、
ラク(トルコのお酒)を飲むってのが、
トルコらしいのでしょうが、ラクは嫌いなので、
エフェスビールで。










f0232763_16222618.jpg


お魚もいろいろ並んでいましたが、
正直、お魚は日本での方がおいしいと思うので、











f0232763_16244199.jpg

karides güveç。

エビの土鍋焼き。


と、写真を撮るのは忘れていたみたいだけど、
烏賊フライを頼みました。








f0232763_16222974.jpg


わたしたちが食べ終わる頃には、
かなり賑わっていましたよ。
(実は、昔、通ってお寿司を出していたプチホテルのすぐ近くで、
 前々から気になっていたお店だったんです)









f0232763_16223140.jpg

その後、カレイチをお散歩して、
デザートは、アイス。

2年弱で、
1スクープ1リラから、1.5リラに値上がりしていましたけど、
それでも、他のお店と比べて安いです。













f0232763_16223650.jpg


しめは、トルココーヒー。
アンタルヤから、全国展開をしているコーヒーショップ、







ちゃんとしたトルココーヒーって、ほんとおいしいです。




1年半ぶりに会ったお友達と、
たくさんおしゃべりして、楽しい時間が過ごせました。




by akdeniz_tk | 2018-11-26 14:09 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(4)

コル・ボレイとポットラック(旅行・お出かけ部門)。

f0232763_00011136.jpg


今まで何度も登場していますが、
コル・ボレイ。



バーラマのレッスンの場所が変わってから、
なかなか行く機会がなかったけれど・・・トルコを離れる前にもう1度。








f0232763_00011612.jpg



『数あるボレキの中から、わたしの好きなモノを3つ選べ!!』と言われたら、
かなり悩んでしまうけれど、それでも、
ひき肉入りのコル・ボレイは、外せません。








話は変わって・・・。
受講していた市民講座最後の授業の日
(わたしだけ最後。他の受講生はまだ2週間あったけど)、
受講生みんなでポットラック・ランチをしました。




f0232763_00013284.jpg

ほぼすべてトルコの料理やお菓子ですが、

定番のトルコ料理から、食べたコトのないお菓子まで。
・・・おいしかったですよ~。







f0232763_00013668.jpg


わたしが取った講座では、
受講生のほとんどがスカーフを被った専業主婦の方たち。
今まで、わたしがあまりお付き合いしたコトのない層でした。

なので、世間話を聞いていると、
そうなんだって納得したり、そうじゃないでしょ?って思ったり・・・。


いちばん仲良くしてもらった女性(アラフォー)が、
『わたしが18歳のとき、母親に『行き遅れになった』って言われて、
 急いで結婚させられた』って話していたのには、吃驚。

最近、トルコは高校まで義務教育になったから、
今は18歳で結婚は難しいのでしょうけど・・・。




f0232763_00132542.jpg


(手前の子供たちは、受講生のお子さん。授業中は、併設の託児所で預かってもらえます)



一応、補足すると、
官公庁や銀行などでバリバリ働く女性も結構いますよ。
でも、この講座は平日、週2日朝から夕方までだったので、
そもそも、そういう働く女性たちは受講できないのです。




とにかく。受講内容以上に、いろいろと考えるコトの多い講座でした。



第一回プラチナブロガーコンテスト

by akdeniz_tk | 2017-01-30 15:44 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(6)

黒海地方で家庭料理を学ぶ①(旅行・お出かけ部門)。



f0232763_08391874.jpg





ギレスンのパザル(市場)で見つけたちょっと変わった食材で、
ご当地の家庭料理を、お友達のお母さんと一緒に作りました。

いろいろ教えてもらったので、前後編の2回に分けます。


前編は、1日目に作ったものから・・・。
















f0232763_08400240.jpg


フンドゥック・マンタルを使って・・・。
(日本名を知らなかったけれど、シャンテレルじゃないか?って教えてもらいました)


※補足

 最近、ネットを見ていたら、Tirmit mantarıだってコトが判明しました
 日本名はチチタケ。

 











f0232763_08403303.jpg


キノコの炒め物。
・・・若干えぐみがあったけど、シャンテレルってそんな感じですか?











f0232763_08410215.jpg


モロッコインゲンの塩漬け。
酢を全く入れないから、ピクルスじゃないですね。

以前にお家でも1度作ったことがあり、
その時も、「酢の量って少なめなのねぇ~」って思ったのですが、
今回の、お友達のお母さんのレシピでは全く入れていませんでした。









f0232763_08413377.jpg

昨日のパザルの様子でもUPしたサカルジャ。
アンタルヤでは見たことのない野菜です。

ユリ科の植物、アマナの一種だと思うのですが、
見ためは、毒草オオアマナにいちばん似ているけれど、
食べられるんですよねぇ~(=別物だってコト)。











f0232763_08420328.jpg

サカルジャの卵とじ。

アンタルヤにサカルジャを買って帰り、
お家でも作ったので、そのうちレシピとともにUPしようと思っています。
・・・って、日本じゃサカルジャ入手できないから、レシピは無意味??





黒海の家庭料理は、まだまだ続きます。






第一回プラチナブロガーコンテスト

by akdeniz_tk | 2017-01-19 19:30 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(8)

お別れランチ(旅行・お出かけ部門)。


f0232763_00582810.jpg





去年の秋から取っていた講座。
講座が終わると修了証書がもらえるのですが、
あと2週間を残して、帰国しました。
(パスポートの有効期限が足りなかったしね)


で。帰る直前の週(帰国ギリギリまで受講していたので)、
いちばん仲良くしていたお友達が、
手作りトルコ料理を持ってきて、
サプライズなお別れランチを開いてくれました。





f0232763_00584761.jpg




乾燥野菜を使ったドルマ。
(ドルマ用の乾燥野菜については、以前UPしています )







作り方のポイントを聞いたら、
具の量は少なめにするコト!!
・・・じゃないと破裂するそうです。






f0232763_00585246.jpg





ポテトサラダ。

レタス入りのポテトサラダって意外だったけど、
とってもおいしかったです。







f0232763_00585970.jpg





もう一人のお友達が用意してくれたのは、ピデ!!
とデザート(写真なし)。


ピデの具をお家から作ってきてくれて、
講習を受けている近くのピデ屋さんで
Kapalı Pide(中に具を包んだカルツゥオーネのようなピデ)にしてもらいました。


具は、葉物の野菜をいろいろミックスしてあって、
西洋イラクサも入れたんだって!

上に塗るバターも持参したそうで、
バターの香りが漂う、具がたっぷり入った、熱々のピデ、
・・・不味い訳がありません。





直前に帰国したので修了はできなかったけれど、
受講した内容だけじゃなくて、
新しいお友達もできて、
いろいろなコトが学べました。











第一回プラチナブロガーコンテスト


by akdeniz_tk | 2017-01-10 19:17 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(12)

ピロシキって複数形だったんだね。

f0232763_08503791.jpg






あと数日で帰国するというのに、
こんなので大丈夫なのか?ってかなり不安。

事務手続きは、1日1つって感じで少しずつ終わりに近づいているけれど、
(まだ終わっていないの自体、問題?)

それ以上に不安なのが、移動準備。
たぶん、今がいちばんひどい状態。
廊下いっぱいに、捨てるモノと日本に持って帰る荷物が混在して、
ただでさえ途方に暮れているのに、ここのとこの寒さ。
廊下はかなり冷え込んで、片付ける気力がさらに低下してしまい、現在に至る。
って感じです。金曜日までには終わらせて、土曜日はゆっくりしたいなぁ~。








f0232763_08504668.jpg




先週、ロシア人のお友達のトコで、
一緒に、ピロシキを作りました。


具は、キャベツ炒め(ロシアだったらキャベツは酢漬けらしいけど)、
ジャガイモの2種類。


日本じゃ、ピロシキといえば、揚げるって思っちゃいますが、
ロシアだと、オーブン焼きも普通だそう。

今回、いちばん驚いたコトは、
ピロシキって複数形なんですね。
1個だと、ピロジョーク。

お友達が『ピロジョークは・・・』って話していたので、
ピロジョーク?なにそれ??
って聞いたら、『ピロシキは複数形だから』だって。

・・・また、1つ利口になりました。




今後のブログ更新は、しばらく不定期になります。
いくつか予約投稿していますので、今後ともよろしくお願いします。






プロが撮ると違うよね、やっぱり。

by akdeniz_tk | 2016-12-22 09:21 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(10)

ホウレンソウのギョズレメと茄子のギョズレメ。

f0232763_09074079.jpg





ギョズレメ(トルコ風のクレープ?)の具は、
なにがおいしいか??

って話になったとき、

『茄子入りとかズッキーニ入りもおいしいよね』って
お友達が言っていたのだけど、
・・・そうなんだ。でも、茄子入りも、ズッキーニ入りも食べたコトないよ。






そして、一昨日の日曜日のコト。
『実家でギョズレメを焼くから、茄子のギョズレメを食べにおいで』
ってお友達に誘われたので、逃してはなるまい!!と出かけてきました。









f0232763_09075144.jpg




具の定番、ほうれん草。

ほうれん草に、ロルペーニル(リコッタチーズ)とイタリアンパセリ、
塩・胡椒などを混ぜたものです。



肝心の茄子の具は、なんと写真を撮っていなかった(!!)けれど、
みじん切りのたまねぎ、小さくダイス状にしたナス、トマトなどを炒めて、
イタリアンパセリと塩、香辛料(胡椒、クミン、あらびき唐辛子)を混ぜて作りました。










f0232763_09075971.jpg



オクラバ(ユフカを広げる細い棒)に注目!!

お友達のお家では、木のオクラバの代わりにパイプを使っていました。
木だと歪んでいるものもあるけれど、パイプはまっすぐだものね。
今まで全く思いつかなかったけれど、
オクラバが手に入りにくいときに、これは良いかも??









f0232763_09080914.jpg




余った生地は、カトメルに。








f0232763_09081822.jpg





茄子のギョズレメは、初めて食べたけど、
確かに、おいしかったです。


今週の水曜日には、パザルのギョズレメ屋さんに、
ズッキーニの具を作って持ち込む予定。
(具を持っていけば、焼いてくれるのだって!!)











『黄色い(ブロンドの)嫁』

by akdeniz_tk | 2016-12-06 10:02 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(8)

バインセオ。

f0232763_07023936.jpg





現在、保存食をせっせと消費中です。

といっても、お店で使い切れなかった
バーミセリとか、パッタイとか、ココナッツミルクとか、
冷凍のカニカマ、エビなど、アジア食品ばかりなので、

トルコにいるのに、内食は、ほぼアジア系。
・・・トルコ料理も、こっちにいる間に、
   作らねば!って思うものがいくつかあるけどね。










f0232763_14423786.jpg





ココナッツミルク消費のために作ったバインセオ。


どうやって作るんだっけ?って、作り方を忘れてしまうぐらいに久しぶりに、
そして、セラミック加工のフライパンでは初めて、作りました。

・・・セラミック加工って、油があると生地が中で滑るから、
ものすごく作りにくかったです。











約束通り、ユフカを広げてきました。

by akdeniz_tk | 2016-11-25 18:00 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(7)

チョコレートと胡桃でハネムーン・クッキー。

f0232763_04462501.jpg







最近、気になっているお菓子が3つあって、

イタリアのケーキの一種、
バルカンのパイの一種、
そして、トルコのクッキー。


ずっと名前を知らなかったのですが、

ハネムーン・クッキー(Balayı Kurabiyesi)っていうみたい。
・・・どうして、ハネムーンなのだろ??


ほぼ、チョコレートとヘイゼルナッツの濃厚なクッキーです。








f0232763_04463436.jpg





チョコレートのストックは、たっぷりあるけれど、
ヘーゼルナッツがなかったので、お家にあった胡桃を使って、
試してみました。

が。胡桃のエグミというか雑味が出るから、
期待していた出来上がりにならず。。。
・・・薄皮を全部取れば良かったのかもしれないけど、
   それって、栗の渋皮以上に面倒だよね


ヘーゼルナッツを買って、また試してみようと思います。









初ハライ。って踊りませんけど・・・。

by akdeniz_tk | 2016-11-24 18:04 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(4)

インスタントラーメン。

f0232763_04460004.jpg





ずいぶん前から、バインミーが食べたいのですが、
なかなか実現できません。
最近まで、コリアンダーが手に入らなかったし、
(夏は、育たないのか?パザルで売っていないのです)
やっとコリアンダーを買ったよ!!って思ったら、
次は、パン。。。


ベーカリーでも、スーパーでも、万屋さんでも売っているのですが、
バインミーには、少し太すぎるので、ミニekmekを求めているんだけど、
これが、どこでも売っている訳じゃなくって・・・。

しかも。なぜか、すぐに売れきれてしまいます。

実は。今週3回、お家の近くのベーカリーに行ったのだけど、

1度目は夕方。『売り切れ、30分後に焼き上がるよ~』

2度目は夜。『今日のはすべて売り切れだよ』

3度目の今日、お昼の焼き上がりを狙っていったのに関わらず、
『売り切れ。夕方にまた焼き上がるよ~』

どんだけ、人気なの?って思いますよね。






で。ガッカリ、トボトボとお家へ帰る途中、
スーパーに寄り道したら、

日清食品のインスタントラーメンが新発売!

ってのを見つけました。


日清食品が2013年にトルコに進出した当初、
『トルコでも、インスタントラーメンが出るのね』ってすっごく期待して待っていたら、
ちょっとがっかりした記憶があります。


待つこと3年。やっとインスタント・ラーメンです。
この3年で、トルコもちょっと変わってきて、
日清食品の前に、他のメーカーがインスタントラーメンを出しているし、
売れる!!って思ったのかなぁ~??

ちなみに。お味はチキン風味とカレー風味の2種類です。
きっと、しばらくしたら他の味もでるのでしょうが、
そのころには、日本の生ラーメンとかを食べているんだろうなぁ~。






f0232763_04470639.jpg



裏に作り方が書いてあるんだけど、
『沸騰したお湯に、ラーメンを3~4つに割って、粉スープと一緒に入れる』
・・・え?日本のインスタントラーメンと作り方が違うね。

そういえば。インスタント・パスタのときも、
3~4つに割って入れるって書いてあって、不思議だな~って思ったんだけど、
トルコ人は、長い麺を好まないってことなのかしら??


パスタで思い出したのですが・・・。
最近、トルコ人の女性が、おすすめパスタ調理法を教えてくれたのだけど、

パスタ(ショートパスタ)の半分を油で炒めて、
色が付いたら、残りの半分のパスタと水と塩を加えて、
水がなくなるまで加熱する

んだって。本当においしいのかしら??ってかなり気になっています。
少なくともアルデンテには程遠い仕上がりですよね。
・・・イタリア人には怒られそうかも?






by akdeniz_tk | 2016-11-21 18:00 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(8)