カテゴリ:名物料理と食材辞典。( 225 )

ロカンタごはん。

f0232763_20440965.jpg




1年半ぶりのアンタルヤ。

クロアチア→ボスニア→イズミル→イスタンブル
と旅した後だったからなのか、
なんとなく帰って来たって気になりました。
・・・もう住んでいないのにね。









f0232763_20441320.jpg


普通のロカンタ(食堂)で、お昼ごはん。


外の席が多いのに、ペットショップの隣にあって、
「衛生的にどうなのかしら?」
って、行くたびにいつも思うのだけど、
かなりハヤっています。


10年前ぐらいは、小さなお店だったのに、
5年ぐらい前には、お隣の店舗も借りて、2倍の大きさになっていて、
今回行ったら、
さらに通り(といっても路地)の向こう側にも、お店が広がっていました。

次に行ったときには、どうなっているんだろ?
隣りのペット屋さんも追い出していたりして??


わたしは、ciğer kavurma(レバー料理)と、
musakka(だったと思う茄子のムサカ)と、
ピラフを合わせて盛り付けてもらいました。






[PR]

by akdeniz_tk | 2018-11-12 16:13 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(2)

イスタンブルのトルコ料理屋さん。

f0232763_10544637.jpg




その日の夜、アンタルヤへ移動するので、
お友達と3人で、
早めの夜ごはん。

おすすめのお店に連れていってくれました。



今回、お友達の仕事場の近くウムラニエに初めて行ったのだけど、
ビルは立派だし、人は多いし、車は渋滞しているし、
イスタンブルって、ほんと拡大していますね。。。
地下鉄もできたしね。






f0232763_10545173.jpg



メゼ(前菜)のサンプルが運ばれてきます。
実際に目にして選べると、分かりやすくて良いですね。
っていっても、
今回はまるっとお友達にお任せしたので、
選んでませんが・・・。






f0232763_10545936.jpg


焼きフムス。

普通のフムス(ひよこ豆のペースト)の上に、
パストゥルマという牛の生ハムがのっています。

あたたかいフムス、おいしいです。








f0232763_10551610.jpg



ペルデ・ピラフ。
友だちいちおしのお料理。
生地のペルデ(カーテン)がかかったピラフです。

今まで気にはなっていたけど、ほとんど食べる機会がなくて、
ちゃんとしたのは初めて食べました。
(ホテルのビュッフェで出たことが1回あったけど)

おいしかったですよ~。

こんなコンパクトなサイズのペルデ・ピラフだったら、
気軽に作れそうだな~って思いました。
(大きいと、食べきれないし)




f0232763_10551203.jpg


イチリ・キョフテ。

イチリ・キョフテといえば、揚げたのが好きですが、
トルコ人のお勧めは、茹でイチリ・キョフテ。

『揚げたのは、1個で満足するけど、
 茹でたのは、いくつも食べられるから』だって。


お店で、茹でたイチリ・キョフテを食べたのは初めてでしたが、
予想以上に、おいしかったです。
だけど、日本人の好みとしては、揚げた方かな?

今まで、揚げたイチリ・キョフテをいろんなお店で食べているので、
一部をリンクしておきますね。










イチリ・キョフテのレシピは、そのうちUPしますね。








f0232763_10550301.jpg


そして。このシーズン(6月の終り)の旬の食べ物から、
『KORUK(コルック)・サラダ』。


ブドウの未熟な実のサラダです。








f0232763_10550739.jpg


緑の丸い粒が、コルック。

トルコ人って、アーモンドでも、スモモでも、
未熟な実を(好んで)食べるんですが、
ブドウの実も食べられるんですね。

身体に良い、健康フーズらしいです。
正直、珍しいとは思ったけど、おいしいとは言えず。。。
(今まで、お店で見る機会がなかったので、珍しさはかなりですけど)






f0232763_10551928.jpg


メインは、ミックス・グリル。




で。メトロの駅まで、車で送ってもらって、
(2kmぐらいの距離だけど、ものすごい渋滞で、30分近くかかった!!)、
お友達とお別れしてから、アタチュルク空港へ向かいました。



到着して、がっかりな事に、
飛行機がディレイ。

21:55発だったのに、2時間遅れの表示があって、
『え~、アンタルヤに着くの、深夜1時。
 ホテルに着くのって、2時頃かぁ~』
って思いつつ、

ラウンジ(今回の旅の前に、楽天カードをプレミアムにしていました)で、
コーヒーを飲んだり、ビールを飲んだり・・・って時間をつぶしていたら、



知らないうちに、表示が、

f0232763_20231737.jpg


『3:45分遅れ』に変わっていました。
(上から2番目のがアンタルヤ行き)

1番上の、6時間40分遅れって・・・酷すぎる!!
よりは、マシな気もするけれど、

深夜2時前のフライトって、嫌ですよね。

今回、『ラウンジが使えて良かった~』って何度か思ったけど、
この日は、特に。



結局。
搭乗してから飛び立つまでにも、なぜかかなり時間がかかり、

アンタルヤに着いたのは、深夜3時15分。

荷物待ちのトルコ人女性が、イライラして、
怒っていたり(怒ってもしょうがないのに)、
航空会社にどなりながら電話かけていたり、
疲れているのに、さらに疲れました。。。

ホテルに着いたのは、4時過ぎ。
夜明けまで、あと1時間弱。

なんか、泊まらなくても良かったんじゃない?
って感じでした。。。



[PR]

by akdeniz_tk | 2018-11-10 20:38 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(2)

黒海地方のドネル屋さん(とトルコドラマ『Nefes Nefese』)。

f0232763_11480297.jpg



朝ごはんの後、
ベシックタシュを歩いていたら、
黒海地方のドネル屋さんを発見。


この肉の量に、びっくりしませんか??



お友達曰く
『人気のお店だから、夜になるまでに全部なくなっているよ~』







f0232763_11480751.jpg


『食べて見る?』
ってお友達に聞かれたけど、
朝ごはんの直後には、さすがに無理で、
写真を撮っただけ。


次、イスタンブルに行ったら、
食べてみたいです。








続きは、トルコドラマ『Nefes Nefese』について。
[PR]

by akdeniz_tk | 2018-10-31 11:52 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(4)

ベシックタシュで朝ごはん。

f0232763_11340287.jpg

朝ごはんを食べに、ベシックタシュに行きました。

ベシックタシュ地区には、
朝ごはんのカフェがたくさんあります。


お友達のおすすめは、『carmenta kahvaltı & Brunch』。



朝から、かなり賑わっていましたよ~。






f0232763_11340593.jpg

セルプメ・カフバルト。

セルプメっていうのは、まき散らすっていう意味で、
お皿がたくさん、テーブルの上に散らばるって感じ?

お皿の中は、トルコの朝ごはんの定番、
チーズ、ジャム、はちみつ、オリーブ、ハム、卵、トマトやキュウリなど、いろいろ。







f0232763_11341096.jpg


ピシ(揚げパン)。
は、追加オーダーだったのかな?
(お友達にお任せしていたので、不明)










f0232763_11340811.jpg


そして、メネメン。
これも、確か、追加オーダー。


メネメンって、作る人やお店によって、
全然違いますね。
(基本の卵、トマトは必須だけど・・・)







とにかく。朝からお腹がいっぱい。
しっかりと食べた後は、イスタンブル観光に繰り出しました。




[PR]

by akdeniz_tk | 2018-10-30 17:39 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(0)

アンテップ名物『カトメル』。

f0232763_14402446.jpg



ジャーケバブの夜ごはんの後、
デザートには・・・。


『katmerci zekeriya usta』へ連れて行ってくれました。



カトメルは、アンテップ名物のお菓子で、
わたしの好きなトルコスィーツのひとつ。

劇甘でもないので、日本人の口に合うと思います。





わたしたちの注文を作っている様子を見学。


f0232763_14403106.jpg


最初は、麺棒で生地をのばして、












f0232763_14403730.jpg


フィリングは、
アンテップのナッツ、ピスタチオと、
クロテッドクリームのようなカイマク、
そして、グラニュー糖。













f0232763_14404052.jpg


ある程度麺棒で広げたら、
さらに手で広げます。













f0232763_14404333.jpg


とにかく、薄く広げるのがポイント。













f0232763_14404654.jpg


カイマクを乗せて、













f0232763_14405149.jpg


お砂糖を振りかけて、













f0232763_14405547.jpg



ピスタチオをかけて、













f0232763_14405902.jpg



折りたたんで、









f0232763_14410222.jpg


石釜へ。









f0232763_14411173.jpg


カトメル。

ピスタチオやカイマクなど材料が高いので、
普通のスィーツよりもお値段高め。

だけど、とってもおいしいです。


ただ。1人前のポーションは大きすぎて、
夜ごはんの後だと、2人でも食べきれませんでした。。。











[PR]

by akdeniz_tk | 2018-10-28 11:14 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(2)

ジャーケバブ。

f0232763_14182085.jpg



場所は変わって、
イズミルから、イスタンブルへ。


バルカンツアーのみなさんをアタチュルク空港で見送って、
ひとりになって、お友達の所へ。



夜ごはんを食べに、
アタシェヒルにある『ウォーターガーデン』へ行きました。

ウォーターガーデンは、1階中央に大きな池(噴水?)があって、
夜の決まった時間になると、光と水のショーが開催されます。
最後は、火も吹くんですよ~。






ノスタルジー街で、トルコグルメの夜ごはん。

トルコ全国から、いろんな有名店が集まっているんだけど、
お友達のお勧め、『Gelgör Cağ Kebap』に行きました。



f0232763_14180453.jpg


ジャーケバブは、エルズルム名物。

お肉をあぶり焼いて、『ジャー』という串にさして、











f0232763_14180946.jpg



さらに焼いて、仕上げます。












f0232763_14181692.jpg



下にしいてある薄い皮に、










f0232763_14181373.jpg


一緒にサービスされた野菜を巻いて食べます。







久しぶりのジャーケバブ。
とってもおいしかったです。





[PR]

by akdeniz_tk | 2018-10-25 18:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(4)

商人用食堂は、安くておいしい。


f0232763_13225830.jpg



かなり間が空きましたが、
6月の終りから、7月初めに行ったバルカン・トルコの旅の続きです。


イズミルでの最後のランチ。
街歩きをしたケメルアルト地区は、商店街なので、
商人御用達の食堂(esnaf lokantası)がいくつもあります。

お洒落な外観は全くないですが、
味は、とってもおいしいし、お値段も吃驚するほど安いのが特徴。

そんな中のひとつ、『Bizim Lokanta』に行きました。
(ちなみにBizim Lokanta=わたしたちの食堂って意味)









f0232763_13231072.jpg


12時前に入ったので、ほどんどのお料理が山盛り状態。
席は、すでに半分ぐらい埋まっていたかな?











f0232763_13231850.jpg


いろいろ注文して、シェアして食べました。

真ん中のは、ケッレパチャ(ほお肉と脚のスープ)。

サルマ(手前の)は、今回の旅で5回ぐらい食べましたが、
いちばんおいしかったです。

他には、白いんげんの煮込みとか、










f0232763_13232657.jpg


ジャジュクとか。

ジャジュクは、お店やお家によって、
濃いものから、さらっとスープっぽいものまでありますが、
ここのは、どろっとしていました。









f0232763_13232127.jpg


サラエボで食べた乾燥オクラが、
信じられないほどおいしくなかったので、
仕切り直しで、注文。


『・・・あれはなんだったんだろ?』
って、みんな言っていました。

・・・乾燥オクラ=まずいっていう印象が覆って良かったです。







f0232763_13244203.jpg


終り良ければ、全て良し。

ってぐらい、満足なランチタイムになりました。






【食べたとこ】

Bizim Lokanta
Konak Mahallesi, 911. Sk. No:4, 35250 Konak/İzmir



[PR]

by akdeniz_tk | 2018-10-24 13:47 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(6)

ディベック・コーヒー。

f0232763_12553832.jpg



最終日。
午前中は、イズミルの市内観光です。

最初は、8人だから車2台に分乗して?
って思っていたけれど、ホテルの人と話したら、
ミニバンを運転手つきで貸してもらえることになったので、
みんな一緒に乗り込んで、出発しました。

(ティレに行ったときのわたしのレンタカー??
 ホテルの駐車場にありましたけど。。。
 イズミル市内は、かなり渋滞しているし、
 駐車場を探したり、道に迷ったりって、コトを考えると、
 イズミル市内レンタカー移動はどうかなぁ~と思っていたし、
 みんな1台で移動できる方が、良いしね)


まず、郵便局で日本への小包を送り、
(かなり時間がかかって、大変でした。。。)
その後、
メトロのÇankaya駅近くで降ろしてもらって、
ケメルアルトを散策しました。






f0232763_12554291.jpg

途中、Kızlarağası hanで、
dibek kahvesiを飲みながら、休憩。










.


f0232763_12554602.jpg

ハンの中には、お土産物屋さんもありましたよ。













f0232763_12554942.jpg


ディベック・コーヒー屋さんにも寄り道。

『普通のトルココーヒーとどう違うの?』

って聞いたら、

ディベック・コーヒーにもいろいろあって、
他の地方のだと、
コーヒーにキャロブやらメネンギッチやココアなどいろんなものを混ぜて作るけど、
イズミルのは、
コーヒーの豆だけを石うす(dibek taşı)でついて作る

のだそう。




トルココーヒー。ちゃんと煎れたのは、本当においしいよね。
(ヘタなのは、ただの苦い濁った水のよう)



[PR]

by akdeniz_tk | 2018-09-09 12:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(0)

オジャックバシュで打ち上げディナー。

f0232763_12550634.jpg



バルカン→トルコと、アテンドしてきた旅も、
ついに最後。
明日は、みなさま日本にお帰りになるというコトで、
お疲れさま会をオジャックバシュでしました。
(わたしは、その後しばらくトルコに居ましたけど)



オジャックバシュというのは、
ちょっと高級な炉端焼きというか、グリル店というか。

トルコだとお酒を出さないお店も多いですが、
オジャックバシュでは、お料理と一緒にラクなどのお酒を楽しみます。
あと、生演奏のあるとこも、多いです。




メゼから、


f0232763_12550938.jpg

yoğurtlu semizotu。
スベリヒユのヨーグルト和え。










f0232763_12551313.jpg

deniz börülcesi。
シーアスパラガス。


適度にニンニクが効いていて、おいしかったです。










f0232763_12551610.jpg

patlıcan közlemesi。

トルコ風焼きナス。









f0232763_12551918.jpg

Şakşuka

シャクシュカ。
揚げ野菜のフレッシュトマトソース。



トルコ以外のアラブの国のシャクシュカとは、
全く別物です。







という。かなり定番なメゼを5種類。




f0232763_12552216.jpg


Lavaş(↑)やビールと一緒に楽しみます。












f0232763_12553006.jpg


メインは、ミックスグリルにしました。

少なめに頼んだつもりだけど(1つを4人でシェアした)、
食べきれずに、残ってしまいました。。。











f0232763_12553393.jpg


結構、良いお値段のお店だなって思いましたが、
ファスルの生演奏もあるし、
最近のトルコは、物価が高騰しているから、
そんなものかもしれません。

日本円に直すと、びっくりするほど安いし、
みなさま、大満足な最後の夜ごはんでした。


ファスルとは・・・
酒場などで演奏される、
トルコの古典音楽を基盤とした軽快な大衆音楽のこと。









行ったお店
Takıntı Ocakbaşı&Fasıl
Atıfbey Mahallesi, atıfbey mahallesi akçay caddesi No:280/1 gaziemir izmir







[PR]

by akdeniz_tk | 2018-09-08 12:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(4)

カプラン山でデザート三昧。

f0232763_11143277.jpg



ちょっと前にUPした、
カプラン山のレストランの続きです。


メゼ(前菜)から、メイン料理を飛ばして、
デザートに。

人数が多かったので、シェアして食べるコトにして、
全種類頼みました。




f0232763_11143741.jpg


Karadutlu Lor Tatlısı。
トルコ風リコッタチーズの桑の実のソース。

この地方の名物デザート。


このチーズに、蜂蜜とクルミをかけたのもおいしいらしいです。







f0232763_11143938.jpg


Tahinli Muz。
ターヒン(ゴマペースト)がけバナナ。

ナッツは、たぶんピーナッツ。






f0232763_11144220.jpg


Kazandibi。
カザンディビ。









f0232763_11144480.jpg

Kemalpaşa Tatlısı。
ケマルパシャ。

シロップをかけたトルコスィーツ。








f0232763_11144890.jpg


Ceviz Krokan。
クルミのクロカン。









f0232763_11145071.jpg

Sütlaç。
トルコのライスプディング。







【行ったお店】

Kaplan Dag Restaurant
Kaplan Ah., Karşıyaka Sokak No:14, 35900 Tire/İzmir




[PR]

by akdeniz_tk | 2018-09-06 10:53 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(0)