カテゴリ:日本での日常。( 167 )

ステーキどんぶり。

f0232763_20404769.jpg



どんぶりモノが続きますが・・・。

日本で楽しみにしていたモノの1つが、牛肉。
お料理というよりも、食材ですね。

トルコのお肉は、基本硬め。
『お肉が柔らかい』といえば、
日本では溶けるような霜降りのお肉を指しますが、
トルコじゃ、簡単に咀嚼できるってレベルでOK。

噛みきれなくて、
いつ飲み込んで良いのか判断に苦しむような
そんなお肉にだって、結構な確率で当たりますしね。

あと、牛肉の臭いもキツイです。
日本の牛肉は脂がいっぱいあるのに、
どうしてあまり臭わないのだろ??・・・餌の違い??不思議です。





f0232763_20412434.jpg


霜降りお肉を買ってきて、ステーキどんぶり。
お肉は、塩コショウのみで味付け。
そして、肉汁でエリンギを炒めました。

アツアツごはんの上に乗せたら、完成です。

これを食べたら、トルコで牛肉が食べられなくなりそう。。。
って、もともと肉といえば鶏肉ぐらいで、
他のお肉はあんまり食べないんですけどね。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-02-21 23:39 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(10)

海鮮どんぶり。

f0232763_18192761.jpg



ここからは、日本で作ったお料理です。

日本で食べたかったモノといえば、やっぱり、お刺身。

一時期、夢にまで出てきた時には、
『いったいどんだけ食べたいのだろう??』って、
朝、目覚めた後に、思わず笑ってしまいました。


といっても。お刺身、そのままよりも、好きなのはづけ。
お醤油とみりんとお酒をひと煮立ちさせて、冷ました後に、
お刺身を漬けこみました。

漬けこむ時間によって、お醤油の濃さを変えています。



f0232763_1820995.jpg


今回は、いろんな種類の海鮮が食べたかったので、
お刺身5点セットのパックを買いました。
そして、ウニが安かったので、それも合わせて。

ハマチだけ漬けにして、あとはそのままです。



久しぶりの日本の味に、大満足。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-02-20 23:18 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(16)

鶏のから揚げと薔薇。

f0232763_15165273.jpg


日本で作ったお料理の写真。
これで、たぶん最後です。。。

レシピをblogに記録しておこうと思いつつ、
書いたメモが見つからなくて、今まで放置されていた「鶏のから揚げ(?)」。

茹でた鶏に粉をまぶして揚げて、
タレに絡めたコトだけ覚えているけど、

茹でるときに、何を加えたか、
粉はなんだったか(たぶん、片栗粉と小麦粉を合わせたはず)、
タレは、何を混ぜたか(醤油、みりん、酒は絶対入っているけど・・・)、
さっぱり記憶に残っていません。。。

おいしかったのに、残念です。






f0232763_1536649.jpg


で。今日の本題(?)。
水曜日の市場へ出かけたら、
ガーベラのシーズンがほぼ終わって、バラに変わっていました。

トルコのお花屋さんだと、1本1TL(約60円)ぐらいだけど、
パザルでは、もっと安くて、
お店によって違ったけれど、だいたい2本~4本で1TL。


市場の裏(路地)では、さらに安くて、
1束、いくらで売っていました。

値段を聞いたトコ、4TL。
買おうか?、買うまいか??
さんざん悩んで往復するコト、3回。

お店の人も呆れたのか、3回目に行ったときには、
まだ欲しいとも言っていないのに、強引に包み始められてしました。。。
『いい加減、買え!!』と。

ちょっと傷んだのもあったけど、合計28本(日本円で240円弱)。
そんなに熟慮しないといけないほどの金額じゃないですよね。
(ってか、トルコで考えても、激安価格。)

「絶対にこれ!」っていうモノだと、高価でもさっと決められるけれど、
そうじゃないと、どんなに安くても迷ってしまいます。


ちなみに・・・。
買ってきたバラは、花瓶に入れたたけで、めちゃくちゃ豪華。
安いのに、贅沢な気分です。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-05-05 16:05 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(6)

小枝と毛糸のスプーン置き。

f0232763_217654.jpg

ワークショップのおやつの時間。
とっても、かわいいモノを見つけました。




小枝と毛糸のスプーン置きです。


f0232763_2172964.jpg


これ。群言堂のcafe鄙舎スタッフさんのアイデア。

事前に持っていった毛糸を使って、
ワークショップにぴったりのスプーン置きを作ってくれていました。


毛糸なんて、もう10年以上も見ているのに、
キリムや絨毯以外に使うなんて、1ミリも考えたコトなかったです。


こういう、素敵な発想。
さらっとできたら、もっと生活が楽しくなりそう。
ちゃんと「かわいい」に対して、アンテナを張っておかなければ・・・。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-02-02 21:19 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(4)

ワークショップ終わりました。

f0232763_2127437.jpg


キリム織りワークショップ。
無事終了しました。

両日とも、雪。
悪天候の中、ご参加いただいた方、本当にありがとうございました。
楽しい時間を過ごすコトができました。



■ ■ ■  ■ ■ ■  ■ ■ ■  ■ ■ ■  ■ ■ ■  ■ ■ ■  

朝、起きたら、またもや銀世界。
雪は見ている分にはきれいだけど・・・。

かなり早めに出発して、雪道ドライブ2時間ちょっと。
12時前には、目的地へ到着しました。



f0232763_21391947.jpg


今日も、時間通り13時からワークショップを開始。

みなさん、モチーフ入りの力作に挑戦なさったので、
今日もまた、時間内には完成できませんでした。。。
(残りは、お家で宿題というコトになりました)

やっぱり、ちょっと欲張って、
少し大きめだったのがいけなかったのかしら???

でも、参加してくださった方に感想をお尋ねしたところ、
「これぐらいあると、『作った!!』って感じがして良い」
とのコトだったので、これ以上小さくしない方がよいのかなぁ・・・。

今後どうするか?は、ゆっくり考えたいと思います。


残念だったのは、参加なさった方の完成キリムが拝見できなかったコト。
どのキリムも個性が出ていて、素敵だったので、続きが気になります。


f0232763_21395097.jpg

群言堂cafe鄙舎スタイル『sütlaç(スットラッチ)』。

ワークショップのおやつです。
トルコらしいおやつをというコトで、
cafeのスタッフさんがトルコのライスプディング『sütlaç』を作ってくださいました。


これが、今までトルコで食べた、どのsütlaçよりもおいしくって、
本当に素敵なおやつでした。



ご参加いただいた方、群言堂のみなさま、
本当にありがとうございました。

また、ご縁があると良いなぁ~と思います。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-30 21:54 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(4)

ワークショップ1日目。

f0232763_21273030.jpg


群言堂さんに催していただいたキリム織りのワークショップ。
1日目が無事に終わりました。


ご参加いただいた方、本当にありがとうございました。
とても楽しい時間を過ごすコトができました。



■ ■ ■   ■ ■ ■   ■ ■ ■   ■ ■ ■   ■ ■ ■   



天気予報では、大荒れの1日。
相変わらず、雪が散らつくお天気でしたが、
それでも、予想ほどはひどくもなく、なんとか2時間かかって大森町へ。

会場に、キリムを敷き詰めて、道具を準備。
13時から予定通り、ワークショップを開始しました。



f0232763_21322356.jpg


初めてのワークショップだったので、
少し見積もりが甘く、
キリムを完成して帰っていただくはずだったのですが、
半分ぐらいの方が、あともう少しで完成!ってところで終了。
そのまま、お家で続きをするという状況になってしまいました。
・・・すみません。(次回するときには、もう少し小さめのモノにしないといけないですね)


でも、世界に1つだけの小さなキリム。
どれも素敵なモノに仕上がりました(ほぼ、仕上がりも含みますが)。



明日は、2日目。
新しい方との出会いに、ワクワクしています。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-29 21:40 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(2)

土と羊毛の針刺し。 kawaii

f0232763_2331161.jpg


以前から、やってみたいと思っていたコト。

陶芸と羊毛のコラボ。


私の場合。陶芸などと言ったら怒られそうな、
丸いお皿を作っても、決して丸くならず、
お茶碗はというと、縁の高さがガクガクの、
『泥(土)遊び楽しいなぁ~』のレベルですが・・・。



土で輪っかを作って焼いて(正しくは焼いてもらい)、
100円均一の羊毛を買って、チクチクと玉にしただけなのに、
とっても、かわいい針刺しになりました。


f0232763_237635.jpg



キリム織りのワークショップ。
まだ、日曜日に空きがあるそうです。



日時:1月29日(土)、30日(日)
   13時~17時 (各日、定員10名)

参加費:3,500円(材料費、おやつ含む)

場所:群言堂 本店 アトリエにて


問い合わせ・お申込みは、群言堂さんまで。


是非、ご参加ください。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-19 23:10 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(2)

余った折り込みパイ生地で。

f0232763_2333378.jpg


余った折り込み生地で、小さなガレット・デ・ロアも作りました。

今回のガレット・デ・ロア。
図書館の司書さんお勧めの本「弓田 亨のフランス菓子」を参考にするつもりだったのですが、
最初の数工程を読むだけで、脱落。。。
『10秒間に15回ほどの速さで混ぜる』とか、『100回混ぜる』
作り慣れてしまい、考えるコトなしにできれば、どうってコトないコトなのでしょうが、
実際に、数えながらやるのは、ずぼらな私には無理。

結局、分量だけを参考にして、
深く考えないで作るコトにしました。




f0232763_23332676.jpg


中のクリーム(クレーム・ダマンド)は、有名ブロガーでパティシエのぱにぽぽさんが、
『クレーム・パティシェールを混ぜるとおいしくなる』
って述べていらっしゃった()から、その方法を試してみました。

確かに。ちょっと軽くなって食べやすく、おいしかったです。



ガレット・デ・ロアを来年も作るかどうか?・・・微妙です。
折り込みパイ生地も、中のクリームも、めちゃくちゃ時間がかかるし、
使っているバターの量を考えると、食べるのが恐ろしくなるし・・・。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-17 00:33 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(2)

ガレット・デ・ロア。

f0232763_928576.jpg


1月6日は、大幅に過ぎてしまったけれど、
ガレット・デ・ロアを焼きました。


やっぱり、お菓子って難しいし、時間がかかるなぁ~と、
つくづく思います。








f0232763_9313072.jpg



次の記事に続きます。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-15 09:27 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(0)

ワークショップのDMが届きました。

f0232763_226320.jpg


今日、家に帰ったら・・・
1月末に『群言堂』さんで催していただく、
キリム織りのワークショップのDMが届いていました。



今まで、あこがれのお店で行う夢のような話だったから、
「本当にワークショップあるのかなぁ・・・」って思っていたけど、
急に現実感が出てきて、嬉しくなってしまいました。




開催日時などは、以下のとおりです。

日時:1月29日(土)、30日(日)
   13時~17時 (各日、定員10名)

参加費:3,500円(材料費、おやつ含む)

場所:群言堂 本店 アトリエにて


問い合わせ・お申込みは、群言堂さんまで。



是非、ご参加ください。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-14 22:13 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(2)