人気ブログランキング |

カテゴリ:レシピ(お菓子とパン)。( 149 )

オレンジクリーム・クッキー。

f0232763_16250322.jpg



オレンジシフォンケーキに使ったグレイスが余ったので、
何に使いまわそうかしら??
と、クッキーを焼いて、はさみました。


オレンジは、焼くと香りが飛んじゃうから、
後付けの方が、風味がはっきりしますね。

しっかり、オレンジなクッキーに仕上がりました。




f0232763_16251796.jpg


クッキーは、卵・ベーキングパウダーなしで、
バターと砂糖と小麦粉で作りました。

グレイスの材料は、下記のとおり。

オレンジ濃縮液 20g
バター 30g
粉砂糖 70g

 ※オレンジ濃縮液は、オレンジ果汁420gを180gに濃縮したモノ



結構、バターを使っているのに、
オレンジの爽やかな風味に騙されて、
ついつい食べちゃうのが、困りものです。。。




by akdeniz_tk | 2014-04-23 19:34 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(24)

焦がしバターのウン・クラービエスィ。

f0232763_21534650.jpg



どうしても食べたいって思っていた
焦がしバターのウン・クラービエスィ。

さくさくとしていて、つい食べ過ぎちゃう、
そんなクッキーです。

焦がしバターにすると濾さなきゃいけないから、
横着するなら、溶かしバター?

抹茶を加えて、和風なトルコクッキーにしても良さそうです。









f0232763_21535534.jpg




【材料】 天板1枚分

バター 80g
サラダオイル 45g
粉糖  80g
小麦粉 160g ※トルコの小麦粉は、中力粉っぽいです

【作りかた】
1.鍋にバターを入れて加熱する
2.バターがこんがりしてきたら、火を止め、濾す
3.2にサラダオイルを足して、粉糖を加えてよく混ぜる
4.小麦粉を加えて、さらに混ぜて、1つにまとめる
5.薄く延ばして、適当(わたしは三角形)に切って、
  150℃に予熱したオーブンで、13~15分、焼く







by akdeniz_tk | 2014-02-07 23:12 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(19)

栗のスイートポテト風。

f0232763_07232185.jpg


日本から遅れるコト、約2ヶ月。

2週間ぐらい前から、
パザル(市場)で栗を目にする機会が増えました。


どういう訳だか、毎年、栗を見ると、
お菓子を作らねば!!って気になるんです。
義務なんて、全くないのに関わらず。。。



もう少し待てば、値段も下がるのかもしれませんが、
先週の市場では、栗1キロ10TL(約500円)でした。


とりあえず、500g購入。

茹でて、鬼皮も渋皮もむいて、
牛乳(300g)とお砂糖(80g)で煮込んで、
裏ごしして、マロンペーストにしました。


今年のモンブランは、どんな風にしようかしら?
と悩み過ぎて、なかなか決まらないので、
まずは、栗の焼き菓子を。

本当はね。2年前に作ったような、
栗のカタチの焼き菓子にしたかったのだけど、
かなり緩めな生地だったので、絞り出しました。



・・・スィートポテトのマロン版です。



f0232763_07233337.jpg

【材料】 6個分
マロンペースト 150g
グラニュー糖 20g
バター 20g
卵黄 1個分

【作りかた】
1.マロンペースト、グラニュー糖、バターを小鍋に入れて、
  弱火で加熱しながら、よく混ぜる
2.火を止めて、粗熱が取れたら、卵黄(上に塗る分をほんの少し残しておく)を加えてよく混ぜ、
  絞り出し袋に入れて、絞り出す
3.160℃に予熱したオーブンで、12分ぐらい加熱する





by akdeniz_tk | 2013-12-18 07:44 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(12)

お鍋で、蒸しプリン。 oishii

f0232763_03340211.jpg



めちゃくちゃ、寒いです!!

今週の日曜日から、アンタルヤはどっと冷え込んで、
ほんと、寒くって、寒くって・・・。

で。こんな状況だと、お客さんも来ない、来ない。

・・・先週末のバタバタが嘘だったかのよう。
もともと、週の初め(月曜日と火曜日)は、売り上げが悪いんですけど、
いつも以上に落ち込んでいます。
焦ったトコで、どうなる訳もないし、
お天気が良くなるコト、みんなが寒さに慣れて出歩く気になるコトを願うだけ。



で。寒いからなのか、無性に甘いモノが食べたくなって、
といっても、お店にはオーブンはないので、
お鍋で蒸しプリンを作りました。

プリンといえば、ほぼ焼きプリンしか作らないんだけど、
蒸しプリンも、とろんとおいしいですねぇ~。



f0232763_03342115.jpg


久しぶりに、レシピ・メモを残しておきます。
かなり適当に作ったんですけど・・・。


【材料】 4個分
卵 3個
牛乳 150g
グラニュー糖 60g

(カラメル)
グラニュー糖 大さじ4~5
水 大さじ1
水 適量

【作りかた】
1.カラメルを作る。フライパンにグラニュー糖と水(大さじ1)を加えて加熱する
2.カラメル色になったら、水を加えて、よくかき混ぜる
3.器の底に、2を流す
4.牛乳とグラニュー糖を鍋に入れて、グラニュー糖が溶けるまでかき混ぜながら加熱する
5.卵を濾す
6.5に粗熱の取れた4を加えてかき混ぜ、3に流す
7.お鍋に、底から5cm程度の熱湯を注ぎ、少し高さのある(5cm以上)お皿を逆さに入れて、
  上に、6をのせ、蓋をして、弱火で、卵液が固まるまで加熱する



こんなにお客さんが来ないってわかっていたら、
お家からオーブンを持ってきたのに・・・。(お菓子を作る気、満々!!)


by akdeniz_tk | 2013-12-11 03:46 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(18)

ガレット・ブルトンヌ。

f0232763_5452066.jpg


Mchappykunさんのベリー類とレモンカードのガレットを拝見して、
作ってみようか?と思ったのですが・・・。

工程が長くって、途中で脱落してしまいました。。。

ガレットを焼いて、レモンカードを作ってってとこまでは順調だったけど、
上に乗せるベリー(といっても、イチゴしかないけど)を買う前に、
ガレットを食べちゃったっていうのが、できなかった理由。


ガレットだけでも、とってもおいしかったです。
レモンカードはね。スコーンにつけて、食べました。





f0232763_5501240.jpg



Mchappykunさんのガレットレシピを参考にしつつ、でも、配合を変えているので、
分量のみ、メモを残しておきます。

【材料】
バター 75g
小麦粉 90g
砂糖 50g
塩 ひとつまみ(フルールドセル)
ベーキングパウダー 小さじ1/2
卵黄 1個分

by akdeniz_tk | 2013-03-16 05:52 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(12)

あえて言うなら、ティラミス?

f0232763_4134628.jpg


簡単に作れて、でも、おいしい。
そんなお菓子ができないものか?と画策中です。


あえていうなら、ティラミス?

マスカルポーネ→ラブネ・ペーニル
フィンガービスケット→失敗マカロンを、しっかり焼いたモノ
卵黄→怖いので加熱

と、随分オリジナルとは違いますが・・・。


かなり好みの味でした。


f0232763_4141110.jpg


材料メモを残しておきます。
【材料】
ラブネ 200g
卵黄 1個
砂糖 30g
スターチ 2g
牛乳  65g

インスタントコーヒー
お湯
マカロン(固焼き)
ココア

by akdeniz_tk | 2013-03-13 04:32 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(16)

クレーム・キャラメル(りんごと塩入り)。

f0232763_83196.jpg



ちょっと前、クレーム・キャラメル(塩入り)を作ったときに、

レシピは???

って言われて探すのだけど、見つからない。。。



好みの味だったので、記憶をたどりつつ、
もう一度作ってみるコトにしました。








f0232763_834098.jpg



立て続けに、同じモノもどうかな?って思ったので、
キャラメルには、りんごが合うから・・・と、
キャラメルにリンゴキャラメル煮を加えてみました。



が!!
余計なことしちゃった。。。
リンゴを入れない方が、塩が効くし、キャラメルも濃厚で、
わたしは前回の方が好みでした。







f0232763_835992.jpg



  
【材料】
牛乳 200ml
生クリーム 100ml
卵 2個
砂糖 40g
バニラビーンズ 1/3本

キャラメル 適量
(砂糖60gに水15gを入れて加熱して、キャラメライズしたら、生クリーム70ml
 と塩をひとつまみいれて、よく混ぜたモノを使っています)
これを、キャラメルリンゴと合わせたけど、合わせない方が良かったので省略


【作りかた】
1.牛乳に、縦半分に切ったバニラビーンズをこそげて鞘ごと入れて、砂糖も加えて、
  火にかけ、沸騰する直前で火を止めて、しばらく放置する
2.溶き卵と1をよく混ぜる
3.2を濾して、生クリームと混ぜて、そっと器に入れる
4.お湯を張った器(わたしは鍋を使っています)の中に、3を入れて、
  約130℃に予熱したオーブンで、50分程度、焼く
5.冷めたら、上にキャラメルを流す

 ※うちのオーブンの温度はアテにならないので、参考程度にしてください
   最初に作ったときは、↑に卵黄1個分追加して入れていた気がします

by akdeniz_tk | 2013-02-15 08:30 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(10)

リークとエスキ・カシャールのキッシュ。

f0232763_23285234.jpg



市販のパイシートが余っていたので、
キッシュ風に焼きました。


具は、冷蔵庫にあった、リークとエスキ・カシャール。

トルコでチーズ(ペーニル)と言えば、白チーズ。
日本でいうトコの普通のチーズは、カシャール(ペーニル)です。


カシャールにも、2種類あって、
発酵してすぐに市場に出回るターゼ(フレッシュな)・カシャールと、
5~6ヶ月熟成してから、市場に出るエスキ(古い)・カシャールがあります。




パイシート使い切りたかったから、皮が厚くなっちゃったけど、
もうちょっと薄い方が好み。。。皮より具を食べたい派なので。




f0232763_23291054.jpg


簡単なレシピメモ、残しておきます。

【材料】
リーク 1.5本
バター 20g
エスキ・カシャール 60g
生クリーム 80g
卵 1個
塩・胡椒 少々

パイシート 適量

【作りかた】
1.型にパイシートを敷いて、重しを乗せて、160℃ぐらいで10~15分焼く
2.細かく切ったリークをバターで炒め、塩・胡椒をする
3.冷めたら、他の材料(チーズは少し残しておく)を加えて混ぜる
4.3を1に流して、残しておいたチーズを乗せて、160℃ぐらいで焼く

  ※ いつものコトですが、家のオーブンは温度がアテにならないので、参考程度に




と。話は変わって、
ちょっと気になる、些細な出来事。

家の近くの交差点の信号機について。


トルコの信号機って、日本と違って、サイドにあります。
で。いつもは、右側も、左側も、
『赤』なら『赤』、『緑』なら『緑』と同じ色なのですが、






f0232763_23552473.jpg



時々、右は『緑』、左は『赤』になるんです。
左折、右折で違うのなら、わかるけど、どちらも直進も可。


だから、右車線に居ると、直進可能、
左車線に居ると、赤信号で、直進不可能って・・・なんかとっても違和感があります。
(普通じゃないですよね?)



しかもね。繰り返すけど、いつものコトじゃないんです。

どうも気になって、何度か、日を変えて、眺めていたんだけど(暇とは言わないで!!)、
普段は、同時に変わっていて、
どういう訳だか、たまぁ~に起こる現象。


・・・なんだか不思議。


どうでもよいコトだけど、トルコの交通事情、信号まで納得いかないです。

by akdeniz_tk | 2013-01-24 00:26 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(14)

バケツヨーグルトとヨーグルトケーキ。

f0232763_23581397.jpg


絶対に、後から消費するのが大変だって分かっているけど、
どうしても欲しくって、買ってしまうのが、ヨーグルト。


チーズや牛乳などの乳製品は、わたしの主なタンパク質源として、
毎日、口にしているのですが、
ヨーグルトは、決して嫌いな訳じゃないけれど、
進んで、食べたい食材でもないのに・・・。

では、なぜにヨーグルトを?っていうと、
欲しいのは中じゃなくて、器の方。


本末転倒なのはわかっているけど、
ヨーグルトを食べきった後の、
蓋つきのバケツって、かなり使い勝手が良いんです。






f0232763_23584035.jpg


トルコの一般のスーパーで売っているバケツ型のヨーグルト。

一番大きなサイズは、2500g!!
(業務用だと、さらに大きいのがありますよ。)
日本でよく見るヨーグルトのパックの5倍量です。

右側の小さく見えるサイズでさえ、3倍量なんですよ~。


・・・初めバケツヨーグルトを見たときには、ペンキの缶かと思いました。





500gのヨーグルトでさえ、賞味期限内に食べきる自信がないわたし。
結局は、お友達を巻き込んでの、ヨーグルト消費作戦となるのは、いつものコト。


目標:日本のチーズケーキ

で、大量にあるヨーグルトをせっせと使って、
ケーキを焼いています。


初めはね。トルコのヨーグルトって日本よりも濃厚だから・・・
って、そのまま使ったら、生地がベチャベチャしちゃって、失敗。




f0232763_024124.jpg


とりあえず、カタチになってきたのが、
2ヶ月ちょっと前に作ったヨーグルトケーキ。

切り口が、グダグダになってしまいましたが、
味は、『チーズケーキっぽい』と、日本人のお友達に好評でした。









f0232763_035193.jpg


次に。これも、かなり前に作ったものですが・・・。
卵白はメレンゲにせずに、そのまま卵黄と一緒に加えました。
(上には、余っていたリンゴの甘煮をのせています)

他の分量は、前回と同じだったんですが、
ちょっと、べたっとした仕上がりになっちゃいました。。。









f0232763_045925.jpg


そして、これは一昨日のヨーグルトケーキ。
シュワシュワ感があって、今まで作った中では、いちばん好みかも?




レシピメモ、残しておきます。


【材料】
卵 3個
ヨーグルト(1~2日しっかりドリップしたモノ) 300g
生クリーム 100g
砂糖   60g
小麦粉 30g


【作りかた】

1.ヨーグルトに卵黄、砂糖(50g)を入れてよく混ぜる
2.生クリームを加えて、さらに泡立てる
3.ふるった小麦粉を加えて、ざっくりと混ぜる
4.卵白を泡立てて、残りの砂糖を加えて、しっかりと泡立てる
5.4と5を合わせて、型に流して、軽くたたいてから、150℃(程度)で40~50分焼く

  ※家のオーブンの温度はあんまりアテにならない(ダイヤル式な)ので、目安です

by akdeniz_tk | 2013-01-21 06:01 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(28)

ヘーゼルナッツクリームのパンケーキ。

f0232763_2551081.jpg



今回も、ずいぶん前に作ったお料理のコト。


日本から、西に向けては、ほぼ毎年移動しているし、
距離的には、日本からアメリカも、ヨーロッパも、
そんなに変わらないのだろうけど、

なかなか行くコトができない、日本から東の国々は、
精神的な距離感が、ものすごくあるから、わたしにとって、憧れ。


特に、ハワイ。大昔に一度行っただけで、
『また、いつか、行きたいなぁ~』と思いつつ、早何年??

そんな状況だから、
おいしい暮らしのekko*さんのハワイの旅の記録を読むのは、
行った気分になれて、ほんと楽しみなんです。


ハワイらしい素敵な風景、
歩くだけで楽しめそうな、スーパーやマーケット、
そして、食べてみたいお料理の数々・・・。

そんな中でも、『わぁ~!食べたいっ~!!!』って、
目が釘付けになったのが、
Boots&Kimo'sのマカデミアンナッツソースのパンケーキ



アンタルヤのおいしいパンケーキのお店なんて、知らないし、
そもそも、それを探すぐらいなら、作った方が早い?



とはいっても、マカデミアンナッツなんて、ここでは見たコトないので、
使ったのは、トルコの名産物のヘーゼルナッツ。
(世界シェア、第1位なんですよ~)



ソースは、ここを参考にさせてもらいました。

ただし、マカデミアンナッツ→ヘーゼルナッツ
練乳→ミルクジャム(自家製)
・・・練乳好きのわたしにはがっかりなコトに、アンタルヤじゃ売っていないのです



3つしかない材料のうち、2つも変えちゃったけど、
それなりに、ハワイ気分を楽しめました。

後で、なんとなく思ったけど、
ヘーゼルナッツよりも、カシューナッツの方が、良かったのかも?
(試してないから、わかりません)






f0232763_2565149.jpg


パンケーキのレシピだけ、記録しておきます。

【材料】
卵 1個
ヨーグルト 70g  日本だったら、ドリップしておく
小麦粉  100g
スターチ  12g  ※小麦のスターチを使ったけど、コーンスターチでも
ベーキングパウダー 5g
牛乳 65g
砂糖 12g
サラダ油 10g
塩 ひとつまみ

【作りかた】
1.小麦粉、スターチ、ベーキングパウダーを合わせてふるう
2.卵、ヨーグルト、牛乳、砂糖、サラダ油、塩を混ぜ合わせる
3.1と2をだまにならないように混ぜる
4.テフロン加工のフライパンを加熱して、温かくなったら、
  好みの大きさに3を流して、両面を焼く


 ※ いろいろ試してみたけど、焼くときに油はひかない方がきれいにできました

by akdeniz_tk | 2013-01-15 02:58 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(18)