カテゴリ:レシピ(トルコ料理)。( 136 )

Tavuklu göbeteと2018年のaltın kelebek賞。

f0232763_14093112.jpg



今年も終りに近づいてきて、
『2018年○○賞』っていうのがいろいろ発表される時期になりました。


トルコで、年末にある大きな賞といえば、
altın kelebek ödülleri(ゴールデン・バタフライ賞)。

今年が45年目になるこの賞、
テレビ部門と音楽部門で広範囲に渡り賞が発表されるので、
(最優秀ニュースキャスター(男女)、最優秀コメディードラマ賞、その男優賞、女優賞、
 最優秀芸能番組賞、最優秀恋愛コメディードラマ賞、最優秀シナリスト・・・などなど)
トルコ芸能界一大イベントって感じです。

トルコドラマが好きなわたしとしては、
テレビ部門の最優秀ドラマ賞、
最優秀男優賞、最優秀女優賞あたりが気になるトコです。



結果。
最優秀男優賞は、Aras Bulut İynemli








最優秀女優賞は、özge özpirinçci








最優秀シナリスト賞は、「sen anlat karadeniz」の、
AYŞE FERDA ERYILMAZ,NEHİR ERDEM

『Sen anlat karadeniz(黒海について語って)』は、
去年第1話を見たときに、
夫から、激しいDVを受けている女性の話で、
皮のベルトで打ちつけられたり、指の骨を折られたり・・・
痛々しい映像について行けず、
途中で見るのをやめてしまったドラマ。

でも。最優秀シナリオ賞をもらうぐらいなのだから、
きっと興味深い展開になっているのでしょう。。。
今度、あらためて見てみようかな?って思っています。





最優秀ドラマ賞は、『ÇUKUR』でした。




ÇUKURも、Sen anlat karadenizも、
去年から続いているドラマで、
今年始まったドラマでは目立ったものがなかった
ということなのかもしれないです。

Kıvanç TatlıtuğやElçin SanguやAlperen Duymazが出演する、
ドラマ『Çarpisma』は、11月から始まったばかりだし・・・。







■  ■  ■     ■  ■  ■     ■  ■  ■     

話は、がらっと変わって、
写真のお料理について。

生地で包まれていて、あんまり華やかには見えませんが、
『Tavuklu göbete』。


中に鶏を丸ごと入れた、ピラフのパイです。

生地+米が、なんとなくラーメンライス風で、
炭水化物を過剰摂取してしまいそうですが、

フィリングがピラフっていうトルコのパイは、
Göbeteの他にも、いくつもあります。
米が主食じゃない海外ならではのお料理なのかもしれません。




f0232763_14093631.jpg


生地をかぶせる前は、こんな感じ。

豪快ですよね?







f0232763_14094208.jpg



一切れで、かなり満足感のあるパイです。




レシピのリンク、はっておきますね。






[PR]

by akdeniz_tk | 2018-12-12 15:10 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(2)

ピシ~シンプルな揚げパン。

f0232763_11260518.jpg




この前、
イスタンブルの朝ごはん屋さんのことを書いた後、
なんか、ピシがとっても食べたくなってきて、
作っちゃいました。


ピシ(Pişi)は、トルコのシンプル揚げパン。
パン生地を、ただの揚げただけなのだけなんだけど・・・。


昔、お世話になった村のお母さんは、
自家製オリーブオイルで揚げてピシを作ってくれたので、
これがまた、本当においしかったなぁ~。







f0232763_11261015.jpg



わたしは、経済的に、サラダ油で。








レシピメモ・リンクしておきます。






[PR]

by akdeniz_tk | 2018-11-19 11:41 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(6)

ひき肉入りス・ボレイ。

f0232763_18481697.jpg



ここで何度も登場しているから、
繰り返し言わなくても良いのかもしれないけれど・・・

ボレキというのは、トルコでは薄い皮を使って作った粉ものの総称。

トルコ風の定番ボレキ以外にも、
春巻きなんかも、トルコ語でいえば、
中国のボレキ(Çin Böreği)となります。



今回のス・ボレキ(Su Böreği)は、
定番のボレキのひとつ。
トルコのどこでも食べらているボレキです。






f0232763_18481852.jpg


特徴はというと、

のばした生地を一回茹でてから、

具を入れながら、重ねて、オーブンで焼きます。


イタリアのラザニアと似ていますね。



たいてい、
ひき肉入りとチーズ(白チーズ)入りの2種類があって、
ひき肉入りの方が、断然おいしい!!って思いますが、

アダナ(南アナドリアの都市)にある、
『Levent Börekçilik』っていうボレキ屋さんのチーズボレキは別格のようで。
遠いし、南の方だから(南=シリアに近い=治安が不安)、
なかなか気軽には行けそうにないですけど。








映像を見ているだけでも、
ものすごく、おいしそうなのが伝わってきますよね。

調べたら、イスタンブルやイズミルにも支店を出しているみたい。
アダナよりも、立ち寄れる確率が上がりました。





ひき肉のス・ボレイのレシピ、
貼り付けておきます。
工程の途中を写真入りにしたけれど、
粉ものを伸ばしながら、写真を撮ると、カメラまで汚れるのがねぇ~。
みんなどうやって撮っているのだろ??









[PR]

by akdeniz_tk | 2018-04-11 12:00 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(6)

ひき肉と茄子のサジボレイ。

f0232763_15502363.jpg



ほんと、今年の冬は寒いですね。

動くのが億劫になってしまい、
した方がよいコトはもちろん、
しなきゃいけないコトでさえ、
ついつい後回しにしちゃっています。
・・・そのうち、ツケが回ってきそうで怖いけど。








f0232763_15502704.jpg


まだあんまり寒くない頃、
ギョズレメを作りました。

Gözleme=Sac böreği

鉄板で焼くボレキの一種です。
  ※ボレキは、薄い皮を使った粉ものの総称



ひき肉と茄子入りです。













料理・お弁当部門に応募します。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]

by akdeniz_tk | 2018-01-31 12:00 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(3)

クルユフカを使ったほうれん草とひき肉のボレキ。

f0232763_14552657.jpg



クルユフカを使ったボレキです。


クルユフカは、少し前にUPしているけれど、
乾燥させて日持ちするようにしたユフカ。




食べる前に、湿らせて、パンの代わりにしたり、
そのまま食べるのではなく、ボレキをつくったり・・・。





f0232763_14552983.jpg



オーブン皿が小さかったので、フィリングを2段重ねにしちゃったけど、
もう少し大きい器や天板をそのまま使って、
ユフカ、フィリング、ユフカの3層にするのが普通かな?



作り方のレシピ、リンクしておきます。
























第2回プラチナブロガーコンテスト

料理・お弁当部門に応募します。











[PR]

by akdeniz_tk | 2018-01-25 14:51 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(4)

乾燥ユフカ。

f0232763_13452783.jpg







村のお母さんが作っていた乾燥ユフカ(クル・ユフカ)。

ギュンルック・ユフカと違って、
パリパリに乾燥しているから、日持ちがします。


普通は、大きく作るのだけど、
日本で使いやすいのは、黒海地方で見かけた小さめサイズ。






f0232763_13453075.jpg


パン代わりに、主食として食べるときは、
霧吹きで水を吹きかけてから、大きな布で包んで、しばらく置いて、
しんなりさせます。


他にも、クル・ユフカを使って、ボレキを作ったりもできますよ。







レシピ残しておきます。









第2回プラチナブロガーコンテスト

料理・お弁当部門に応募します。











[PR]

by akdeniz_tk | 2018-01-21 12:00 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(4)

テプシ・マントゥ(シニ・マントゥ)。


f0232763_10401638.jpg



一時期、マントゥの試作を続けていました。

マントゥは、トルコのトルテッリ(もしくはミニミニ餃子)なんですけど、
スタンダードなものから、変わりものまで、いろいろあるんです。




スタンダードタイプは、
以前、カイセリのお母さんが作っているところをUPしていますので、
そちらで。







今回のは、シニマントゥとかテプシマントゥって言われるタイプのマントゥ。
シニもテプシも要は、お盆(トレイ)。

水餃子みたいに茹でるのではなく、オーブンで焼くタイプです。





f0232763_10402642.jpg


1.5cmぐらいの四角い生地の中に、
ほんの少し、具を詰めて、
両側をくっつけて、









f0232763_10402187.jpg


トレイの上に(わたしはスキレットにしたけど)並べます。




で、オーブンで焼いて、
途中、トマトソースをかけて、さらに焼いて・・・。










f0232763_10402950.jpg


完成!!

今回の反省点。
マントゥは、焼くと小さくなるので、
(茹でると少し膨れるくせにね)
もっとギュッと詰めて並べた方がよさそう
(ただし、労力も増えるけど)


でも。この労力を考えると、
気軽なお値段のお料理として出すのは、難しそうです。。。
(だって、数人分作るだけでも、何時間もかかるのだもの)



レシピは残しておいたので、リンク貼っておきます。
頑張ろう!!って気合が入ったときに、作ってみてください。







第2回プラチナブロガーコンテスト

料理・お弁当部門に応募します。





[PR]

by akdeniz_tk | 2018-01-18 12:00 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(2)

マルディンのアバカヌッシュ。


f0232763_19024958.jpg



Abugannuş とか、Babagannuşとか、Abuğannuçとか、
地域や人によっていろんな言い方がありますが・・・。


焼きナスのお料理です。

ハタイ地方のが有名だけど、今回のはマルディン地方のAbuğannuç。
東の方は、よく肉を食べると言いますが、
Abuğannuçも、牛のひき肉入り。




f0232763_19025384.jpg

トルコ人には、呆れられそうですが、
白飯と一緒に食べると、これが意外と合うのです。

まぁ、トルコ人に言わせれば、白飯は、LAPA pilavi(べっとりごはん)で
なんでおいしいの??病人でもないのに??
(おいしいピラフは、パラパラじゃなきゃね)
ってコトなのでしょうが。






[PR]

by akdeniz_tk | 2017-12-15 13:20 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(2)

チェルケズの餃子と初めてのチーズ。

f0232763_19021972.jpg



ぼやぼやしている間に、12月も中旬。
今年もあと僅かになってしまいました。

こんなに滞りがちですけど、
ブログをやめるつもりはあんまりなくて、
せっせと写真は撮りだめしているんで、
そのうち、もうちょっと頻度をあげていこうと思っています。

パソコンを持っていないので、新しく買うか、
それとも、いっそのことタブレットで更新をすればいいのかな?







f0232763_19030570.jpg



10月の終わりに、初めてチーズを作りました。

酸で固めるヤツじゃなくて、
ちゃんと、peynir mayası(直訳は、チーズ酵母=レンネット)を使って。





本当はもっと早くとりかかるつもりだったのですが、
生乳が見つからなくって、JAに聞いたりしたけど、
最近は、食中毒などになった時の責任問題もあるから、
生乳は売ってもらえないそうで・・・
成分無調整のパスチャライズド牛乳で試してみました。

寒くなってきた頃だったから、なかなか固まらなくて、
ドキドキしたけど、最後はちゃんと形になりました。

でも。
白チーズができるかと思いきや、
クレームフレーシュのような出来上がりだったけど・・・。


最近、セールで買った、真空保温調理器を使えば、
温度調整が楽になりそう。
もう一度試してみようと思っています。
白チーズももちろんだけど、
クレームフレーシュも近くのスーパーで売っていないしね。












f0232763_19023336.jpg



で。本題。

Halujという、チェルケズの餃子を作りました。
トルコ語でいえば、Çerkez Mantısıですね。

トルコのマントゥよりも、中国の水餃子に近いけど、
ヨーグルトをかけるのは、トルコに近い?









[PR]

by akdeniz_tk | 2017-12-14 21:43 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(4)

朝ベジなふわふわオムレツシャクシュカソース。

f0232763_09211923.jpg




シャクシャカを使った、もうひとつの朝ごはん。









f0232763_09212231.jpg





【材料】2人分
じゃがいも 小1個
茄子  1/2本
ズッキーニ 1/2本
トマト 1個
飴色たまねぎ 30g
サラダ油 大さじ1
塩こしょう 1g程度

卵   3個
牛乳  45ml
塩こしょう 少々
サラダ油 小さじ1程度
バター  10g

【作りかた】
1.シャクシュカを作る
  じゃがいも、茄子、ズッキーニは1cm程度のダイス状に切って、
  中温の揚げ油で揚げて、油を切ってボウルに入れる
2.トマトは、皮をむいてみじん切りにする
3.フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、油が熱くなったら、
  飴色たまねぎとトマトを加える
4.トマトが煮崩れるまで弱火で加熱して、
  1のボウルの上からかける
5.オムレツを作る
  ボウルに卵を割りいれて、塩こしょう、牛乳を加えてよく混ぜる
6.フライパンを火にかけ、バターとサラダ油を入れ、
  バターが溶け、油が熱くなったら、5の卵液を入れて、オムレツを作る
7.オムレツを皿に盛り付け、上から4のシャクシュカをかける


[PR]

by akdeniz_tk | 2017-09-08 09:30 | レシピ(トルコ料理)。