サラエボでボスニア料理。

f0232763_17102479.jpg


バルカンの旅6日目の続きです。

夜ごはんは、バシュチャルシャにあるお店で食べました。
観光地よりも、地元の人が良く行くお店の方が、
おいしいのだろうけど、ツーリストだからしょうがないね。











f0232763_17102668.jpg


銅のお盆のテーブル。
雰囲気があって、良いですよね。
多少、グラグラするけれど・・・。









f0232763_17103050.jpg

zovaという、エルダーフラワー水。

・・・ものすごく甘かったです。











f0232763_17103232.jpg


ショプスカ・サラダ。

トマト、キュウリ、チーズっていう基本は同じでも、
お店によって、ショプスカ・サラダもいろいろでした。










f0232763_17103566.jpg



polagana zeljanica。

ほうれん草のボスニアン・パイって訳されていたけど、
さくさくとおいしかったです。
・・・作ってみようかな?って思っているトコ。










f0232763_17103820.jpg


Grašak。

牛肉とグリンピースの煮込み。

『これがいちばんおいしい~』って言ってる人多かったです。
(8人中5人ぐらい??)







f0232763_17104581.jpg


Klepe。

モスタールでも食べたけど、
ボスニア風マントゥ??









f0232763_17104871.jpg


bosanski lonac。

ボスニアン・ポット。









f0232763_17105215.jpg


čimbur sa mesom。

わたしのいちばんは、これ。
すっごくシンプルでしたけど、おいしかったです。







f0232763_17110458.jpg

musaka od tikvica。

ズッキーニのムサカ。
え?これもムサカ??って感じのグラタン風。









f0232763_17105919.jpg



切ってみると、ズッキーニとお肉が層になっていました。


同じムサカでもトルコのとはずいぶん違います。
(ギリシアのも、また違うけど)







f0232763_17105540.jpg




bamija。

追加で頼んだのですが、頼まなければよかったと
後悔するレベルでした。。。

バムヤはトルコ語と同じ(トルコ語だとbamya)で、
etli bamya(お肉とオクラの煮込み)は、とってもおいしいから、
きっと、ボスニアでもおいしいハズって思ったのだけどね。


・・・乾燥オクラの繊毛が口に刺さる!!

乾燥オクラがちゃんと煮込み切れていない。
お客さんに出してお金を取っちゃダメでしょう?
って、クレームつけてもよいぐらい。
(お腹がいっぱいだったし、言わなかったけどね)



最後の一品は、最低でしたが、それ以外は満足でした。
ちょっと高かいかな?って思ったのは、
首都だし観光地だからしょうがないね。




これで、バルカンの旅は終わり。
翌日、朝、イスタンブル乗継ぎイズミルへと向かいました。


少しずつ書いて、ほぼ1ヶ月。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。




[PR]

by akdeniz_tk | 2018-08-12 18:00 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://akdeniz.exblog.jp/tb/29953677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード