初めて(で、たぶん最後)のフォンデュ。

f0232763_1971444.jpg



ブサンソンでの夜ごはんです。


ブサンソンは、フラッシュ・コンテ地方の都市。
何が名物なのかしら?と調べてみると、
チーズ、キノコ、ジュラのワインを使ったお料理が多いみたい。


この日は、日曜日。
事前に、調べていた時、ホテルの近くには、
なかなか「ここ!!」っていうお店が見つからなくって、

1軒だけ、La Grangeっていう、チーズ・フォンデュ屋さんがありました。

でも、結局、寒かったのであんまり歩きたくなくって、
もっと近くにあった、La Grangeの姉妹店La planchaに行きました。
(帰ってから、姉妹店だって気が付いたんですけどね。道理で雰囲気が似ているハズです)





f0232763_199468.jpg


ちょっとカントリー風なLa Planchaは、鉄板焼きとフォンデュのお店。
鉄板焼きは、日本の方が、絶対においしいだろうから、
フォンデュを注文しました。










f0232763_1995949.jpg


グリーンサラダ(3€)。
安いからしょうがないし、確かにグリーンですが、
これでもか!!って、サラダ菜だけが雑に盛り付けてありました。









f0232763_19104783.jpg


Salade de la mer (前菜用9.5€)。
値段とともに、質は上がるんだなぁ~と、納得。

でも、10€のサラダが、こんなに少量だとは・・・フランスだからしょうがない?








f0232763_19124145.jpg


ヴァン・ジューンが飲みたかったんだけど、
『ヴァン・ジューンは、ジュラ地方の白ワインのコトですよ』と煙に巻かれました。

・・・そんなコトないハズですが、なかったので、普通のジュラ地方のワイン。
















f0232763_19152764.jpg


行く前に調べておいたお店、La Grangeのチーズフォンデュのイメージが頭にこびりついていて、

注文したフォンデュ、
fondu bourguignonne(ブルゴーニュ風フォンデュ)とfondu peysanne(田舎風フォンデュ)、
どちらも、お肉にチーズを付けて食べるのかなぁ~?
などと、勝手な妄想をしていたんですけど・・・・オイルフォンデュでした。



f0232763_19172315.jpg


赤い器に入ったのが、fondu bourguignonneのビーフ(16.9€)、
ベージュの器に入ったのが、Fondue paysanneの鶏肉(15.9€)。
それぞれ、自家製フレンチフライかポテトグラタン付きです。
(写真は、お肉をまとめて撮っていますが・・・)











f0232763_1920393.jpg


山盛りのフレンチフライは、ちっともおいしくなかったけれど
(しかも、オイルフォンデュの添えに、揚げたイモってどうなんだろ?)












f0232763_19211090.jpg


グラタンはおいしかったです。やっぱり、チーズの産地だから??










f0232763_1922176.jpg


実は、わたしオイルフォンデュを食べるのは、初めて。
食べてみて思ったけど、途中で飽きますねぇ~。

肉・肉・肉・肉・・・・で、単調。
3種類あったソースが、どれも似たような感じで、
しかも、お味もイマイチだったから、余計にそう思ったのかも?

もったいなかったけど、かなりお肉を残しちゃいました。。。
(焼肉なら、同じ量でもお肉を完食できたハズ。)

Fondue bourguignonneもFondue paysanneも、
たぶん、二度と食べないと思います。
同行したみんな同意見。(『まぁ、何事も経験だから、1度は良いけどね』って)

お家で、野菜やキノコなんかも一緒に揚げれば、
また違うんでしょうけどねぇ~。






帰ってきてから、フォンデュについてさらに学んだけど、
Fondue Savoyarde
Fondue Suisse
Fondue Jurassienne
などは、チーズ・フォンデュで、

Fondue bourguignonne=素揚げのオイルフォンデュ
Fondue paysanne=衣付きのオイルフォンデュ
Fondue chinoise=スープフォンデュ
Fondue vigneronne=ワインフォンデュ
Fondue au chocolat=チョコレートフォンデュ



せっかく、フラッシュ・コンテ地方に行ったのだから、
Fondue Jurassienneが食べたかったなぁ~。





f0232763_1927112.jpg

La plancha

10, rue Gustave Courbet
Tél : 03 81 48 25 39
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-11-24 19:34 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : https://akdeniz.exblog.jp/tb/18197868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zeytin at 2012-11-24 21:14 x
こんにちは、akdenizさん。
オイル・フォンデュよりは
チーズ・フォンデュを食べてみたいです。
残ったチーズをぱりぱりと食べるんですよね。
私はチーズ・フォンデュって食べた事がないので
一度本物を食べてみたいとは思っているのですけど・・・。
トルコで食べられるかしら?
見た目はとても美味しそう
Commented by petapeta_adeliae at 2012-11-24 23:13
スイスで、チーズとオイルと両方を食べましたが、
どちらもすぐに飽きてしまい夜中にお腹が空いて困りました。
オイルは全身にオイルの匂いがついて、夜中にホテルに戻って
洗濯したほどです。
ワタシもこれが最初で最後と同じ感想です。^^;
Commented by Mchappykun at 2012-11-24 23:35
私が若い頃、日本でオイルフォンデュが流行ったことがあって、結婚祝いにフォンデュセットを二つももらいました。が、結局その後海外生活が長く、我が家でフォンデュをせずにここまできてしまいました。セットもどこへいったやら。姉の家でご馳走になったことがあり、海鮮だとか、野菜だとか色々あって、それなりに楽しめましたが、お店ではまだ頂いたことがありません。
旅行中の店選びは大変ですね。
Commented by kirakiracafe2 at 2012-11-25 17:05
akdenizさん、こんばんは♪
↓パン焼きしたのですね!
ブリオッシュ・プラリネ美味しそうです~
買った来たものかと思ってしまいました^^
ピンクプラリネを乗せるとやっぱり可愛いですね!
チーズフォンデュは年に3回ぐらい^^おうちでしますが
オイルフォンデュは経験がなくて。メインはお肉になるのですね^^
チーズフォンデュの方が色々と楽しめますね。
オイルフォンデュの添えにフライドポテトはちょっとキツイですね~
Commented by akdeniz_tk at 2012-11-25 19:46
zeytinさん
チーズフォンデュも、オイルフォンデュも、本場で食べるよりも、
お家で食べる方が良いかも?って思います。
お家だったら、魚介や野菜など、いろいろ用意して食べられますしね。
パンやじゃがいも(もしくは、お肉)だけだと、ほんと飽きちゃいます。
トルコで、フォンデュ屋さんってあるんでしょうかねぇ~?
チーズを伸ばすのがワインだし、普通のお店じゃ難しいかも。
でも、イスタンブルだったら、あるのかなぁ~。
お家で作るっていうのは、どうですか?
Commented by akdeniz_tk at 2012-11-25 19:49
ソーニャさん
ソーニャさんも、最初で最後って思いましたか?
ですよねぇ~。単調で、飽きちゃいますよね。
焼肉もお肉がほとんどなのに飽きないのはどうしてなんだろ?
と、ふと考えてしまいました。
Commented by akdeniz_tk at 2012-11-25 19:52
Mchappykunさん
お店のフォンデュは、日本人には向いていないのかもしれないです。
海鮮や野菜があれば、味が変わって、楽しめるから、
おいしく食べられますよね。せめて、肉以外があれば・・・って思いました。
旅先でのお店選びって、ほんと難しいですよね。
『おいしい』って言われるトコがあんまりだったり、
定休日と滞在日が重なっていたり・・・。
Commented by akdeniz_tk at 2012-11-25 19:57
kirakiraさん
少しずつ、パン焼きを始めています。
フランスパンっぽいトルコのパンは、安くて、しかも、とってもおいしいのですが、
食パンっぽいモノやバンズ系は、イマイチなんです。

フォンデュは、お店よりお家って思いました。
本場流のは、すぐに飽きちゃいます。
オイルフォンデュに、フレンチフライは、くどいですよねぇ~。
しかも、あんまりおいしいフレンチフライじゃなかったし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード