リヨンは、『食の都』だと思っていたけど・・・。

f0232763_2134996.jpg


本題に入る前に・・・。

今までも、何回か間違えているのですが、今年もやってしまいました。
土曜日でサマータイムが終わり、
昨日から、時計の針を1時間遅くしておかなきゃいけないのに、
すっかり忘れていて・・・。約束の時間を1時間勘違いしてしまいました。

去年は、ちょうどこの切り替えの日に飛行機に乗るコトになっていたので、
ものすごく気を付けていたけれど、今年は連休中だし、ぼーっとしていたみたい。

早い分は、まぁなんとかなるから良いけれど、
1時間遅いと、どうしようもないから、3月(サマータイム開始)は注意しておかねばっ!!





さて。秋のヨーロッパ・2012、
今日からいよいよヨーロッパでの記録になります。

f0232763_2142339.jpg



日本からいらっしゃる方をリオンの空港でお出迎え。
予定到着時刻は、18時半過ぎだったのに、
電光掲示板を見るたび、少しずつ遅れていく到着時間。


最初は、賑やかだった空港も、徐々に人が去っていき、
日もゆっくりと暮れていき、完全に暗くなった頃、
やっと、飛行機が到着。
無事に出会うコトができました。


ただでさえ、時間が遅くなっているのに、さらに哀しいかな、
空港と市内を結んでいるTram expressが11月まで運休中。
結局、ホテルに着いたのは、21時前になっていました。



f0232763_2155057.jpg

食の都、リヨン!!

本当は、行ってみたかったブション(Bouchon)があったのですが、
結局、ホテルの近くのお店へ。
   Bouchon(wikpediai英語)は、リヨンの伝統料理を出す庶民的なお店です。


でも、たいがいどこも満員で(金曜日の夜だから?)、すげなく断られてしまいました。
でも、その中の1軒で、「キャンセルがあったので、どうぞ」と、
通りを走って追いかけてきてくれた、
とっても親切で、きれいなお姉さんが働いているブションに入りました。




前菜とメインで、19ユーロ。
が。結構、込み合っていて、なかなかお料理が出てきません。



f0232763_2174635.jpg


久しぶりの豚肉(豚脂だけど)だからっていうのもあるけれど、
出ていたグラトン(豚の脂のフライ)を、ついつい食べ過ぎてしまいました。。。








f0232763_2110431.jpg

前菜は、Salade lyonnaise。
わたしの『リヨンで食べておかなくてはならないモノ』リストの中の1つです。

豚肉製品(ベーコン)が恋しい、わたしには、おいしかったけど、
日本から来たヒトたちには『ベーコンが多すぎて、塩が辛い』と、不評。

たしかに、これでもか!って入っていました。







メインは、わたしのリストの中の1つ、
Quenelle de brochetを注文したのだけど、
哀しいかな、品切れ。

同じリヨン名物でも、トリッパや臓物ソーセージ(アンドゥイエット)などは苦手な人がいるので、
無難なモノを適当に選びました。

f0232763_21105666.jpg

Saucisson brioché
どうやら、これもリヨン名物らしいけれど、
メインとしては、いかがなものか・・・と。






f0232763_21112267.jpg

gateau de foie de volaille
とにかく塩が辛かったです。塩味さえ、もう少し抑えてあったら、
今回このお店で頼んだお料理の中で、いちばんおいしかったと思います。








f0232763_21124196.jpg

もう1つが何を頼んだか忘れてしまったんだけど、
メニュの中からの消去法で考えると、、
Croustillant de sandreしか残っていないので、たぶんそれ。






f0232763_21135398.jpg

中は、こんな感じ。sandreってお魚のハズなんだけど、
でも、フィリングは、ちっともお魚っぽくなくて、フルーツの甘みがかなり強かったです。
これも、夜・メインとして食べるには微妙でした。






とにかく。クネルがなくて、がっかり。
代わりに、頼んだお料理がイマイチで、さらにテンション下がり気味。

お店の人は、とっても親切で良かったのだけど、
食の都リヨンって・・・選んだお店が悪かったのか?それとも??


ちなみに。わたしたちの口に合わないだけじゃないみたいで、
隣に座っていた中国系のアメリカ人に、
「ここ、どうやって知ったの?おいしいと思う???」って聞かれちゃいました。
正直に答えようかどうかと、戸惑っていたけど、
わたしたちの残した量を見て、どうやら察してもらえたみたいです。




もしかしたら、クネルはとってもおいしかったのかもしれません。
だって、売り切れになってしまうぐらいだから・・・。




f0232763_21141786.jpg

La Hugonnière
13 Rue Neuve  69001 Lyon
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-10-29 21:24 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : https://akdeniz.exblog.jp/tb/18115870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Mchappykun at 2012-10-29 22:58
折角期待して入ったレストランで、残念でしたね。旅行先では、特にその日なん時になるか分からない時と言うのは、レストランのチョイスも難しいですよね。
次に期待しています。
Commented by kaori at 2012-10-29 23:16 x
塩辛い、、、なんかわかるような気がします。
ところで、フランス語も堪能なんですか???
Commented by akdeniz_tk at 2012-10-29 23:26
Mchappykunさん
早めに到着していたら、予約を取るようにしているのですが、
フライトの到着時間とか読めないので、今回は行きあたりばったりになっちゃいました。
口コミを読んだりして、事前に調べておいたトコだと、
あんまりハズレはないのですが(って、それでも、たまにがっかりのコトもありますけど)、
旅先のレストランさがしって、ほんと難しいですね。
Commented by akdeniz_tk at 2012-10-29 23:28
kaoriさん
塩味の強い国って多いですよねぇ~。
日本で、減塩生活をしていると特に。
フランス語は、駄目です。大学のとき、第二外国語+随意選択で取ったけど、
さっぱり芽が出ませんでした。
もし、堪能だったら、トルコじゃなくて、フランスを選んでいます。間違えなく・・・。
Commented by zeytin at 2012-10-30 03:13 x
こんばんは、akdenizさん。

塩味が強くてもいいので
これでもかっていうほどベーコンが食べたいです。
グラトンと言うのも食べてみたいです。
トルコ料理に飽きてきて、
偽物日本食を食べている私には
どれも美味しそうなんですけど・・・。(^^!)
Commented by akdeniz_tk at 2012-10-30 04:25
zeytinさん
こんばんは。
ベーコンの量についての評価は、どこに居るか?によって変わってきますよね。
この時、まだ、1週間ちょっとしか日本を離れていなかったけど、
トルコのお肉の臭いが気になって、ほとんど肉類(牛・羊)を食べない生活だったので、
これでもか!!のベーコンは、わたし的には好評価でした。
グラトンも、シニアの方々は、一口で十分って感じだったみたいだけど、
これまた、ワインと一緒にバクバク食べてしまいました。
ってか、このお店で、これがいちばんおいしかったかも?
Commented by ekko_kopanda at 2012-10-30 12:37
こんにちは。

えーリヨンって何を食べても美味しいってイメージでしたが・・・
ベーコン、たぶん私は気に入ってたと思います(笑)
だってこんなに入ってるのなかなかないですよー ^^
年配の方だと塩っ辛く感じちゃうんでしょうね。

あら~すでに豚恋しくなっちゃってますか~
グラトンってすんごく美味しそうですね。
食べてみたいです~

クネルってググでみたんですけど、美味しそうですね~
魚のすり身なんですか?
洋風はんぺんなんて載ってて(笑)

写真で見る分にはどれもとっても美味しそうに見えますが、
せっかくの第1日目の晩ごはんなのに
ちょっと残念でしたね~


Commented by petapeta_adeliae at 2012-10-30 23:28
ホテルの鉄板焼きで牛の脂をジュウジュウ焼いて出して
くれますが、若くないのでが胃もたれします。
つくづくアクデニズ。さんは若いと確認!!
いくら名物でも贓物系の苦手な人は多いから、チョイスするのも
難しいですよね。ワタシの場合は焼くのはいいけど、煮ると
なると手が出ませんもん。
Commented by akdeniz_tk at 2012-10-31 04:03
ekko*さん
こんばんは。
リヨンもお店を選ばないと駄目ってコトですね。
でも、このお店も、結構、混んでいたんですよ。
ほんと、クネル(だけ)は絶品だったのでは?などと想像しています。
クネルは、洋風のはんぺんっぽいですね。シュー生地のようなものを入れてつくるみたいです。
他のトコで食べたのでいえば、ふわふわっとしておいしかったです。
今回、本場のを食べて味の研究をしよう!!って思っていたので、
ものすごく残念。結局、食べられなかったんですよ。

グラトンは、かなり身体には悪いでしょうけど、(だって、ラードだもの)、
でも、食べ出したらとまらなくなっちゃっていました。
Commented by akdeniz_tk at 2012-10-31 04:09
ソーニャさん
そんなに若くはないけれど、まだまだ脂は好きです。
和牛の脂、おいしそうですねぇ~。
考えただけで、うっとりしちゃいます。。。
まだ、トルコのお肉に慣れていなくって、どうしても臭さが鼻に着いちゃって、
羊はもちろん、牛も、ヤギも、食べていません。

内臓系は、どちらかというと苦手かも?
出たら、食べるけど、自分で買ってまでは、ちょっと。。。
鉄分を摂らなきゃって思っていて、
レバーを買おうと思いつつも、ホウレンソウを選んでしまいます。
Commented by タヌ子 at 2012-10-31 09:39 x
豚肉、恋しくなるみたいですね。
イスタンブル在住だった友人は、フランスに戻ると、必ずポークを頼んでました。
リヨンはシャルキュットゥリが名物だから、どうしても塩味がきつくなりますよね。
リヨンは一度しか行ったことがないけれど、美味しい物との出会いは一つもありませんでした(Praline roseを使ったお菓子は美味しいけど)。
クネルもどちらかと言うと、苦手な部類に入る食べ物なので、リヨンに2泊した時は、2日目にピザを食べてしまったくらい(苦笑)
リヨンの食べ物って恐らく日本人の口にはあまり合わないのではないかと思うのですが、最近は塩分を控えめにするなど、ヘルシー傾向のものも出てきてるんでしょうね。
Commented by akdeniz_tk at 2012-10-31 15:20
タヌ子さん
タヌ子さんも、リヨンでおいしいモノに出会わなかったのですね。
今回、行ったお店は、かなり混んでいたので、フランス人にはおいしいお店だったのかも?
ただ、日本人的には、どうも・・・。
昔は、歳を重ねると塩味を感じにくくなるって思っていたのに、
(うちの祖父は、お刺身で醤油があまったら飲んでいました!!し、
祖母の煮物は、かなり塩辛かったです)
今は年配の方の方が、塩味に敏感だなぁ~って思います。

プラリネの記事は、次の次にUPする予定です。
タヌ子さんから教えていただいた、プラリネを使ったりんごのタルト。
どうやって作ろうか?と思案中。りんごは1週間前に買ってきたのですが、
なかなか、考えがまとまりません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード