オスマン建築の古民家、お宅拝見。

f0232763_114957.jpg


また、旅の記録に戻ります。

期待値が高かったので、満足感を得られなかったサフランボル。
ですが、その郊外にあるYörük(ヨリュク)村は、お勧めです。

ヨリュク村は、サフランボルから南東へ10km弱。
人口わずか、150人(以下)の本当に小さな村で、
しかも過疎化が進んで、かなり鄙びた感じです。

でも、その分、
観光地特有の、がめつさがなくって、
のんびりとお散歩できます。







f0232763_20212962.jpg


純粋な田舎の村よりは、観光地化されていて、
レストランやホテル(というかペンション)もあります。
(普通の村には、ホテルとかないし・・・)









f0232763_20203697.jpg


村から東京まで、8691km。
思ったより近いような、でも、やぱり遠いですよね。








f0232763_2024151.jpg


この地方の伝統家屋は、数百年前に、オスマン建築に基づいて建てられています。
(確か300年前って言われた気がするけど・・・自信なしです)








何軒かの古民家では、自分の家を観光客に開放しているので、
その1つにお邪魔しました(入場料?2TL)。

f0232763_211495.jpg

1階部分は、土間になっていて(ここで、家畜を飼ったりもします)、
2階と3階が住居。

しかも、メゾネットタイプ!!
1つの家が半分に仕切ってあって、2つの個々の住宅となっています。

「・・・だから、外から見ると大きいけど、中は半分なのよ」とのコト。

右側の白い壁の向こうに、
他の家族(といっても親戚が多いらしいですが)のお家があります。













f0232763_2104294.jpg


お部屋はこんな感じ。

築数百年とは思えません。。。












f0232763_20222724.jpg


古い道具が、素敵に飾ってありました。









f0232763_2111743.jpg


昔の洋服。ポイントは、裾の部分。
裾丈が、前後、違っている理由は、
「歩くとき、躓かないように、前は短め、
 屈んだ時、見えないように、後は長め」 とのコト。







今回のお宅訪問で、いちばん驚いたのがこれ、
部屋にお風呂が付いています!!

しかも、普段、押入れ。時々、お風呂!!!

f0232763_20225415.jpg




押入れの板が外れるようになっていて、
外すとお風呂になる仕組み。

「浴槽の底がななめになっていて、使ったお湯は隣のトイレへと排水される」そうです。

・・・よく考えてありますよね。
日本だと、カビが生えそうですけど、トコロ変わればです。









f0232763_2035086.jpg


窓の外を見ると、










f0232763_20215876.jpg


くすんだ赤い屋根と白い壁の家。








3階の、いちばん良い部屋から見ると・・・。

f0232763_20233049.jpg


このお部屋で、しばらくおしゃべり。

説明してくれた村のお母さんは、
めちゃくちゃ気さくで、話好きの、楽しいヒトだったのですが、
いかんせん、方言が・・・(トルコ語も地方によってかなり訛りがあります)。

おしゃべりしていても、途中で???ってコトもありましたが、
ここの地方の名物料理とか、習慣とか、いろいろ聞くコトができました。





f0232763_21304167.jpg


この後、村のお母さんと一緒に外へ。
昔の洗濯場に案内してもらいました。
(が、長くなったので、ここで切ります。)
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-07-13 21:36 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : https://akdeniz.exblog.jp/tb/16269168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ekko_kopanda at 2011-07-14 07:41
おはようございます。
こういう所です、行ってみたいのは!!
昔の民家とか見るの大好きです。
こちらのお家は普段は人が住んでるんですか?
でもホント外から見るとすごく大きなお家のようですが
中はそうでもないんですね~
お風呂・・・押入れ? すごいなぁー面白すぎ。
確かに日本だと洋服とかカビ生えそう(笑)

当たり前だけどトルコにも方言あるんですね~
やっぱりイスタンブルの言葉が標準語だったりするんですか?
って標準語があるのかどうか分かりませんが ^^;

Commented by mikitty at 2011-07-14 10:34 x
素敵な街~
なんだか映画の世界みたいですね♪
お風呂件押入れ…
ホントにカビが生えそうですケド・・・
そしてお風呂に入ろうと思ったら一度
荷物をよけないといけないんですよね…
面白い(*^_^*)

方言・・・どこの国にもあるんですね~
私が秋田とか行くような感じなんでしょうね!
Commented by akdeniz_tk at 2011-07-14 15:35
ekkoさん
おはようございます。
村、本当に良かったです。
トルコの普通の村とは違って、観光客を意識した村でしたが、
それでも、金儲けを考えているギスギス感もなく、
のんびりした雰囲気でした。

民家もお金を取るのですが、申し訳ない程度(100円ぐらい)で、
村のお母さんは、見学に1時間以上つきあってくれて、
しかも、最後には、「記念にね!」って
小さなプレゼントまでもらっちゃいました。

標準語は、イスタンブルとかアンカラとか?
年配の人とか、村の人の話は、かなり聞き取りにくいです。
文法とかいい加減に使っているし・・・。
(って、わたしも文法いい加減だし、外国人訛りなんですけどね。
 RとL、IとUとÜが使い分けられません。。。)
Commented by akdeniz_tk at 2011-07-14 15:55
mikitty さん
押入れがお風呂って、かなり吃驚ですよね。
日本じゃありえない組み合わせですし。
上には、布団とかをしまうみたいだから、
お風呂に入って、そのまま布団で寝て、
朝になったら、お風呂は乾いていて、
その上に蓋をして布団をしまうって流れかと。

日本でも、かなり方言ありますよね。
使う単語や言いまわしが違えば、
訛っていなくても???ってコトもあったり・・・。
わたしの場合。トルコ語はパーフェクトじゃないので、
訛りがあると、わからなくなりがちです。
Commented by 姫りんご at 2011-07-14 17:00 x
こんにちは^^
サフランボルには、行った事があるんですけど、この村ははじめて知りました♪
サンドゥックが素敵~!
たんすの中のお風呂は、サフランボルにもありました^^
泊まった宿がこのお風呂だったので、使いましたよ~!!
初体験で面白かったです^^
Commented by petapeta_adeliae at 2011-07-14 20:31
左右の壁いっぱいに伸びたソファーで男性達が水パイプを
楽しんだのでしょうね。
今のつづらがいい味を出していますね、欲しいです。

戸棚のお風呂みて、劇団員をしていた友達を思い出しました。
練習とバイトで忙しくて、それと貧乏でアパートの流しで
お風呂していたこと・・・。今でも笑いぐさです。
日本のホテルのバスタブは80センチ巾、一般的な住居だと
60センチ巾ですが、もっと狭いですよね?
Commented by akdeniz_tk at 2011-07-15 00:57
姫リンゴさん
こんばんは。
ヨリュク村は、地球の歩き方にも載っていましたよ。
イスタンブルからだと、なかなか行く機会はないのかもしれないですが、
次、またサフランボル近辺へ旅に出られたら、
行ってみてください。なかなか良いトコでした。

押入れ風呂。実際に入られたんですね。
わたしも次(あるかわからないけど)、
そういうホテルで泊ってみたいです。

Commented by akdeniz_tk at 2011-07-15 01:00
ソーニャさん
アンティークなお部屋に、アンティークな調度。
雰囲気がとっても素敵なお家でした。

押入れのお風呂と流しでお風呂。
似たトコありそうですね。
あまり大きなの感覚が精密じゃないので、はっきりといえませんが、
60cmぐらいだったような気がします。
若干、狭かったのかな?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード