人気ブログランキング |

Hồ Lô quánでベトナムごはん。


f0232763_13215321.jpg


『ホワイトローズ』のすぐ近く(徒歩2分ぐらい?)にある
レストラン『Hồ Lô quán』で、
本日2回目のお昼ごはん。


定番のベトナム料理を中心に、
いろいろ頼んでみました。






f0232763_15110172.jpg

Gỏi cuốn tôm(エビのゴイクン)。

エビとブンと野菜入り。
ゴマが入っていたのが、ちょっと目新しかったです。

わたしの好みとは、ちょっと違ったけど、
お店によって、いろいろだろうし・・・。






f0232763_15110377.jpg


ゴイクン用たれ。たぶん、ピーナッツ。

具がシンプルなゴイクンには、
こういうしっかりしたタレの方が合うのかもしれない。










f0232763_15110531.jpg

Gỏi đu đủ tôm thịt(青パパイヤのサラダ エビと豚肉入り)。

サラダには他に、
バナナ花、青パパイヤ、グリーンマンゴー、春雨(ミエン)があって、
どれも、同じお値段でした。













f0232763_15110867.jpg


ホイアン名物のメニューのページから、
Cao lầu(カオラウ)。

伊勢うどんが元になっていると聞いていたので、
普通のうどんをイメージしていましたが・・・。

うどんは、小麦の麺
カオラウは、米の麺。


うどんとは違うよね?って思ったコト以外、
記憶に残っていません。。。





f0232763_15111058.jpg

cơm chiên tỏi。
ガーリックライスも頼んだんだけど、

どうやらおかずっぽいお料理には、
白いごはんもセットになっているようで、
余分でした。









f0232763_15111367.jpg


heo kho tộ

豚肉の土鍋煮込み。

白いごはんが欲しくなる(お料理に付いてきていた)、
そんな味付けで、とってもおいしかったです。
ただ、お肉は結構かたかったけど・・・。






f0232763_15111509.jpg


Ram tôm
(エビの揚げ春巻き)は、初めて食べるお料理。

お店の人が、初めの1枚を作りながら、
食べ方を教えてくれました。

まず、2種類のタレをブレンドして用意して、
極薄のライスペーパーに野菜を乗せて、
ラムトムを乗せて、
包んで、タレにつけて・・・。


日本でも真似したい~!!って思えるお料理でした。







f0232763_15111784.jpg


烏賊の肉詰めを頼んだら、残念ながら、売り切れ。
Tôm xào me(エビのタマリンドソース)にしました。
これも、出てきた後に知ったけど、白飯つき。


タマリンドって酸っぱいっていうイメージしかなくて、
食べる気にも、お料理に使う気にもならなかったのですが、
こんなにおいしいソースになるんですね!!







f0232763_15111999.jpg

最後に、バナナクレープ。

バナナだね!!
っお味でした。。。



行ったお店
Hồ Lô quán
20 Trần Cao Vân, Phường Cẩm Phổ, Hội An







# by akdeniz_tk | 2019-08-19 11:26 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(1)

ホワイトローズ。

f0232763_13145881.jpg




ホーチミンから、Vetjetで飛び、
1時間遅れで、ダナンに到着。

ホテルからの送迎車でホイアンに向かい、
チェックインの手続きをしてから、
お昼ごはんを食べにでかけました。


今回の旅では、配車アプリGlabを使って移動しましたが、
本当に便利で、しかも、割安で、おすすめ。
数回だけタクシーに乗ったのだけど、
Glabの良さがほんとよくわかりました。









f0232763_14483727.jpg

お昼ごはん、1軒目は、
ホワイトローズ。


ホワイトローズという、ホイアンの名物料理の専門店です。







お店の奥で、
ホワイトローズを作っているトコが見学できます。


f0232763_14482313.jpg

米粉の生地を棒状にしてから、
薄い皮に広げていって、










f0232763_14482619.jpg

皮の中に、具を詰めて・・・。













f0232763_14483066.jpg

蒸して、上からフライドオニオンをかけて。
(小エビものっていた)




カタチは違うけど、蝦餃?


って思ったけど、
特別な井戸水を使ってつくるから、ホイアン以外じゃ無理らしい。








f0232763_14483207.jpg

揚げワンタンも、ホイアン名物。

ホワイトローズは、どこのお店で食べてもだいたい同じ味だけど、
(製造元がひとつなので)
揚げワンタンは、お店によってオリジナリティーがあるみたいです。



揚げたワンタンの上に、
エビ、たまねぎ、パイナップルなどの入った
スィートサワーソースがかかっていました。

こっちは、ホイアンじゃなくても真似できそうだね。




このお店、メニュはこの2つしかないから、
もうちょっと種類が食べたいなぁ~とランチのはしごをすることにしました。




# by akdeniz_tk | 2019-08-17 12:27 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(2)

朝ごはんは、ベトナムヌードルで。

f0232763_13293749.jpg



ベトナムの旅の記録の前に、イベントのお知らせです。
前から、「トルコのドラマはおもしろいよ~」と、
ここでも、そして、やかもず(わたしのお店の名前ね)のお客様にも話していましたが、
「そんなにおもしろいなら、観てみたい。できれば解説フォロー付きで」
っていう要望があり、
トルコのコーヒー占いと抱き合わせで、イベントを企画しました。

イベントタイトルは、そのまま
『トルココーヒーを飲みなら、トルコドラマ鑑賞をしませんか?』
f0232763_13141053.jpg

日常:9月19日木曜日 13:30~16:00頃
場所:suetugu 松江市末次町5
参加費:1000円
    トルココーヒー、トルコのミニスィーツ、コーヒー占い代金込み
内容:ドラマ「kara para aşk(英語字幕)」を鑑賞しながら、コーヒーを飲み、ドラマ終了後に飲み終わったコーヒーで占いをします。

申し込みは、2日前までにやかもずキッチンへご連絡ください




さて。本題。ベトナムの旅の記録へ。

最初に、朝ごはんを食べようと思っていたお店は、
行ってみると、正直あんまり小ぎれいじゃなくて、
ちょっと躊躇する感じだったので、
その近くの『Lạng Sơn』っていうお店に行きました。










f0232763_13294314.jpg


メニューは、ベトナム語のみ。

ブンとミエンとフォーの3つの麺に、
カモ、鶏、牛のすね肉の組み合わせ。

NGANとBAPの意味は分からなかったけど、
牛(BO)と鶏肉(GA)は知っていたから、あとは想像。

適当に注文しました。







f0232763_13294897.jpg


牛肉のフォー。
Bap Boがすね肉だというのは、後日調べて知ったことだから、
その時は、牛のいろいろな部位が入っているのがBap Boだと思っていました。
レバーっぽいのも入っていたから、余計にそう思ったのかも?








f0232763_13295584.jpg


テーブルに置いてある薬味セット。
ライムとか、にんにくとか、唐辛子とか・・・。












f0232763_13300362.jpg

かごで出てきた野菜と薬味を乗せて、食べます。












f0232763_13301012.jpg

鶏肉のミエン。
ミエンは、春雨。
春雨にしっかりとスープがしみ込んでいて、
おいしかったです。








f0232763_13301353.jpg

カモ肉のブン。

わたしは、フォーよりもブンの方が好きなのですが、
日本での知名度は、フォーの方が高いですよね。








f0232763_13301688.jpg

ブンチャーカー。

ダナンで食べるつもりだったのに、
看板に書いてあったので、何も考えず頼んでしまいました。

コリアンダーじゃなくて、ディルの効いたスープ。
おいしかったです。








f0232763_13301946.jpg


鶏のおこわ。

無難においしかったです。





日本に帰ってきて、レシートを見てから知ったのだけど、
このお店の売りって(レシートの上の方に書いてあったのが)、
bánh cuốnとbún ngan。

適当な組み合わせが当たって、
bún ngan(カモ肉のブン)は食べたけれど、

bánh cuốnは、作っているのを見ただけ、




f0232763_13302921.jpg

追加で、頼めばよかったよ~。












f0232763_13303526.jpg



とってもおいしくて、満足ができる
この度初めてのベトナムごはんでした。



# by akdeniz_tk | 2019-08-14 13:28 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(6)

タンソンニャット市場。

f0232763_13163246.jpg


タンソンニャットの市場。
空港近くのホテルから歩いて行ける距離にありました。






f0232763_13163602.jpg

6時過ぎからオープンしているので、
朝のお散歩の目的地にはうってつけ。

朝だと、日差しも、暑さも強烈じゃないから、
歩きやすいですしね。







f0232763_13163956.jpg


特に、買うようなものはないけれど、
ベトナム人の生活が垣間見れるから、楽しいです。











f0232763_13164241.jpg


これって、サトウキビ?









f0232763_13164837.jpg


ガックで染めたおこわ(たぶん)。
ガックは、ナンバンカラスウリという植物の実だそう。











f0232763_13165502.jpg

お米には、いろいろ種類がありましたよ。













f0232763_13165351.jpg


昔から思っていたけど、
暑いベトナムで、生肉を冷蔵庫に入れずに売って、
なんで腐らないんだろ??










f0232763_13165981.jpg


かごいっぱいのドリアン。




市場からの帰り道、
朝ごはんを食べに行きました。






# by akdeniz_tk | 2019-07-22 23:09 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(6)

朝の市場までお散歩(道中)。

f0232763_12590498.jpg


前日、深夜1時過ぎにホテルにチェックインしたのだけど、
早朝6時よりも前に起きて、空港の近くにある、
ベトナム人の普通の市場までお散歩しました。


滞在時間を考えると、あんまり余裕がないからね。










f0232763_12591216.jpg

まだ6時台だというのにこのバイクの量!!

ベトナムの人の朝は、ほんと早いわぁ~。









f0232763_12591674.jpg


で。道端には、いろいろなお料理のスタンドが並んでいて、
バイクを止めて(降りずに!!)、朝ごはんを買っていくバイカー達。












f0232763_12592122.jpg

いろんなお料理っていったけど、
バインミーが多かったかも?











f0232763_12592998.jpg

すぐに手渡せるように、
作り置きしているトコもあったり。











f0232763_13011988.jpg

サンドイッチ 12K=12,000ドン。  
60円ぐらい?








f0232763_12593276.jpg

お弁当屋さんもありました。









f0232763_13012182.jpg

おこわ屋さん。









f0232763_12595707.jpg

ココナッツもごろごろと山になっていました。










f0232763_13000350.jpg

これって、なんですっけ?
フルーツ??





市場まで、1km弱、
周りを見ていたら、結構すぐに到着しました。





# by akdeniz_tk | 2019-07-14 11:49 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(4)

翡翠拉麵小籠包@香港国際空港

f0232763_11332658.jpg



最近は、地方都市に住んでいても、
東京や大阪などを経由せずに、
直接、海外に出ることができるようになって、
本当に便利で、経済的になりました。

今までは、松江→東京(または大阪)の移動
+接続が悪いと(ってそういう場合が多々あった)ホテルで1泊しなきゃいけないので、
海外にでるまでに、時間も、お金も結構かかったのだけど、
米子鬼太郎空港から、海外に向けてひとっ飛び。
・・・ほんと、楽でした。


今回の目的地は、ベトナム。



というのも、お客様から、今年オープンした某所の企画を教えていただき、
月に1日の出張カフェ&レストランへの参加を考えています。

で。お店と同じトルコ料理は出したくないし、
実は、某所(上とは違うトコ)から、
カンボジアのロックラックを出してくれないか?
って話があったもので、
それならば、ベトナム料理+ロックラックがいいかなぁ~?と。

ベトナム料理は、大昔に数週間のプログラムで、
ホーチミンの料理クラスに通ったから、なじみもあるしね。
(数週間といえど、終了証ももらったよ)




そんなわけで、ベトナム行きを決めて、
周りに参加を募ったら、
バルカンの旅のようなグループになりました。




f0232763_11333089.jpg


まずは、香港航空で、米子から香港国際空港まで。

約2時間のトランジット時間を利用して、
空港内の『crystal jade(翡翠)』に行きました。


空港の中にあるといっても、
制限エリアじゃなくって、到着フロアにあるから、
一度出国手続きをしなきゃいけなかったけど、
・・・せっかく香港でトランジットなのだから、中華が食べたかったし。












f0232763_11334374.jpg

上海小籠包。4つ入り入り。


台湾で小籠包を頼んだら、どこでも大きな蒸籠で出てきたけど、
香港は、小さいのがスタンダードなんですね。


台湾の『鼎泰豊』の方がわたしの好みですが、
空港内で食べられるのは、良いですよね~。














f0232763_11333398.jpg


紅油抄手。
ワンタンのラー油ソース。


台湾でワンタンを食べて以来、水餃子よりもワンタン派のわたし。
ちょっと辛いソースもおいしいです。







f0232763_12165972.jpg

四川擔擔拉麵。

わたしが、ちょっと席を立っていた間に来て、
戻ってきたときには、ほかの人が取り分けた後だったので、
こんな写真しかないですが・・・。

辛いけど、おいしかったです。

さすが、お店の代表料理。






f0232763_11333514.jpg

雪菜蝦仁炒飯。
エビと野沢菜のチャーハン。










f0232763_11334546.jpg


脆皮春巻。

他のお料理がほとんど食べ終わりそうになっても
来なくって、キャンセルしようとしたのだけど、
『今すぐ来るから・・・』って言われて・・・。
春巻きって、食事の最後の方に食べるお料理じゃないよね
って思いつつも。

たしかに、皮がパリパリ。
具が、あんまり入っていない春巻きでした。

お家で作る時も、具を少なめてみようかなぁ~。
そしたら、時間が経っても、でろっとならないかも?



お隣に座っていた中国人のテーブルをちらっと見ると、
香煎素鹅(湯葉で巻いて揚げたもの)とかいろいろあって、
他のものも食べてみたいなぁ~と思ったけど、
今回は、時間がなかったので、これだけ。



でも。今後、海外に行くなら香港航空でって考えているので、
これからも、トランジットで訪れるハズ。次回に期待です。



香港航空。
LCCと同じぐらい割安感がある香港航空ですが、
ちゃんと荷物は20kg預けられるし、
おいしいかは別として機内食やアルコールも提供されるし、

現在、週に3回ある米子便が減便されないように願っています。


# by akdeniz_tk | 2019-07-12 13:04 | アジアでの非日常。 | Trackback | Comments(4)

お久しぶりです。



f0232763_11074677.jpg



お久しぶりです。
気が付けば、2019年も半分終わってしまいました。
6か月間、ブログを放置していましたが、
たいして変化もない毎日を過ごしています。


この半年を振り返ってみると・・・。

やかもずキッチンは、相変わらず細々と予約のみで営業中。

文化センターの教室は、トルコの手芸とトルコ料理(粉もの)を月1回のペースで続けています。
今後、9月からの3か月間は、粉ものをお休みにして、豆料理をしようか?などと打ち合わせしているところです。

ゴールデンウィークには、松江で毎年開催されている
てわるさウィークに出店しました。

先日オープンした古民家再生プロジェクトの日替わりカフェ&バーに出店しないか?
ってお話をうけて、
やかもずで出すトルコ料理とは違うものが出したくって、
おいしいベトナム料理を探して、ベトナムに行ってきました(って口実の普通の旅だったけど)。
日替わりカフェ&バーの出店は、秋以降を考えています。
やかもず・アジアンですね。

実は、ベトナムの旅の記録、帰国してすぐに、少しずつまとめていたのだけれど、
すべて下書きに保存していて、ひとつも公開していませんでした。。。
そのうち、UPしていこうと思います。






f0232763_10492424.jpg



文化センターでのお料理教室。
5月~7月は、トルコの発酵粉ものを作っていますが、
5月シミット(ゴマ付きうきわパン)
6月バズラマ(村の平べったいパン)
と来て、
最後はポアチャにしようか?アチマ(↑の写真のパン)にしようか?
なかなか決めれませんでしたが、
ポアチャは、生地を休ませる行程が何度もあるから、時間内で作るのがちょっと微妙かなぁ~?って
結局、アチマを作る予定です。

生地を休ませている間に、トルコ料理を一品紹介していますが、
(5月はクスル、6月はメネメン)
それは、シャクシュカ(揚げ野菜のトマトソース)にするつもり。
これから、夏野菜のシーズンだしね。

7月16日(火曜日) 午後の講座  14:00~16:30
           夜の講座   18:30~21:00

今回のみの参加も可能ですので、興味のある方は、是非。

問い合わせ先  山陰中央新報文化センター フリーダイヤル 0120-079-123
                        TEL    0852-32-3456
                  ※日曜日・祝日はお休みです。










# by akdeniz_tk | 2019-07-01 11:10 | やかもず | Trackback | Comments(4)