人気ブログランキング |

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます_f0232763_14301043.jpg

2020年2月後半~3月の前半にかけて行った
トルコの旅の記録10日目の続きです。


お昼ご飯の後は、
商店街をショッピングしながら、散策しました。








あけましておめでとうございます_f0232763_14301737.jpg


雨が降りそうな微妙なお天気だったけど、
散策中は、ほとんど降らなかったです。
・・・良かった。







あけましておめでとうございます_f0232763_14301463.jpg


買う予定がなくても、
見ているだけで、楽しいですよね。







あけましておめでとうございます_f0232763_14302237.jpg


ハン(古い宿泊施設)を改装したショッピング街。









あけましておめでとうございます_f0232763_14302908.jpg

二階はアンティークショップが並んでいました。










あけましておめでとうございます_f0232763_14303388.jpg

繊細なカップ。
値段を見なかったけど、いくらぐらいしたのだろ?






あけましておめでとうございます_f0232763_14303931.jpg

ドレスも素敵。









あけましておめでとうございます_f0232763_14303635.jpg

シャフメランの額。

シャフメランは、もともと蛇の女王様で、
女性を守ると女神様だそう。





なかなか更新頻度が上がりませんが、
今年もよろしくお願いします。





# by akdeniz_tk | 2021-01-01 14:28 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(0)

ピラフのレバー包み。

ピラフのレバー包み。_f0232763_14103424.jpg


2020年2月後半~3月の前半にかけて行った
トルコの旅の記録10日目の続きです。


お昼ごはんは、ちょっと気になっていたお店
『Tarihi Adil Müftüoğlu Uğur Lokantası』へ行きました。


12時少し前に入ったので問題なくテーブルはあったけれど、
12時を過ぎると、どんどんお客さんが入って、満席。
地元の人に人気のお店って感じでした。




ピラフのレバー包み。_f0232763_14103942.jpg

ショーケースにたくさんのお料理が並んでいて、
そこから選びます。

いろいろ気になるから、お友達とシェアして食べるコトにしました。





ピラフのレバー包み。_f0232763_14105460.jpg

どれもおいしそうだったけど、
わたしが食べたかったのは、Ciğer sarma。

ショーケースにはなかったけど、
聞いたらあると言われたので、注文しました。







ピラフのレバー包み。_f0232763_14105162.jpg

以前から、気になっていたお料理だけど、
実際に食べるのは初めてでした。


レバーが網脂に包まれていて、
さらにその中には、ピラフが入っています。








ピラフのレバー包み。_f0232763_14104836.jpg


切ったらこんな感じ。

念願のお料理、おいしかったです。








ピラフのレバー包み。_f0232763_14104553.jpg



お友達が選んだのは、アーティチョークの煮込み。

ちょっと酸味が効いていて、これもおいしかったです。







ピラフのレバー包み。_f0232763_14220858.jpg


kadın budu köfte(カドゥンブドゥキョフテ)。
日本語に訳すと、夫人の太ももキョフテ。

追加で注文したのだけど、これは普通。
頼まなくても良かったかな?って感じ。
・・・隣の人が食べているのを見ておいしそうって思ったんだけどね。



ちなみに。
お値段は、ロカンタにしては少し高めでした。





今年は、世界中がコロナの猛威に侵されて、
不安、不自由な生活を送ることになりましたが、
来年は、明るい1年となりますように。

良いお年を。
iyi seneler!!









# by akdeniz_tk | 2020-12-31 14:09 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(1)

アンタルヤからイズミルへ。

アンタルヤからイズミルへ。_f0232763_13574591.jpg




2020年2月後半~3月の前半にかけて行った
トルコの旅の記録10日目です。

前日は、在アンタルヤの日本人のお友達のところに泊めてもらって、
早朝に空港バスでアンタルヤ空港へ。そして、イズミルへ。

アンタルヤ→イズミルの飛行機のチケット、
距離にすれば、460kmぐらい、
フライト時間でいえば、1時間ぐらいな距離だけど、
税など込々で1600円ちょっとでした。
リラが落ちているから、日本円換算すると激安だね。








アンタルヤからイズミルへ。_f0232763_13574812.jpg

イズミル空港からは、電車とメトロで市内へ。
途中、乗り換えの駅で、向うの山を見て、
『あの山頂に住んでいたら、家から出たくなくなるよね』とか、
『あの建て方大丈夫なんだろうか?』などとお友達と話していました。










アンタルヤからイズミルへ。_f0232763_13575221.jpg


宿泊したのは、駅前のホテル。
以前(数年前)に泊まったことのある安宿です。
エアコンも、バストイレもついてるし、朝食もあるし、
泊まるだけなら、十分。




荷物を置いて、散歩がてらに、
お昼ごはんを食べに出かけました。







# by akdeniz_tk | 2020-12-30 14:09 | トルコの事情(観光編)。

トルココーヒーを飲みながら(アンタルヤで)。

トルココーヒーを飲みながら(アンタルヤで)。_f0232763_10021416.jpg



2020年2月後半~3月の前半にかけて行った
トルコの旅の記録5~8日目アンタルヤでの出来事です。



1年半ぶりに会うお友達との待ち合わせは、
bayramefendi osmanli kahvecisi。





トルココーヒーを飲みながら(アンタルヤで)。_f0232763_11170209.jpg


髭のマークのコーヒー屋さん。

アンタルヤからトルコ各地に広がって、
今では、いろんなところでフランチャイズ店があるようです。





コーヒー屋さんのコーヒーは挽きたてで、とってもおいしいです。

作り方は以前にUPしているのでそちらで↓











トルココーヒーを飲みながら(アンタルヤで)。_f0232763_11170688.jpg



コーヒーだけじゃなくて、簡単なスィーツもあります。
食べたことないけど。












# by akdeniz_tk | 2020-12-24 11:17 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(0)

ピラフウストゥ~トルコ風牛丼?


ピラフウストゥ~トルコ風牛丼?_f0232763_10021375.jpg


2020年2月後半~3月の前半にかけて行った
トルコの旅の記録5~8日目アンタルヤでの出来事です。



アンタルヤでの3泊は、ホームスティだったので、
お昼ごはんだけ、外食でした。

1日目は、ボレキ屋さんで。
そして2日目に行ったのは、
『Dönerci Hamdi Usta』。
久しぶりのドネル屋さんです。







ピラフウストゥ~トルコ風牛丼?_f0232763_10021442.jpg

ドネルケバブ。
日本でいうところの、ケバブ。

ファストフード風の激安なドネルもありますが、
ここは、ドネル専門のレストラン。
それなりのお値段で、いろんなドネルが楽しめます。





ピラフウストゥ~トルコ風牛丼?_f0232763_11154632.jpg

フレンチフライ、ガーリックヨーグルト、トマトソースなどと
一緒に盛り付けられるドネル、Çökertme kebabıが気になったけれど、







ピラフウストゥ~トルコ風牛丼?_f0232763_13185670.jpg


結局注文したのは、これ。
ラヴァッシュ(薄いパン)の下には、










ピラフウストゥ~トルコ風牛丼?_f0232763_10021581.jpg

ピラフウストゥ。
言ってみれば、トルコ風な牛丼?

お米が恋しくなっていたところなので・・・。



ドネル専門店のドネル。おいしかったです。



# by akdeniz_tk | 2020-12-23 11:16 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(0)

サンセバスティアン・チーズケーキ。

サンセバスティアン・チーズケーキ。_f0232763_10021409.jpg



2020年2月後半~3月の前半にかけて行った
トルコの旅の記録5~8日目アンタルヤでの出来事です。


もちろん、昔(わたしがトルコに住み始めた頃15年以上前)から、
トルコでも、チーズケーキはあったけれど、
最近の流行り(かな?お洒落なドラマで出てくるの)は、『San Sebastian』。
いわゆる、バスク風チーズケーキ。




『Akdeniz Dondurma』で、サンセバスティアン・チーズケーキを食べました。




アクデニズドンドルマは、
アンタルヤにいくつも支店を持つケーキ屋さん。






サンセバスティアン・チーズケーキ。_f0232763_10021400.jpg


バクラヴァなどのトルコのお菓子はもちろん、










サンセバスティアン・チーズケーキ。_f0232763_10021428.jpg



洋風なケーキもいろいろあります。







サンセバスティアン・チーズケーキ。_f0232763_10021471.jpg


チーズケーキ1人前。
結構良いお値段だったけど、カットも大きい。

ケーキ自体がとっても甘いから(トルコのケーキは激しく甘いのが多い)、
日本人としては、チョコレートソースは要らないね。










# by akdeniz_tk | 2020-12-22 10:57 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(0)

チーズのボレキとひき肉のボレキ。

チーズのボレキとひき肉のボレキ。_f0232763_10021492.jpg

2020年2月後半~3月の前半にかけて行った
トルコの旅の記録5~8日目アンタルヤでの出来事です。



アンタルヤに住んでいたころから気になっていた
アダナ(都市の名前)のlevent borekcilik。





イスタンブルにも支店がいくつもできているので、
次回トルコにいったときには絶対に!!って思っていたら、

ドラマの中で似たようなボレキを食べているシーンがあって、








調べてみたら、『Bülent Börek』っていうお店。

しかも、アンタルヤに支店があるみたい。
アンタルヤの方が行きやすい(イスタンブルは広いからね)ので、
滞在中に行きました。






チーズのボレキとひき肉のボレキ。_f0232763_10022493.jpg

チーズのボレキ。









チーズのボレキとひき肉のボレキ。_f0232763_10154172.jpg

ひき肉のボレキ。



どっちもおいしかったです。









チーズのボレキとひき肉のボレキ。_f0232763_10154809.jpg

カウンターの後ろ(壁側)では、ボレキを焼いていて、










チーズのボレキとひき肉のボレキ。_f0232763_10022477.jpg

焼き立てのボレキを切ってくれます。




トルコ人のお友達と行ったのだけど、
『こんなお店があるなんて、知らなかった』って。
後で、在住の日本人のお友達にも聞いてみたら、
『知らない。今度行ってみるわ』だって。

levent borekcilikも、Bülent Börekも
支店がどんどん増えているみたいだから、
今後さらにブームになるのでは?なぁ~んて想像しています。





# by akdeniz_tk | 2020-12-21 10:11 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(2)