タグ:ヨーロッパ2011 ( 43 ) タグの人気記事

バルセロナの朝ごはん。

f0232763_15224838.jpg



ヨーロッパ番外編:

バルセロナの続きです。

市場で、生ハム(の切れはし)とソーセージを買った後、
場内のカフェ(?)で朝ごはんを食べました。



f0232763_1513509.jpg


最初は、お茶だけって思っていたのですが、






f0232763_1522575.jpg


目の前に並んでいる、おいしそうなパンの誘惑に勝てず、










f0232763_15181945.jpg


つい注文。
生ハム入りのサンドイッチです。

見た目は、硬そうなのですが、おもったよりも柔らかかったです。

それに。トルコでは食べられない貴重な、豚のハム。
そりゃ、とっても、おいしかった。。。






ここ。カフェだけじゃなくて、バルにもなりそうで、

f0232763_15223895.jpg


いろいろなタパスが並んでいました。
昨日が日曜日じゃなかったら、絶対にここで食べていたと思います。







f0232763_1522722.jpg


シーフードもおいしそう。。。





で。その後、ホテルに戻り、
荷物(ってほとんど蒸籠?)を持って、バスで空港へ。
トルコ航空だったので、イスタンブル経由でアンタルヤに帰りました。

私は、かなりの「ディレイ女」で、
乗る飛行機の50%は遅延するのですが、イスタンブルまではなんと定刻到着!!

保険をかけて、国内線(違う航空会社)はずいぶん遅い便を予約していたけど、
駄目もとで聞いてみたら、1本早い飛行機に乗せてもらいました。
聞いてみるものですねぇ~。


と言うコトで、2011年のヨーロッパの記録は、これで終わり。
もうちょっと書きたいコトが残っていますが、それはいつか機会があったら・・・かな?

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

明日からは、また食ブログらしく、食べ物のお話でも!!
引き続き、よろしくお願いします。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-01-26 21:35 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(3)

サンタントニ市場。

f0232763_15243470.jpg



ヨーロッパ番外編:

そろそろ終わりに近づいてきましたが(今日を合わせて、あと2回分)、
まだバルセロナが続きます。

さて。出発日の朝。
どうしても行きたいトコがあったので、少し早く(といっても8時ごろ)外出。
サンタントニ市場へ出かけてきました。


今回のホテル。
徒歩圏内に市場があるからってコトで決めたので、
本当に市場まで歩いてすぐ(迷わなければ・・・ですが)。

碁盤の目のような道が多くて分かりやすいはずなのに、
どういう訳だか、、駅からホテルまでの道を何度も迷いました。

最初にホテルへ行ったときなんて、最悪です。
5分もかからないハズなのに、15分以上歩くはめに。
私、あんまり道に迷うコトないんですけど・・・おかしいなぁ~??




f0232763_1524947.jpg


サンタントニ市場は、現在修復中。







f0232763_15241814.jpg


古くって素敵な建物ですよねぇ~。








f0232763_15235455.jpg


今年の5月までは、仮設市場で営業中です。

実は、前日の日曜日。
前を通った時に、「この建物なんだろ?」って疑問に思っていました。
(帰る前に解決できて、良かったっ。)






f0232763_15234462.jpg


市場で、いちばん多かったのがお肉屋さん。






f0232763_15231218.jpg


イベリコ豚のハムがずずず~っと並んでいました。






f0232763_15232160.jpg


こうやって、足が揃っているのも変な感じですねぇ~。





f0232763_15244312.jpg


お魚屋さんは、数軒だけ。
タラ系のお魚が多かったかな?






f0232763_15225637.jpg


他は、卵屋さんとか、







f0232763_15242618.jpg


八百屋さんとか。
他にもお総菜屋さんとかもありました。



市場の中は、仮設でも、そうじゃなくても、同じかもしれないけれど、
やっぱり、本当のサンタントニ市場を歩きたかったです。



※ 長々とひっぱってきたヨーロッパの記録は、次でたぶん最後。
   バルセロナの朝ごはんになります
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-01-25 22:16 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(8)

バルセロナの夜ごはん。

f0232763_19231.jpg



ヨーロッパ番外編:

引き続き、バルセロナです。

サグラダファミリアを見終わった後、さっさとホテルへ戻りました。

泊ったホテルは、大学の近く。
地下鉄やバスに乗って、どこかへごはんを食べに行くのが面倒だったので、
近場のバルへ行きました。

でも。日曜日だったからなのか、ふらふらと歩いていても、
『ここ!』っていうトキメキを感じるお店もなくって、
結局、行きあたったトコで。





f0232763_191555.jpg


ずらっと並んだタパスにも、
あんまり惹かれるものがなかったのですが・・・。

とりあえず、ビール!!

1.4€でした。
ビールの値段でも、お昼のバルとの違いが分かります。
(ちなみに、お昼のお店では、2.7€でした)






f0232763_1921360.jpg


bomba 2.2€。
スペイン版ジャンボコロッケとでも言うのでしょうか?








f0232763_1922834.jpg


割ると、中からジャガイモとお肉。
ソースの酸味が強すぎて、
なんだか『コロッケのドレッシングがけ』みたいでした。








f0232763_1924079.jpg


Calamares a la romana 4.9€。

これも、お昼のタコの天ぷらを考えると、
安いんだけど(って、ほぼ半額)、味もそれなり。








f0232763_1925166.jpg



せっかくの数少ない食事だったのだから、
もうちょっとおいしいトコで食べたかったかも??

これまた、ちょっと不完全燃焼気味でした。。。





お店情報:

Bar Esterri
Carrer de Villarroel 19
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-01-24 19:08 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(10)

サグラダファミリア。

f0232763_18405385.jpg



ヨーロッパ番外編:

バルセロナの続きです。


ガウディの作った邸宅のほとんどを、外から見ただけで我慢したのは、
『やっぱり、サグラダファミリアは外せない!!』
って、思っていたから。


カサバトリョから、地下鉄でサグラダファミリアまで。


当然ながら、ここも入場待ちのヒトでいっぱい。
入口から続く行列は、ずずずっと次の一辺の端まで。
結局、30分以上待ちました。



f0232763_18384689.jpg


最初は、まだ日が高かったのに、





f0232763_1836478.jpg


待ち時間も長かったから、出たときには夕暮れ間近でした。




f0232763_18383698.jpg


本当に大きいから、
見る場所によって全然違って、同じ教会には思えません。。。






受難のファザード。

f0232763_2046358.jpg









f0232763_18412022.jpg









f0232763_183977.jpg









誕生のファザード側では・・・。

f0232763_18393982.jpg


きっと、ひとつずつ意味があるのでしょうが、







f0232763_184041100.jpg


私には、『凄いなぁ~』ってコトぐらいしか分かりません。







f0232763_18395812.jpg


この数字の盤は、なんでしょう??





f0232763_18402386.jpg


そして、内部。

しかもね。
チケットを買う段階になって、
『夕方だから上には行けない(売り切れだ)』って言われました。
・・・残念。



f0232763_18401242.jpg


ステンドグラスは、私の好みのタイプ。
写実的なモノよりも、幾何学的な方に惹かれます。





f0232763_1841935.jpg


着工は、1882年。
完成するのは、いつ頃になるのかなぁ~。









f0232763_18392137.jpg


教会の敷地内にあった学校。









f0232763_18385839.jpg


実は、つい最近まで、
『サクラダファミリア』だと思っていました。。。


これで、バルセロナの名所歩きは、おしまい。

日曜日だったからってコトもあるかもしれないけれど、
どこへ行っても入場待ちの行列で、
入りたかったトコにも入れなかったし、
下調べ不足で、今さら知ったコトも多かったです。

思った以上に、見どころ満載の町だったので、
できれば、もう一度行けたらいいなぁ~。

次は、最低2泊はしたいです!!
って、2泊でも足りないんでしょうけど・・・。


※ 次は、バルセロナの夜ごはんです
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-01-23 20:53 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(12)

カサバトリョ。

f0232763_8353490.jpg




ヨーロッパ番外編:

引き続き、バルセロナです。


グエル邸から、またバスと地下鉄に乗り継いで、
カサバトリョへ行きました。



f0232763_835153.jpg


予想に違わず、ここでも入場待ちの大行列。
入場料18.15€もするのに・・・。
でも、やっぱり、『ここまで来たら少々高くても見たい』って思いますよねぇ~。


とはいえ。
時間がない私は、外観を見るだけで、中に入れませんでした。。。




f0232763_834591.jpg


カサバトリョのデザインには、いくつかの説があるそうで、

『屋根の一部が丸く盛り上がり、まるでドラゴンの背中のように見えるから、
 カタルーニャの守護聖人であるサン・ジョルディの竜退治の伝説』をなぞっていて、
『外観の石柱が骨を想起させ、この骨もドラゴンの犠牲になったモノたちの骨』
だとかいう、ドラゴン退治説。




f0232763_8344653.jpg


また、
『屋根を帽子、バルコニーは仮面、破砕タイルのモザイクが祭りの紙吹雪を表現した』
謝肉祭節もあるそうです。

帽子と紙吹雪は、『そうかなぁ~?』レベルで納得ですが、
バルコニーは、たしかに仮面。







f0232763_8352491.jpg


『海底洞窟をイメージした邸内。
 各部屋に曲線的なデザインを持ち込んで、タイルやステンドグラスの装飾を施した』
そうで、

・・・カサミラよりも中に入りたかったです。





(『』は、主にwikipediaを参照しています)




f0232763_836852.jpg


気になったのは、この棒のようなモノ。
昆虫の触角に似ていて・・・へんな感じ。







f0232763_8362880.jpg


実は・・・・。
お隣の建物が、何気に素敵!!


と思っていたら、「カサ・アマトリェ」でした。
(今、知りました。。。)
プッチ・イ・カダファルクが建てたこの邸宅、
奥にはショップがあるし、見学も可能だとのコト。

しかも、中はとってもラブリーな感じだそうで・・・知っていたら絶対に行ったのに!!
って、いまさらですが本当に悔しい。
やっぱり出かける前には、ちゃんと『下調べ』しておかなきゃダメですねぇ~。



※ そして、次は、バルセロナでいちばん期待していたサグラダファミリアです
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-01-22 19:40 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(2)

ガス灯とグエル邸。

f0232763_15234222.jpg



ブログの模様替えをしてみたけれど、なんか、しっくりきません。
元に戻した方が良いかなぁ~?と思案中。。。




さて、ヨーロッパ番外編:

バルセロナの続きです。


バルセロナには、本当にたくさんのガウディー建築があります。
ざっとあげてみると(カサミラの他にも)、
サグラダ・ファミリア、カサバトリョ、グエル邸、グエル公園、
カサ・ビセンス、カサ・カルベット、フィゲラス邸・・・。

すべてを見ようと思っても、当然ながら1日じゃ無理だし、
だいたいバルセロナの見どころって、ガウディだけじゃないですしねぇ~。
・・・やっぱり、1日だけのスペイン旅行って無謀だったかも??


とにかく。
バルセロネタ地区からバスに乗って、ランブラス通りのレイアール広場付近で下車。

f0232763_15241637.jpg


レイアール広場で見たかったものは・・・。







f0232763_1524435.jpg


ガス灯。
ガウディが若いころに手掛けたそうです。

上に兜が付いています・・・本当に斬新(でもって、奇妙)。








f0232763_15242990.jpg


近くのお店で、ジェラードを購入。

半袖を着て歩いているヒトも多い中、
わたしの格好は「パリの秋」用。
(だって、この日の朝はパリだったから、しょうがない)
ジェラードの冷たさが身体に沁みて、本当においしかったです。







f0232763_15243946.jpg


お店の雰囲気も良い感じ。








f0232763_15254484.jpg


そのまま歩いて、グエル邸へ。
すいていたら入ろうかなぁ~などと思っていましたが、甘かった。。。
ここも、長蛇の列。







f0232763_15262261.jpg


外だけ、ちらっと見て終了。。。

かなり見どころ満載の内部みたいだったので、
ぜひ入りたかったのですが・・・残念でした。







※次は、カサバトリョです
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-01-21 19:09 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(6)

バルセロナのお昼ごはん。

f0232763_1593677.jpg


ヨーロッパ番外編:

バルセロナのお昼ごはんです。

カサミラを出てから、地下鉄に乗って、
海岸沿い、バルセロネタ地区に行きました。


本当は、この地区のとあるバルでごはんが食べたかったのですが、
行ってみるとすごいヒト。
覗いたけど、ちょっと食べられる状況にはなりそうじゃなくって、
結局、近くのEL-Nou ramonetってバル兼レストランでごはんを食べました。



f0232763_2354527.jpg


とっても雰囲気が良くって、当然、お料理の値段もそれなり。
(ビールは、2.7€でした。)








f0232763_221582.jpg


入った時には、かなり空いていましたが、そのうち、大混雑。
ちょうど良い時間に行ったみたいです。







f0232763_2223536.jpg


Patates braves(ポテト ブラバス) 4.20€。
タパスの定番中の定番?

ソースは良かったけど、じゃがいもがイマイチ。
微妙に泥臭さが残っていました。




f0232763_223061.jpg


octopus in tempura(タコの天ぷら) 9.95€。
めちゃくちゃおいしかったです。
タコなの??ってぐらい柔らかかったし、
ソースも、絶品。真似したい!!・・・って強く思いました。



お腹が満たされたあとは、少しだけハーバーをお散歩。



f0232763_22264.jpg


ハーバーはどこも同じような雰囲気ですね。







お店情報:

El-Nou Ramonet
C/CARBONELL, 4, 08003 Barcelona


※ 次は、バスにのって、カサミラ以外のガウディ―建築を見に行きます
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-01-20 22:02 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(4)

寄り道バルセロナ・カーサミラ編その2。

f0232763_0584197.jpg


ヨーロッパ番外編:
引き続き、カサミラです。


屋上の見学の後、下に降りると、ガウディの資料館があり、
さらにもう1階降りると、部屋の展示がありました。

19世紀後半~20世紀初めのお金持ちの家。


f0232763_0562376.jpg


ダイニング。


f0232763_056984.jpg


浴室。

f0232763_0563588.jpg


ベッドルーム。

f0232763_057443.jpg


書斎。




f0232763_0575383.jpg


物置?
レトロな自転車がかわいいっ。



f0232763_102894.jpg


ハウスキーピングルーム?





f0232763_058749.jpg


アンティークなモノって、良いですよねぇ~。
実際には使いづらいだろうけど、アイロン欲しい。。。



f0232763_0582754.jpg


長持。


もちろん、キッチンもありましたよ(写真はないけど・・・)。


今でも、実際に住んでいる方も居らっしゃるとか。
世界遺産で暮らすって、どんな感じなんだろう??



※ 次は、バルセロナのお昼ごはんです
  
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-01-19 23:55 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(6)

寄り道バルセロナ・カサミラ編その1。

f0232763_2022098.jpg


ヨーロッパ番外編:
実は、まっすぐトルコへ戻らずに、バルセロナに寄り道して帰りました。

寄り道っていうか、周り道です。


というのも、トルコ・フランスの単純往復料金も、
トルコ・フランス、スペイン・トルコのオープンジョーの料金も同じだったから。

出不精な私。これを逃すと、いつ行けるか分からないし、
ついでに行ってしまおうかなぁ~と。



1泊2日のバルセロナっていうのは、想像はしていたけれど、かなりの弾丸旅行。
本当に時間が足りなかったです。

パリからバルセロナへは、格安航空会社のeasy jetを使いました。
朝7時40分発だったので、チェックインが5時40分から。
しかも、ちょうど夏時間と冬時間の切り替えの日で、時間がちょっと不安でした。


さすが(?)格安航空会社なので、預け入れの荷物も無料じゃないし、
機内持ち込みの荷物だって、重量や嵩に対して、めちゃくちゃうるさかったです。

中華街での買い物のせいで、本当に大変でした。
重さ的には問題なかったけど、嵩が・・・原因は、当然5段の大きな蒸籠です。
パソコン出したり、カメラだしたりして、ギリギリOKの状態になりました。


しかも、初めてのフリーシート!!


飛行機に自由席ってあるんですねぇ~。
自由席にするメリットって、なんでしょう・・・搭乗にかかる時間が減るのかな?




と。長くなりましたが、ここからが本題。
バルセロナに到着後、ホテルで荷物を預けてから、カサミラに向かいました。




f0232763_2055821.jpg


カサミラの前には、長蛇の列。


フランスは寒いぐらいだったのに、バルセロナはかなり暑かったです。
半袖を着ているヒトもけっこういました。





f0232763_2062175.jpg


並ぶコト、約40分。やっとチケットを買うコトができました。
入場料15€・・・予想以上に、高い!!






f0232763_20103651.jpg


カサミラに入ったら、一気に屋上に。








f0232763_2074697.jpg


斬新と醜悪。
時代によって、評価が分かれるのでしょうが・・・。






f0232763_2082234.jpg


外観の波打つ曲線は地中海をイメージして作られた。
一つ一つ異なるバルコニーは、鉄という素材を使いながら、
まるで波に漂う海藻のような、柔らかな造形を生み出している。
(wikipediaより)

・・・地中海って、こんなイメージなるんですねぇ~。








f0232763_2085364.jpg


下を見ると、どんだけ上がったかが分かりますね。
こんだけ入場料が高いのに、階段とは!!・・・普段の運動不足を一気に解消したかも?
(みんな階段を上っていたので、エレベーターは使えないと思っていたのですが、
 どうやら、使っても良いみたいですねぇ~。今更ながら、知りました。。。)








f0232763_2071642.jpg


これで、15€(値段に拘ってしまって、何度も書いちゃいましたが)・・・ぼったくりのよう?
って思っていたら、どうやら続きがありました。

長くなったので、続きは、次回。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-01-18 20:13 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(8)

再び、パリへ。

f0232763_2343589.jpg
7日目と8日目:

出発地点であるパリへと戻りました。

プラハからパリまでは、SMART WINGSのフライトを利用。
シャルルドゴール(CDG)空港まで、格安で飛ぶ航空会社ってあんまりないみたい。
(オルリーを使うっていう手もあったけど、日本までのフライトがCDGだったので却下)

税とサーチャージ混みで1人90€弱でした。






パリのホテルは、翌日のコトを考えて、空港近くに取りました。
近くには公園もあって、お散歩していたら、野うさぎ発見!!

f0232763_2362937.jpg


めちゃくちゃかわいいです。
(遠くから見ているだけなら・・・ですが)


夕方、ロワッシーバスで市内へ。
空港からオペラ座、直行バスなので、料金は高め(10€)。
(路線バスなら、チケット3枚なので、倍以上です)

ルーブル美術館と、エッフェル塔のライトアップなどをさらっと見学して、
パリは終了。(ホテルにカメラを忘れて、写真はなし)



f0232763_23112659.jpg


翌日は、出発までゆっくりとホテルで過ごし、空港へ向かいました。

が。あり得ないぐらい混雑していて・・・なんとエールフランスのストライキ中。
日本まではJALで取ってあったので、問題はなかったのですが、
エールフランスとの共同便だったため、カウンターが重なっていたから、
荷物を預けるだけでも大変でした。。。




で。お見送りをしてから、時間があったので、再びパリへ。
今回は、ひとりなので路線バスです。

目的地は、中華街。
13区に行こうか?ベルヴィルに行こうか?って悩んだけど、
結局、ベルヴィルへ向かいました。
(以前、13区に行って迷ったコトあるし・・・)

パリの中華スーパーは安いですよねぇ~。
トルコじゃ買えない(そもそも売っていない、もしくは、割高過ぎてバカバカしい)モノもいっぱい。
『このまま、すぐにトルコに戻らないから荷物を考えなくっちゃ』
などと思いつつも、結構、買ってしまいました。。。

結局、ホテルで荷物を詰めるとき、入らなくって大変だったです。
(蒸籠を5段も買ったら当然??)


以上、アテンドは無事終了。
次回からは、番外編が続きます。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-01-17 23:32 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(8)