タグ:トルコの旅 ( 87 ) タグの人気記事

オルドーのトースト・エキメッキ。

f0232763_08171746.jpg



たぶん、黒海の旅の記録はこれが最後。

トラブゾンのご当地グルメ三昧、
スルメネとブランジャックのパザル(市場)、
ホームステイをして、お母さんたちから習った黒海の家庭料理の数々、
とにかく、ギュッと詰め込んだ3泊4日の旅でした。



で。
ギレスンのお友達の実家に泊まった後、そのままギレスンの空港から、
アンタルヤまでのフライトを予約した気になっていたのですが、

旅に出る前にお友達と話をしていたら、
『ギレスンからアンタルヤへは直行便出てないよ?
 サムスンの間違えじゃないの??』と言われ、

・・・あれれ???


ギレスンからオルドーを経由して、サムスンへ。
サムスンからアンタルヤへ帰るコトになりました。

ギレスンとサムスン。
・・・スンしか似てないのにね。
地理感が全くないから、よくわかっていなかったわ。

でも。ギレスンからは直行便がないし、
トラブゾンからは当日の便がなかったので(週に3便しかない)、
結局は、サムスン一択だったのだから、しょうがないね。



まぁ、黒海地方を2県多く回ってラッキー♪♪
ってことで。





ギレスンからオルドーまではミニバスに乗って、
オルドーのバスセンター(オトガル)から、空港バスで、
サムスンにある空港へ向かいました。








f0232763_08175024.jpg



オルドーで見つけたトースト用のパン。
トルコのトーストは、ホットサンドとかパニーニみたいな感じ。
(詳しくは、以前UPしているからそちらでね





比較対象もなく、ずらっと並んでいると、
普通の食パン3斤と同じぐらいに見えますが・・・。










f0232763_08184661.jpg



かなりの大きさ!!
パン1枚が、パン屋のお姉さんの顔よりも大きいって・・・。


これでトーストを作ったら、ものすごく食べごたえがありそうですよね。
欲しかったけど、この袋まるごと(何斤分なんだろ?)しか売っていず、
ものすごく嵩張るから、諦めました。。。



長年、いつかは行きたいと思いつつ行けなかった黒海地方。
やっと念願が叶いました。

今回はハムシボレイ(イワシのピラフ)が習いたかったので、
秋の終わりに行ったけど(イワシは晩秋~冬がシーズンなので)、
現地でも、何人もの人に、『なんで、こんな時期に来たの?』って言われるぐらい、
ほとんど毎日雨でした。。。


次行くのなら、やっぱり夏前ですね。
夏は蒸し暑すぎるし、
秋は長雨だし、
冬は雪も降るし、寒いし(今年は特に雪がひどかったらしいですよ)、
・・・良い時期あんまりないんじゃない??

それでも、黒海地方が魅力的だって言われるのは、なぜなのでしょうね?







[PR]

by akdeniz_tk | 2017-02-08 03:22 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(8)

ギレスンのシミット(旅行・お出かけ部門)。

f0232763_07394092.jpg


シミットといえば、浮き輪状(ドーナツ型)のゴマ付きパンですが、


地方が違うと、シミットも違ってきます。



ゴマのついていないシミットは、
サーデ・シミット(素のシミット)とか
チュプラック・シミット(裸のシミット)とか言われて、
カスタモヌの名物シミットだと思っていましたが・・・。















f0232763_07400547.jpg



ギレスンでも、ゴマ付きとゴマなしのシミットが売っていました。














f0232763_07402201.jpg

ギレスン・サーデ・シミット 75クルシュ(約26円)。

[PR]

by akdeniz_tk | 2017-01-28 17:35 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(6)

黒海地方で家庭料理を学ぶ②(旅行・お出かけ部門)。

f0232763_07073106.jpg




黒海地方の旅の続きです。

お友達の実家で泊めてもらった翌日。
朝から出発の時間まで、
お友達のお母さんと2人で、黒海地方のお料理を作りました。







まずは、モロッコいんげんの塩漬けを使ったお料理、
ファスリエ・トゥルシュス・ディブレスィ。


ディブレは、お米(ブルグルの場合も)と野菜を炊き込んだもの。


お水を使わずに米を炊くっていうのが、びっくりポイントです。











f0232763_07074029.jpg



塩抜きしたファスリエ・トゥルシュスを切って、
(大きさは、レシピによって違います)













f0232763_07082053.jpg



いんげんの塩漬けの半分をお鍋に入れて、
洗って水に漬けておいたお米の水をしっかり切って入れて、
にんじんを入れて、
上から、残りのいんげんの塩漬けを入れて、

たっぷりの油で炊きます。










f0232763_07083667.jpg



水なしでお米が炊けるんですねぇ~。
かなり油を使っているのでカロリーは高いけど、
ベジタリアンなお料理です。









そして、教えてもらうのを楽しみにしていたのが、
ケール(パンジャール)のサルマ。


黒海地方ならではのケール料理です。





f0232763_07085078.jpg


これまた、ちょっと意外なのが・・・。

アンタルヤのお母さんたちは、サルマを作るときに、
具のお米は生のままか炒めるぐらいのコトが多いのですが、
しっかりとピラフにしてから、サルマにします。
(お友達のお母さんだけじゃなくて、
 前日知り合いになったお友達のお母さんのお友達3人とも、そう言っていたので、
 ここではピラフにしてからがスタンダードみたい)






f0232763_07091460.jpg




茹でて、太い葉脈を取り除いたケールに包みます。








f0232763_07092577.jpg

ケールの葉っぱ1枚で、4つのサルマができます。
(小さい葉っぱだと2つですね)








f0232763_07093474.jpg





たくさん包んで、
サルチャとにんにくと油と水を入れて、煮込みます。


出発ギリギリだったので、
できあがりの写真はないけれど、おいしかったですよ。









で。いろいろ教えてもらって思ったのが、

油の使用量が異様に多いなぁ~ってコト。


トルコ料理は、たいがい油をたっぷり使うのが特徴ですが、
(一緒に働いていたトルコ人の調理師さんが賄い料理を作るのを見ていても、そんな感じ)
さらに輪をかけた油の量。

お友達のお母さんだけじゃなくて、知り合いになったお母さんのお友達も、
え?良いの??ってぐらいたっぷり油を使ってお料理を作っていたので、
個人がというよりは、この地方の特色なのかな?って思っています。












第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by akdeniz_tk | 2017-01-22 20:51 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(6)

ギレスンのパザル(旅行・お出かけ部門)。



f0232763_18501453.jpg




黒海地方の旅の記録の続きです。


ハムシ・ボレイ(イワシのピラフ)を作った後に、
お友達のお母さんと一緒に、ギレスンのパザルに行きました。

この日は、パザル三昧。
午前中には、スルメネのパザルに行ったしね。








f0232763_18502249.jpg


ギレスンのブランジャック(町の名前)のパザルも、
スルメネと同じで海岸道路沿いに開かれていました。











アンタルヤのパザルではあまり見かけないものを探してみると、


f0232763_18503757.jpg


キノコ。

『フンドゥック(ヘーゼルナッツ)畑で採れるから、
 フンドゥック・マンタルっていうわ』

って言っていたけれど、正式な名称はわかりません。

小さなのは、なめこっぽいカタチをしているし、
大きなのは、また違うし・・・。

名前をご存じの方、教えてください。







f0232763_18504196.jpg


サカルジャ。

芽のついたにんにくかと思いましたが、
全く別物でした。

サカルジャは、有毒のオオアマナに似ているけれど、
食べられます。







f0232763_18505845.jpg



写真だと分かりにくいですが、
小さなサイズのユフカも売っていました。

普通のユフカの1/3ぐらいの大きさだったけど、
こっちの方が、食べやすいし、使いやすい気がします。






f0232763_18503210.jpg

バターとチーズ。

右側のチーズ。
なんとなく、癖がありそうですよね~。
ってか、亀裂が入っていて、外側は茶色くて、
ほんとうにこれを売るの?ってちょっと思ったり・・・。





f0232763_18512013.jpg



スルメネもブランジャックも同じ地方だから、
売っているモノも、だいたい同じだったし、

ブランジャックでパザルに行くのが確定していたのだったら、
わざわざスルメネに行く必要はなかったな~
って思いました。








第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by akdeniz_tk | 2017-01-18 19:10 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(4)

スルメネのパザル(旅行・お出かけ部門)。




f0232763_01561287.jpg





黒海地方の旅の記録の続きです。

以前もUPしているのですが、

Hürriyet新聞(2007年の記事ですが)の、
『トルコで、もっともオリジナルなパザル10選』 で選ばれている、
黒海地方のパザル(市場)は3つ。

Bartın Garılar Pazarı、
Kastamonu Pazarı、
そして、Sürmene Pazarıです。


オデミッシュのパザルに行ったときに、
ものすごく楽しかったので、
今回の黒海の旅でも、『パザルに行こう!!』って考えました。



バルトゥンとカスタモヌは、かなり遠いので無理。
トラブゾンから1時間半ぐらいで行けるスルメネ(Sürmene)へ向かいました。










f0232763_01561882.jpg



市営バスでスルメネに向かいます。

基本的に、トラブゾンの市営バスにはカードがないと乗れませんが、
他のお客さんにお願いして、運賃をお金で渡して、その方のカードを使わせてもらいました。

バスに乗る前に『現金で乗れるか?』って聞くと、運転手さんから乗車拒否されます。
わたしが乗っている間にも、数人のトルコ人が、
『カードのいらないミニバスに乗るように』って言われていました。

わたしの場合。知らずに乗ってから、
『旅行客なんです。バスカードなんて知らないです。どうしましょう。。。』
って言っていたら、近くにいた親切なトルコ人が助けてくれました。
・・・あざといとは言わないで!!ほんとうに、知らなかったのだから。






無事にスルメネに到着。
帰りの長距離バスを予約してから、
小雨の中、パザルを散策しました。




f0232763_01562311.jpg




黒海地方といえば、トウモロコシ。












f0232763_01563190.jpg



乳製品のお店。


黒海地方のバターの色は、他の地方で作られたモノよりも、
黄色が強い気がします。

バターの色は、牛のエサの違いだけど、
黒海地方の牛たちは、青草をしっかり食べてるからなのかしら??
(干し草を食べるとバターの色は白くなるので)









f0232763_01565201.jpg



ご当地料理クイマックには、このチーズやバターが欠かせません。


クイマック?なにそれ??な方は、以前UPしたこちらをどうぞ。












f0232763_01563563.jpg



ご当地粉モノ、ケテ(kete)。

ケテ自体は、いろいろな地方で作られていますが、
地方によって、味も形もかなり違います。











f0232763_01563867.jpg




ケールとşalgam(カブの一種の葉っぱ)。

黒海地方では、ケールをよく食べます。

黒海地方出身のお友達が、
『冬。寒くなり、雪をかぶったケールがいちばんおいしい』って話していて、
そんなもの?なんて思っていたけれど、

調べてみると、確かに。夏のケールは苦味があるけど、
冬のケールは、葉の色も濃く・厚みも増して成分が凝縮し、美味しい
のだって!!・・・知らなかった。









f0232763_01564362.jpg





パザルがあるのは、黒海沿いの大通り沿い。















f0232763_01564874.jpg




でもね。はっきり言って、
オデミッシュのパザルと違って、1時間半かけて、
パザルだけを目的にスルメネに行くほどの価値はないかも?













f0232763_01565634.jpg





スルメネまでわざわざやってきたのだから、
何か記念になりそうなものを・・・
って、小さなナイフを1本買いました。

スルメネって、ナイフで有名な街なので。















f0232763_01565911.jpg






この後、トラブゾン方向へまた戻り、
長距離バスで4時間かけて、お友達の実家へ向かいました。
・・・トラブゾンからなら3時間弱で到着できたのに、
   スルメネを往復することによって、日中の貴重な時間を3時間も無駄にしちゃったよ





次回は、この旅のメイン、
ギレスンのトルコ人宅(お友達の実家)にお邪魔して、
黒海地方出身のお母さんから、ハムシ・ボレイ(イワシのボレキ)を習います。

イワシのボレキ???

クエスチョンマークが3つぐらいつくお料理、
(普通の生地(粉モノ)は全く使わないのに、ボレキなんです)
ですが、詳細は次回の旅の記録に。



























第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]

by akdeniz_tk | 2017-01-15 00:47 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(8)

ミルクティーだと思ったら・・・(旅行・お出かけ部門)。



f0232763_07001061.jpg





黒海地方の旅の記録の続きです。



アンタルヤ市内では、すっかり見かけなくなってしまったものが、
トラブゾンには、いろいろと残っていました。

小さなことだと、普通のバスはカードでしか乗れないけれど、
ドルムシュ(ミニバス)は現金で乗るコトとか、
(アンタルヤではバスカードじゃないと、どっちも乗れないです)


チャイ屋さんのソーサーが、プラスティックじゃなくて陶器だとか。



実は、この陶器製のソーサーが欲しくて、
アンタルヤ市内のお店を何軒も回ったんだけど、なかなか見つからなくって、
『最近のチャイ屋さんでは、プラスティックだから・・・』って。
(ちなみに、家庭や普通のカフェなどでは、ガラスのソーサーが今の流行り)














f0232763_07002402.jpg



お魚屋さんで、『飲んでいけ』って出してくれて、

『わぁ~、ミルクティーなんてあるんだ!!』
って、感動していただいたんですが、
(トルコでミルクティーなんて見たの初めて)












f0232763_07003585.jpg


あとで。チャイ屋のおにいさんが歩いていたのを呼び止めて、

『黒海地方だと、ミルクティーもありなんですか?』
って聞いたら、

『あ、これ??ネスカフェだよ』





甘くてミルキーで、
てっきり、ミルクティーだと思ったのに、ネスカフェだなんて。


チャイグラスにネスカフェを入れているのをほとんど見たコトないから、
グラスのイメージから、ミルクティーだと思い込んだのかもしれないけれど、
でも。コーヒーの味ってほんの少しもしなかったよ。



f0232763_07004970.jpg




トルコの町中では、こんな感じで、
チャイ屋のお兄さんがチャイ(とネスカフェ)を配達しています。








第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]

by akdeniz_tk | 2017-01-12 20:17 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(16)

トラブゾンのピザ(旅行・お出かけ部門)。

f0232763_23065693.jpg



黒海地方の旅の記録の続きです。



トラブゾンの老舗のベーカリー、
1920年創業だそう。







f0232763_23071454.jpg


右に積んであるパンは、とうもろこしのパン。
黒海地方では、コーンブレッドをよく食べます。








f0232763_23072698.jpg

中に入ってみると、
職人さんがピデを作っていました。

トラブゾンで食べなきゃいけないピデといえば、
普通の舟形ピデだけじゃなく、







f0232763_23073454.jpg


牛ひき肉と卵のピデ。

出来上がった熱々のひき肉ピデの上に、
卵を割り落として、バターをガバッとのせて・・・。
生卵は、ピデの予熱で加熱されるという寸法。

お腹いっぱいで見るだけだったけど、
無理して食べたら良かったかも??
おいしそうですよね。












第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by akdeniz_tk | 2017-01-11 18:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(4)

Hamsi ・Hamsi ・Hamsi (旅行・お出かけ部門)。


f0232763_03211889.jpg



黒海の旅の記録の続きです。

去年の春に黒海地方に行こうと決めて、
秋まで待っていたのの理由は・・・Hamsi (ハムスィ)。


トルコでも、いろんな魚はあるけれど、
それでも、いちばんは、やっぱりHamsi。

Hamsiは、カタクチイワシ。
日本のような少し大きなイワシは、Sardalyaで、
そっちはそんなに人気がある訳でもないのが不思議。
・・・似たようなものだと思うんだけどね。











f0232763_01052805.jpg




トラブゾンの街歩きの途中、お魚屋さん街がありました。













f0232763_01053288.jpg




10月の後半。Hamsiのシーズンは始まったばかり。
黒海で水揚げされた新鮮なHamsiたち。











f0232763_01053767.jpg




わさっと買っていくヒトが多かったです。


この2日後、お友達の実家で、Hamsi Böreği (ハムシ・ボレイ)を習ったんですよ~。
その様子は、しばらく先のUPで。
・・・旅の記録は、日程を追って書いているので、1週間ぐらい後になるかな?


















第一回プラチナブロガーコンテスト


[PR]

by akdeniz_tk | 2017-01-09 18:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(6)

トラブゾン街歩きと伝統手工芸(旅行・お出かけ部門)。

f0232763_01352882.jpg




黒海地方の旅の記録の続きです。



雨が降ったり、止んだりで、
ちっともお散歩日和ではなかったけれど、
それでも、トラブゾンの街を歩きます。










f0232763_01353731.jpg


アンタルヤと同じようなトルコの街ですが、
それでも、やっぱり違いはあって、
見慣れない街を歩くのは、ちょっと新鮮。








旅に出る前に、Googleの地図を見た、
『日本市場(japon pazarı)』というお店。
気になっていたので、探してみました。


f0232763_01354232.jpg


・・・普通の総合ディスカウントストアだったよ。



後で調べてみたら、トルコには、トラブゾンだけじゃなくて、
『日本市場』ってお店が何軒もありました。
・・・チェーン店かしら??









f0232763_01354710.jpg



トラブゾンの名物チーズやバターは、
買おうか?と迷ったものの、旅はまだ続くので諦めました。











f0232763_01444509.jpg


ふらりと寄り道したalacahanは、
トラブゾン市の文化(手工芸)センターになっていました。


ハンの部屋がそれぞれ、
Çini(タイル画)、Tezhip(細密画)、エブル、Filografi(ストリングアート)、
編み物、銅細工、彫金・・・などのアトリエになっていました。





せっかく(?)なので、いくつかのアトリエを訪問しました。



f0232763_01445088.jpg


Keşanという布の機織り。

KeşanやPeştemalは、黒海地方の伝統的な織物だそうです。













f0232763_01445608.jpg

数10メートルの長さの布を1度に織っていきます。











f0232763_01450132.jpg


このアトリエで織り上げたKeşan。
・・・トラブゾンスポル(サッカーチーム)のカラーだね。










f0232763_01450555.jpg


刺繍のアトリエ。

拡大鏡で見ながら、
布の繊維1つずつに、糸を刺していくそうです。
・・・気が遠くなりそう。




次回は、『冬の黒海といえば、これ!!』
な食べ物編です。






第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by akdeniz_tk | 2017-01-08 18:00 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(2)

トラブゾンのパン(旅行・お出かけ部門)。



f0232763_10411119.jpg



黒海地方の旅の記録の続きです。

アヤソフィアからの帰り道、トラブゾンの街を歩いていたら、
ベーカリーが密集している区域がありました。
・・・トルコで、同じような職種のお店が並んでいることが多いのだけど、
   ほんと不思議。ライバル店が近くにあると大変なハズなのに。








f0232763_10411804.jpg

trabzon ekmeği(トラブゾン・エキメィ)。










f0232763_10412214.jpg


チーズ入りのピデ(舟形のトルコ風ピザ)。









f0232763_10412655.jpg


trabzon ekmeğiの特徴の1つは、その大きさ。

トラブゾンだけじゃなくて、
ウスパルタなどのパンもこんな風に大きいですけどね。




ちなみに。今まで見たいちばん大きなトルコのパンは、
クジラパン(balina ekmeği) 。
物産展で売っていましたが、重さが10~18kgだそうです。







f0232763_10413002.jpg



天井近くにまで並べてあるパン、すごいですよねぇ~。






次回は、トラブゾンの街歩きの続きです。




第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by akdeniz_tk | 2017-01-07 18:00 | トルコの事情(小物編)。 | Trackback | Comments(10)