イスタンブルで、キョフテとピアズ。

f0232763_344248.jpg


イスタンブル街歩きの続きです。

ケチェ(フェルト)のアトリエ兼ショップを出て、
エジプシャンパザルとリュステムパシャへ行った後、
遅めのお昼ごはんを食べました。


ヨーロッパから帰ってきたばかりだったので、
無難にトルコ料理、キョフテ屋さんへ。

旧市街で、有名なキョフテ屋さんといえば、
Surltanahmet Koftecisi(スルタンアフメット・キョフテジスィ)。


以前アンタルヤの鶏肉のドネルの時にも書いたけど
どうもトルコでは、同じようなお店が隣り合わせになるコトが多いみたいで、
ここもそうでした。





f0232763_3444353.jpg


ピアズ。おいしいんだけど、
アンタルヤのを食べ慣れていると、なんか足りない気がして
(なにかじゃなくて、主にターヒンですが)、ちょっと物足りないかも?

アンタルヤのピアズはこんな感じ







f0232763_3451941.jpg


キョフテ。
キョフテ自体も悪くなかったけど、
さらにおいしいって思えたのは、添えてもらったペースト。








f0232763_3455299.jpg
   




Surltanahmet Koftecisi

Divanyolu Cad. No.12, Sultanahmet
0212(520)0566




これで、イスタンブル編は終わり。

ほぼ半日しか周れなかったけど、イスタンブルって楽しいです。
飛行機のチケットも高い訳じゃないし、日帰りできるのだから、
また、近いうちに行けたら良いなぁ~と思っています。

明日は、アンタルヤのピアズとキョフテをUP予定。
イスタンブルとアンタルヤ。同じお料理でもこう違うってコトで。
(地域だけじゃなくて、お店によっても、さまざまですが)
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-28 04:16 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(12)

トルコの羊毛フェルト(ケチェ)。

f0232763_2243623.jpg



イスタンブルの続きです。

アヤソフィアの中を見学した後、
『盗まれた遺跡を見に行きましょう!』とzeytinさんに連れて行ってもらったのは、
トプカプ宮殿方向にある他の入り口(こっちもアヤソフィアです)。

以前、zeytinさんのブログで読んで興味があったのですが、
(詳しくは、盗まれた遺産1 アヤソフィヤ博物館のタイル画 で)
ここにある、セリム2世廟の入口にある対のタイル。
1つは本物で、1つは偽物なんですよ。
(盗まれたタイル画は、現在、ルーブル美術館に飾ってあるとのコト)


  ※カメラの調子が悪くて、写真は全く残っていません。。。






そして、その後、向かったのは、keçe(羊毛フェルト)のお店。

f0232763_2272410.jpg
   

トルコの人間国宝メフメット・ギルギチ氏のアトリエ兼ショップ、
Ikoniumです。










f0232763_2264890.jpg


フェルトというと薄い単色のシート状のモノ(とか、それで作った小物)とか、
ニードルワークとかのイメージが強いのですが(わたしだけ?)、












f0232763_2262651.jpg


それもあったけど、メインはこっち。布フェルト。

詳しい作り方も、zeytinさんのトコで。


後継者が少ないとのコトだったんですが、
zeytinさんの体験談を読んで、納得しました。

翌日、腕の筋肉痛で手が上がらないぐらいの重労働だし、
それだけ頑張っても、女性が作るモノは、力不足で、
男性に比べると、フェルト化が甘いそうです。。。。








f0232763_2254689.jpg


上の階がショップになっていて、











f0232763_2301993.jpg


下の階は、アトリエ。
ここで、フェルト作業のワークショップもあるそうです。








f0232763_226439.jpg


Ikonium
Binbir Direk Mah. Dr.Sevki Bey Sok. No.6, Sultanahmet Istanbul
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-27 04:01 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(24)

アヤソフィアの天使に会いに。

f0232763_00615.jpg



イスタンブルの旧市街。
久しぶりに、観光客気分で歩いてきました。

とはいえ、行ったのは、ただ1つ、アヤソフィアだけなんですけど・・・。


で。どんだけ『観光客』らしかったか?っていうと、
なんと、なんと、客引きに、日本語で、話しかけられるぐらい!!

ここのとこずっと、客引きにさえ見向きもされないって、
どんだけ日本人力が下がっているんだろ・・・と思っていたから(前回)、
ちょっと嬉しかったです。

声をかけられすぎると、うんざりだけど、
見向きもされないっていうのも、いや。
・・・人間、我儘にできています。







f0232763_003289.jpg


さて。話は、アヤソフィアに戻して・・・。

今まで、何度か行ったコトはあったけど、
いつ行っても、内には、巨大な鉄製の足場があって、
イマイチ雰囲気に浸れる状態じゃなかったのですが、













f0232763_01289.jpg


今回、行ったら、修復工事が終わり、
足場も撤去されていて、ほんと素敵に変わっていました。


















f0232763_05365.jpg


上の階から眺めてみると。

ヒトのサイズから、アヤソフィアの大きさが実感できますよね?











f0232763_023962.jpg


天使たちもね。
顔を隠したモノが多いのですが、
(偶像崇拝の禁止のためらしい)










f0232763_021256.jpg


この大修復作業によって、
天使セラフィムの顔が出てきたそうです。
(写真の右上の天使さんです)









f0232763_014368.jpg



今回、わたしたちは、
ミュゼカード(滞在許可書を持っていると作れる)を持っていたので、
並ばなかったけど、チケット売り場は、平日なのに長蛇の列でした。
訪れるときは、時間を選んだら良いかも??



次は、トルコの人間国宝がつくるフェルトのお店についてです。
フェルトで人間国宝って、日本ではピンときませんよね?
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-26 00:20 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(16)

イスタンブル街歩き・はじめに。

f0232763_4192266.jpg


気がついたら、2月もあとわずか。
去年の10月に出かけたイスタンブルの話を、
さっさとUPしなくてはっ!!






ヨーロッパの帰り道、イスタンブルで、ストップオーバー(1泊)。
イズニクタイルに首ったけ-イスタンブルで日進月歩-のzeytinさんにお会いして、
イスタンブルの旧市街を、一緒に歩きました。

午後3時には、市内を出て空港に行かないといけなかったので、
朝、早い時間から遊んでいただくコトに。

会社の出勤ラッシュもあるのに、9時台に待ち合わせって、
ほんと申し訳なかったです。


しかも、お会いして早々、『とりあえず、コーヒーでも・・・』って、
マクドナルドに入ったら、話に花が咲き過ぎて、
あっという間に、11時になっていました。。。
(早く来ていただいた意味が・・・)




f0232763_4195579.jpg


結局、どこへ行けたか?というと・・・。

アヤソフィア(修復後初めていきました!)、
フェルトの人間国宝の職人さんのお店、
エジプシャンパザールとタフタカレ、
リュステムパシャ、
そして、有名なキョフテ屋さん。



途中、エジプシャンパザルとリュステムパシャでは、
カメラの調子が悪く、写真が撮れず。。。



タイルの絵付けをなさっているzeytinさんのお勧めのリュステムパシャ、
とっても良かったですよ~。写真で紹介できないのが残念です。
(気になる方は、以前、zeytinさんがリュステムパシャの記事をUPなさっているので、そちらで。)
ドキュメンタリ(トルコ語)の紹介
リュステムパシャのお話
リュステムパシャのタイル(けしの実)について







f0232763_4352966.jpg


そして、そして、zeytinさんの描かれたタイルをいただきました。
ブログで作品を見て、ほんと凄いなぁ~って思っていたけれど、
本物は、さらに素敵です。

玄関に飾って、遊びに来たお友達に、
『日本人のお友達が作ったんだよ~』と自慢しています。

ほんと、ありがとうございました。








f0232763_4361630.jpg


トップの写真の同じお店のモノですが・・・。
子供用の帽子屋さん。

かわいいですよねぇ~。







なんだか、まとまりの内容になっちゃいましたが、
明日から、3日間、イスタンブルの街歩きネタになりますって予告と、
zeytinさんにいただいた、タイルの自慢話でした。。。
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-25 04:45 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(20)

日帰りイスタンブル・おまけ(ジューススタンド編)。

f0232763_11585440.jpg


先月に行った、日帰りイスタンブル。
旅行記は終わりって思ったけど、ちょっとおまけ。


イスタンブルで、生しぼりのオレンジジュースを飲みました。

イスタンブルだけじゃなくて、
アンタルヤでも普通に見かけるんですけど、
なんとなく、普段の生活では飲む機会がなくて・・・。




f0232763_1205782.jpg


注文したら、その場でギュッと絞ってくれます。



ちなみに、アンタルヤはオレンジで有名です。
でも、パザル(市場)に並ぶのは、もうちょっと先。
なんとなく、オレンジって夏っぽいイメージがあるけれど、冬が収穫時です。








f0232763_120775.jpg


最近、アンタルヤでも見かけるようになった、ジュースのお店。
オレンジだけでなくて、いろいろなフルーツジュースが飲めます。

お勧めなのは、ザクロジュース。
販売されているのは、日本でもよく見かける深紅の粒のザクロ。
ちょっとえぐみがあるけれど、とってもおいしいです。
(飲みにくいのなら、オレンジジュースとのブレンドもありますよ。)


他にも、グレープフルーツ、レモン、リンゴ、キュウイ(ミックスが多い)・・・
いろいろあります。

あと、ニンジンも。
そういえば、トルコ人家庭にお邪魔すると、果物と一緒にニンジンが出てくるコトがあります。
生のニンジンって、果物的な存在なのかしら??
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-10-14 23:17 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(10)

日帰りイスタンブル・その7(スルタンアフメット編)。

f0232763_4493533.jpg


9月の中旬に行った、日帰りイスタンブルの続きです。


エジプシャンバザールの後、スルタンアフメットへ向かいました。

お友達は前の用事が押してしまい、少し遅れるとのコトで、
ひとりでふらふら、旧市街散策です。

スルタンアフメットは、世界遺産にも登録されている、
歴史溢れる素敵な地区ですが、
それと同時に、観光客もいっぱい。
おまけに、それを狙うトルコ人もいっぱい。


f0232763_4513933.jpg


最初は、
『客引きに声をかけられるのは、うるさいし煩わしいなぁ~』
って、思うぐらいに、しつこく声を掛けられていたのですが、

前回(4~5年前)に、スルタンアフメットを歩いた時には、
さっぱり、誰からも声をかけられることなく、

・・・あれ?もしかして客引きって減ったのかしら??
などと、アンタルヤに帰ってからお友達に話したら、
『そんなことないよ。ただ日本人に見られていないから、声をかけられないだけじゃないの?』
とのコト。

それって、悔しいかも??
トルコになじんでいるって言えば慰められるけど、
でも、日本人として終わっているってコトだし・・・。

今回は、『わたしも、日本語でちゃんと声をかけられたよ!』
って、お友達に主張するためにも、
しっかり準備して、スルタンアフメットを歩きました。

しっかり準備っていっても、
一眼レフを持って(=『観光客で~す』ってアピール)、
日本で買った服を来て(っていっても、去年のモノですけど)、
キョロキョロと周りを見ながら、
客引きの多いと言われる場所を歩く(=『イスタンブルを知りません!』って意味)
・・・って、だけですけどね。


で。結果はというと、

f0232763_4543118.jpg


声はかけられました!!

でも、韓国人の女の子(ツーリスト)に韓国語で。
やっぱり、日本人に見えないのでしょうか???


(↑の写真は、アヤソフィアです)


f0232763_554586.jpg


次にイスタンブルへ行ったら、再度チャレンジするつもりです。
(お友達には『無駄』とか、
 『観光客っていっても、トルコの地方から出てきた感じにしか見えない』とか言われてますけど)

本当に、何が悪かったのだろう??
完璧な日本人だったはずなのになぁ~。


f0232763_523684.jpg


その後。お友達と合流。

夜ごはんは、
昔からずっとお会いしたかった、イスタンブル在住の日本人の方、
日本からいらっしゃったお友達のお友達や、そのお友達など、
6名での、賑やかな会食となりました。

その日の夜にはアンタルヤに帰らないといけないので、
なんだか慌ただしかったけど、とっても楽しかったです。


長々とひっぱってきた日帰りイスタンブル記録も、これで終わり。
また近いうちに行けたら良いな・・・。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-10-11 23:18 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(12)

日帰りイスタンブル・その6(濡れハンバーガー編)。

f0232763_504627.jpg


月も変わってしまいましたが、
『日帰りイスタンブル』の続きです。


エミノニュのサバサンドは、昔から名物としてありましたが、
今回、初めて知ったのが、タキシム名物「濡れハンバーガー(ıslak hamburger)」。

前回(っていっても、5年以上前)に来たときには、
なかったような気がするけど・・・新名物なのかなぁ??


朝ごはんを食べた後に、存在に気が付いたので、
タキシムでは、食べるコトができませんでした。。。



f0232763_515353.jpg


でも。エミノニュ散策を終えた後、お友達と合流。

それから、夜の待ち合わせまで、みんなで街歩きをしたのだけど、
その時に、お友達にごちそうしてもらいました。


気になっていた名物だったから、食べれて良かった。
(わたしはお店があるコトさえ、気が付きませんでした。。。)





f0232763_523686.jpg


トマトソースがしみ込んでいるバンズがおいしい!
中は、シンプルなハンバーグ。

予想以上に、好みの味でした。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-10-03 23:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(12)

日帰りイスタンブル・その5(エジプシャンバザール編)。

f0232763_5504945.jpg



たった1日の出来事を、長々とひっぱってきていますが、
『日帰りイスタンブル』の続きです。

ほとんど街歩きをする時間がない中、
どうしてエミノニュを選んだのか?っていうと、
エジプシャンパザールでのお買い物が目的でした。

イスタンブルのバザールの中で、ツーリストが行くのは、
グランドバザールとエジプシャンバザール。

グランドバザールは、とっても大きな屋内市場で雰囲気も良いけれど、
売っているのは、ほとんどお土産モノ(?)
わたしには、あんまり用のないモノばかり。。。

一方、エジプシャンバザールもかなりツーリスティックなトコですが、
それでも、香辛料などが中心です。


f0232763_5514451.jpg



でも、わたしが欲しかったのは、香辛料じゃなくて、からすみ。
もちろん、アンタルヤでは見かけたコトもなく、
イスタンブルでもエジプシャンバザール以外売っているトコを知らないです。
(イスタンブルだったら、きっと他にも売っているトコあるんでしょうけどね)

観光客相手のお店がほとんどだから、値段もあってないようなモノ。

とりあえず、からすみを扱っているお店1軒1軒で値段を聞いてみると、
1キロ250TL(12000円ぐらい)~500TL(25000円ぐらい)。

・・・同じモノを、ほとんど同じ場所で売るのに、こんなにも値段が違うのかぁ~。
分かっていたコトだけど、2倍になるってのはちょっと唖然。
(せいぜい、1.5倍ぐらいかしら??って思っていました)




f0232763_5521236.jpg


まぁ。言い値で買うんじゃなくって、ここから交渉がスタートさせるのでしょうが、
それでも、一番高いお店で、交渉して半額まで値段を下げるのは大変だろうし、
なったとしても、一番安いお店の言い値と同じ。

だったら、安いお店で買った方が楽ですよねぇ~。
(安いお店もたくさん買うなら、値引きしてくれるし)






f0232763_5523949.jpg


香辛料だけじゃなくて、ドライフルーツもたくさんあります。
もちろん、庶民のパザル(市場)の方が安いです。
・・・観光地、しかも、イスタンブルの中心地だからしょうがない。






f0232763_553516.jpg


エジプシャンバザールではゼラチンを売っているお店があるって聞いていたので、
本当は、そのお店も探したかったけど、人ごみに疲れちゃったので断念。


今考えると、頑張って見つければよかった。。。
(そしたら、トルコ人でも食べられるムースが作れたのになぁ~)
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-09-29 23:27 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(4)

日帰りイスタンブル・その4(サバサンド編)。

f0232763_7354935.jpg



『日帰りイスタンブル』の続きです。

エミノニュ名物といえば、サバサンド?
焼きサバをバゲッドのようなパンに挟んだサンドイッチです。


初めて聞いた時には、「え?」って驚きましたが、
食べてみると意外とおいしいです。



このサバサンド。
昔は、小さな舟でサバを焼いて、パンに挟み、岸にいるお客さんへ。
小舟だから、めちゃくちゃ揺れて、よく、あの中で作業ができるなぁ~と感心していました。


それが、一時期、衛生上の理由(ほんとかどうかは不明)で、
船の上での販売が禁止されて・・・サバサンド、文字通り上陸!!

陸で、サバを焼いて、作って、売って、そして食べるという、
普通のお店になってしまっていました(5年前に行った時はそうだった)。




が。
いつの間にか、またサバサンドの舟が復活しているではありませんか!!

f0232763_81664.jpg


しかも、デラックス。
なんとなく、成金的なピカピカな感じ。






f0232763_7435550.jpg


大きい船だから、揺れも少なそう。。。





f0232763_7432130.jpg


次々と、
焼いたサバ、野菜をパンにはさんで、陸にいる店員さんへ。






f0232763_744472.jpg


お昼過ぎに行ったのに、かなり混んでいました。

といっても、わたしは今回はパス。
(エミノニュには、他の目的で行ったので)







f0232763_7452223.jpg


小舟のときの風情はないけれど、
それでも、船で作ってくれたサバサンドを、陸で食べるっていうのは、
やっぱり『名物』って感じですよね。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-09-24 23:34 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(9)

日帰りイスタンブル・その3(エミノニュ編)。

f0232763_2541123.jpg



先週出かけた『日帰りイスタンブル』の続きです。

タキシムでボレキの朝ごはんを食べた後、
お友達と別れて、わたしは日本領事館へ行ってきました。

目的は、自動車免許証のトルコ語訳。

日本で国際免許を取ってくれば、そのまま運転はできますが、
有効期限は、発行日から1年間だけ。

大使館か領事館で、日本の免許証を翻訳してもらっておえば、
日本の免許証の有効期間内、ずっと運転が可能だし、
トルコの免許証を発行してもらうためにも必要なので、
この際だから、取っておこうかなぁ~と。

トルコで運転するか?ってのは、また別問題ですけどね。


丸1日かかっちゃうかなぁ~?などと覚悟をしていったのですが、
さすが日本の行政機関。スムースで迅速。
午前中に手続きが完了しました。


『3時ごろに、スルタンアフメットで会いましょう』
って、お友達と約束していたので、3時間ほど時間つぶし。
別にどこに行っても良かったのだけど、今回はエミノニュお散歩をしました。




領事館からバスに乗ろうと思ったのだけど(メトロの駅はちょっと遠かった)、
イスタンブルのバスって、お金じゃ乗れないんですねぇ~。

結局、バス停で一緒に待っていたトルコ人女性にお金を渡して、
彼女のアクビル(プリペイド式の切符代わりのモノ)で払ってもらいました。
バス停じゃ切符も買えないし、ツーリストはバスに乗りにくいです。。。

だけど、バスはエミノニュ直通じゃなくて、
途中でトラム(路面電車)に乗り換えをしなきゃいけなかったのですが、
また乗車券を買う必要があって・・・イスタンブルの移動は、交通費がかかるなぁ~と。



そんなこんなでエミノニュへ到着。

f0232763_363517.jpg


金角湾を挟んで、旧市街側にあります。
(湾の向こうは新市街で、ガラタ塔があるけど、今回は行きませんでした)



橋の上では釣りをするヒトでいっぱい(TOPの写真)。
・・・なにが釣れるのでしょう???



f0232763_336172.jpg


橋の反対側は、あんまり釣り人がいません。

下は、魚料理のレストランが並んでいます。




エミノニュ散策は、次回に続きます。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-09-21 23:44 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(10)