スルメネのパザル(旅行・お出かけ部門)。




f0232763_01561287.jpg





黒海地方の旅の記録の続きです。

以前もUPしているのですが、

Hürriyet新聞(2007年の記事ですが)の、
『トルコで、もっともオリジナルなパザル10選』 で選ばれている、
黒海地方のパザル(市場)は3つ。

Bartın Garılar Pazarı、
Kastamonu Pazarı、
そして、Sürmene Pazarıです。


オデミッシュのパザルに行ったときに、
ものすごく楽しかったので、
今回の黒海の旅でも、『パザルに行こう!!』って考えました。



バルトゥンとカスタモヌは、かなり遠いので無理。
トラブゾンから1時間半ぐらいで行けるスルメネ(Sürmene)へ向かいました。










f0232763_01561882.jpg



市営バスでスルメネに向かいます。

基本的に、トラブゾンの市営バスにはカードがないと乗れませんが、
他のお客さんにお願いして、運賃をお金で渡して、その方のカードを使わせてもらいました。

バスに乗る前に『現金で乗れるか?』って聞くと、運転手さんから乗車拒否されます。
わたしが乗っている間にも、数人のトルコ人が、
『カードのいらないミニバスに乗るように』って言われていました。

わたしの場合。知らずに乗ってから、
『旅行客なんです。バスカードなんて知らないです。どうしましょう。。。』
って言っていたら、近くにいた親切なトルコ人が助けてくれました。
・・・あざといとは言わないで!!ほんとうに、知らなかったのだから。






無事にスルメネに到着。
帰りの長距離バスを予約してから、
小雨の中、パザルを散策しました。




f0232763_01562311.jpg




黒海地方といえば、トウモロコシ。












f0232763_01563190.jpg



乳製品のお店。


黒海地方のバターの色は、他の地方で作られたモノよりも、
黄色が強い気がします。

バターの色は、牛のエサの違いだけど、
黒海地方の牛たちは、青草をしっかり食べてるからなのかしら??
(干し草を食べるとバターの色は白くなるので)









f0232763_01565201.jpg



ご当地料理クイマックには、このチーズやバターが欠かせません。


クイマック?なにそれ??な方は、以前UPしたこちらをどうぞ。












f0232763_01563563.jpg



ご当地粉モノ、ケテ(kete)。

ケテ自体は、いろいろな地方で作られていますが、
地方によって、味も形もかなり違います。











f0232763_01563867.jpg




ケールとşalgam(カブの一種の葉っぱ)。

黒海地方では、ケールをよく食べます。

黒海地方出身のお友達が、
『冬。寒くなり、雪をかぶったケールがいちばんおいしい』って話していて、
そんなもの?なんて思っていたけれど、

調べてみると、確かに。夏のケールは苦味があるけど、
冬のケールは、葉の色も濃く・厚みも増して成分が凝縮し、美味しい
のだって!!・・・知らなかった。









f0232763_01564362.jpg





パザルがあるのは、黒海沿いの大通り沿い。















f0232763_01564874.jpg




でもね。はっきり言って、
オデミッシュのパザルと違って、1時間半かけて、
パザルだけを目的にスルメネに行くほどの価値はないかも?













f0232763_01565634.jpg





スルメネまでわざわざやってきたのだから、
何か記念になりそうなものを・・・
って、小さなナイフを1本買いました。

スルメネって、ナイフで有名な街なので。















f0232763_01565911.jpg






この後、トラブゾン方向へまた戻り、
長距離バスで4時間かけて、お友達の実家へ向かいました。
・・・トラブゾンからなら3時間弱で到着できたのに、
   スルメネを往復することによって、日中の貴重な時間を3時間も無駄にしちゃったよ





次回は、この旅のメイン、
ギレスンのトルコ人宅(お友達の実家)にお邪魔して、
黒海地方出身のお母さんから、ハムシ・ボレイ(イワシのボレキ)を習います。

イワシのボレキ???

クエスチョンマークが3つぐらいつくお料理、
(普通の生地(粉モノ)は全く使わないのに、ボレキなんです)
ですが、詳細は次回の旅の記録に。



























第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-01-15 00:47 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(8)

西洋イラクサのにんにくヨーグルトがけ(料理・お弁当部門)。

f0232763_00202848.jpg




トルコに居る間に、使ってみたい食材のひとつが、
西洋イラクサ(Isırgan Otu)でした。

Isırgan Otu =トルコ語を直訳すると、かみつき草。



『生のとき触ると、手が腫れる』って聞いていたので、
買うのもちょっと躊躇していたんですよねぇ~。










f0232763_00234608.jpg


お友達のトルコ人(お別れランチでピデの具を用意してくれたヒト)に、
『調理するときは、厚手のゴム手袋をしないと。
 薄いゴム手袋じゃダメ。噛みつかれるよ~(とげが刺さるよ~)』
って言われていたのだけど、

パザルで入れてもらった袋から、恐々と取り出してみると、
茎など、びっしりと棘だらけ。
・・・かみつき草(Isırgan Otu)って名前、ほんと言いえて妙。




















f0232763_00235195.jpg



トルコでのイラクサの調理法はというと、
ギョズレメやピザなどの具にしたり、
卵とじにしたり、にんにくヨーグルトをかけたり。


シンプルに、Yoğurtlu Isırgan Otu Yemeği
(にんにくヨーグルトがけの西洋イラクサ)を作ってみました。

分厚いゴム手袋がなかったので、
最初に洗って、箸で掴んで、ボウルに入れて、
そのまま熱湯をかけて、蓋をして放置。
その後、お湯を捨てて(なんとも言えない奇抜な緑色だった。。。)、
もう一度、洗って、食べられない太い茎などを取り除きました。


噛みつかれずにすんだけど、お味はといえば、
とっても身体に良さそうな感じ?
(=しっかりとした草の味)



また食べたいというような味でもないですが、
レシピを残しておこします。
































第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-01-13 17:19 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(14)

ミルクティーだと思ったら・・・(旅行・お出かけ部門)。



f0232763_07001061.jpg





黒海地方の旅の記録の続きです。



アンタルヤ市内では、すっかり見かけなくなってしまったものが、
トラブゾンには、いろいろと残っていました。

小さなことだと、普通のバスはカードでしか乗れないけれど、
ドルムシュ(ミニバス)は現金で乗るコトとか、
(アンタルヤではバスカードじゃないと、どっちも乗れないです)


チャイ屋さんのソーサーが、プラスティックじゃなくて陶器だとか。



実は、この陶器製のソーサーが欲しくて、
アンタルヤ市内のお店を何軒も回ったんだけど、なかなか見つからなくって、
『最近のチャイ屋さんでは、プラスティックだから・・・』って。
(ちなみに、家庭や普通のカフェなどでは、ガラスのソーサーが今の流行り)














f0232763_07002402.jpg



お魚屋さんで、『飲んでいけ』って出してくれて、

『わぁ~、ミルクティーなんてあるんだ!!』
って、感動していただいたんですが、
(トルコでミルクティーなんて見たの初めて)












f0232763_07003585.jpg


あとで。チャイ屋のおにいさんが歩いていたのを呼び止めて、

『黒海地方だと、ミルクティーもありなんですか?』
って聞いたら、

『あ、これ??ネスカフェだよ』





甘くてミルキーで、
てっきり、ミルクティーだと思ったのに、ネスカフェだなんて。


チャイグラスにネスカフェを入れているのをほとんど見たコトないから、
グラスのイメージから、ミルクティーだと思い込んだのかもしれないけれど、
でも。コーヒーの味ってほんの少しもしなかったよ。



f0232763_07004970.jpg




トルコの町中では、こんな感じで、
チャイ屋のお兄さんがチャイ(とネスカフェ)を配達しています。








第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-01-12 20:17 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(16)

トラブゾンのピザ(旅行・お出かけ部門)。

f0232763_23065693.jpg



黒海地方の旅の記録の続きです。



トラブゾンの老舗のベーカリー、
1920年創業だそう。







f0232763_23071454.jpg


右に積んであるパンは、とうもろこしのパン。
黒海地方では、コーンブレッドをよく食べます。








f0232763_23072698.jpg

中に入ってみると、
職人さんがピデを作っていました。

トラブゾンで食べなきゃいけないピデといえば、
普通の舟形ピデだけじゃなく、







f0232763_23073454.jpg


牛ひき肉と卵のピデ。

出来上がった熱々のひき肉ピデの上に、
卵を割り落として、バターをガバッとのせて・・・。
生卵は、ピデの予熱で加熱されるという寸法。

お腹いっぱいで見るだけだったけど、
無理して食べたら良かったかも??
おいしそうですよね。












第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-01-11 18:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(4)

お別れランチ(旅行・お出かけ部門)。


f0232763_00582810.jpg





去年の秋から取っていた講座。
講座が終わると修了証書がもらえるのですが、
あと2週間を残して、帰国しました。
(パスポートの有効期限が足りなかったしね)


で。帰る直前の週(帰国ギリギリまで受講していたので)、
いちばん仲良くしていたお友達が、
手作りトルコ料理を持ってきて、
サプライズなお別れランチを開いてくれました。





f0232763_00584761.jpg




乾燥野菜を使ったドルマ。
(ドルマ用の乾燥野菜については、以前UPしています )







作り方のポイントを聞いたら、
具の量は少なめにするコト!!
・・・じゃないと破裂するそうです。






f0232763_00585246.jpg





ポテトサラダ。

レタス入りのポテトサラダって意外だったけど、
とってもおいしかったです。







f0232763_00585970.jpg





もう一人のお友達が用意してくれたのは、ピデ!!
とデザート(写真なし)。


ピデの具をお家から作ってきてくれて、
講習を受けている近くのピデ屋さんで
Kapalı Pide(中に具を包んだカルツゥオーネのようなピデ)にしてもらいました。


具は、葉物の野菜をいろいろミックスしてあって、
西洋イラクサも入れたんだって!

上に塗るバターも持参したそうで、
バターの香りが漂う、具がたっぷり入った、熱々のピデ、
・・・不味い訳がありません。





直前に帰国したので修了はできなかったけれど、
受講した内容だけじゃなくて、
新しいお友達もできて、
いろいろなコトが学べました。











第一回プラチナブロガーコンテスト


[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-01-10 19:17 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(12)

Hamsi ・Hamsi ・Hamsi (旅行・お出かけ部門)。


f0232763_03211889.jpg



黒海の旅の記録の続きです。

去年の春に黒海地方に行こうと決めて、
秋まで待っていたのの理由は・・・Hamsi (ハムスィ)。


トルコでも、いろんな魚はあるけれど、
それでも、いちばんは、やっぱりHamsi。

Hamsiは、カタクチイワシ。
日本のような少し大きなイワシは、Sardalyaで、
そっちはそんなに人気がある訳でもないのが不思議。
・・・似たようなものだと思うんだけどね。











f0232763_01052805.jpg




トラブゾンの街歩きの途中、お魚屋さん街がありました。













f0232763_01053288.jpg




10月の後半。Hamsiのシーズンは始まったばかり。
黒海で水揚げされた新鮮なHamsiたち。











f0232763_01053767.jpg




わさっと買っていくヒトが多かったです。


この2日後、お友達の実家で、Hamsi Böreği (ハムシ・ボレイ)を習ったんですよ~。
その様子は、しばらく先のUPで。
・・・旅の記録は、日程を追って書いているので、1週間ぐらい後になるかな?


















第一回プラチナブロガーコンテスト


[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-01-09 18:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(6)

トラブゾン街歩きと伝統手工芸(旅行・お出かけ部門)。

f0232763_01352882.jpg




黒海地方の旅の記録の続きです。



雨が降ったり、止んだりで、
ちっともお散歩日和ではなかったけれど、
それでも、トラブゾンの街を歩きます。










f0232763_01353731.jpg


アンタルヤと同じようなトルコの街ですが、
それでも、やっぱり違いはあって、
見慣れない街を歩くのは、ちょっと新鮮。








旅に出る前に、Googleの地図を見た、
『日本市場(japon pazarı)』というお店。
気になっていたので、探してみました。


f0232763_01354232.jpg


・・・普通の総合ディスカウントストアだったよ。



後で調べてみたら、トルコには、トラブゾンだけじゃなくて、
『日本市場』ってお店が何軒もありました。
・・・チェーン店かしら??









f0232763_01354710.jpg



トラブゾンの名物チーズやバターは、
買おうか?と迷ったものの、旅はまだ続くので諦めました。











f0232763_01444509.jpg


ふらりと寄り道したalacahanは、
トラブゾン市の文化(手工芸)センターになっていました。


ハンの部屋がそれぞれ、
Çini(タイル画)、Tezhip(細密画)、エブル、Filografi(ストリングアート)、
編み物、銅細工、彫金・・・などのアトリエになっていました。





せっかく(?)なので、いくつかのアトリエを訪問しました。



f0232763_01445088.jpg


Keşanという布の機織り。

KeşanやPeştemalは、黒海地方の伝統的な織物だそうです。













f0232763_01445608.jpg

数10メートルの長さの布を1度に織っていきます。











f0232763_01450132.jpg


このアトリエで織り上げたKeşan。
・・・トラブゾンスポル(サッカーチーム)のカラーだね。










f0232763_01450555.jpg


刺繍のアトリエ。

拡大鏡で見ながら、
布の繊維1つずつに、糸を刺していくそうです。
・・・気が遠くなりそう。




次回は、『冬の黒海といえば、これ!!』
な食べ物編です。






第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-01-08 18:00 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(2)