コル・ボレイとポットラック(旅行・お出かけ部門)。

f0232763_00011136.jpg


今まで何度も登場していますが、
コル・ボレイ。



バーラマのレッスンの場所が変わってから、
なかなか行く機会がなかったけれど・・・トルコを離れる前にもう1度。








f0232763_00011612.jpg



『数あるボレキの中から、わたしの好きなモノを3つ選べ!!』と言われたら、
かなり悩んでしまうけれど、それでも、
ひき肉入りのコル・ボレイは、外せません。








話は変わって・・・。
受講していた市民講座最後の授業の日
(わたしだけ最後。他の受講生はまだ2週間あったけど)、
受講生みんなでポットラック・ランチをしました。




f0232763_00013284.jpg

ほぼすべてトルコの料理やお菓子ですが、

定番のトルコ料理から、食べたコトのないお菓子まで。
・・・おいしかったですよ~。







f0232763_00013668.jpg


わたしが取った講座では、
受講生のほとんどがスカーフを被った専業主婦の方たち。
今まで、わたしがあまりお付き合いしたコトのない層でした。

なので、世間話を聞いていると、
そうなんだって納得したり、そうじゃないでしょ?って思ったり・・・。


いちばん仲良くしてもらった女性(アラフォー)が、
『わたしが18歳のとき、母親に『行き遅れになった』って言われて、
 急いで結婚させられた』って話していたのには、吃驚。

最近、トルコは高校まで義務教育になったから、
今は18歳で結婚は難しいのでしょうけど・・・。




f0232763_00132542.jpg


(手前の子供たちは、受講生のお子さん。授業中は、併設の託児所で預かってもらえます)



一応、補足すると、
官公庁や銀行などでバリバリ働く女性も結構いますよ。
でも、この講座は平日、週2日朝から夕方までだったので、
そもそも、そういう働く女性たちは受講できないのです。




とにかく。受講内容以上に、いろいろと考えるコトの多い講座でした。



第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-01-30 15:44 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(6)

ギレスンのシミット(旅行・お出かけ部門)。

f0232763_07394092.jpg


シミットといえば、浮き輪状(ドーナツ型)のゴマ付きパンですが、


地方が違うと、シミットも違ってきます。



ゴマのついていないシミットは、
サーデ・シミット(素のシミット)とか
チュプラック・シミット(裸のシミット)とか言われて、
カスタモヌの名物シミットだと思っていましたが・・・。















f0232763_07400547.jpg



ギレスンでも、ゴマ付きとゴマなしのシミットが売っていました。














f0232763_07402201.jpg

ギレスン・サーデ・シミット 75クルシュ(約26円)。

[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-01-28 17:35 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(6)

ケールの葉っぱロール(料理・お弁当部門)。


f0232763_18540070.jpg





黒海地方の家庭料理から。


ケールの葉っぱを使った、ヤプラック・サルマス(yaprak sarması)。
ただ『ヤプラック・サルマス』っていうと、
ブドウの葉っぱをイメージしてしまうから、


正しくは、
Pancar Yaprağı Sarması(パンジャール・ヤプラア・サルマス)

もしくは、今回のように、中に牛のひき肉を入れているのなら、
Etli Pancar Sarması(エトリ・パンジャール・サルマス)とでも。



前にも、ちらりと書いたけど、
一般的に、トルコ語でパンジャールというと、ビーツのコトですが、
黒海地方では、ケール(カララハナ)のコト。
・・・地方によって、呼び名が変わるなんて、ほんと紛らわしいですよね。





f0232763_18540714.jpg



ギレスンのお友達の実家で教えてもらったのは、
肉を使わないベジタリアンなモノだったけれど、
わたしは、ひき肉を入れた方が好みかなぁ~?













第一回プラチナブロガーコンテスト

[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-01-27 19:07 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(6)

コーンのブルグル入りケールの煮込み(料理・お弁当部門)。

f0232763_18542534.jpg



カスタモヌ出身のお友達から、
『わたしの出身地のご当地料理だから、作ってみてね』と、
ケールとコーンのブルグルをセットでもらいました。


カスタモヌは、黒海地方にある県。

去年行った、トラブゾンやギレスンよりも、
もっと西側にあります。
黒海地方といっても、
西はボルから、東はアルトヴィン(ジョージアとの国境がある県)まで。
ずずず~っと、長いよね。








f0232763_18542920.jpg



ブルグルといえば、挽き割り小麦のことですが、
コーンを乾燥させて砕いたモノをコーンのブルグル(Mısır Bulgur)っていうのは、
初めて知りました。

・・・コーンをよくお料理に使う黒海地方らしい食材かも?









f0232763_18542116.jpg


お友達にもらった、コーンのブルグルを使ったご当地料理は、
Mısır Bulgurlu Karalahana、
身体に良さそうな、ベジタリアンな煮込みです。














第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-01-26 23:33 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback

根セロリとひよこ豆の煮もの(料理・お弁当部門)。

f0232763_19052992.jpg



根セロリの煮込み。
牛肉か牛のひき肉と一緒に煮込むのが好きでしたが、


市民講座の仲間(トルコ人の奥さんたち)との世間話のなかで、

『野菜料理は、肉などを入れないで、野菜だけで作る方が好みよ~』
『わたしも、そう思う!!』

などというコトを聞いたので、

実際に作ってみました。









f0232763_18543333.jpg


nohutlu kereviz yemeği(ノフットル・ケレビズ・イェメィ)。


肉は入れないけれど、その代わりに使うのが、ひよこ豆。
だから、タンパク質も入っています。

トルコの家庭料理って、ベジタリアンなモノが多いですよね~。









第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-01-25 19:22 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(10)

モロッコ・いんげん豆のディブレ(料理・お弁当部門)。


f0232763_18541616.jpg



黒海地方で習ってきたお料理を、
すっかり忘れてしまう前に、作ってみることにしました。





ピラフのような、野菜料理のような、ディブレ。

以前、ケールのディブレをUPしていますが、
今回は、fasulye turşusu diblesi(モロッコいんげん豆のトゥルシュのディブレ)。







f0232763_18541286.jpg



すっごくおいしくて、みんなにお勧めしたくなるような、
そんなお料理ではないですけど、

ベジタリアンなこんなお料理を、黒海地方では食べるのね
って、そういう紹介も含めて、
レシピを残しておきます。












第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-01-24 19:11 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(6)

骨董オークション(旅行・お出かけ部門)。

f0232763_02292425.jpg





お友達に、
前から気になっていたけど、行く機会がなかった、
骨董オークションに連れて行ってもらいました。

骨董というよりも、ガラクタ・オークションっていう方が正しいかな?
古くて価値がありそうなモノもあれば、
なにこれ?っていうようなモノもあったから・・・。










f0232763_02292846.jpg


くじで決められた順番に売るヒトが、
商品をどんどんとオークションにかけていきます。

安いモノでは、5TL(約180円)ぐらいからスタート。



売るヒトもだけど、買うヒトの多くは、
自分のお店(お土産物やさんとか雑貨屋さん)を持っているそう。









f0232763_01081287.jpg


どこで見つけたの?
っていう、刀もオークションにかけられていました。

由緒ありそうな日本刀じゃなくて、
映画やドラマのお侍さんが持っているような感じ??
木刀じゃなくて、金属の刃はありましたけど。






で。わたしが(お友達に頼んで)、
競り落としてもらったのは・・・、




『satıyorum, satıyorum, sattım!!
  サトゥヨルム、サトゥヨルム、サットゥン!!

 (=going going gone!!)』




f0232763_02154810.jpg


古いジェズベ5点セット。
ジェズベはトルココーヒーを淹れる小さな片手鍋のコトです。

手数料を含めて、20TL(700円ぐらい)だったかな??



普通にお土産物屋さんなどで、古いジェズベが売っているけれど、
安くても1つ10TLはするから、かなりお得でした。


実際、使うのではなくて、
並べて吊るして、インテリアにできるかなぁ~?と思っています。











第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by akdeniz_tk | 2017-01-23 20:56 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(6)