アイシングクッキーの練習中。

f0232763_2265443.jpg


なかなかうまくできませんが、
ずっとハマっているコトの1つ。

下手な割に、型だけは集めて集めて、50個以上。
しかも、すべてトルコへ持ってきました。
(アンタルヤでは、こういうかわいい型は売れていないです。残念ながら・・・。)



アイシングクッキーのアイシングには、
ロイヤルアイシング(粉砂糖、卵白を混ぜたモノ)を使うコトが多いのですが、
こっちの卵白はいまいち信用ができなくって、
ちょっと怖くて使うのを躊躇してしまいます。

で。以前、卵白の代わりにレモン汁を利用したのですが、
酸味が強すぎて(トルコ人には)評判が悪くて・・・。


調べたところ、他にもウォーターアイシング(グラッセアイシング)という、
卵白の代わりに水だけで作るアイシングもあったけど、
これで作ると、なんだか色が悪くなって、出来上がりに不満でした。


最後にたどりついたのが、牛乳を使って作るアイシング。
今までの中で、いちばん良い感じになりました。



f0232763_22215331.jpg


有名なアイシングクッキー屋さんのレシピどおりに。
最後に砂糖をかけるから、かなり甘くなって味は好みじゃないけれど、
やっぱり可愛いから、許されると思います。
[PR]

# by akdeniz_tk | 2010-04-25 22:04 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(0)

パザルでは、お花も安いです。

f0232763_19431798.jpg
ちょっと遡って、先週のコトです。
「お友達の家へ、何を持っていこうかな?」と考えながら、
パザル(市場)をぶらぶら歩いていたら、
しっかりと咲き誇った立派なガーベラを見つけました。

値段を聞いたところ、10本で60円!!
・・・安いです。
トルコでも、お花屋さんだと、かなり良い値段でお花を売っているのに、
パザルだと、半額以上の激安価格です。

ガーベラを買って、しばらく歩いていると、
今度はカーネーション。
15本ぐらい入ったカーネーションの束が、これまた60円!!!

もちろん、買ってしまいました。。。
それにしても、たった120円で、かなりの花の量です。




さて。ガーベラとカーネーション。
アクセントに、かすみ草を買い(お花屋さんで買ったので高かった)、
裏庭のレモンの樹から、葉っぱを摘んできて、
f0232763_19525279.jpg
それなりのアレンジができました。
1つは、お友達に。そして、もう1つは自分用です。

レモンの葉っぱって、色のアクセントだけじゃなくって、
お部屋に置いておくと、とってもよい香りが漂ってくるんです。
なんだか、得した気分。
[PR]

# by akdeniz_tk | 2010-04-22 20:05 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(0)

ロシアな1日(後編)。

f0232763_2053364.jpg
前回の続きです。

ボルシチとロシアサラダの後に、
デザートクレープを作りました。
コンデンスミルクをかけて食べるのがロシア風?

アンタルヤでは、コンデンスミルクがなかなか手に入りません。
以前、スーパーをハシゴして、
コンデンスミルクを探したことがあるのですが、
どこにもありませんでした。

「どこで売っているの?」とお友達に聞いたら、
ラーラのパザルで入手可能とのコト。
しかも、ロシア人の男性が売っているそうです。


f0232763_20592283.jpg
だから、缶は可愛いロシア風。

おいしい紅茶とクレープで、
楽しい、週末の午後をしめました。





話は変わりますが、
今回、一番感動したのは、実は料理じゃなくて、
お友達の家(高級住宅地区にあるマンション)でした。

広さもですが、一つ一つの作りが凝っていて、
お金がとってもかかっていそうな気配が漂っています。
(気配じゃなくて、事実かかっているでしょうけど)

まさに。こんな家にいつかは住んでみたい!!!
と、思わせるような家でした。

トルコ(アンタルヤ)に住んでいるロシア人は、極端な2タイプ。
出稼ぎタイプと、金持ちタイプ。
出稼ぎタイプは、故郷でお金が稼げなくてトルコへやってきたのに対して、
金持ちタイプは、トルコ人の平均的な1カ月分の給料を
たった1回のショッピングで使ってしまうという、
信じられないような貧富の差がそこにはあります。

わたしのお友達のロシア人グループ。
外見や、性格は、お金持ち風じゃないけれど、
間違えなく後者です。

今の生活に不満はないけれど、
たまには、贅沢もしてみたいなぁ~とちょっと思った1日でした。
[PR]

# by akdeniz_tk | 2010-04-20 21:12 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(0)

ロシアな1日(前編)。

f0232763_20144852.jpg
週末、友達のロシア人の家に集まって、
料理講習会をしました。

本日のテーマは、「ロシア料理」。
日本で、ロシア風の料理を食べたコトはありますが、
ちゃんとしたロシアの家庭料理は初めて。

まず、ロシアの代表的なスープ、ボルシチ。
「今から、『ボルシュ』を作るから」って言われて、
どんなモノか想像できなかったけれど、スープを見て納得。

「なんだ、ボルシチのコトね」ってコメントしたら、
「違うよ。ボルシュ」と指摘されました。
ボルシチは、和製ロシア語だったのか!!
・・・日本語は、子音で終わる言葉がないから、しょうがないです。

f0232763_2014763.jpg
そして、ロシアサラダ(Rus salatasıの直訳)。
日本では、オリヴィエサラダとも言われる、
要は、野菜のマヨネーズ合えです。

「マヨネーズ合え」ってあまり好きじゃなかったけれど、
ハーブ(ディル)の風味がアクセントになり、
予想以上においしかったので、レシピをノートしておきます。

【材料】
ジャガイモ、ニンジン、卵、玉ねぎ、ピクルス、
グリーンピース、ハム(以上、すべて同量)。
ディル、青ネギ、マヨネーズ。
【作り方】
①ジャガイモ、ニンジン、卵を茹でて角切りにする
②玉ねぎ、ピクルス、ソーセージも角切りにする
③①と②とグリーンピースを加える
④みじん切りにしたディルと小口切りの青ネギを加えて、
 最後に、マヨネーズで和える。

ポイントは、材料のすべてが同量であるコト。
ハムの代わりに茹で鶏でもおいしいそう。


調べてみると、トルコ語だけじゃなくて、
英語でも、フランス語でも、イタリア語でも、
マヨネーズ合えのコトを、ロシアサラダと言うみたいです。
[PR]

# by akdeniz_tk | 2010-04-19 20:18 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(0)

顔ビーズ。

f0232763_2151114.jpg
ビーズ屋さんで見つけた、変なビーズ。
よく見ると、顔です。




近くに置いてあった花柄のウッドビーズと合わせて買って、
家で組み立てたら、
f0232763_2184213.jpg
こんなにキュートな人形となりました。


トルコで売られているビーズの半分は、
海外から輸入したモノなので、
これも、きっとトルコ製じゃないと思います。
良く見ると、額の真中にビンディーが・・・。
(どのビーズでも、裏と表のどちらかの顔に
 ビンディがあったので、間違って描いたわけじゃなさそう)

ってことは、ヒンドゥー教徒?
インドからきたビーズかな??
[PR]

# by akdeniz_tk | 2010-04-16 21:16 | トルコの事情(小物編)。 | Trackback | Comments(0)

アンタルヤ名物 ピアズ。

f0232763_22314469.jpg
アンタルヤの名物、ピアズ。
白いんげんのサラダです。


トルコ国内どこでも普通に食べられるピアズ。
でも、アンタルヤのは、他の地域とかなり違っています。

原因は、ソースにターヒンというごまペーストを使うから。


他の地方のトルコ人が、アンタルヤのピアズを食べると、
かなり、ショックを受けるみたいですが、
日本人のわたしとしては、ちょっと胡麻ドレッシング風で、
とってもおいしいです。


f0232763_22515991.jpg
ちなみに。
アンタルヤのトルコ人の見解は、
「ターヒンなしのピアズはピアズじゃない」とのコト。

同じトルコ国内だけど、所変われば・・・ですね。
[PR]

# by akdeniz_tk | 2010-04-13 22:52 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(0)

クロッカス。

f0232763_20514837.jpg
トルコでは、花の名前に興味がないヒトが多いです。

「この花、トルコ語でなんて言うの?」と聞いても、
「名前?『公園の花』だよ」
という冗談のような本気の答えが返ってきます。

いくら公園によく咲いているからって、
それはちょっとひどいかも?

また、花の名前を咲く場所で分ける以外にも、
色で分けるタイプのヒトもかなりいます。
赤い花、白い花、紫の花・・・って、
それも花の名前じゃないです・・・。

人と一緒で、どんな花にも名前がありますし。
(ただ無名なだけ。)

そんなトルコ人に言わせると
f0232763_211729.jpg

「黄色い花」。
とても良い香りに、ハチが寄ってきていました。

さすがに花屋さんは名前を知っていて、
トルコ語では「チーデム(çiğdem)」だそうです。
[PR]

# by akdeniz_tk | 2010-04-12 21:08 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(2)