ひき肉とたまねぎのBoşnak Böreği。

f0232763_00064297.jpg



ボシュナック・ボレイ=ボシュニャック人のボレキ。

Bosnaklar(ボシュニャック人)とは、15世紀から19世紀にかけて、
オスマン帝国支配下で、イスラム教徒に改宗した南スラブ人の末裔のコト。




トルコ語wikipediaでは、さらに詳しく書いてあるけど、
推定4,800,000(4.8ミリオン=ゼロあっていますよね?)のボシュニャック人の、
2,150,000人ぐらいがボスニア・ヘルツェゴビナに、
2,000,000人(データが古かったけど)ぐらいトルコに住んでいるってコトなので、
トルコには、かなりのボシュニャック系トルコ人がいます。



で。その昔、バルカンから移民してきたボシュニャック人のボレキが、
ボシュナック・ボレイ。

シーツの上に、大きく広げて、巻いて焼くので、
Carsaf B?regi (チャルシャフ・ボレイ)とも言われます。
※チャルシャフ・ボレイは、
 Duzceとかトラキアのご当地料理としても挙げられるみたいですよ。
 トラキアは、トルコのバルカンだものね。


  




で。そんなボシュナック・ボレイを、日本の粉で試作してみました。



f0232763_00064767.jpg


粉と塩と水で作った生地を寝かせて、
テーブルいっぱいに広げた布の上で伸ばして・・・


ちなみに、家のテーブルは、150cm×90cmぐらいかな?








f0232763_00065284.jpg

少々穴があいても大丈夫だけど、
後ろが透けてみえるぐらい、薄くないとダメです。









f0232763_00065697.jpg


具を入れて、シーツごとゴロゴロ転がし、










f0232763_00070050.jpg


さらに。ぐるぐる巻きにして、オーブンへ。











f0232763_00070430.jpg


ボシュナック・ボレキの完成です♪♪






最近、ギョズレメのお料理教室をしたとき、
開くのがなかなか思ったようにいかない方も多かったけど、

このボシュナック・ボレイだったら、手で広げるから初めてでもしやすいかも?


ボシュナック・ボレイのグループレッスン、希望があれば致します。
(ただし、開催地は、山陰ですけど・・・)



遠すぎる!!って方のために、
レシピも乗せておきますね〜。






※今日は、なぜかトルコのアルファベットが文字化けするので、
 本文中のトルコアルファベットは、普通のアルファベットに変えて書いています



[PR]

by akdeniz_tk | 2017-02-19 00:46 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(18)

ハマったトルコドラマとランチのメモ。

f0232763_02012041.jpg





お久しぶりです。


更新を休んでいたこの間、
ドラマにどっぷりとハマっておりました。


黒海地方で泊めてもらったご家庭では、
その日の夜、母娘で『Hayat Şarkısı』っていうドラマを見ていましたのですが・・・。

随分と話が進んでいたから、ちょっと解説してもらっても、
何が何だかさっぱり分からず。

ずっと気になったから、気軽な気持ちでネットで1話から見始めたら、
かなりドロドロな展開に、えぇ~!!と思いつつも、
そのままどっぷりとハマってしまいました。


で。さらに、『İçerde』まで見始めてしまい、
これまた、ドロドロな展開に、目が離せず。。。

『İçerde』は、日本のテレビドラマ、ダブルフェイスとも似ていて、
マフィアの内部捜査員と、内通する警官の話ですが、
実は、この2人は兄弟(でも本人達は知らない)で、
さらに恋愛系な話も多少あって・・・って盛りだくさんなドラマ。

トルコのドラマは、だいたい1話が2時間ぐらいなんだけど、
『Hayat Şarkısı』が現在42話まで、
『İçerde』が現在21話まで。
・・・長いですよね。


『İçerde』の方は、You Tubeで、英語とドイツ語の字幕付きのがあったので、
リンクしておきます。
・・・サブタイトルをオンにしていないと字幕がでないようです。









話は変わりますが・・・。







話は変わりますが・・・。
[PR]

by akdeniz_tk | 2017-02-17 03:00 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(8)

オルドーのトースト・エキメッキ。

f0232763_08171746.jpg



たぶん、黒海の旅の記録はこれが最後。

トラブゾンのご当地グルメ三昧、
スルメネとブランジャックのパザル(市場)、
ホームステイをして、お母さんたちから習った黒海の家庭料理の数々、
とにかく、ギュッと詰め込んだ3泊4日の旅でした。



で。
ギレスンのお友達の実家に泊まった後、そのままギレスンの空港から、
アンタルヤまでのフライトを予約した気になっていたのですが、

旅に出る前にお友達と話をしていたら、
『ギレスンからアンタルヤへは直行便出てないよ?
 サムスンの間違えじゃないの??』と言われ、

・・・あれれ???


ギレスンからオルドーを経由して、サムスンへ。
サムスンからアンタルヤへ帰るコトになりました。

ギレスンとサムスン。
・・・スンしか似てないのにね。
地理感が全くないから、よくわかっていなかったわ。

でも。ギレスンからは直行便がないし、
トラブゾンからは当日の便がなかったので(週に3便しかない)、
結局は、サムスン一択だったのだから、しょうがないね。



まぁ、黒海地方を2県多く回ってラッキー♪♪
ってことで。





ギレスンからオルドーまではミニバスに乗って、
オルドーのバスセンター(オトガル)から、空港バスで、
サムスンにある空港へ向かいました。








f0232763_08175024.jpg



オルドーで見つけたトースト用のパン。
トルコのトーストは、ホットサンドとかパニーニみたいな感じ。
(詳しくは、以前UPしているからそちらでね





比較対象もなく、ずらっと並んでいると、
普通の食パン3斤と同じぐらいに見えますが・・・。










f0232763_08184661.jpg



かなりの大きさ!!
パン1枚が、パン屋のお姉さんの顔よりも大きいって・・・。


これでトーストを作ったら、ものすごく食べごたえがありそうですよね。
欲しかったけど、この袋まるごと(何斤分なんだろ?)しか売っていず、
ものすごく嵩張るから、諦めました。。。



長年、いつかは行きたいと思いつつ行けなかった黒海地方。
やっと念願が叶いました。

今回はハムシボレイ(イワシのピラフ)が習いたかったので、
秋の終わりに行ったけど(イワシは晩秋~冬がシーズンなので)、
現地でも、何人もの人に、『なんで、こんな時期に来たの?』って言われるぐらい、
ほとんど毎日雨でした。。。


次行くのなら、やっぱり夏前ですね。
夏は蒸し暑すぎるし、
秋は長雨だし、
冬は雪も降るし、寒いし(今年は特に雪がひどかったらしいですよ)、
・・・良い時期あんまりないんじゃない??

それでも、黒海地方が魅力的だって言われるのは、なぜなのでしょうね?







[PR]

by akdeniz_tk | 2017-02-08 03:22 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(8)

お鍋で作るイワシのピラフ(料理・お弁当部門)。

f0232763_21533407.jpg



ギレスンのお母さん達に教えてもらった、
ハムスィ・ボレイ(イワシのピラフ)。


お母さんたちの会話の中で、

『わたしはオーブンで作るよりも、コンロで作る方が、
 早くできるし好きよ』
とか、
『わたしは、オーブンが良いわ~。イワシの焼き上がり方も絶対オーブンよ』
とか、

レシピ談義も弾んでいました。
・・・結局、人それぞれ。好みによるんだなぁ~って思いつつ聞いていましたけど。






イワシをたくさん買ってきたので、
オーブンとお鍋(コンロ)のどちらも試してみました。

オーブンのレシピは、以前UPしているので、
今回は、お鍋の方です。



お鍋にイワシを並べて、ピラフを詰めて、
さらに、上からもイワシを並べて、
直接コンロで焼き上げました。



f0232763_21533901.jpg



お鍋だと、ひっくり返えして両面を焼く必要があるのですが、
・・・イワシの皮が簡単にはがれちゃうから、
   ひっくり返すのが、難しかった。。。

もっと油をたくさん使えば、もう少しきれいに仕上がるのだろうけど、
ただでさえ油たっぷりだから、これ以上はねぇ~。

ということで。わたしは、オーブン派ですね。




オーブンがないときもあるだろうし・・・って、レシピのリンクを張っておきますね。











第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by akdeniz_tk | 2017-02-01 22:14 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(12)