<   2016年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

キャラメルフレーバーのトルココーヒー(旅行・お出かけ部門)。

f0232763_00340542.jpg




ここ数年で、
トルココーヒー屋さんとシミット屋さんが激増しています。
しかも、不景気って言われているのに、ものすごく混んでいて・・・不思議だね。


トルコに初めて行ったときに、飲んだトルココーヒーは、
粉っぽくて、ちっともおいしいって思わなかったけれど、
最近は、ときどき『トルココーヒーが飲みたいなぁ~』って気分になります。
それは、わたしの味覚が変わったっていうだけじゃなくて、
きちんと淹れてくれるトコが増えたからかも?

だって。今でも、滅多にオーダーが入らないのかな?っていうトコで飲むと、
やっぱりおいしいって思わないもの。。。







f0232763_00341116.jpg



今までも何度かUPしたコトありますが、

『Bayramefendi Osmanlı Kahvecisi』

アンタルヤ発、
最近は、トルコ全国にチェーン展開している
髭のロゴが目立つ、トルココーヒー屋さんでは、


スタンダードなモノからフレーバー入りまで、
15種類ぐらいのトルココーヒーがあって、

なにを選ぼうか?って悩んでしまいます。



結局、オーダーしたのは、キャラメルフレーバーのトルココーヒー。
ジェズベ(コーヒーを淹れるための小鍋)を使わずに、
カップをそのまま火にかけて淹れてあります。
・・・本音を言うと、わたしは、やっぱりフレーバー入りよりも普通のの方が好き。








さて。今年も、残り1日となりました。
ほんと、1年が経つのが早い、早い。

去年の今は、まだお店を開けていたんだなぁ~
って考えると、
わたしの今年は、転換の1年でした。
・・・テロがこんなに頻繁に起こらなければ、たぶん続けていたのにね。
   ほんと先は、分からないわ。その後、クーデターも起って、
   閉めて良かったって思ったけど。。。


世界的に見ても、なんか物騒な方向に進んでいるような、
そんな1年だったので、来年は穏やかな年になるようにって祈っています。



iyi seneler!!
~よいお年をお迎えください~






第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-31 18:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(8)

ケッレ・パチャ・チョルバス。

f0232763_09290280.jpg





お昼ごはんをしっかり食べていたので、
全くお腹がすいていなかったけど、
お友達に付き合ってスープ屋さんへ。

半年ぶりに会ったので、おしゃべりがしたかったし、
わたしは、チャイでも飲めば良いかなぁ~と。








f0232763_09291367.jpg



Kelle Paça çorbası(頭と足のスープ)。

羊などの頭蓋骨部分のお肉と、足の軟骨などを使ってつくるスープです。
頭蓋骨部分は、頬肉が中心ですが、脳みそも入っていて、
わたしは、ちょっと苦手。
・・・味がっていうよりも、イメージ的にね。






f0232763_09292216.jpg




今まで数回食べたことはありますが、
はっきり言って、好んで注文しようと思わないスープです。


だけど、
『ここのはおいしいから、試してみるべき!』
と言われて、ハーフポーションを頼みました。









f0232763_09293114.jpg





脳みそっていうと、ちょっと躊躇しちゃいますが、
白子みたいな感じ?

白子好きの日本人だったら、脳みそもきっと気に入るハズ。


スープ自体は、豚骨スープ風なこってり味です。
・・・って、豚は全く入っていませんけどね。










[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-30 18:00 | 名物料理と食材辞典。

ウン・ヘルヴァス(小麦粉のヘルヴァ)。

f0232763_09282956.jpg






ヘルヴァといえば、
ターヒン・ヘルヴァがいちばん好きで、
他のヘルヴァは、イマイチだなぁ~
などと、思っていた頃もありますが・・・。



『おいしいのは、おいしいのね!!』
って納得したのが、ここ数年のコト。 









f0232763_09284057.jpg



そして。今回は、小麦粉のヘルヴァ(Un Helvası)。

祝い事やお葬式のときに作って配ったりするヘルヴァです。













f0232763_09285147.jpg



炒った小麦粉とバターの素朴な味だから、
シナモンが合います。




今まで何度か食べたけど、
ほとんど記憶に残っていないって、
たいして、おいしい訳でもないってコトなのでしょうが、

ここのヘルヴァは、
『あれ?ヘルヴァってこんな味だったっけ?』って感じで、
おいしかったです。
・・・おいしさレベルは、使っているバターで決まりそうだね。






[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-29 18:00 | 名物料理と食材辞典。

カイガナ~黒海地方のパンケーキ(旅行・お出かけ部門)。

f0232763_18205358.jpg




2年10か月ぶりに日本に帰国しました。
飛行機を4つ乗り継いで、約30時間かけて・・・。
やっぱり、地方都市から地方都市への移動って大変ですね。

今後、わたしは日本に居ますが、
(ネタ切れまでの数か月は)トルコとトルコ料理を中心にUPしていこうと思います。
引き続き、よろしくお願いいたします。



さて。黒海地方の旅の続きです。





黒海地方(というかトラブゾン)の朝ごはんといえば、
クイマックと並んでよく知られているのが、カイガナ。

カイガナ(Kaygana)=黒海地方のパンケーキのコトです。





f0232763_18210555.jpg


卵、小麦粉、牛乳(もしくは水)、塩、
ディルやイタリアンパセリなどのハーブで作った生地を、
たっぷりの油を使って焼きあげます。












f0232763_18221877.jpg


揚げるように焼いているから、外側はカリっとしているパンケーキ。
クイマックよりも、朝ごはんらしいかも?








第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-28 21:31 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(14)

Kıtlama Şeker(クトゥラマ・シェケル)(旅行・お出かけ部門)。

f0232763_15025193.jpg





黒海の旅のなか、偶然探していたものが見つかりました。

普通の角砂糖に見えると思いますが、
エルズルムのKıtlama Şeker( クトゥラマ・シェケル)です。


チャイ中毒ってぐらいチャイを飲むトルコ人は、全国的に多いのですが、
とりわけ、よく飲むのが、東アナドリア地方のエルズルム。

『チャイはリゼ(黒海地方)で植えられ、エルズルムで飲まれる』
っていわれるぐらいにね。

エルズルムのチャイ文化は、ちょっと他とは違っています。
普通チャイといえば、ミルクもレモンも入れないストレートティーですが、
エルズルムでは、少し薄めに入れたチャイにレモンを入れて飲むんです。

そして、忘れてならないのが、クトゥラマ・シェケル。
チャイの中に砂糖(シェケル)を直接入れるのではなく、
砂糖をかじりながら(口にふくみながら)、飲みます。

(ちなみに。このクトゥラマ・シェケルで飲むチャイを、
 クトゥラマ・チャイって言います。)




クトゥラマ・シェケルは、
イランのお砂糖ガンドと似ていますよね。
(イランのガンド?なにそれ??って方へ→トルコ語 ★★日本語)






f0232763_16414757.jpg



エルズルムは、トルコの東側で、
イランにも近いから、同じような文化があるのかもしれません。











f0232763_15030863.jpg



でも。調べてみると、このエルズルムの
kıtlama çayの文化は、19世紀にはじまったとされています。

お砂糖が足りなかったので、
ロシアから、型の状態で輸入されてきた砂糖を、
お家で、Taka Tukaという道具を使って、小さくし、
さらに、もっと砂糖が少しですむようにかじりながら、
チャイを飲んだとのコト。

また、この時期には、
エルズルムでは、コレラの脅威に侵されていたけれど、
「生水は飲まないよう」ってお医者さんが言っても、
エルズルムの人たちは、まったく気にしなかったらしく・・・。

その解決法として、町中に大きなサモワールを設置して、
朝から晩まで、お湯の代わりに、チャイを配り、
そのそばで、クトゥラマ・シェケルを切りながら渡したそう。




イランのガンドの始まりとは、ちょっと違いがありそうですよね。
(ペルシャ語だから、わたしには検索不能。。。)


※お返事は遅くなりそうですが、コメント欄開けておきます
 イランのガンドの始まりご存知の方が、教えてくれるかなぁ~って期待も込めて


[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-27 18:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(6)

トルコ式フォンデュ?なクイマック(旅行・お出かけ部門)。



f0232763_18175375.jpg







トラブゾンに行ったら、絶対に食べないと!!
って思っていたのは、クイマック。

以前、アンタルヤで食べたコトありますが、
本場で食べなきゃ、クイマックは語れない?




「和風な朝食だと、朝から魚(干物)やごはんを食べる」
って話すと、
トルコ人には、「え?朝から??」
って驚かれるのですが、

朝から、チーズとバターたっぷりなクイマックを食べる方が、
わたしにはちょっとびっくり。
・・・もちろん、食べますけど。







厨房にお邪魔して、クイマック作りを見学しました。


f0232763_18180413.jpg




トウモロコシの粉、水、バターを加熱して、

















f0232763_18182694.jpg



大量のチーズを投入!!











f0232763_18184467.jpg





チーズがとけると、伸びる、伸びる。














f0232763_18190516.jpg





クイマックの完成です。

パンにつけて食べるから、フォンデュみたいですよね。




※お返事するのは遅くなると思いますが、久しぶりにコメント欄開けておきます。








[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-26 18:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(6)

トラブゾンのアヤソフィア(旅行・お出かけ部門)。





f0232763_18145806.jpg




トラブゾンでおすすめの観光名所といえば、
Sümela Manastırı(スメラ修道院)、Uzungöl(ウズン湖)、いくつかの高原・・・
だそうですが、


スメラ修道院は、2016年の秋から完全閉鎖中、
(今のとこ、2018年には再オープン予定だそうですが、予定は未定。
 本来だったら、今年の4月に再開するって話だったのに)

ウズン湖も、雨の中出かけてどうするの?って感じだし、

高原は、そもそも夏に避暑に行くから良いのであって、
寒い中行く(10月の終わりでもかなり寒かった)トコじゃないし、


結局、今回は郊外に足を延ばさず、
トラブゾン市内を散策するコトにしました。







f0232763_17555103.jpg


観光名所で唯一行ったのは、アヤソフィア。

アヤソフィアって、
イスタンブルの旧市街だけじゃなくて、
トラブゾンにもあるんですよ。









f0232763_18152508.jpg



以前は、教会でしたが、
現在は、ジャーミーです。










f0232763_18153849.jpg





建物の中心部分の天井は、覆われていて、壁画は全く見えません。













f0232763_18155021.jpg




通路の一部の天井には壁画があったので、
きっと、全体がこんな感じなのでしょうね。










f0232763_18160290.jpg



イスタンブルのアヤソフィアと比べると、
かなりがっかり感がありますが、
高台にあるので、黒海を見るには良いかも?















次回は、トラブゾンの朝ごはん。
朝からこれですか?っていうようなヘヴィーな名物が登場します。




[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-25 18:00 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(4)

アクチャバットのキョフテ(Akçaabat Köfte)。(旅行・お出かけ部門)


f0232763_17432992.jpg






キョフテは、トルコのミニハンバーグや肉団子。
(派生的な豆や野菜のキョフテも存在します)


トルコの全国各地で、いろいろなご当地キョフテ(Köfte)がありますが、
黒海地方のキョフテといえば、トラブゾンの西側にあるAkçaabatのキョフテが有名です。












f0232763_17461040.jpg






で。
数あるアクチャバット・キョフテ屋さんの中で人気があるお店といえば、


本店は、もちろんアクチャバットにありますが、
イスタンブルやトラブゾンにも支店があります。

本当は本店に行きたかったけど、
車もないので、トラブゾン市内にある支店に行きました。








f0232763_17481850.jpg




キョフテをオーダーすると、
ブルグルピラフとAcılı Ezmeがついてきます。

Acılı Ezmeは、スパイシーペースト。
お店によって、かなり違いますが、
ここのはアジュカに近い感じで、とってもおいしかったです。
(アジュカ?なにそれ?・・・以前UPしているので、詳しくはそちらで)












f0232763_17471865.jpg






牛肉、パン、にんにく、牛脂、塩で作られるキョフテ。


その配合は、
約75%(73.2~76.2%)が牛肉、
約15%(14~15%)がパン、
約10%(8~9%)が牛脂
1%が塩

だそうです(cemiliustaのホームページより)。









f0232763_17493380.jpg



黒海地方らしく、
普通のパンのほかに、トウモロコシのパンもありました。












f0232763_17500203.jpg




食後は、バクラヴァとチャイ(紅茶)がサービス。












f0232763_17510117.jpg





予想していたけれど、この時期の黒海地方は雨続き。

トラブゾンに到着したのは、夜だったし、
雨の中、知らない街を歩く気にもなれず、
夜ごはんを食べてすぐに、ホテルへチェックインしました。


ホテルの窓から見た黒海。
・・・地中海との違い、イマイチ分からず。








[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-24 08:20 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback

はじめての黒海。プロローグみたいなもの(旅行・お出かけ部門)。





f0232763_04565089.jpg


トルコにずいぶんと長く居るというのに、
今まで、黒海地方には行ったコトがなかったわたし。


いつでも行けるから・・・


っていうのは、
いつになっても行けないって意味なのかもしれません。




兎に角。今年こそは!!と、春先から考えて、
実現したのは、秋。






f0232763_06123296.jpg




アンタルヤから、トラブゾンに飛んで、
トラブゾンのホテルで2泊。
ギレスンに移動して、
お友達の実家に1日泊めてもらい、
オルドゥを経て、サムスンからアンタルヤへ。


っていう、黒海地方のお料理をテーマとした3泊4日の旅でした。





次回は、黒海地方の名物キョフテといえば・・・です。






[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-23 18:00 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback

ピロシキって複数形だったんだね。

f0232763_08503791.jpg






あと数日で帰国するというのに、
こんなので大丈夫なのか?ってかなり不安。

事務手続きは、1日1つって感じで少しずつ終わりに近づいているけれど、
(まだ終わっていないの自体、問題?)

それ以上に不安なのが、移動準備。
たぶん、今がいちばんひどい状態。
廊下いっぱいに、捨てるモノと日本に持って帰る荷物が混在して、
ただでさえ途方に暮れているのに、ここのとこの寒さ。
廊下はかなり冷え込んで、片付ける気力がさらに低下してしまい、現在に至る。
って感じです。金曜日までには終わらせて、土曜日はゆっくりしたいなぁ~。








f0232763_08504668.jpg




先週、ロシア人のお友達のトコで、
一緒に、ピロシキを作りました。


具は、キャベツ炒め(ロシアだったらキャベツは酢漬けらしいけど)、
ジャガイモの2種類。


日本じゃ、ピロシキといえば、揚げるって思っちゃいますが、
ロシアだと、オーブン焼きも普通だそう。

今回、いちばん驚いたコトは、
ピロシキって複数形なんですね。
1個だと、ピロジョーク。

お友達が『ピロジョークは・・・』って話していたので、
ピロジョーク?なにそれ??
って聞いたら、『ピロシキは複数形だから』だって。

・・・また、1つ利口になりました。




今後のブログ更新は、しばらく不定期になります。
いくつか予約投稿していますので、今後ともよろしくお願いします。






プロが撮ると違うよね、やっぱり。
[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-22 09:21 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(10)