<   2016年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ひとくちシルニキ。

f0232763_07262726.jpg





アンタルヤにも冬がやってきました。

晴れの日が多いアンタルヤですが、
冬になると、長雨(しかも豪雨!!)が続きます。
特に、12月。1月も雨のときがあるけどね。

昨日から降り始めた雨は、今も止まず。
『ああ、冬になったのね』ってコトです。

ちなみに。雪は降りません。
たまにちらちらと雪が舞うと、
『○年ぶりの雪だ~!!』って大騒ぎになるぐらい。




今月の中頃(だったかな?)、
ロシア人のお友達のトコに遊びに行ったときに作ってもらったシルニキ。
わたしもお家で作りました。





f0232763_07264448.jpg




本来のシルニキ(Сырники)は、
白いチーズの入ったパンケーキですが、
彼女が作ってくれたのは、ひとくちコロッケ風。

シルニキの材料を丸めて、
衣をつけて揚げています。

シルニキ自体には、ほとんどお砂糖を使っていないから、
たっぷり粉砂糖やコンデンスミルクをかけて、スィーツとして食べても良いけど、
塩味のソースをかけたら、お酒のおつまみにもなりそうかなぁ~?




白チーズ(ロルペーニル)をたくさん買ったので、
翌日、普通のСырникиも作りました。
それは、また次回。











[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-30 18:00 | レシピ(お菓子とパン)。

ジャーゲバブ。

f0232763_17054750.jpg





地方物産展の続きです。

ホールの中は、全国各地から集まってきた名物でたくさん。
写真が整理しきれないので、まずは外会場から。
・・・会場を回った後に食べたんだけどね。




エルズルムといえば、ジャーケバブ。

イズミルで見た横ドネル(日本でいうケバブね)と似ていますが、




f0232763_17060778.jpg


ジャーという串にお肉(少し焼きが少なめ)をそぎ切りにして、
さらに軽く焼くので、
たとえ回っていてもドネルじゃなくて、ジャーケバブなのです。









f0232763_17061691.jpg



串焼きにも似ていますよね。












f0232763_17062416.jpg



ちなみに、隣で売っていたドネル。
お肉の重ね方も違ってみえます。











f0232763_17063151.jpg




お肉は、牛じゃなくて子羊です。
でも臭みもなく、噛めばジワリと味わいが広がります。
が、ところどころにある筋が固いのが気になりました。

エルズルムで本場のジャーケバブを食べたお友達曰く、
『おいしい方かな?でも、本場のは筋も丁寧に取ってあったよ~』
・・・本場のが食べたいっ。


日本<エルズルム以外のトルコ国内<本場エルズルム

ってコトかしら??
・・・そもそも。日本でジャーケバブを出すお店があるか知りませんけど。









[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-29 18:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(10)

ピシマーニエ。

f0232763_01495241.jpg






年に数回アンタルヤで開かれている全国物産展に、
お友達と一緒に出掛けてきました。
ちなみに。去年の様子は、こんな感じ(その1その2その3)。

毎度おなじみの名物もあれば、知らない名物もあり、
何度、行っても、楽しめるイベントです。

規模自体は今回のよりも大きかったけど、会場が広すぎるとそれはそれで回りづらいし、
さらには、旅直前で時間もなかったし・・・。
だから、今回の全国物産展の方が良かったかも?



これから数回にわたって、全国物産展について書くつもりですが、
まずは、いちばんおもしろかったトコから、スタートです。



イズミット名物、Pişmaniye(ピシマーニエ)。



ふんわりと口で溶けていくのは、

綿菓子に似ているけれど、綿菓子じゃないし。
韓国の龍のひげに似ているけれど、はちみつは入っていないし。


作り方は動画で知っていましたが、
今回、タイミングよく、実演を見ることができました。
・・・しかも。一番前で、最初から最後までかぶりつくようにね。




飴から、ピシマーニエになるまで、約10分。
・・・写真も撮りまくりです。



f0232763_01525529.jpg




ピシマーニエは、数人で一緒になって作ります。
今回は、男性3人。








f0232763_01543665.jpg



大きなお盆の上で、飴を伸ばして、
輪にして、











f0232763_01544650.jpg



3方向から同じ力を加えて、引っ張っては、
重ね合わせ・・・












f0232763_01545881.jpg




引っ張っては、重ね合わせ・・・













f0232763_01561928.jpg



飴が白っぽくなったら、
生地(粉と油入り)を取り出して、











f0232763_01563053.jpg



飴と合わせて、













f0232763_01564017.jpg



再び、3方向から同じ力で、
引っ張っては、













f0232763_01564938.jpg




重ね合わせ、















f0232763_01570554.jpg



引っ張っては、重ね合わせ、














f0232763_01573882.jpg




綱引きレベルで、すごく力が必要。
職人さんの大きな身体全部を使って、反り返るようにして引っ張っていました。









f0232763_01574798.jpg



どんどん細くなって、ピシマーニエができてきます。










f0232763_01575514.jpg




ちなみに。お盆の下には、火。
温めながらじゃないと、飴がすぐ固まっちゃうものね。












f0232763_01580570.jpg



ふんわりピシマーニエの完成です!!

出来立てを味見させてもらいましたが、
ほのかに暖かくって、口に入れるとふわりと溶けて、
・・・おいしいっ。









f0232763_01581352.jpg



冷めたら、型で成形。










f0232763_01582021.jpg




『食べるのは簡単だけど、作るのは大変だよ~』
と職人さん。

3方向から同じ力を加えないと、飴が切れちゃうし、
何よりも、ものすごい力仕事だしね。










[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-28 18:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(10)

バインミー。

f0232763_14300671.jpg





ずっと食べたいと思っていたバインミー。
やっと念願が叶いました。


ベトナム風のレバーペーストだけは、
2ヵ月前から準備していたのにね。
(レバーペーストは冷凍庫で待機)


夏は、コリアンダーと大根が手に入らず。
コリアンダーは1ヵ月前ぐらいから、大根は先週、
パザルでも扱うようになったので、
いざ!!と思ったら、

ミニエキメッキ(バゲッド風のパン)がなかなか買えず。。。
3回ふられて、4度目。
焼き上がりを待つ!!って気合いを入れて行ったら、
あっさり買えました。



近くのベーカリーのミニエキメッキ、
すぐに売れきれるだけあって、ほんとおいしかったです。

クラストは薄めでパリパリ。
クラムはふんわり。


何度ふられても、
もしくは、焼き上がりを待ってでも買いたいようなお味でした。







f0232763_14303654.jpg



で。わたしのバインミーはというと、

バター、レバーペーストを塗って、
ハム(鶏肉のだけど、トルコだからしょうがないね)、
大根とにんじんのなます(酢じゃなくてレモンを使う方が好み)、
そして、コリアンダーをこれでもか!!と挟んだもの。

ちょっと大きめなミニエキメッキだったけど、
するりと完食しちゃいました。




使ったレバーペーストのレシピをリンクしておきます。

ベトナムのお料理サイトを参考に、
ベトナム語は全く分からないけど、想像力を足しながら、
作ったレバーペーストです。





















[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-27 18:01 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(10)

バインセオ。

f0232763_07023936.jpg





現在、保存食をせっせと消費中です。

といっても、お店で使い切れなかった
バーミセリとか、パッタイとか、ココナッツミルクとか、
冷凍のカニカマ、エビなど、アジア食品ばかりなので、

トルコにいるのに、内食は、ほぼアジア系。
・・・トルコ料理も、こっちにいる間に、
   作らねば!って思うものがいくつかあるけどね。










f0232763_14423786.jpg





ココナッツミルク消費のために作ったバインセオ。


どうやって作るんだっけ?って、作り方を忘れてしまうぐらいに久しぶりに、
そして、セラミック加工のフライパンでは初めて、作りました。

・・・セラミック加工って、油があると生地が中で滑るから、
ものすごく作りにくかったです。











約束通り、ユフカを広げてきました。
[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-25 18:00 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(7)

チョコレートと胡桃でハネムーン・クッキー。

f0232763_04462501.jpg







最近、気になっているお菓子が3つあって、

イタリアのケーキの一種、
バルカンのパイの一種、
そして、トルコのクッキー。


ずっと名前を知らなかったのですが、

ハネムーン・クッキー(Balayı Kurabiyesi)っていうみたい。
・・・どうして、ハネムーンなのだろ??


ほぼ、チョコレートとヘイゼルナッツの濃厚なクッキーです。








f0232763_04463436.jpg





チョコレートのストックは、たっぷりあるけれど、
ヘーゼルナッツがなかったので、お家にあった胡桃を使って、
試してみました。

が。胡桃のエグミというか雑味が出るから、
期待していた出来上がりにならず。。。
・・・薄皮を全部取れば良かったのかもしれないけど、
   それって、栗の渋皮以上に面倒だよね


ヘーゼルナッツを買って、また試してみようと思います。









初ハライ。って踊りませんけど・・・。
[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-24 18:04 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(4)

フルマ・タトゥルス。


f0232763_00591078.jpg



ブルサ名物といえば、
ケスターネ・シェケリ(マロングラッセ)ですが・・・。


お友達のトコで、
「ブルサのお土産だよ~」って出していただいたのが、
ちょっとUPしたマロングラッセ・ケーキと、
このフルマ・タトゥルス。

フルマ・タトゥルス屋さんのBağdatは、1968年創業。
こういうシンプルなお菓子の方が息が長いのかもしれないですね。











f0232763_01051359.jpg


フルマ=ナツメヤシですが、
中にナツメヤシが入っている訳じゃありません。
カタチと色が似ているというだけ。

お味は、かりんとうに似ています。
・・・カタチは、かなり太いけど。








f0232763_01174732.jpg




昔から変わらぬ味だそうですが、

アレルギー対策として、
周りのココナッツが別袋で入っていて、
後でかけるようになったのは最近。

今、本当に、アレルギーの方、多いですものね。





[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-23 18:00 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(4)

カイマク&はちみつがけコーンブレッド。

f0232763_10073507.jpg





カイマクは、トルコ風なクロテッドクリーム。

カロリーは高いし、日持ちもそんなにしないから、
滅多に買わないけれど、大好きなトルコの食材のひとつです。


キュネフェやエキメッキカダイフの甘さが和らぎ、
味わいも深くなります。

お家で食べるのなら、
カイマクにはちみつをかけて、
ベーカリーのエキメッキにつけて食べるのが好き。
・・・ベーカリーのエキメッキはそれ自体がとってもおいしいけどね。








f0232763_10080875.jpg




コーンブレッドを焼いたので、
カイマクをのせて、はちみつをかけてみたら、
これが、また良い感じ。


昔。大学時代の食品学の先生が、
『ひとがおいしいって感じるのは、糖と油脂』って言っていたけど、
カイマクとはちみつは、まさにその組み合わせ。
・・・おいしく感じるのは当然だね。
















・・・確かに。貧困や餓えからは、陽気な歌は生まれにくいよね。
[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-22 21:09 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(8)

インスタントラーメン。

f0232763_04460004.jpg





ずいぶん前から、バインミーが食べたいのですが、
なかなか実現できません。
最近まで、コリアンダーが手に入らなかったし、
(夏は、育たないのか?パザルで売っていないのです)
やっとコリアンダーを買ったよ!!って思ったら、
次は、パン。。。


ベーカリーでも、スーパーでも、万屋さんでも売っているのですが、
バインミーには、少し太すぎるので、ミニekmekを求めているんだけど、
これが、どこでも売っている訳じゃなくって・・・。

しかも。なぜか、すぐに売れきれてしまいます。

実は。今週3回、お家の近くのベーカリーに行ったのだけど、

1度目は夕方。『売り切れ、30分後に焼き上がるよ~』

2度目は夜。『今日のはすべて売り切れだよ』

3度目の今日、お昼の焼き上がりを狙っていったのに関わらず、
『売り切れ。夕方にまた焼き上がるよ~』

どんだけ、人気なの?って思いますよね。






で。ガッカリ、トボトボとお家へ帰る途中、
スーパーに寄り道したら、

日清食品のインスタントラーメンが新発売!

ってのを見つけました。


日清食品が2013年にトルコに進出した当初、
『トルコでも、インスタントラーメンが出るのね』ってすっごく期待して待っていたら、
ちょっとがっかりした記憶があります。


待つこと3年。やっとインスタント・ラーメンです。
この3年で、トルコもちょっと変わってきて、
日清食品の前に、他のメーカーがインスタントラーメンを出しているし、
売れる!!って思ったのかなぁ~??

ちなみに。お味はチキン風味とカレー風味の2種類です。
きっと、しばらくしたら他の味もでるのでしょうが、
そのころには、日本の生ラーメンとかを食べているんだろうなぁ~。






f0232763_04470639.jpg



裏に作り方が書いてあるんだけど、
『沸騰したお湯に、ラーメンを3~4つに割って、粉スープと一緒に入れる』
・・・え?日本のインスタントラーメンと作り方が違うね。

そういえば。インスタント・パスタのときも、
3~4つに割って入れるって書いてあって、不思議だな~って思ったんだけど、
トルコ人は、長い麺を好まないってことなのかしら??


パスタで思い出したのですが・・・。
最近、トルコ人の女性が、おすすめパスタ調理法を教えてくれたのだけど、

パスタ(ショートパスタ)の半分を油で炒めて、
色が付いたら、残りの半分のパスタと水と塩を加えて、
水がなくなるまで加熱する

んだって。本当においしいのかしら??ってかなり気になっています。
少なくともアルデンテには程遠い仕上がりですよね。
・・・イタリア人には怒られそうかも?






[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-21 18:00 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(8)

イートン・メス

f0232763_14424799.jpg





昔は春じゃないとイチゴは売ってなかったのに、
ここ数年、年中、パザルでイチゴを見かけます。
(っていっても、どこでもって訳じゃないですけどね)


たいして甘くないし、おいしくもないけれど、
でも、やっぱりイチゴはイチゴ。
・・・嬉しいです。










f0232763_14425943.jpg




そのままで食べるには、ちょっとがっかりなイチゴでも、
お菓子に使うのなら、大丈夫。
・・・そりゃ、甘くておいしいイチゴの方が良いけど、手に入らないよりはマシでしょ?



イートン・メス。
メレンゲと微糖生クリームに、
イチゴとイチゴシロップを乗せました。






先生、もうちょっとわかりやすい歌詞のトゥルキュ、lütfen(プリーズ)!!
[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-20 18:00 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(10)