ナツメヤシ入りキョンベ。

f0232763_05024681.jpg





ここのところ、キョンベの話ばかりに書いていますが・・・。



お友達が、

どら焼きの餡にナツメヤシを使ったら、
小豆の餡っぽくって、おいしかったよ~

って話していたので。



キョンベに入れても、良さそうだなぁ~と、試してみました。


キョンベは、かなり大きめのクッキーだから、
プレーンよりも、フィリングの入った方がおいしいハズだし。








f0232763_05025624.jpg




・・・たしかに、小豆の餡みたい。

最近、赤い豆(小豆とは少し違ったから、なんでしょう?)も、
一部、大型スーパーで販売されるようになったから、
頑張れば、豆の餡もできない訳じゃないけれど、
手間を考えたら、ナツメヤシで十分満足しちゃいます。


ちなみに。作り方はというと、
中にフードプロセッサーでペースト状にしたナツメヤシを入れました。



キョンベの話も、次回でおしまい?
って思っていたら、先日、
ヨーグルト入りキョンベなるものを見つけました。

レシピを読むと、ほぼ、ヨーグルトタルト。



クッキーあり、パンあり、タルトあり。
キョンベの定義が、ものすごく気になりました。







[PR]

by akdeniz_tk | 2016-07-29 05:18 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(12)

白チーズとマッシュルームとハムと青ネギ入りのKOMBE

f0232763_22240415.jpg







夏野菜のシーズン。
パザル(市場)で、オクラを買ってきました。

わさっとビニール袋に入ったのが、120~180円ぐらい?
量ってみたら、600gありました。

大きさも揃っていないので、
大中小と3つに分けて・・・これから、しばらくオクラ三昧です。
(そのうち、トルコのオクラ料理に化けたのをUPすると思います)


オクラというと、
女の子が、『yine mi bamya~』って言っている
かなり前のIKEAのCMを思い出します。

印象に残るCMって、いつまでも頭の中に残っているものですねぇ~。
(どんなのか?って、気になる方のために、リンク張っておきますね)








f0232763_22253383.jpg




今日のメインは、またもKOMBE。


『KOMBE』について調べていた時に、
たまたま見つけたパンです。
キョンベじゃなくて、コンベって読むのでしょうけど・・・。

これとかこれとか。
アドレスの最後が『.hu』になっているので、
ハンガリーのパン?
(日本語で、ハンガリーのKOMBEについて書いてあるのを、
 探したけど、見つからなかったので、未確認です)





f0232763_22280540.jpg




レシピを読むのが面倒だったので、
写真からのイメージで作ってみました。

実は、これでも、3回目。


1回目は、一番下の層に、生のマッシュルームを入れたら、
水気が多すぎたのか、下層の生地が膨らまず・・・失敗。

2回目は、カタチはそれなりだったけど、
パンの味がこれじゃないかな?・・・保留。


3回目は、マッシュルームをパンに加える前に炒めておいて、
パン生地は、ロールパン風にして、なんとなく終着点が見えてきた感じでしょうか?

まだ、層がきれいに出ていないので、改良は必要そうですが。

下層と上層では、発酵速度が違うってコトと、
生地が膨らんでも、具の層がなくならないように調整するってコト。


このパン。お惣菜パンだけじゃなくて、甘くしてもおいしいと思います。
チョコ×バナナとか、チョコ×チェリーの甘煮とか・・・。


しばらく、ハマりそうなKOMBEです。





[PR]

by akdeniz_tk | 2016-07-26 23:01 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(14)

ひき肉入りキョンベ。

f0232763_05275326.jpg





ご無沙汰しております。
この間、更新しようとしたけれど、
またもや、ウィンドウズ10のせいで、
最後まで書いたのに、UPする前に、
勝手に終了しちゃうという、不可解現象が起こり、
しゅぼんと、更新意欲が消えちゃいました。。。

パソコン自体が古いから、
ウィンドウズ10についていけないのかしら??
(ブログを書くと、たまに、途中で強制的にソフトが終了する
 なんていう、ウィルスはないですよね、きっと)


先日のトルコのクーデター。
ご心配してくださって、ほんとうにありがとうございました。
イスタンブルやアンカラでは、かなり大変だったみたいですが、
アンタルヤは、ほぼ通常通り。
クーデター後、昨日まで、
政府が国民に呼びかけて、ジュムフリエット広場で、
集会(なのか、デモ?)があったみたいですが、
近くを通っていないので、詳しいコトはわかりません。

人の集まる場所には行かないように・・・
っていう、日本大使館からの注意メールに従っているので。







f0232763_05280521.jpg



さて。キョンベというと、わたしは、ハタイのクッキーをイメージしますが、
どうやら、他の地方にも、同名のお料理があるみたいで・・・。


Kıymalı Kömbe(ひき肉のキョンベ)。



生地も、作り方も、お味も、全く別物ですが、
これも、キョンベです。

調べてみると、Osmaniye、Malatya、boluなど、
地方はかなりバラバラ(全国的?)で、もしかして、
クッキーのキョンベよりも、こっちの方が一般的なのかもしれないです。

ちなみに。このキョンベは、地方によっては、
gömme(ギョンメ)とも言うそうです。



わたしが作ったのは、生地→具→生地→具→生地の、
5層構造ですが、
普通は、具を生地に挟んだだけの3層。

生地が結構あったし、
3層だと具の層が厚くなって、ボロボロしちゃうからなぁ~
って、5層にしてみたけれど、
写真に撮るのならば、3層の方がより層が出て良かったかも??



そうそう。このギョンベのご当地を調べているときに、
さらに、他の国のキョンベっていうお料理を発見しました。
調べれば調べるほど、深まっていくキョンベ。。。

次のUPは、他の国のキョンベですね。








[PR]

by akdeniz_tk | 2016-07-23 12:20 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(12)

メロンパンアイス。

f0232763_10391339.jpg





ウィンドウズ10に強制的に変わったせいで、
パソコンの調子が悪く(今度は、マイクロソフトedgeが開いている途中で、
強制的に終了?開けなくなります。Google chromeは、今のトコ、問題ないですけど)、
投稿しようとして途中で断念するコト数回、
更新が滞りがちになってます。



暑いですねぇ~。
日本も猛暑だそうですけど・・・今年は、世界的にそうなのでしょうか?

海に出かけていないのに、すでに夏休み明けの小学生のように、
すっかり日焼けしちゃいました。。。
きっと、日中、車に乗っているせい・・・あ~あ。



そうそう。最近、メロンパンを焼きました。






f0232763_10392639.jpg




作るのも、食べるのも、久しぶりのパン。
(トルコに来てから、初めて作ったかも?)

外のクッキー部分は、わたし好みになったけど、
パン生地の部分が、微妙。
もっと、ふんわりと仕上げたかったのになぁ~。




でも。せっかく作ったのだから、
アイスを買ってきて、メロンパンアイスにしました。

そのまま食べてもおいしい、
カイマックル(濃厚クリーム仕立てな感じの)アイスを、
メロンパンに入れたら、
気になっていたパン生地部分のどっしり具合も緩和されて、良い感じ。

次は、帽子パンを焼こうかなぁ~って思っているトコです。







[PR]

by akdeniz_tk | 2016-07-16 21:19 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(26)

キョンベクッキー(ハタイのスパイスクッキー)。

f0232763_08275748.jpg





先日買ってきたキョンベ用スパイスを使って、
キョンベ(Kömbe)を作りました。

キョンベも、地方によってタイプが違って、
層になったお惣菜パン的なモノもあれば、
スパイス入りのクッキーもあります。
(同じ名前なのに、全く別物!)

今回は、クッキータイプのキョンベ。
シリアに近いハタイ地方のご当地お菓子です。











f0232763_11231408.jpg




木製(最近はプラスティックもあるけどね)のキョンベ用の型。


2種類買ったけど、
花柄のは、あんまりきれいに模様がでなくて、イマイチでした。。。









f0232763_08282830.jpg




写真の奥に映っているのが、キョンベ用のスパイス。


シナモン、オールスパイス、ナツメグ、クローブ、生姜パウダー、
マスティック、マハレブ(ワイルドチェリーの仁)をミックスしたモノです。

今回は、ハタイの物産を売っているお店で、
既にブレンドしたのを買いましたが、
自分で作るのなら、
シナモン、オールスパイス、ナツメグ、クローブ、生姜パウダー、マハレブを同量混ぜて、
砕いたマスティックを加えればよいです。

・・・日本で作るのなら、マステックとマハレブを省略ですよね。
   手に入りにくいもの。。。






f0232763_11230140.jpg




レシピメモ残しておきます。

【材料】12個分

バター 55g
サラダ油 55g
ヨーグルト  50g
グラニュー糖(バニラ風味)  100g
小麦粉 200g
ベーキングパウダー 小さじ1
キョンベ用スパイス 大さじ1/2
ごま 20gぐらい

【作りかた】
1.ボウルに、室温で柔らかくしたバター、サラダ油、ヨーグルト、グラニュー糖、ギョンベ用スパイスを入れてよく混ぜる
2.小麦粉とベーキングパウダーを混ぜ合わせてふるいにかけたものを加えて、よく混ぜる
3.40gぐらいずつ丸めて、軽く押しつぶし、片面にごまをつける
4.キョンベの型に入れて、軽く押し付けて、取り出す
5.170℃に余熱したオーブンで15分、さらに、150℃に温度を下げて20分程度、焼く
  ※オーブンによって違うので様子を見ながら焼いてください



※ トルコではバニラの風味づけにシェケルバニリンっていう香味料を使いますが、
  わたしは、バニラステックで香味をつけたグラニュー糖を使っています
  日本だと、バニラエッセンスでも良いですよね、きっと

※ キョンベ用スパイスは、かなり強烈な香りだったので、
  少なめ(コワゴワ)に入れたけど、焼くと香りが結構飛ぶので、
  スパイス好きなら、もう少し増やしても良いと思います










[PR]

by akdeniz_tk | 2016-07-08 12:05 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(12)

サジ・カヴルマ(鉄板炒め)とラマザンイベント。

f0232763_22301197.jpg




最近、
ちゃんとした外食は、ほとんどしないんだけど、
ちょっと前に外で食べた、サジ・カヴルマ。

訳せば、鉄板炒めですが、
ちゃんとしたトコで食べた訳じゃないので、
普通に(たぶんテフロンの)フライパンで作ったトルコ風牛肉と野菜の炒めものです。


こんなに牛肉って硬かったけ?
ってぐらい肉は硬く、筋が自己主張していて、
いつ飲み込めばよいのか?悩むほど。


でも。お味は悪くなかったので、
お肉を避けつつ、野菜を食べてしまいました。。。



よく考えると、最近、硬いものってほとんど食べていないから、
(鶏肉中心、せいぜい、たまにひき肉)
もしかして、顎が退化している??って反省。

きっと、こんなお肉を食べたら、顎がものすごく鍛えられるハズ。






さて。ラマザン(断食月)も今日が最後。
明日から、ラマザン・バイラム(ラマザン祭り=シェケルバイラム=砂糖祭)の大型連休になります。




f0232763_22302656.jpg


昨日、カレイチ(旧市街)に出かけた帰り道、
ラマザン期間中のイベントを開催している、カレイチの近くの公園へ。

お昼とは違って、かなり賑わっていました。 
  ※お昼の閑散とした様子は、ちょっと前にUPしています。









f0232763_22304092.jpg



ほんとうは、全く寄り道する気はなかったんだけど、
カレイチで車を止めるスペースが見つからなくって、
結局、かなり遠いトコに駐車したので、
どうせ歩くのなら、夜の様子も見ておこうかなぁ~と。


それに、ギョンベ用スパイスが売っているかも?
っていう期待もあったしね。





f0232763_22305785.jpg



飲食系の出店は、アイスクリーム屋さんが多かったです。

日本だと、かき氷屋さんでしょうけど、
トルコだと、やっぱりドンドルマ。








f0232763_22312957.jpg




アイス屋さんの横の水のペットボトルの量にも、ちょっと驚いたり・・・。









f0232763_22311251.jpg




特設会場では、歌手がトルコの曲を歌っていました。

聞こえてくる歌が、ちょうど
以前、一緒に働いていた調理師さんがうないながら料理をしていた曲で、
なんとなく歌詞を聞いていて、ビックリ。


調理師さんは、
♪♪bu fasulye 3.5 lira, hem kaynasın hem oynasın ♪♪
(この白いんげんは3.5リラ、ぐつぐつ煮立せろ!同時に踊らせろ!!)

って、歌っていて、

『調理師さん、今時、3.5リラじゃ、白いんげんは買えないでしょう?』
なんて話をしていたのですが、


本当は、
♪♪bu fasulye 7.5 lira, hem kaynasın hem oynasın ♪♪

・・・調理師さんが、勝手にずいぶんと値引きしていたみたいです。




どんな曲かは、リンクしておきますね。












f0232763_22313849.jpg



カレイチ(旧市街)も、賑わっていましたよ。



明日から、トルコは大型連休です。






[PR]

by akdeniz_tk | 2016-07-05 01:54 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(12)

牛ひき肉で生煎。

f0232763_18120311.jpg





最近、何度か試している生煎。
上海の小吃の1つですね。

まずは、上海ナビの生煎食べ比べを読んで、
イメージをUPさせて・・・・。
皮がふわりとして、カリッとした焼きめがあって、
中からスープがあふれ出す、そんな生煎を目指します。


生地は、餃子とは違って、イースト入り。
粉とイーストと砂糖と塩で作った生地を
ほとんど発酵させないで、具を包みました。
(発酵させると、生地の厚い、ただの焼き肉まんになっちゃうし。。。)


具は、豚のひき肉を入れたいトコですが、
手に入らないので、牛肉で。
ゼラチン(もしくは煮凝り)を使わずに作りました。

牛ひき肉に少しずつ水を入れて(それが後で肉汁に変身!)よく混ぜて、
葱とショウガを加えて、
味付けは、オイスターソースと塩胡椒。
あと、ほんの少しだけごま油もね。





f0232763_18121557.jpg





小籠包のような形に包んで、
餃子を焼くように焼いたらできあがり。


餃子もおいしいけど、生煎も良いね。





[PR]

by akdeniz_tk | 2016-07-02 18:28 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(12)