エスニックそぼろカレー。

f0232763_21311998.jpg





洗車をすると、雨になる。


数か月ぶりに、洗車屋さんに行って、
フル洗車(内も外も)をしてもらったら、
翌日は、雨。夏のアンタルヤ、最後に雨が降ったのっていつ?ってぐらい、
ほとんど雨が降らないのに・・・。

普通の雨ごいよりも、効果がありそうだなぁ~って思いました。




オクシモロンのエスニックそぼろカレーがとってもおいしそうだったので、

鎌倉に行けるのはいつになるかわからないしなぁ~と、
写真からイメージして、適当に作ってみました。


東南アジアっぽくひき肉を味付けて、
周りには、コリアンダーと青ネギと大葉と、
水菜はないので、レタスを乗せて・・・。

まがい物ですが、すっごくおいしかったです。




大葉をもっと入れたかったけど、
いまだに大葉栽培が成功していないので、
ほんのちょっとだけ。
(↓にレシピメモを残しましたが、試すのなら、大葉はもっと入れたらよいと思います)

お皿もね。最後に混ぜて食べるから、もっと大きめが正解だったね。











作ったあとに知ったけど、
本当のオクシモロンのカレーレシピって本になっているのですね。

きっと、かなり違うと思うので、いつか本物も食べてみたいな。








f0232763_21312816.jpg



【材料】1人分
牛ひき肉  75g
レッドカレーペースト 大さじ1/2
にんにく 2かけ
ショウガ 少々
ナンプラー 大さじ1
砂糖 小さじ1
胡椒 少々
サラダ油 大さじ1
レタス 1枚
青ネギ 1本
大葉  5~6枚
コリアンダー 4~5本
ピーナッツ(砕いたもの) ひとつまみ
白飯 1膳分

【作りかた】
1.ショウガ、にんにくをみじん切りにする
2.小鍋を火にかけ、サラダ油を入れて、ショウガ、にんにくを炒める
3.ひき肉を加えてさらに炒め、ひき肉の色が変わってきたら、
  カレーペーストを加える
4.砂糖、ナンプラー、胡椒を加えて、ひき肉に火が通るまで加熱する
5.盛り付ける
  レタスと大葉は千切りに、コリアンダーは食べやすい大きさにちぎり、
  青ネギは小口切りにする
  中央に白飯を盛り付けて、上からカレーそぼろをかけ、
  周りに、レタス、大葉、コリアンダー、青ネギをのせ、
  上から、ピーナッツをかける


 
追記:なにかが足りない?って思いつつ写真を撮ったのですが、
   本物にはレモンが付いていますね。レモンも添えて、どうぞ




[PR]

by akdeniz_tk | 2016-06-30 22:08 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(12)

冷やし中華。

f0232763_06050591.jpg





「まだ6月だよね?」
ってぐらい、過酷な暑さなんですけど・・・。

特に、先週末はひどかった。。。


ただでさえ暑いのに、エアコンのない厨房はというと、ほぼサウナ。
同じトコにいたトルコ人は、
「60℃は超えている!」って断言していて、
さすがに少し大げさだとは思うけど・・・。

でも。金曜日、土曜日と、1日1キロのペースで痩せたって言えば、
どれぐらい凄まじかったか?って想像できますよね。きっと。
水を飲んでも、飲んでも、のどの渇きが癒えないし・・・。
(ただし。残念なことに、身体の水分を絞っただけのようで、
 月曜日には、1キロ元に戻っていました。ガッカリ)


さすがにこれはまずいのでは?
と、エアコン導入を、早々に検討中だそうです。

食品管理の面からも、そうして欲しいって思ったり。。。
(室内には、食品をできるだけ置かないようにしていたけど・・・)








f0232763_06052793.jpg




昨日、今日は、暑さも少し和らいで・・・。


っていっても。今書きながら、

車に乗って、温度計が『38℃』を示すのを見て、
「今日は、ちょっと涼しいかも?」って思うのは、
やっぱり間違えな気がしてきた。

そりゃ、先週末の『46℃』とか『49℃』とかと比べたら、
あんまり暑くないのかもしれないけれど、
決して、涼しい訳じゃないしね。

まだ、6月。これから、いったいどうなるの??
って、夏本番のコトを考えたくもないです。




f0232763_06054996.jpg





日曜日の夕方、
少し空き時間があったので、カレイチ(旧市街)をお散歩。

今通っているトコから、3分歩けば、地中海です。
(写真の背景は、見えにくいけど、実は海)





f0232763_06053577.jpg





タイルの番地表示に、ほんの少し異国情緒を感じたり・・・。
(すでに見慣れてしまい、異国感覚は麻痺しているのですが、
 さすがに、これにはトルコを感じます)






f0232763_06051719.jpg


通っている、お庭。
緑が多くても、暑さは凌げません!!







f0232763_06055748.jpg



話は変わって、表題にした冷やし中華。
ターヒンを使ったごまだれをかけました。

たれは好みに仕上がったのですが、
麺がイマイチ過ぎて・・・パスタで作った方が良かったのかも?






[PR]

by akdeniz_tk | 2016-06-28 06:35 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(18)

カレイチとバーベキュー。


f0232763_09021055.jpg




お久しぶりです。
2週間ほどブログを休んでいる間に、
とうとう、長い夏が始まってしまいました。

先週、耐え切れずに、初エアコン。
外に出ると、40℃以上の猛暑、
日が暮れて、少し涼しくなったかな?
って思っても、やっぱり30℃を超えているし・・・。


日本も夏は暑いけど、温度調整されている空間が多いから、
アンタルヤの方が、過ごしにくい気がします。
しかも。今、通っている場所は、
オープンエア(というと聞こえが良いけど、実際はむわっとした場所)なので、
ずっとサウナに入っている気分になってきます。。。








f0232763_09030049.jpg



ここ数年、ほとんど行くことがなかったカレイチ(オールドタウン)。
最近は用があるので、週に3回(以上)、通っています。








f0232763_09031515.jpg



今年は、ほんとうに観光客が少ないですね。
特に、東洋系のツーリストはほとんど見かけません。。。








f0232763_09034799.jpg



通っているのは、お庭。










f0232763_09032447.jpg




先週は、バーベキューのお手伝いをしました。
この暑いのに・・・バーベキューです。







f0232763_09033843.jpg



黒海地方出身のオーナーが準備したカラデニズ(黒海)風キョフテ。


牛肉だけじゃなくて、他のお肉をブレンドしたって言っていた気がするけど、
あまりの暑さで、記憶が飛んじゃっています。

それに、塩、ひいた胡椒、唐辛子、たっぷりのにんにく、イタリアンパセリを加えていたハズ。



味見させてもらったけど、しっかりと塩とにんにくが効いたキョフテでした。




f0232763_09035569.jpg


頼まれたので、お寿司を巻いてきました。
(生のお魚は心配なので、使っていませんけど。)



明日も、また旧市街のお庭に行くんだけど、
暑いんだろうなぁ~。。。
考えただけで、ぐったりしちゃいます。






[PR]

by akdeniz_tk | 2016-06-24 09:18 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(16)

もうひとつの山賊焼き。

f0232763_10411031.jpg





前回に引き続き、山賊焼き。
こっちは、山口バージョン風にね。

山口の山賊焼きは、「いろり山賊」っていうお店の名物料理で、
山賊焼きの他にも、山賊むすび、山賊うどん、山賊草餅など、
いろんな山賊お料理が楽しめるみたいです。
いつか、行ってみたいなぁ~。


お家で炭火は無理なので、
オーブントースターで、
山賊焼き風に作ってみました。




f0232763_10413835.jpg




すりおろしのにんにく、しょうが、
醤油、みりん、酒の中に、
半日ほど漬け込んでおいて、
オーブントースターで焼きました。
(うちには、グリルもないので・・・。)

オーブントースターで大丈夫かな?って思っていたけど、
結構、うまく焼けるものですね。







先日、カレイチ(旧市街)に用があって、
カレイチ近くの公園まで、久しぶりにバスに乗りました。






f0232763_10415024.jpg



ちょうど、ラマザン(断食月)のフェスティバル開催中。








f0232763_10415890.jpg


とはいえ、昼間はガラガラです。
断食が明けるころから、人が集まってきて、
夜遅くまでにぎわうので。。。






f0232763_10420942.jpg



お店も開いているのは、半分ぐらい。






f0232763_10422318.jpg




ハタイの郷土品を売っているお店があって、
「欲しいなぁ~」と思っていた、キョンベ(Kömbe)の型を見つけました。

プラスチックのもあったけど、木の方が雰囲気ありますよね。


キョンベにもいろいろあるけど、作りたいのは、
ハタイのスパイス入りのクッキー。
(他にも、パイのようなキョンベもあります)


後で気が付いたけど、
キョンベ用のミックススパイスもあるか?って聞けばよかった。

ミックスするのは、
シナモン、オールスパイス、ナツメグ、クローブ、
生姜パウダー、マスティック、マハレブ。

それぞれを買って混ぜ合わせるほど、大量には要らないし・・・。




f0232763_10423307.jpg




地中海沿いには、移動遊園地もありました。






f0232763_10424231.jpg



そして、いつもと変わらない地中海。








[PR]

by akdeniz_tk | 2016-06-13 11:13 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(18)

長野の山賊焼き。

f0232763_23404120.jpg





最近、
山賊焼きには2種類あるってコトを知りました。

1つは、長野(中信地方)のご当地料理で、
鶏のもも肉をにんにくを効かせたタレに漬け込んだ、
ジャンボサイズのから揚げ。

もう1つは、山口の「いろり山賊」という飲食店発祥の、
骨付きモモ肉を丸ごと使ったローストチキン。


どっちも、豪快な感じが、山賊なのでしょうね、きっと。

そういえば、「海賊」はパッとトルコ語も英語も思い浮かぶけど、
「山賊」って言葉、考えてもちっとも出てきません。
(後で、トルコ語を調べたけど、知らない単語でした。)

同じ賊なのに、ずいぶんと違うのね。



f0232763_23405088.jpg




レシピメモ残しておきます。

【材料】
鶏もも肉 1枚
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1
酒 大さじ1
砂糖 小さじ1
にんにく 1~2かけ
しょうが 1かけ
片栗粉 大さじ2

【作りかた】
1.しょうが、にんにくはみじん切りにする(もしくはすりおろす)
2.ポリ袋に、醤油、みりん、酒、砂糖、しょうが、にんにくを入れ、
  軽く混ぜ、もも肉を加え、冷蔵庫で半日、漬け込む
3.片栗粉を入れて、もも肉にまぶす
4.中温の油で揚げる





[PR]

by akdeniz_tk | 2016-06-10 23:53 | レシピ(海外で和食)。 | Trackback | Comments(14)

サーモンのフィッシュパイ。

f0232763_05190929.jpg





サーモンを使って、フィッシュパイを作りました。


シェパーズパイ(コテージパイ)もだけど、
パイ生地を使わないのに、パイって名前が付くのは、
なんだかちょっと納得ができないです。

でも。どちらも、
パイ生地の代わりが、マッシュポテトなので、
好きか?嫌いか?で言えば、普通のパイよりも断然好みなんですけど。






f0232763_05192973.jpg






サーモン入りのクリームシチューみたいなのを作って、
上にマッシュポテトをかぶせて、オーブンへ。


悪くはないけれど、サーモンよりもチキンの方がおいしくなるのでは?
って思いました。
でも。そうなると、すでにフィッシュパイじゃないですよね。





[PR]

by akdeniz_tk | 2016-06-09 03:47 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(18)

ひき肉のピデ。

f0232763_19341325.jpg






今日から、ラマザン(断食月)が始まりました。

イスラム歴(ヒジュラ歴)は、グレゴリウス歴と比べて、
1年が短いので、毎年、少しずつラマザンも早まります。

県によって違いますが(日の出、日の入りの関係で)、
今日のアンタルヤでは、
早朝3時28分に断食を始めて、開けるのが、夜20時25分。
夏の断食は、暑さ、日の長さ、ほんとうに大変だと思います。









f0232763_19342841.jpg




クイマル・ピデ。

ピデやピザって、あんまり好んで食べないので、
ほんと、久しぶり。

たまに食べると、結構、おいしいものですね。






[PR]

by akdeniz_tk | 2016-06-06 20:14 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(12)

ペリメニとマッシュルームのクリームソース。

f0232763_04451195.jpg




とっても蒸し暑い1日でした。


しかもね。
車が故障して、日中、外で待つ羽目になるし・・・。

最近。エンジンがかかりにくくって、
「おかしいなぁ~」って思っていたんだけど、
(早く、修理工場へ持って行けよ!ですよね)
それでも強引に、車で外出して、
駐車した後、全くエンジンがかからなくなってしまいました。


よく行く修理工場に近いトコだったので、
電話してすぐに対応してもらえたけれど、
来てもらって、車を動かして、バッテリーを交換してって、
なんやかんやで、1時間近く。(待ち合わせがあったので、大遅刻です)



バッテリーって、日本では変えた覚えがなくって、
(車検の時に、変えてもらっていたのかしら??)
ずっと使える気がしていたのだけど、
前回交換してから、すでに3年弱。
修理工場のヒトに、もった方だって言われました。



バッテリーの値段も、この3年でものすごくあがっていて、びっくり。
取り付けたのは、大きめのバッテリーだそうですが、
予想したのよりも、かなり高かったです。
(って、日本円に換算してみると、数千円の差でしたけど)







f0232763_04453483.jpg




牛ひき肉を入れたペリメニは、
たっぷりのマッシュルームと合わせました。

クリーム系のソースで絡めているから、
ペリメニというよりも、他のモノに似ている気も・・・。





[PR]

by akdeniz_tk | 2016-06-04 05:58 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(16)

サーモンのペリメニ。

f0232763_08175286.jpg





日本や中国だと、餃子。
韓国だと、ピョンスやマンドゥ。
イタリアだと、ラビオリ。
そして、トルコだとマントゥ。

他にも、ピエロギ、モモ、ボーズ・・・。

生地の中に何かを包むお料理は、
ほんとうにいろんな国でありますが、
今回は、ペリメニを作りました。


ロシア人のお友達曰く、
大きさは、地方によってさまざまで、
トルコのマントゥより少し大きめのモノもあれば、
普通の餃子と同じぐらいのモノもある
って、コトなので、

今回のは、餃子並みの大きさで。


中の具は、2種類。
スタンダードなひき肉(牛のね)入り、
そして、サーモン入りで。




f0232763_08180227.jpg




スメタナが欲しいトコだけど、
アンタルヤでは、手に入りにくいし、
かといって、生クリームなどで代用品を作るのも面倒だったので、
バターにしました。

サーモンとディルは相性が良いし、
ペリメニも、おいしくない訳がないですよね。



【材料】45個ぐらい
(生地)
小麦粉 270g
卵 1個
牛乳 50g
水  50g
塩  小さじ1
(具)
サーモン 200g
たまねぎ 1個
にんにく 1かけ
塩  小さじ2/3
胡椒 少々
(その他)
ローリエ 1枚
(ソース) 1人分5~6個に対して
バター 5g
ディルのみじん切り  ひとつまみ

【作りかた】
1.生地を作る
  ボウルにふるった小麦粉を入れ、中央にくぼみを作って、
  残りの材料を加えてよく捏ねる
2.ラップに包んで、冷蔵庫で半日ぐらい休ませる
3.具を作る
  フードプロセッサーに、具の材料を入れて(たまねぎは荒めに切っておく)撹拌する
4.打ち粉(小麦粉、分量外)をふって、生地を2mmぐらいに伸ばし、
  セルクルなどを使って丸くくりぬく
5.くりぬいた皮の真ん中に、具をのせて、半分に折り、両端をつまむ
  ※すぐに食べないペリメニは、この状態で冷凍する
6.鍋に水とローリエを入れて沸騰したら、ペリメニを入れる
  上に浮いたら、コップ半分ぐらいの水を入れる
7.再び沸騰したら、ペリメニをお湯から取り出し、ディルとバターを絡める





[PR]

by akdeniz_tk | 2016-06-02 08:42 | レシピ(洋食)。 | Trackback | Comments(16)