カヴルマ・トースト(ホットサンド)。

f0232763_12571748.jpg




他の国で、中華(やアジア料理)というと、
お手頃な値段ってコトが多いですが、
トルコの場合、事情が全く違って・・・。


原因のひとつが、食材のお値段。

たとえば、
お豆腐1パック(250gだったかな?)が卸価格で、600円弱。
コチュジャン1kgが2500円。
うどん1袋(1.3kg入り)が1200円。
お味噌1kg1500円弱。

これじゃぁ、どう頑張っても、無理ですよね。


しかもね。
ここのトコ、トルコリラが弱くなり、
去年よりも、さらに材料のお値段が上がってしまい・・・うぅ~む。





アンタルヤには、アジア料理屋さんが5軒しかなくて、
お寿司がメインの超高級店(ここと値段を比べちゃ駄目)が1軒、
中華がメインのお洒落なお店(だけど、ギャルソンの対応がイマイチ)なトコが1軒、
以前書いたトルコ人オーナーの鉄板焼きとお寿司のお店が1軒、
トルコ全土に展開するチェーンのアジア料理屋さんが1軒、
そして、うち。

『値上げをするべきか?』って、悩んでいたところ、
チェーンのアジア料理屋さんの価格リストを見る機会があって、
え?ってびっくり。

お寿司とかは、若干高いぐらいなんだけど、
普通のお料理(鶏料理やら、焼きそばやら)が、うちのほぼ2倍。

・・・うちのお店、お客さんが入っていない訳じゃないのに、
   売り上げがあんまり良くないのは、安すぎるからってコト??
   といっても、うちも、トルコ料理屋さんと比べると、そんなに安くはないんだけど。。。
   でも、もう少しあげても良さそうですね。
   っていっても、今の価格を2倍にする気はないですよ。




f0232763_12572806.jpg



写真は、うちのお店の近くのカフェで食べたトースト。
トルコでトーストといえば、ホットサンドのコトです。

カヴルマとチーズ入り。


カヴルマにもいろいろあって、お肉の炒め物全般を指しますが、
今回の場合は、じっくり炒めて、ほぐれてきたのを、脂と一緒に保存食にしたモノ。
(わたしは、白いごはんにカヴルマと青ネギをのせて食べるのが好きです)



これで、15TL(約750円)。


アジア料理屋さんだけじゃなくて、
全般的に、お値段は上昇中のようです。





[PR]

by akdeniz_tk | 2015-07-31 13:49 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(8)

インゲン豆のトマト煮とブルグル・ピラフ。

f0232763_00000105.jpg



お箸のコト。
教えていただき、ありがとうございます。


お客さまには、『最初から好きなのを使って食べてね』方式で、
最初からお箸とフォークをかごに入れて出すコト、
そして、プラスチックのお箸を手に入れる方向で、対応するつもりです。

カゴはすぐに手に入るけど、
プラスチック箸は、すぐにとはいかないので、
それまでは、金属のお箸と割りばしを併用かなぁ~。




話は変わりますが・・・。
昨日の夜。お店からの帰り道、
ちょっとびっくりしたコトがありました。

すっごい渋滞で、
こんな時間(深夜11時過ぎ)なのにどうしたんだろ?
事故かしら??
などと思っていたら、

どうやら信号機が壊れたみたいで、
ずっと赤のまま。

停電で、信号が機能していないってコトは、
いままで何度も経験していますが、
赤のまま、動かないっていうのは初めて。

開かずの踏切ならぬ、(青に)ならずの信号!!


しかも、アンタルヤの幹線道路でのコト。
結局、タイミングを見計らいながら、
信号無視して、前の車に合わせて、交差点を通過するハメに。。。
(大きな道路だったから、怖かったです)




f0232763_00004751.jpg


写真は、まかないごはん。

最近登場回数が多いですが、
インゲン豆のトマト煮とブルグルピラフ。
そして、スイカ。

この日のブルグルピラフは、牛肉入りだったと思います。
(写真にお肉の欠片が写っているので)

昔は、ブルグルよりもお米が好きだったんだけど、
今は、どっちでも嬉しいです。
って、日本の新米の白いごはんは、別格ですけどね。。。









[PR]

by akdeniz_tk | 2015-07-30 00:27 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(12)

お好み焼き、はじめています。

f0232763_06570914.jpg




いつも使っている業者さんで、
『割りばしが在庫切れ』って言われて、
最近、お店では、韓国の金属のお箸を出しています。


韓国のお箸は、数に限りがあるので、
アジア系のお客さんには、必ず出しているのですが、
トルコ人や欧米人だと、
『お箸は食べにくいだろうし・・・』って、
最初から、フォーク等を出すコトも。

これがねぇ~。
最初からフォークを出すと、
『お箸をください』って言われるし、
(上手に使えず、結局、フォークを使っている場合も多し)
それが何度か続いて、『もうっ!!』って思い、
最初からお箸にすると、今度は、『フォークをください』と。

・・・振り回されているんでしょうか???



ところで。

日本の飲食店(居酒屋さんレベル)だと、割りばしを使っていないトコって
どれぐらいあるのでしょう?

割りばしは廃棄が多いし、在庫切れもあるから、
食洗機対応のプラスティックのお箸に変えようかしら・・・
って思っているんですけど、
プラスティックのお箸は、箸袋に入って出てくるのでしょうか?


日本(やアジア各国)でどうだったっけ?

って考えるけど、全然思い出せなくって・・・。
だれか、教えてください。


f0232763_06582824.jpg


写真は、最近メニュに追加したお好み焼き。
トルコ人の口にも、合うみたいです。







[PR]

by akdeniz_tk | 2015-07-26 07:13 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(18)

茄子とひき肉のトマト煮込み。

f0232763_22553448.jpg





・・・蒸し暑いです。

地中海沿岸って、カラッと晴れているイメージがあるのに、
アンタルヤは、どうしてこう湿度が高いのか?

気温が高いだけなら、少しは我慢できるけど、
ムワっとしていると辛いですねぇ~。



今日からまた、わたしの1週間が始まりました。
(水曜日が定休日なので)







f0232763_22554246.jpg



写真は、いつかのまかないごはん。

茄子の煮物に、シガラボレキ、そして、トマト味のパスタ。

餃子を作ったときに、牛ひき肉があまったので、
茄子の煮物が豪華バージョンになっています。
いつもだったら、肉なし、ベジタリアンだけどね。






[PR]

by akdeniz_tk | 2015-07-24 06:33 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(10)

セルプメ・カフヴァルト(ゴージャスな朝ごはん)。

f0232763_02445479.jpg




水曜日は、定休日。


ラマザンバイラム(断食明けの祝日)で、
今週は、たいして働いていないのに・・・、
いやいや、2日も休んだから、かえってペースを崩してしまったのか?

いったいどんだけ疲れていたんだ???

って自分で呆れちゃうぐらい、眠っていたら1日が終わっちゃいました。。。
(ほんとは、出かけるつもりだったのになぁ~。)







f0232763_02452457.jpg



もう1ヶ月ちょっと前のコトですが、
数少ないトルコ人の女友達がアンタルヤにやってきたので、
朝ごはんを食べに行きました。







f0232763_02492529.jpg



せっかくだから、景色の良いトコが良いねぇ~って、
選んだのは、地中海に面した公園の中にあるカフェ。

頼んだのは、セルプメ・カフヴァルト、
豪華な朝食セットです。







f0232763_02451168.jpg



チーズ、ハム、オリーブが数種類ずつ、
ジャムやハチミツ、辛いペースト、生野菜、
卵料理、野菜の揚げ物など、
とにかくずらりと小さな器に入れられたのが並びます。








f0232763_02451839.jpg



ゴージャスさでは、以前行ったヴァンの朝食には負けちゃいますが、
(そういえば、ヴァンの朝食も彼女と一緒だった。。。)
地中海を見ながら、久しぶりに会えたお友達とおしゃべりをするって、
すっごく有意義でした。









f0232763_02493392.jpg


そうそう。このジャム、何かわかりますか?

・・・アンタルヤ名物、茄子のジャムです。








[PR]

by akdeniz_tk | 2015-07-23 03:06 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(10)

抹茶トゥリ・レチェ。

f0232763_15064183.jpg



トゥリ・レチェ

先日、お家の近くのフルン(=パン屋さん。ケーキ屋さんじゃないけれど、
お菓子を売っているトコも多い)でも発見!!

ごく庶民的なエリアにあるフルンででさえ、売っているのだから、
トゥリ・レチェは、トルコで定番化してきたのかしら?
などと思ってしまいました。。。


上にかけるソースは、キャラメル

が基本ですが、
お家の近くのフルンでは、
チョコがけトゥリ・レチェもありました。




f0232763_15064964.jpg


チョコがいけるのなら、
抹茶をかけても悪くないハズ??

って、作ったのが、抹茶トゥリ・レチェ。


ミルクと抹茶は、おいしい組み合わせだから、
抹茶トゥリ・レチェは、ものすごく好みの味でした。






[PR]

by akdeniz_tk | 2015-07-21 22:01 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(6)

(イスラム)僧侶が卒倒した、もしくは、お腹の裂け目。

f0232763_07554996.jpg




ラマザン・バイラム(砂糖祭の祝日)3日目ですが、
わたしのお店は、今日から仕事開始。


・・・ものすごく忙しかったです。


お店を開けてから、夜まで、お客さんが途切れることなかったし、
しかも、常連さんたちが申し合わせたかのように、同時刻にご来店。


7月の前半は、ラマザン(断食月)の影響か?
それとも、この暑さがいけないのか??、売り上げがかなり落ち込んだけど、
ラマザンが終わったコトだし、
このまま、このペースで繁盛して欲しいモノです。。。
(それでも、以前書いた、某トルコ人オーナーのお店の売り上げの半分もいかないけどさ)




f0232763_08061149.jpg



写真は、ラマザン前に作った、まかないごはんより・・・。

imam bayıldı(イマンバユルドゥ=イスラム僧侶が卒倒した)
もしくは、karnıyarık(カルヌヤルック=お腹の裂け目)
っていう、トルコのナス料理です。



まかないごはんだけど、トルコ人調理師さんじゃなくて、
わたしが作りました。
(作ってもらってばかりじゃなくて、たまには、作らないとね♪♪)


以前、レシピUPしていますので、レシピはそちらで。




[PR]

by akdeniz_tk | 2015-07-20 08:31 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(8)

クル・バクラバ。

f0232763_21053772.jpg




ラマザン・バイラム(砂糖祭)、2日目。


『せっかくだから、出かけようかなぁ~』って思いつつも、
外の暑さを考えて躊躇。結局、引きこもっています。



お部屋の掃除をしたり、
無料サイトを見つけたので、お店のウェブサイトを作ってみたり・・・。
(英語が間違っていたら、こっそり教えてください。
 恥ずかしながら、トルコ語はもちろん、英語も、日本語も怪しいので。
 漢字とか、まったく自信がないんです・・・情けないけど)






f0232763_21055133.jpg



ピスタチオのクル・バクラバ。

『クル(乾いた)って、どうして?』って聞いたら、

『シロップがないから・・・』って言われたので、


甘さ控えめのバクラバかしら?などと期待して買ったけど、
やっぱり、バクラバ。甘かったです。





[PR]

by akdeniz_tk | 2015-07-18 21:16 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(12)

モロッコ・インゲンの煮込み。



f0232763_21162532.jpg






今日から、トルコでは、ラマザンバイラムです。

公的には、今日、明日、明後日の3日間がお休み。
うちのお店は、今日、明日の2日間、お店を閉めています。


有意義に使おうって思っていたのに関わらず、
昼までゴロゴロ。
洗濯をして、軽くごはんを食べてから、
ネットを見ていたら、そのまま転寝。
現在に至る・・・全然ダメですねぇ~。

予定では、
外出はしないけど(だって、暑いんだもの)
お家の大掃除をしたり、
無料のサーバーを探して、
お店のホームページでも作ったり、
お店のメニュを直したり・・・
(今年になって、輸入食材が大幅値上げ。トルコリラの為替のせいなんだろうけど、
 うちは、アジア食材をたくさん使うから、かなり影響しています。
 お友達に『もう少し、値上げしたら?』って言われたりするので、ついでに、
 価格も見直しするつもり)

せっかくのお休みなのに、
しようと思っていたのがお店のコトって、
どうなんだろうって、書きながら思っちゃいました。




ちなみに。
トルコ人のバイラムの予定はというと、
親戚などにあいさつまわり。
日本の(昔の)村のお正月って感じでしょうか?



f0232763_21163424.jpg





昨日のクランベリービーンズの写真で、
後ろに写っていたのは、モロッコ・インゲン。

トルコの夏のお料理と言えば、インゲンの煮込み!!
ってぐらい定番で、ここのトコ、毎週1~2回は食べています。


おいしいモロッコ・インゲンといえば、アイシェ・カドン(アイシェ夫人)。
「パザルで買うときは、『アイシェ・カドン』を選んでね~」って、
調理師さんに、品種指定されています。


『アイシェ・カドン(アイシェ夫人)』って名前、なんか変。
どうして、こんな名前が付いたんだろ?
って気になって調べてみましたが、諸説あるらしく、
正確なトコはわかりませんでした。。。
(アイシェさんという、ものすごく美しい洗濯女の話を読んだけど、
 かなり眉唾モノだったし・・・。)



f0232763_21164711.jpg





副菜(わたしにとっては、主食だけど)のひよこ豆と小さなパスタ入りのピラフ。
そして、サラダ。









[PR]

by akdeniz_tk | 2015-07-17 21:58 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(10)

クランベリー・ビーンズの煮込み。

f0232763_07314484.jpg






長かった(気がする)、断食月もあと1日。
明日は、アリフェ(バイラム前日)。

そして、明後日から、シェケル・バイラム(砂糖祭)の大型連休になります。




去年は、(様子見も兼ねて)バイラムもお店を開けていたけれど、
今年は、1日、2日目はお休みにしようって思っています。
バイラム3日目から、営業する予定。


久しぶりの2日続けてのお休み。

どこかに出かけようか?とも思ったけれど、
この暑さじゃねぇ~。
無難に、お家のお掃除をする方が賢いのかもしれないです。




f0232763_07305744.jpg




1ヶ月ちょっと前から、
パザル(市場)では、フレッシュな豆が並んでいます。

なので、まかないごはんも、
週に1~2回は、豆料理。


インゲン豆を買うコトが多いのですが、
たまには、クランベリー・ビーンズでも。

鞘の色に惹かれますよねぇ~。





f0232763_07374849.jpg



鞘は、キレイなピンク色だけど、お豆は、普通。
しかも、煮ると白色になります。







f0232763_07321660.jpg



この日のまかないごはんは、
クランベリー・ビーンズの煮込みに、
人参のピラフ。そして、前日の残りのジャガイモの煮物。
さらには、グリーンサラダ。

ベジタリアンじゃないけれど、
野菜がたっぷりの優秀な献立ですよね。
(わたしは食べないけど、トルコ人は、これにパンとヨーグルトを付け加えます)

『まかないごはんが、わたしの栄養源だわ~』
って、つくづく思います。








[PR]

by akdeniz_tk | 2015-07-16 08:02 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(12)