ひき肉のピデ。


f0232763_20282120.jpg




ちょっと前に、日本人のお友達と話をしていて、

最近のトルコ(というかアンタルヤ)、
総合評価の高いお店って少ないよねぇ~。


すっごく景色が良くて、お店の雰囲気にも凝っているけど、
びっくりするほど高かったり、あんまりおいしくないお店とか、

ものすごくおいしいんだけど、
雰囲気があんまり良くないとか、
ゆっくりと食べる気にならないお店だったり。




お店を始めてから、あんまり外食する機会がないので、
せっかくなら、良いトコで食べたいなぁ~と思うけど、
なかなか思い通りにいきません。


トルコ料理も、毎日のまかないで食べているから、
あんまりココロ惹かれないしね。



f0232763_20283073.jpg



以前。セルプメ・ボレイを食べに行ったのだけど、
ちょっと遅すぎて、売り切れ。
(人気のあるお店のセルプメ・ボレイは、お昼前に終わっちゃうコトも)

しょうがないから、ひき肉のピデを食べました。


ピデ(トルコのピザ)も、ピザも、
あんまり好んで食べないので、
ほんと何年ぶり?って感じでした。










[PR]

by akdeniz_tk | 2015-05-31 21:39 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(6)

イチゴのミルクプリン。

f0232763_15443847.jpg



いちごのシーズンもそろそろ終わりに近づいたけど、
まだ、いろいろ作り残しがあります。

日本と違って、旬をの逃すとなかなか手に入らないのに。
(最近は、大型スーパーなのでは、季節外れでも売っているコトもあるけど)










f0232763_15445356.jpg



いちごのミルクプリン。

食べて思ったけど、
ミルクプリンは、普通のが良いなぁ~。

次は。白いミルクプリンに、ソースだけイチゴを使ってみようかな?

でも。その前に、
イチゴ入りのふわふわロールケーキが食べたいです。





[PR]

by akdeniz_tk | 2015-05-30 20:28 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(12)

ひよこ豆の煮込みとピラフ。

f0232763_04452366.jpg





最近、日が暮れるのが、夜の8時過ぎ。
お客さんが集中する時間も、遅くなってきました。

冬には、6時半ごろから、
夜ごはんを食べにくるお客さんが居たというのに、
ここんとこ、6時半はガラガラ。


日本では、(帰宅によってずれるんだろうけど、)
夕食の時間って、それぞれのお家で、だいたい決まっているのに、
トルコの場合、日没に影響しているよねぇ~

などと、
先日、お友達(日本人)と話をしていました。
(彼女がステイしているトルコ人家庭の夕食タイムも、最近、めっきり遅くなったそう)



f0232763_13141719.jpg



夜ごはんタイムには変動がありますが、
まかないごはんの時間は、きっかり決めています。

お客さんがいなければ、16時。


この日のまかないは、
ひよこ豆の煮込みとトルコのピラフ。
(あとは前日の残り物の野菜の煮込みもあったかな?)

わたしは食べないけど、
トルコ人は、これに、パンとヨーグルトをプラス。

お米に、パスタ(ピラフの中に入っています)に、パン。
さらに、主菜が豆料理。
日本じゃ考えつかない組み合わせですよね。


[PR]

by akdeniz_tk | 2015-05-29 13:38 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(12)

ベトナム風オムレツ。

f0232763_09225185.jpg



今日、水曜日は、定休日。

先週のお休みの日は、
お家から一歩も出ず、誰にも会わず、誰とも話さず、
完全引きこもりで過ごして過ごしたので、
(その前の週、いろいろハプニングがあって、くたくただったので)
今週は外に出なくちゃ!!っと。

気合いを入れつつも、ダラダラしちゃって、
結局、家を出たのは16時。
でも、最近日が長くて、20時過ぎまで明るいから、
遅いけど、遅すぎないってトコですね。

日本人のお友達に会いに行って、
(同じアンタルヤに住んでいるのに、なかなか会えないのです)
空港近くにある業務用スーパーに行って、
と、それなりに有意義に過ごせました。

ここのとこ、隔週で定休日の引きこもり生活を堪能しているので、
来週は、お家から出たくないなぁ~。



f0232763_09230370.jpg


話は変わって・・・。

旅プラスさんのブログで、
朝食の生春巻きの記事を読んでから、
絶対に作ろう!!って思っていたのが、これ。

ベトナム風生春巻き・オムレツバージョン。


大昔、ベトナムに行ったコトあるけど、
しかも、現地で、数週間、お料理教室に通って、生春巻きも作ったけれど、
野菜、豚肉、麺、エビを巻いた普通の生春巻きで、
このオムレツバージョンを見たのは、初めて。


ライスペーパーを水でふやかしている間に、
小エビ、烏賊、青ネギ入りのオムレツを焼いて、

柔らかくなった、ライスペーパーの上に、
千切りレタスを乗せ、さらに、焼きあがったオムレツをのせ、
くるくる巻きました。

タレは、市販のスィートチリソースで。


すっごく、おいしいです!!






[PR]

by akdeniz_tk | 2015-05-28 09:44 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(14)

フラワーフェスティバル。

f0232763_04523295.jpg




ご無沙汰しております。
気が付けば、かなり間をあけてしまっていました。。。
相変わらず、いろいろあるけど、なんとかやっています。


今日の午後。
お店の周りが騒がしく、
カーネーションを手に持ったヒトが行き来していて、

なんだろ?
って思っていたら、

そのうち、パレードが始まりました。
今日と明日、開催しているフラワーフェスティバルのイベントのひとつだそう。





f0232763_04525510.jpg


来年、2016年には、
トルコ初のエキスポ(アンタルヤ国際園芸博覧会)が、アンタルヤで開かれます。
テーマは、花と子供、次世代のための緑の地球だそう。







f0232763_04533255.jpg


カーネーションをふんだんに使った車が、
お店の前を、次々と並んで通過。




f0232763_04535073.jpg



いったい、どれぐらいのカーネーションが使われているんだろ?







f0232763_04540218.jpg


車に載せてあるカーネーションを道行くヒトに配っていました。





f0232763_04542951.jpg



花の冠をかぶっている女の子たち、
かわいいですよね~。





f0232763_04545025.jpg


カーネーションのタコ。
なんで、タコなんだろ??







f0232763_04562978.jpg


わたしも、お店の前に出て、
しっかりとお花をもらいました。

お花の冠はなかったけど、お花の腕輪もね。



午後は、そんなこんなで
(お昼過ぎには、お店の前で大きな車両事故があったし)
お店の周辺がざわついていたけど、
夜は夜で、警察官がたくさん立って、物々しい雰囲気だったんです。

何があるんだろ?って不思議に思っていたら、
大統領を乗せた車が通過していきました。


パレードも、大統領の通過も、
きっとどこかで事前告示されているんだろうけど、
全く知らなかったので、
なんだろ?なんだろ?
って、感じの一日でした。




[PR]

by akdeniz_tk | 2015-05-24 05:26 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(20)

カレイチ(旧市街)を歩く。

f0232763_23044291.jpg




昨日、水曜日は定休日。

お家で、ゴロゴロ過ごしたいなぁ~と思いつつも、
お友達に付き合ってもらって、カレイチ(旧市街)に出かけてきました。

久しぶりにカレイチをお散歩しよう!
っていうのがメインじゃなくて、
ホテルやペンションに、お店のパンフレットを配り歩くのが第一の目的。
まぁ、ついでに街歩きも楽しみましたけどね。







f0232763_23050212.jpg


時計塔の近く。
カレイチの入り口からスタート。






f0232763_23052577.jpg


絨毯屋さん。








f0232763_23055348.jpg



壁にティーセットが張り付けてあるのが、
なんだか不思議。






f0232763_23061309.jpg


路地も隈なくまわりました。





f0232763_23082428.jpg


ネコ好きのみなさまへ。






f0232763_23085230.jpg


歩き疲れたら、
地中海の見えるカフェで、お茶。






f0232763_23091111.jpg



結局、2時間ちょっと歩き回ったので、
お家に帰ったら、落ちるように眠ってしまいました。


そして、今日から、また1週間が始まっています。
観光客、いっぱい来てくれると良いなぁ~。




[PR]

by akdeniz_tk | 2015-05-14 23:53 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(26)

生八つ橋。

f0232763_00091889.jpg





お友達(トルコ人)から、
『八つ橋は、トルコ人にもウケるハズ』
っていう唐突なメッセージが来たので、

・・・八つ橋かぁ~
って思いつつも、作ってみました。


試作だし、小豆はないし、
餡を1から作るのも面倒だし、
って、皮だけの生八つ橋です。






f0232763_00093930.jpg



きな粉とシナモンのスタンダードな八つ橋と、
(きな粉は、冬に母が日本から持ってきたのがありました
 当然ながら、トルコじゃ手に入りません。)
きな粉と抹茶の緑の八つ橋。


メッセージを送ってくれたお友達にも、
来店してくださった常連さんにも、
イクラム(サービス品)として食べてもらったら、
『ほんわりとした甘さが良いね』と好感触。


餡のかわりに、
トリュフチョコを入れたらどうでしょう??
(お友達には、どうかなぁ~って言われたけど)
もしくは、
アイスを入れて、アイス大福っぽくするとか?

想像は膨らみます。
(が、なかなか試作はできないです)



[PR]

by akdeniz_tk | 2015-05-13 00:26 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(14)

揚げ野菜のトマトソースとトルコのピラフ。

f0232763_00263620.jpg





相変わらず、まかないは、トルコご飯が中心です。

今の働いてもらっている調理師さん、
基本、トルコ料理しか食べないそうで・・・。


トルコの内食(まかないも内食みたいなモノ?)って、
野菜、豆が中心で健康的なハズなのに、
油をしっかり使うから、痩せないですねぇ~。


油だけじゃなくって、塩分もちっとも控えめにならないし。
以前、日本人のお友達と
『トルコ料理って、薄味にするとぼやけた感じになるよねぇ~』
って話したコトがあります。





この日のまかないごはん。
揚げ野菜のトマトソースは、わたしが作って、
ピラフは調理師さんが作ってくれました。



f0232763_00265932.jpg


2カップのお米に対して、油はこの量。
最初に、お米のカタチのパスタを油で炒めて、







f0232763_00272004.jpg



色が変わったトコで、お米を入れて炒めてから、炊きます。

トルコのピラフは、わたしが作るよりも、
やっぱり、トルコ人の調理師さんが作った方がおいしいです。
(今の調理師さん、ずっとトルコ料理の専門だったので、
 お店では、調理補助を中心に働いてもらっています。)




f0232763_00264534.jpg


揚げ野菜のトマトソースはというと、
ズッキーニ、じゃがいも、茄子、ピーマン、パプリカ、タマネギを揚げます。
揚げ油を少し減らして(でも、多め)、みじん切りのにんにくを入れて、
にんにくがきつね色になったら、
細かく切ったトマトを入れて、トマトのカタチが崩れるまで煮込みます。
後は、塩・胡椒で調味して、揚げ野菜の上からかけたら完成。


お肉や魚介は使っていないけれど、
かなり、しっかり油を使っているから、
とっても満足感があります。
・・・でも、油のせいで、増えた体重が元に戻らないんですけど。






[PR]

by akdeniz_tk | 2015-05-12 04:32 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(14)

トゥリ・レチェ(お家編)その1。

f0232763_01305073.jpg



ここ何週間かの間に、
ウルキュ・フルンアクデニズ・ドンドルマ
の2か所で、トゥリ・レチェを食べ歩いてきました。


で。外で食べるトゥリ・レチェは、とっても、とっても甘かったので、
お家で、自分好みのトゥリ・レチェを作ってみるコトにしました。


トゥリ・レチェを作るときに考えるのは、大きく分けて3つ。

まず、土台のスポンジケーキ、
そして、しみ込ませるソース、
さらに、上にかけるキャラメルソース

ですね。


トゥリレチェだけじゃなくて、普通のケーキでも、
トルコで売っているのは、スポンジがバサバサ。
原因は、肌理が粗いってのと、水分が少ないからなのでは?って思っています。

お友達が『マケドニアで食べたのは、もっとシュワシュワした感じだった』
って言っていたのを参考にして、
トルコのトゥリ・レチェよりも、肌理を細かく仕上げるコトにしました。

しみ込ませるソースはというと、
南アメリカのトレス・レチェは、コンデンスミルク、エバミルク、クリーム、
トルコのはというと、イスタンブルの有名店のは、水牛、山羊、牛の3種類なのですが、
ネットで探したトルコ語レシピは、たいがい、牛乳と生クリーム。
・・・すでに、3(トゥリ)じゃなくて、2だね。

コンデンスミルクは、トルコじゃ売っていないから、却下。

山羊ミルクは、最近スーパーでも売っているけど、
水牛のミルクは、どこで手に入るんだろ??

ってコトで、牛乳と生クリームを使いました。


キャラメルには、WeB上のトルコ語のレシピを見ると、
生クリームが入っているのですが、
お店で食べたのとか、かなり濃い色で、
クリームキャラメルな色はしていなかったし・・・どうしようかなぁ~。






f0232763_01422302.jpg




そんな感じで作った、トゥリ・レチェ(1回目)。

スポンジは、良い感じだったけど、
しみ込ませるソースは、
どのぐらい入れたら良いかよく分からなかったので、
適当に入れたけど、全然、量が足りなかったです。

そして、キャラメル。
・・・理想とは程遠いっ。
クリームは入れない方が良いですね。


少しお砂糖を少なめて作ったら、
(でも、十分に甘いですよ)
トゥリレチェって、フレンチトーストに似ているかも?
って思いました。

次回は、しみ込ませるソースを倍量にして、
キャラメルは濃い色で、とろんとさせたのをなんとかしてつくって、
などと考えています。









[PR]

by akdeniz_tk | 2015-05-10 21:32 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(13)

グリーンピースの煮物。

f0232763_00020604.jpg



トルコで嫌だなぁ~って思うコトの1つが、
物乞いのヒト達。

お店にもよく来るし、街中ででも出会うし、
車に乗っていると、一部の交差点で待っていて、
赤になると(こういうトコの信号って、なかなか変わらないのです)、
『1TL(約50円、だけど100円ぐらいの感覚)あるか?』
とか、
『苦学生なんです』
とか、
『ごはんを食べていないんだ』
とか。



中には、本当に困っているヒトもいるのでしょうが、
お仕事のように物乞いをして、がっぽりと収入を得ているヒトもいるらしいので、
悪いけど、一切取り合わないコトにしています。
(だって、見分けようがないんだもの)

苦学生だったら、最低賃金ででも良いから働けよ!
とか、
五体満足で、信号のトコに長時間立てるぐらいなら、働けよ!
って、思っちゃいますしね。
(最低賃金よりも、物乞いで得るおカネの方が高かったりして??)


他にも。赤信号で待っているときには、
物乞いだけじゃなくて、物売りもやってきます。

ポケットティッシュ、バラの花、夏場はペットボトルのお水など。



ちょっと前のコトなんだけど。
ポケットティッシュを持った男性がやってきて、
『要らないよね?』って窓越しに聞かれたので、首を振ったら、
『どうせ、そうだと思っていた。欲しいって言ったら、その方がびっくりするわ』と。

・・・じゃぁ、聞かないでよ!!






f0232763_00024964.jpg



話は変わりますが、
パザル(市場)で、わさっと売られていたグリーンピース。
1kg2.5TL(約125円)だったかな?

1kgっていっても、鞘を外すとたいした量にはならないですが、
それでも、安いですよね。







f0232763_00023106.jpg


で。先日のまかないごはんは、グリーンピースの煮物。



わたしは、ジャガイモを入れずに作るけど(以前UPしたレシピ)、
調理師さんの作るグリーンピースの煮込みには、
ジャガイモがたっぷり。そして、ディルも入っていました。


トルコ人って、ジャガイモが好き?
それとも、一緒に働いている調理師さんの好み?

ジャガイモを食べる頻度が、ここのとこ、ものすごく高いです。




[PR]

by akdeniz_tk | 2015-05-09 00:56 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(12)