根セロリの煮物。

f0232763_05145667.jpg





シーズンが終わる前に、
って、パザル(市場)で根セロリを買ってきました。


今回、作ったのは、わたしじゃなくて、トルコ人の調理師さん。


ちょっと前に、わたしが作ったのがこれ
ずっと前に、レシピもアップしています。










f0232763_05150639.jpg



サルチャなし。ひよこ豆入りでした。


こういう煮物って、トルコの家庭料理だから、
地域やお家によって、かなりレシピも味付けも違うのでしょうね。



[PR]

by akdeniz_tk | 2015-04-30 05:57 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(8)

イチゴのミルフィーユ。

f0232763_02431543.jpg




最近、パザル(市場)に行けば、
ついつい買ってしまうのが、イチゴ。


日本のイチゴと違って、
あんまり甘くないハズレイチゴにあたる確率が高いのに、
あの赤い色が、購買意欲をそそるのか?



f0232763_03050353.jpg



で。イチゴを使ったお菓子作り。

トルコの生クリームって、すぐにダレちゃうので、
生クリーム+ゼラチン入りのイチゴの甘煮で作ったイチゴクリーム、
そして、生のイチゴを挟んだミルフィーユ。

3段にしたら、不安定で、
写真を撮る前に、倒れちゃった。。。
(無理やり起こしたけどね)





f0232763_03043399.jpg


それを踏まえて、
こっちは、2段重ね。
ミルフィーユというよりも、パイサンドだね。

中は、イチゴとクリーム・ディプロマット。







いまのところ、生菓子は、コースメニュにしかないので、
作っても余るのが現状。
結局、自分で食べるコトが多いので、
わたし好みの生菓子にしています(日本並みの甘さで)。


イチゴのシーズンが終わる前に、
イチゴのお菓子、いろいろ作りたいなぁ~。




[PR]

by akdeniz_tk | 2015-04-29 04:58 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(16)

シロン。

f0232763_06234588.jpg




餃子を作ったときに出る、ユフカの端を使って、
シロンを作りました。

シロンって、BAUSWATERのアンさんの記事で初めて知ったトルコ料理。


作るにあたって、さらに調べました。


どうやら、シロンは、ギュムシュハーネの郷土料理で、
(ギュムシュハーネというのは、トルコの東北アナドリア、黒海に近い県)
お隣の県、バイブルトでは、ズィロン(ziron)と呼ばれています。


レシピの中で、
オーブンで乾燥させて、ふやかしてっていう工程があって、
とっても不思議だったのだけど、
(だって、また戻すのなら、乾燥させる意味あるの?って思いますよねぇ~)
乾燥させた状態で保存しておけば、日持ちがするからってコトみたい。


f0232763_06240297.jpg




ユフカの切れ端をくるくる巻いて、切って、
耐熱皿に並べて、






f0232763_06241120.jpg




しっかり乾燥するまでオーブンで焼いて、
(この状態で保存させると日持ちします)








f0232763_06243203.jpg




お湯で適度にふやかして、
上から、にんにく入りのヨーグルトと、
バターとサラダ油で炒めたサルチャのソースをかけて、
上から、イタリアンパセリのみじん切りをかけました。



お湯じゃなくて、鶏肉の茹で汁をかけて、
さらに、上に茹でた鶏を割いてのせ、
その上に、にんにく入りヨーグルトとサルチャソースをかけた、
鶏肉のシロンっていうのもあります。

って、ふと思ったけど、
鶏肉のシロンとダーマット・パチャスってそっくりじゃない??

地方が違うと、名前も違うってことなのかしら???




f0232763_06244496.jpg




検索しているときに、
シロンでお菓子もできるっていうのを読んで、
そっちも試してみたけれど、イマイチでした。

油分が全くないトコに、砂糖シロップをかけてもねぇ~。
焼くときに、バターを入れて焼けば、おいしくなるかも??








[PR]

by akdeniz_tk | 2015-04-28 07:22 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(7)

シガラ・ボレイと葱の煮込み。



f0232763_08323552.jpg






今日(ってか、昨日)、仕事からの帰り道。

100メートルぐらい前の信号が赤だったので、減速したら、
後続車にクラクションを鳴らされました。

『・・・いや、赤だし』って加速しなかったら、
左から抜かれ(トルコは右側通行)、
『え~、感じ悪い!!どうせ、すぐに停止しないといけないのに』
って思ったら、
そのまま、赤信号をビュンと通過。

なんだかなぁ~。


そういえば、一昨日は一昨日で、仕事からの帰り道。

20m先の交差点を右折するつもりだったので、
ウィンカーを出していたら、
その後、前の車も右ウインカーを出して、右折する直前に停車
(どうやら同乗者をおろすため)。

交差点直前で停車ってどうよ??


つい最近も書いたけど・・・
ほんと。トルコで運転するの、大嫌い。
わずか15分の通勤なのに、
毎日、『えっ!』って気分を悪くするコトが起こりすぎです。






f0232763_08331413.jpg



写真は、今日も、まかないごはんから。
シガラ・ボレイ。

調理師さんが話していたけど、
『シガラ(タバコ)のボレキって聞こえが悪いから、
 パルマック・ボレイって言うようになったんだよ~』って。

たしかに、たばこは有害なので、聞こえが悪いのかもしれないけれど、
じゃぁ、パルマック(=指)のボレキっていうのが聞こえがいいのか?
っていえば、どうなのでしょう。
(大差ないような気がするのは、わたしだけ??)



コル(=腕)のボレキもあるから、
太さによって違います
ってコトで良いのかしら??


ちなみに。
具は、ロルペーニル(リコッタチーズみたいなの)と、
イタリアンパセリのみじん切りと青ネギの小口切りです。





f0232763_08330270.jpg



リーク葱の煮物。
サルチャを入れないトルコ料理でした。

葱は煮込むと、ほんと、おいしいですね。


(後ろに見えるのは、前日の残りモノ、ブルグルピラフです)



[PR]

by akdeniz_tk | 2015-04-27 08:55 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(16)

ズッキーニの煮物とジャガイモ入りブルグルピラフ。

f0232763_05061485.jpg




シーズンを前にして、
わたしのお店の近くの飲食店が、立て続けに閉店しました。
いずれも、去年オープンしたての新しいお店。



近くの魚料理屋さんなんて、
看板はものすごく立派だし、
お魚を並べるショーケースも船の形で格好良いし、
外の飾りも素敵だし、
いろいろ、かなりおカネをかけているなぁ~
(良いなぁ~。うちはできないなぁ~)って感じだったのにね。



最近、よく考えるのは、
お店を開けるっていうのは、ちょっと頑張ればできるコトだけど、
維持するのは、ほんとうに、ほんとうに難しいなぁ~と。

お客さんの動向を見て(見ても、さっぱり読めないけど)、
ひとりよがりじゃなくて、ニーズに合わせて変えていき、
さらには、スタッフのコトなどお店の内部の問題をクリアして、
わたしの場合は、外国人なので、労働許可を取ったり、上乗せでいろいろ。


ちょっと思い付いて、開けましたっ!!

じゃ、なかなか維持できませんね。


最近、うちのお店の界隈は、どこも景気が悪いっていうし、
(流行っているトコは、流行っているけどね、もちろん)
わたしのお店も、まだまだ順調とはいえないし、
(まだまだ、がくんと売り上げが落ち込むコトが良くあるのです)
どうしよう??って不安に思う日もあるけれど、
とりあえず、今年1年は家賃も払ったコトだし、
頑張るしかないです。

早くシーズンが始まって、観光客が来てくれると良いのに。。。
(常連さん+観光客=売上UP!!)



f0232763_05062933.jpg


写真は、まかないごはんから。

この日は、ズッキーニの煮物。
トルコ人の調理師さんが作っているので、
煮物でも、やっぱりサルチャ(トマト)味です。






f0232763_05063098.jpg



ブルグル(ひき割り小麦)のピラフ。
ジャガイモ入りでした。

ジャガイモ入りって、初めて食べたかも?



昨日ね。2週間ぶりに会ったヒトに、
立て続けに、『太った?』って聞かれました。
(実は+3kg。自覚はしていたけど、ヒトから指摘されるとショック)

絶対、まかないごはんのせい。
原因は、トルコ料理とジャガイモではないか?と予想しています。

ジャガイモも、トルコ料理も、
トルコ人の調理師さんが来るまでは、こんなに頻繁に食べていなかったし。
(お菓子の量は減ったのに、体重が増えるって、ほんとどういうことなのさ??)







[PR]

by akdeniz_tk | 2015-04-26 05:42 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(12)

イチゴのピュレとラブネのパン。

f0232763_01150478.jpg





久しぶりに、パンを焼きました。

薄く広げて、
イチゴのピュレとラブネペーニル(クリームチーズのようなチーズ)をのせて巻いて、
ぐるぐるとひねってみました。







f0232763_01164626.jpg





オシャレなトコだったら、あるのかもしれないけれど、
トルコの普通のパン屋さんには、菓子パンはありません。

わたしが、『甘いパン』って考えて、
思いつくのは、カトメルぐらい?






f0232763_01461949.jpg


久しぶりに、パザル(市場)の様子を。

毎週、2~3回は、パザルに出かけているけれど、
ゆっくり見て周る時間はなくて、
必要なモノをささっと買って帰っています。

パザルに並ぶ野菜も、すっかり春になっていて、
未熟なスモモやアーモンド(どちらも、わたしの好みじゃないけど)、
そして、イチゴ!!

イチゴを見ると、ついつい、買ってしまいます。
で。食べきれなくて、半分は、甘煮にしちゃうっていうパターン。
(今回の作ったパンも、そんな甘煮をピュレにして利用しました)






f0232763_01445847.jpg



アーティチョークも今が旬。

トルコだと、花芯しか食べないけれど、
圧力鍋で調理すれば、トルコのアーティチョークもヨーロッパ風に食べられるらしいです。









f0232763_01454793.jpg


最近、『どうしたの?』ってぐらい、
野菜の値段がかなり上がっています。

もちろん、それでも、日本よりはずいぶん安いんですけどね。








f0232763_01453040.jpg




ハーブもね。フレッシュなのを、わさっと売っています。

フレッシュなタイム。ちょっと欲しかったけど、
使い切れないだろうなぁ~って諦めました。。。








[PR]

by akdeniz_tk | 2015-04-25 01:47 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(7)

ひよこ豆のトマト煮。

f0232763_01243522.jpg

   
    
トルコでは、
4月23日が子供の日。
祝日です。

調べてみれば、1920年にトルコで
4月23日を国家主権と子供の日に制定、その後、
1925年に6月1日が国際子供の日に、
さらに、その後、1954年に、11月20日が世界こどもの日に制定されたみたい。

だから、子供の日は、国によって違うんですねぇ~。



祝日だから、お店は忙しくなると思いきや(平日よりも週末の方が混むので)、
ものすごく、暇です。なんで??ほんと、お客さんの動向って読めないわ。。。







f0232763_01244305.jpg


写真は、まかないごはんから・・・。
鶏肉とひよこ豆のトマト煮。

ひよこ豆って、わたしはあんまり使わない豆ですが、
柔らかく煮込んであって、おいしかったです。

まだ乾燥豆が残っているので、
そのうち、まかないごはんで、ファラエルを作ろうかなぁ~
などと思っています。






[PR]

by akdeniz_tk | 2015-04-24 04:24 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(10)

白餡入り、抹茶のブラウニー。

f0232763_23021337.jpg





水曜日は、定休日。
ほんとうに1週間が過ぎ去るのが早すぎて早すぎて、
『あれ、またお休みだ』って感じです。

毎日を大切にしないと、すぐに1年が過ぎちゃいそう。



で。お休みの日の午後、日本人のお友達とお茶をしました。
どうやら、最後に会ったのは、1ヶ月半前。
『ほんと、あっという間に時間が経つよねぇ~』ってしみじみしちゃいました。


そのとき食べたお菓子の話は、また後日にして、
今日UPしたのは、先日作った抹茶のお菓子。






f0232763_23023905.jpg




抹茶と白餡とチョコチップで作った、
抹茶のブラウニーです。



普通にブラウニーを作って、
最後に、白餡を投入。そろりと混ぜて、型に流して焼きました。





f0232763_23022247.jpg




切ったら、ちゃんと白餡が残っていました。
(混ざりすぎていたら?って不安だったけどね)

なかなか、わたし好みの味だったし、
コースメニュの最後のデザートの中の1品として出したけど、
お客様(といっても、トルコ人じゃないけど)にも好評でした。















[PR]

by akdeniz_tk | 2015-04-23 06:46 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(10)

沼サン風とカップショートケーキ。

f0232763_07494820.jpg





独りごはんのときは、
ついつい、ながら食べができるモノを選んでしまいます。

なので、沼サンも、ずっと気になっていたモノのひとつ。


だけど、おいしい食パンが手に入らないので、
(バゲットタイプのトルコのパンは、とってもおいしいんだけど、
 食パンはイマイチなのです)
作ってみよう、作ってみようと思いつつも、思うだけ。



この間、久しぶりにパン(バンズ)を焼いたので、
一部を沼サン風にしてみました。






f0232763_07501514.jpg



ハム(豚じゃなくて鶏だけど)とチーズと目玉焼き、
そして、たっぷりのキャベツ。


バンズで作っても、どっさりキャベツが必要だから、
食パンで作れば、どれだけキャベツを消費できるんだろ??







f0232763_07502517.jpg




最近作ったカップ入り、イチゴ・ケーキ。

ほんとうは、イチゴのショートケーキが良かったんだけどなぁ~。






[PR]

by akdeniz_tk | 2015-04-21 08:22 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(16)

カリフラワーのトマト煮。

f0232763_23532741.jpg




先日、
『カリフラワーは、揚げ物がいちばんおいしいって思っていたけれど、
 最近では、トルコ風の煮物も捨てがたいです』
って書きましたが、
今回のまかないごはんは、それ。


煮物といっても、トルコ風だから、
サルチャベースのトマト味です。







f0232763_23534634.jpg


トルコでは、野菜の煮物というと、
ほうれん草でも、リーク葱でも、なんでも、
くたくたになるまで煮込みます。

ほうれん草などは、ここまで煮込まなくっても
って思うけど、
カリフラワーは、しっかり味が浸みこんで、
とってもおいしくなります。


トルコ人の調理師さんが作ったので、
材料とか作り方とか見ていないけど、
小さく切った、たまねぎ、パプリカ、ピーマンなどと一緒に
カリフラワーをサルチャベースで煮込んでありました。




f0232763_23540841.jpg



『ウズベキピラフ(プロフ=ウズベキスタン風ピラフ)が食べたいなぁ~』
って、思って作ったら、
BAYSWATERのアンさんがブログにUPなさっていて
なんだか、同じタイミングで嬉しくなっちゃいました。

アンさんのピラフは、写真を見たら無性に食べたくなるけれど、
わたしが作ったのは、イマイチ。写真を載せるか悩むぐらいにね。
言い訳は、作っている途中で、お客さんが来たから。
中断したら、微妙な仕上がりになっちゃいました。。。
ピラフを失敗なんて、久々。悔しいので、近々、また作るつもりです。








[PR]

by akdeniz_tk | 2015-04-20 00:13 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(6)