ダーマット・パチャス。

f0232763_21224466.jpg



シェケル・バイラム(砂糖祭)です。

お休みのトコも多いですが、うちのお店は通常営業。
バイラム3日間は、スタッフの子は交代で、
それぞれ1日だけ出てきてもらっています。


で、初日。

「わたしが食べたコトのない、トルコ料理を作って・・・」って、
お願いして、スタッフの子に、まかない飯を作ってもらいました。


ダーマット・パチャス(新郎の脚)ってお料理。





f0232763_21233523.jpg


本当なら、オーブンでユフカをパリパリに焼くそうですが、
お店にはオーブンがないから、フライパンで。


鶏肉を煮て、煮汁をパリパリのユフカにかけて、





f0232763_21243806.jpg

ほぐした鶏肉を乗せて、








f0232763_23454381.jpg


ガーリック・ヨーグルトとサルチャソースをかけて、
できあがり。












[PR]

by akdeniz_tk | 2014-07-30 00:12 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(22)

杏仁豆腐。

f0232763_08360623.jpg



気が付いたら1日が終わっているという毎日なので、
ブログを書く余裕もなくって・・・。

改装が終わっていないけれど、とりあえず、オープンしたお店。
一週間経ったのに、キッチンの棚も、上り框のテーブルも来ていないし、
オープンキッチンの棚も設置されていないし、
ものすごく落ち着かない状態なんだけど、
新しいスタッフの子たちと、なんとかやりくりしています。






f0232763_08361851.jpg


お店のメニュに乗せている杏仁豆腐。
正確には、杏仁豆腐風なんですけどね。

最初は、アマレットを使おうか?って思っていたけど、
ラマザン(断食月)だし、リキュールはマズイかなぁ~と。


製菓用のアーモンドエキスを見つけたので、
それを使って、作っています。

夏は、やっぱりひんやりスィーツですね。





[PR]

by akdeniz_tk | 2014-07-25 08:47 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(18)

ギュルラッチ(Güllaç)。

f0232763_06065143.jpg




ここ2週間で、2回も、
家に帰る道を間違えてしまいました。。。

信号で曲がらなきゃいけないのに、そのまま直進。


これって、普通?
(今まで、そんなコトなかったので、自分に呆れてしまったけど)





話は変わりますが・・・。

ラマザン(断食月)のデザートといえば、
バラ水を使って作るギュルラッチ(Güllaç)。




ギュルラッチ専用のユフカ(薄い皮)を重ねて、
途中にナッツを入れながら、
お砂糖入りの牛乳のソースをかけ、
ミルフィーユ状にして、仕上げにバラ水を使います。








f0232763_06075827.jpg



昔。一度、食べたときに、あんまりおいしくなかったので、
それから、ずっと敬遠していたのですが・・・。

「このお店のギュルラッチはおいしいよ~」とお友達が頼んだのを、
ひとくち味見をさせてもらったら、
・・・あれ?
確かに、悪くないかも??








[PR]

by akdeniz_tk | 2014-07-21 06:23 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(22)

アルナヴット・ジェーリ(Arnavut ciğeri)。

f0232763_05362714.jpg




かなり前のコト。
お友達とトルコ料理を食べに行きました。






f0232763_05363622.jpg




お友達が頼んだ、羊の頭のオーブン焼き。

丸ごとドン!!って来るかと思ったけど、
ちゃんとそいで出てきました。

以前UPした記事の4枚目の写真。
吊り下がっているのが、原形です。








f0232763_05364454.jpg



レバーはあんまり得意じゃないけど、
なんとなく頼んだアルナヴット・ジェーリ。

日本語に訳すと、アルバニアのレバー。










f0232763_05374801.jpg


四苦八苦した5ヶ月を経て、
やっとお店を開けるコトができました。

実は、まだ工事が完全に終了した訳じゃないんですけどねぇ~。

上り框に置くテーブルが来ていないし、
厨房の下の戸棚が来ていないし、
他にも、いろいろ足りないモノあるし、
デコレーションも足りないし・・・。
(工事だけじゃなくて、パンフレットも名刺もまだ。。。)

でもね。完璧を待っていたら、夏が終わっちゃいそうだから、
とりあえず、オープンです。

これまでだって大変だったけど、これからが本番。
頑張っていこうと思います。





[PR]

by akdeniz_tk | 2014-07-18 05:54 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(28)

ひき肉入り、ス・ボレイ。

f0232763_06403115.jpg



バタバタしているので、更新が滞ってしまいました。


この間にも、衝撃的なコトがいろいろあって、
ほんと、ありえないコトってないんだなぁ~などと思ったり。


たとえば。。。

あれだけ揉めに揉めた電力会社から、さらに衝撃的な問題発生。
先日、電気料金のお知らせが来たのですが、
なんと、2012年5月~今までの電気使用料を請求されました。。。
・・・ありえないでしょう。普通。

お店も開けていないし、工事だけでそんなに電気を使う訳ないし、
結局、今日、大家さんが払ってくれるって話になったのですが、
電力会社、ほんと酷いです!!


他にも、まだまだ「え!!」ってコトがあったのですが、
ここに書けない話も多くって・・・。
(どこかに、忘れないように書いておいたら、そのうち使えるネタになりそう。
 事実は小説よりも奇なりってコトですね)






f0232763_06404255.jpg


ちょっと前に。業務用スーパーに行った帰りに見た焼き立てス・ボレイ。
焼き立てだから、本当に良い香りが漂っていて、
しかも、仲の良いお友達と同じ名前のお店・・・誘惑に勝てなかったです。

写真だとサイズが分からないと思いますが、
直径50cmぐらいの大きな型で焼きあげています。

具は、ひき肉でした。





f0232763_06405713.jpg

買わなかったけど、トルコ風クッキー。

ちょうどこの日、お友達がクッキーを焼いてきてくれました。
見ためは、ウン・クラヴィエスィに似ているけど、
特別な油(ヘーゼルナッツ油となにかのブレンド)を使って作るクッキーで、
ものすごく香ばしくって、とってもおいしかったです。

ちなみに、お友達は、トルコ人の男性。
トルコでも、お料理やお菓子を作る男性もいるんですよ~。しかも、上手。







[PR]

by akdeniz_tk | 2014-07-15 07:01 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(24)

旧市街のお洒落なレストラン。

f0232763_05425209.jpg



ちょっと前になりますが・・・。

お友達が日本にしばらく行くし、
わたしも今後は夜の外ごはんができないし、
ってコトで、
旧市街(カレイチ)にあるレストランに出かけてきました。









f0232763_06032922.jpg

今のカレイチって、かなりおしゃれなお店が増えていて、
お店の中に入ると、いったいここはどこなんだ?
って感じです。

まぁ、雰囲気が良い=お値段が高い のですけどねぇ~。






f0232763_05430273.jpg

サービスのパン、1人1枚。
日本じゃ普通かもしれないけど、
思わず、「え?少なぁ~」って思っちゃいました。

真ん中は、オリーブのペースト。
左は、オリーブオイルとザクロ・エキス。








f0232763_05431274.jpg


アイスコーヒー。
生クリームが古かったような・・・。


お友達から、
「毎回、同じようなの頼んで、写真を撮っているけど、
 どのお店のなのか分からなくならない??」って聞かれたけど、

お店は分かっても、メニュの名前が分かりません。。。
お店によって、同じ名前だったとしても、少しずつ違うのだもの。








f0232763_05433634.jpg

今回は、みんなでシェアして食べました。
シーザーサラダ。
ベーコンとかは入っていないけれど、
おいしかったです。










f0232763_05443897.jpg

ハウスサラダ。

底の方に、髪の毛が混入していたので、
作り直してもらいました。









f0232763_05444847.jpg

ハウスサラダだけあって、1回目と2回目が違っていました。
二回目は、キャベツ多め。

お味は、なんとなくアジアっぽい感じでした。






f0232763_05440183.jpg

ベーコンとパイナップルのピザ。

ツーリストの多いカレイチだけあって、豚肉ベーコンです!!
久しぶりに豚を食べました。
ベーコンというよりも、ハムっぽかったですが、
パイナップルとの組み合わせ、おいしかったです。









f0232763_05441386.jpg

ひき肉とハラペーニョのピザ。
これも、悪くはなかったけれど、パイナップルとベーコンの勝ちかな?











f0232763_05442399.jpg


キノコのタリアレッテ。
キノコが濃厚で良かったです。
少し、塩味が控えめ過ぎましたが・・・。



メニュのお料理数は少なかったけど、
とってもおしゃれなお店でした。






 ※ ちょっとバタバタしているので、少し更新頻度が下がりそうです。



[PR]

by akdeniz_tk | 2014-07-11 06:09 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(20)

ほうれん草と白チーズのギョズレメ。

f0232763_04351861.jpg


以前にも何度かUPしているけれど、ギョズレメ。
別名サチ・ボレィっていう、ボレキの仲間です。

ほうれん草と白チーズ入りです。



話は飛びますが・・・。
昨日、つらつらと書いた強制受講の衛生教育とその試験、
無事に終わりました。
どうやら、市によって講座も試験も内容が違うみたいで、
試験は、記述式と択一式と正誤問題のミックスだったけど、
みんなが受かるようにと、かなりゆる~い感じでした(良かった)。

内容はというと、食品衛生が主だと予想していて、
確かに昨日(前半)の内容はそうだったけど、
今日(後半)の内容は、エイズや肝炎、そして、水虫などの感染症の話がほとんどで、
それって、公衆衛生?
エイズやクラミジアなどの性感染症のビデオ(10分ぐらいだったけど)まで見せられて、
なんだか、ちょっとカテゴリ違いなのでは?と思ったり・・・。

もしかして、広くみんなにいろんな衛生を学ばせるために、
多岐にわたる業種の、すべての雇用者と労働者に対して、
強制受講にしたのでは?
それなら、いっそのこと、すべての業種にしちゃえば良いのにね。






f0232763_04352983.jpg





そんな衛生教育の前後は、お店で使うストック作り。

朝は、スタッフの女性と水餃子を、
衛生教育が終わった後には、スタッフの男の子とワンタンを作りました。

良く考えたら、彼らは入れ替えだけど、
わたしってフル稼働。久しぶりに立ち仕事だったから、
家に帰ってから、腰は痛いわ、足は怠いは、攣るわ・・・。
慣れるまで、ちょっと大変かも?

わたしも慣れなきゃいけないけれど、
スタッフも、早く慣れてほしいなぁ~。
それまでは、彼らは時間差出勤だけど、
わたしは通しで出勤しないといけないんだもの。  
(彼らが慣れたら、昼の時間は彼らだけに任せるって話になってはいるのだけどね)
しかも、夏が終わるまでは、また、わたしはお休みが取れないし・・・。











[PR]

by akdeniz_tk | 2014-07-09 05:31 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(16)

シンガポール・チキンライス。

f0232763_12573798.jpg



ここのところ、日々更新!って続けていたのに、
間があいてしまいました。。。

お店のオープン前のバタバタって訳でもないんですけどね。
(まだ、改修工事終わっていないんだもの・・・もうあと数日と言われて、早1週間)


今週から、新しいスタッフの子たちが働き始めた(お給料とか労働保険とかの開始)のに、
職場が整っていないって・・・ほんと早く終わって欲しいです。

本当は、改修工事が終了してから、就職してもらうハズだったんだけど、
そうはいかない事情があって・・・。

というのも、去年公布された衛生教育の受講が、今年の7月5日から強制になって、
受けていないと、罰則もあるそう。
じゃぁ、お店をスタートする前にみんなで受けよう!!ってコトになったのだけど、
毎日、開講されている訳じゃないので、結局、仕事始めが早まったという訳です。

衛生教育は、対象となる職種の、雇用者も労働者もみんな強制なんですよ~。
なので、わたしも対象内。
今回の対象となる職種って、かなり広範囲で、食品製造所や飲食店はもちろん、
ホテルやペンションなどの宿泊施設、理容室、美容室など・・・。
こういう時に、ふと思うんだけど、
大型ホテルとかって外国資本も多いのに、
そういうトコの経営者や一部外国人労働者の中にはトルコ語が分からないヒトもいるハズで、
いったいどうやって、トルコ語の衛生教育+試験をクリアするんだろう??って。



とまぁ、疑問もあるけれど、
昨日の月曜日に、衛生教育(前半)があって、受講してきました。
ギリギリで慌てて受けに来ているヒトも多く、
受講生は、100人弱。予想していたけど、外国人はわたし1人でした。。。
講習は聞くだけだし、良いんだけど、今日の試験が不安。
トルコ語で試験って受けたコトないんだもの。
内容じゃなくって、問題の意味が分からないなんて、
笑えない冗談にならなければ良いのだけれど・・・。





f0232763_12575237.jpg


話は変わって、
久しぶりに作ったシンガポール・チキンライス。
ソースは、チリソースよりもネギソースが好きです。

暑いと、アジアなごはんがよりおいしく感じられますね。



[PR]

by akdeniz_tk | 2014-07-08 13:38 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(20)

イフタール ソフラス(iftar sofrası)。

f0232763_00193648.jpg



お友達に誘われて、イフタールのお食事に行ってきました。


イフタールは、1日の断食を終えて食べる食事のコト。

お家にお客さんを招待したり、逆に招待されたり、
レストランなどにみんなででかけたり・・・。







f0232763_00195998.jpg




ナツメヤシとお水で、断食を破ります。
(一般的にね)









f0232763_00201715.jpg




このお店に行くと、いつも出てくるサービスのお皿。








f0232763_00214740.jpg



サラダとハイダリも(パンも)サービス。

そういえば、最近、こういうサービスのお皿が減ってきている気がします。

トルコ料理以外のレストランでは、出ないトコがほとんどだけど、
トルコ料理のお店でも、サービス品が、サラダだけってトコ増えてきているし、
ちょっと前、イスタンブルで行ったお店だと、パン以外はすべて別料金でした。











f0232763_00202625.jpg



エゾゲリン・スープ(ハーフ)。







f0232763_00205143.jpg



お友達が食べていたbeyti sarma(ベェイティ・サルマ)。

最近、トルコ人のお友達とごはんを食べに行っても、
お料理が来ると、お友達の方から、
「わたしのお料理の写真も撮る?」って聞いてくれるようになりました。
(ありがと♪)


お料理写真を撮る行為が、最初は不思議だったみたいだけど、
今では違和感がなくなってきているみたい・・慣れってコト?







f0232763_00203883.jpg



わたしは、他のお友達と2人で、
ソフラ・ケバプっていう名前のついた、
ケバブ盛り合わせをシェアしました。

トルコらしい、こんもりとした盛りつけ。
ユフカとピデの下にケバブが隠れています。






f0232763_00230509.jpg




ウルファケバブ、アダナケバブ、パトルジャン・ケバブ(茄子のケバブ)、
クズ・シシ(子羊のシシケバブ)、タヴック・シシ(鶏肉のシシケバブ)
ブルグルピラフ、野菜の炭火焼きが入っていたハズ。


内容は、一番上に乗せた写真の方が分かりやすいかも?
トマトとたまねぎの大きさから、だいたい想像してください。



イフタール時間には、ものすごく混雑していて、
1階席、2階席、テラス席すべてほぼ満席。
わたしたちも予約をして行きました。
(・・・あやかりたいモノです)



[PR]

by akdeniz_tk | 2014-07-05 01:07 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(24)

ムサカ(Musakka)。

f0232763_06205112.jpg


ある日のお昼ごはん。

お友達が、おいしい!って言われているロカンタ(定食屋さん)へ
連れて行ってくれました。


わたしも、しょっちゅうお店の前を通っていたのに、
言われるまで、ロカンタがあるコトさえ気が付きませんでした。




ものすごく庶民的なお店なんだけど、

f0232763_06210179.jpg


この日は、ターゼファスリエ(モロッコいんげん豆の煮もの)、
クルファスリエ、キョフテ、オクラの煮物、マントゥ、ムサカ・・・。
ずら~っと並ぶトルコごはん。

和食は見ためが地味ですが、トルコの場合、赤い色が多いです。
サルチャ(トマトペースト)を使うからね。




何を食べようか?って悩んだけど、ムサカにしました。
(いちばん手前の右側のお料理です)
 

  ちょっと前にf's noteさんトコで、ギリシアのムサカを拝見したけど、
  お国によって、かなり違いますよね。
  ギリシアのムサカもおいしそ~。




f0232763_06211189.jpg

トルコのムサカは、揚げたお野菜とひき肉のお料理。
基本的には、チーズは使っていないです。

揚げてあるから、結構オイリーなんだけど、
あんまり重くないのが不思議。
(だから、ついつい食べ過ぎるのですが・・・)


ムサカとピラフとお水で、10TL(約500円)。

庶民的なお店と、ちょっとオシャレなお店では、
価格がずいぶん違いますよねぇ~。



[PR]

by akdeniz_tk | 2014-07-04 06:49 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(15)