<   2014年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ピンクは、ザクロのアイスクリーム。

f0232763_14530152.jpg


昨日の続きです。
朝ごはんのギョズレメを食べてから、
さらに、アンタルヤ郊外をドライブ。


まだ4月だというのに、日中はもう夏です。
・・・暑い。暑い。







f0232763_14531449.jpg



去年だったか一昨年だったかに発売されてから、
ずっと気になっていた『マグナム』のピンクのアイスを買いました。

ピンクというとイチゴ味のイメージがありますが、
ザクロ味なんです。











f0232763_14532485.jpg


外は、チョコレートコーティング。









f0232763_14533933.jpg


中には、ザクロ風味のアイスクリーム。
ちょっと酸味があって、さっぱりとしていました。

『マグナム』のシリーズは、アイスもチョコもしっかりしていて、
普通は1本食べきるのがキツイんですけど、酸味のおかげなのか?
おいしく食べちゃいました。

アイスの濃厚さは、ハーゲンダッツのバータイプに似ているかな?








f0232763_14534816.jpg


アイスを食べて、少しクールダウン?











f0232763_14535781.jpg


海へ到着です。







[PR]

by akdeniz_tk | 2014-04-30 15:13 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(20)

ギョズレメを食べに。 sanpo

f0232763_18450186.jpg



いろいろと頭を悩ませる問題がある中、
『少しは気分転換したら?』とお友達が誘ってくれて、
週末、アンタルヤ郊外に出かけてきました。


まず、朝ごはんにギョズレメ(トルコ風のクレープ)。






f0232763_18451836.jpg


『良いトコしっているから・・・』
って言うお友達の言葉を疑う訳ではないけれど、
ほんと、こんなトコに何があるの?ってぐらいの道を抜けて、
着いたのは、村。









f0232763_18453202.jpg


大きな樹に作られた、ツリーハウス。
ハウスというよりも、ビルやアパートって感じ?






f0232763_18454244.jpg


ワクワク、恐々。上がっていきます。
なんか、子供の秘密基地みたいですよねぇ~。







f0232763_18455599.jpg


いちばん上まで上がったら、
風が吹くたび、揺れていました。。。








f0232763_18460416.jpg
でもね。
この風景!!

わたしの写真じゃ、凄さが伝えられません。。。







f0232763_18461823.jpg


ギョズレメ自体は、可もなく不可もなく。
ジャガイモのギョズレメは、おいしかったけど、
ひき肉のギョズレメは、お肉の臭いがちょっと・・・。





f0232763_18462934.jpg


遠くから見ると、どんだけ高いか?って
はっきりとわかりますよね。




[PR]

by akdeniz_tk | 2014-04-28 18:59 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(30)

今度は、ちゃんとオレンジのケーキ。

f0232763_06193711.jpg


オレンジのケーキ。リベンジ!!

前回の反省を活かして、
粉を少なめにしたり、
オレンジを煮詰めてみたり、
上に、オレンジのコンポートを刻んでのせたり・・・。


今度は、とっても良い感じに焼けました。



f0232763_06194744.jpg



アイシングをかける前。
このままでも、十分にオレンジのケーキ。









f0232763_06195408.jpg


さらに、オレンジ1個分の果汁を煮詰めて、
アイシングにして、コーティング。



たくさんあったオレンジも、あと数個。
最後は、ギュッと絞って、ジュースにして飲もうかなぁ~と思っているトコです。




[PR]

by akdeniz_tk | 2014-04-28 06:53 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(16)

オレンジのケーキ。

f0232763_18393079.jpg



パザル(市場)で買った、大量のオレンジ。
いろいろと使ったけど、まだまだあります。

で。
ウィークエンド・シトロンのオレンジバージョンをイメージして、
ケーキを作りました。







f0232763_18394427.jpg


以前、日本で作ったレシピをアレンジしたのだけど、
・・・なんか違う。

ケーキは、粉が違うからなのか?ふんわり感が足りないし、
アイシングも、オレンジ果汁を入れたけど、ちっともオレンジの香りがしないし・・・。

どうして、1回で上手にできないんだろ。。。








[PR]

by akdeniz_tk | 2014-04-27 19:23 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(12)

ヘーゼルナッツとチョコチップのクッキー。

f0232763_02523908.jpg



基本的に、買い物をするときは優柔不断。
『良いなぁ~、欲しいなぁ~』と思っても、
すぐには買わずに、見ているだけ。

その日、悩んで、次の日、悩んで・・・
それでも欲しかったら、やっと購入を決意!!

まぁ、こんな調子だから、
勇んでお店に行ったら、すでに売り切れってコトもあって、
『あぁ、欲しかった!!未練たっぷりリスト』は、かなり長めです。


写真にあるミニのホーロー鍋も、そんな感じ。

定価の50%のさらに50%引きだったかな?
結局、1個1500円ぐらいで、かなり激安価格だったのに関わらず、
購入を決めるまで、1週間ぐらいかかっちゃいました。。。

絶対に必要なモノは、即決できるんですけど、
そういうモノって、ほとんどないですよね。

ちなみに、最近即決したのは、オーブントースター。
日本じゃ、普通によくある家電ですが、
トルコでは、今まで見たコトなかったんです。
だから、『新発売』のオーブントースターを見たとき、
結構、高かったけど、買わなきゃ!!って。

あるとないとでは、大違い。
かなり活用しています。


f0232763_02525348.jpg


写真のクッキーはというと、
ヘーゼルナッツ・チョコチップ。

全国物産展で買ってきた練りたてヘーゼルナッツペースト。
買ってきて、そのまま放置。気がついたら、1ヶ月経っていました。
練りたてフレッシュだったのに、意味がないですよねぇ~。


やっと、重い腰をあげて作ったのが、このクッキーです。
ワンボールで、オーブンに入れるまで15分もかからないのに、
どうして、作ろう!って思うまで、こんなにも時間が過ぎちゃったのかしら?





[PR]

by akdeniz_tk | 2014-04-26 03:38 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(21)

パンの中にスープ(ekmek arası çorba)。

f0232763_06445392.jpg



すっごくおいしい訳じゃないけれど、お値段もそれなりで、
行きやすい場所にあって、それなりに満足できるお店って、
なにげにアンタルヤには少なくって、
このブログで何度も登場しているLeman kültürに、
お友達と出かけました。





f0232763_06450376.jpg


イチゴのスムージー。
・・・なんか違いました。
スムージーって、ヨーグルトとかの乳製品でもっとクリーミーなモノだと思いますが、
イチゴ味の半氷水って感じ?






f0232763_06452346.jpg


お友達の頼んでいた、L-MANYAK  HAMPURKER。
Lークレージーなハンプーカー(hampurker。入力ミスじゃないですよ)。

写真では小さく見えますが、
パテがど~ん!!
バンズも普通2倍ぐらいの大きさで、かなりのボリューム。
(下に敷いてあるトマトから分かりますよね?)


『これ、どうやって食べようか?』と、お友達が戸惑っていました。。。


これで、約700円って、リーズナブルですよね。





f0232763_06453201.jpg

わたしは、というと。
この日は、朝ごはんが遅かったからあんまりお腹もすいていなくって、
メニューを見ても、なかなか決められず。。。

結局、スープにしました。








f0232763_06460946.jpg

エキメッキ・アラスというと、
たとえば、キョフテサンドとかドネルサンドとか・・・
サンドイッチのイメージがあったけど、

ekmek(パン)のara(あいだ、あいま、中、内・・・)だから、
これも、確かにエキメッキ・アラス(スは属格語尾の変化)なんですね。








f0232763_06464963.jpg

本日のスープは、トマト。
一緒についてきた、チーズとクルトンを全部入れたら、
凄いコトになっちゃいました。。。

これで、約250円だったかな?
・・・氷水スムージー(約300円)の方が高いって、なんか不思議です。






[PR]

by akdeniz_tk | 2014-04-25 07:37 | Trackback | Comments(16)

グリーンピースとロルペーニルのキッシュ。

f0232763_05392271.jpg


先週、パザル(市場)で、鞘付きグリーンピースやオレンジと一緒に、
ロル・ペーニリ(lor peniri)も2TL(約100円)分買って帰りました。

ロル・ペーニリ(ペーニル(=チーズ)・語尾変化のため、ル→リになっています)は、
ストレートに訳すと、カード・チーズになりますが、
作り方から言うと、リコッタチーズと似ています。

乳に、酸や酵素を加えて凝固させるのではなくって、
ホエーを煮詰めて作るらしいので。


ロルペーニリも、何種類かありますが、
好みとしては、脂肪分が含まれているロルペーニリ。
脂肪分のないモノよりも、しっとりとしています。


問題は、量り売りで買う、フレッシュなチーズだから、
あんまり日持ちしないんですよねぇ~。

いつも、『タルトが作りたい!』って思って買うんだけど、
気が付くと、すぐに1週間経っていて、
『使っても大丈夫なのかしら?』と考えているうちに、
さらに3日ぐらい過ぎて、
『もったいないなぁ~』と思いながら、捨てるハメに。。。




f0232763_05393202.jpg


タルトはいつになるか分からないので、それよりも、先に、
手早く作れるキッシュを焼きました。

パイ生地は、冷凍のシートを使って。

フィリングは、バターで炒めたタマネギとリコッタチーズ。
軽く焼いておいたパイ生地に、フィリングを入れて、
鞘を取って、軽くゆでておいたグリーンピースを散らして、
卵と牛乳を混ぜたモノをかけて、オーブンで焼きました。

・・・上にチーズをのせても良かったかな?


ロル・ペーニリがあと半分残っているけど、
すでに1週間経過。
『今日、明日にでも使わないと』って思いつつも、
タルトを焼く気分になれず。。。
(日が経っているので、加熱して食べる方が無難ですよね。。。何にしよう?)




[PR]

by akdeniz_tk | 2014-04-24 13:01 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(10)

オレンジクリーム・クッキー。

f0232763_16250322.jpg



オレンジシフォンケーキに使ったグレイスが余ったので、
何に使いまわそうかしら??
と、クッキーを焼いて、はさみました。


オレンジは、焼くと香りが飛んじゃうから、
後付けの方が、風味がはっきりしますね。

しっかり、オレンジなクッキーに仕上がりました。




f0232763_16251796.jpg


クッキーは、卵・ベーキングパウダーなしで、
バターと砂糖と小麦粉で作りました。

グレイスの材料は、下記のとおり。

オレンジ濃縮液 20g
バター 30g
粉砂糖 70g

 ※オレンジ濃縮液は、オレンジ果汁420gを180gに濃縮したモノ



結構、バターを使っているのに、
オレンジの爽やかな風味に騙されて、
ついつい食べちゃうのが、困りものです。。。




[PR]

by akdeniz_tk | 2014-04-23 19:34 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(24)

リベンジ!オレンジ・シフォンケーキ。 oishii

f0232763_06131120.jpg


先日、作ったオレンジの風味がしないオレンジシフォンケーキ。

反省点をいかして、
オレンジ果汁を煮詰めて使ってみようか?と。

コトコト、コトコト。
420gの果汁が180gになりました。



それから・・・。
日本在住の友達から、『グレーテルのかまどでオレンジ・シフォンケーキが放送されていたよ~』
って、教えていただいたので、それも参考に。

オレンジの風味UPのために、グレイズを用意しました。


f0232763_06133386.jpg


で。できたのが、これ。

卵や小麦粉の分量も、試して変えてみたけれど、
前の方が良かったかも?

でもね。『オレンジシフォンケーキだ!』ってぐらい、
オレンジの風味が出ているケーキになりました。



2回試してみて、
『トルコ人向けに作るなら、レモン風味の方がはっきりして分かりやすいのでは?』
って結論になったので、オレンジシフォンケーキは、これでおしまい。

まだまだ、オレンジが余っているので、オレンジのお菓子ネタは続きます。。。






[PR]

by akdeniz_tk | 2014-04-22 06:40 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(24)

赤レンズ豆のキョフテ(mercimek köftesi)。

f0232763_23011824.jpg




ちょっと前に、肉なしチー・キョフテについてUPしましたが、
それよりも、わたしの好みは、こっち。

メルジメッキ・キョフテスィ(mercimek köftesi)です。
良く考えると、これにもブルグルが入っていますねぇ~。

・・・ほんと、毎日、ブルグルを食べているかも?



ピラフに使うブルグルと、
クスルやメルジメッキ・キョフテスィなどに使うブルグルでは、
ブルグルのサイズが違います。

ピラフに使うのは、粒の粗いブルグルですが、
クスルやメルジメッキ・キョフテスィに使うのは、
一見、クスクスにも見えるような細かい(小粒)タイプ。

ブルグルが手に入らなかったら、クスクスで代用するコトも可能です。



f0232763_23015998.jpg

以前UPしていますが、レシピが違うので、
今回のもメモに残しておきます。


【材料】
赤レンズ豆 150g
ブルグル(細) 65g
たまねぎ 1個
サルチャ(トマト) 大さじ2
サルチャ(ビベル) 大さじ1/2
サラダ油  50g
塩    少々
青ネギ 4~5本
イタリアンパセリ 5~6本

【作りかた】
1.赤レンズ豆を洗って、鍋に入れ、豆が被るより、
  2~3cm多めに水を入れて、豆が柔らかくなるまで火にかける
2.水気がほぼなくなったところで、ブルグルを加えてかき混ぜ、蓋をして蒸らす
3.別の鍋に、みじん切りにしたたまねぎ、サラダ油を入れて、たまねぎが透き通るまで炒める
4.サルチャを加えて、さらに炒める
5.2に4を加えてよく混ぜる(捏ねる)
6.小口切りにした青ネギ、みじん切りにしたイタリアンパセリを加えてさらに混ぜる
7.ボール状に成型する



  ※ レモン汁を加えると良いのでしょうが、酸味があんまり好きじゃないので、
    使っていません。
    サラダ油の代わりにオリーブオイルをつかうヒトもいるし、
    もっといろいろスパイスを入れるヒトもいます。お好みで。



[PR]

by akdeniz_tk | 2014-04-21 06:03 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(14)