<   2013年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

サガラッソス(Sagalassos)。

f0232763_5413944.jpg



※ 昨日の分と今日の分、2つ続けて、UPします。


週末、お友達に誘われて、
ブルドゥル(BURDUR)県、ウスパルタ(ISPARTA)県に出かけてきました。



ブルドゥルでは、サガラッソスに、
そして、ウスパルタを北上、EGiRDiRを通過して、YALVAÇまで。
ブルドゥルもウスパルタも、県としては、アンタルヤのお隣ですが、
それでも、遠かったです。。。



まずは、

f0232763_5421243.jpg



サガラッソス古代都市遺跡

といっても・・・わたしは入りませんでした。

遺跡にあんまり興味がないっていうのと、
上るのが面倒だなぁ~っていうのが理由。
(根性なしなもので・・・)


でもね。上の方にある噴水の遺跡では、
本当に噴水が出ているので、一見の価値があったそう。
行けばよかったかなぁ~?


f0232763_543478.jpg


サガラッソスは、山の上にあります。
最寄りの町は、アーラスン。
(1枚目と3枚目の写真で、小さく茶色い屋根の建物が見えますよね?)

でも、小さい町(村かな?ってレベル)なので、タクシーさえ見かけなかったです。
(シーズン中はあるかもしれないですけど・・・。)

町から遺跡までは、7kmぐらいあるので、歩いて上っていくのは、
かなり気合いが要りそうだから、車で行くのがお勧めです。
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-03-31 06:07 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback

キュネフェ(Künefe)。

f0232763_5331126.jpg



久しぶりにキュネフェを食べました。

昨日のカザンディビとは違って、
キュネフェは激甘シロップ系のトルコのお菓子で、
中に、チーズが入っています。


ハタイ(アンタクヤ・・・南東の方のトルコの都市で、シリアの近く)の名物で、
以前、テルカダイフの作り方を含めて、UPしたコトがあります()。





f0232763_53427100.jpg



行ったのは、ラーラ地区のお店。

クラル・キュネフェって、アンタルヤに何軒かありますが、
チェーン店なんでしょうか?(調べたけど、分からなかったです)








f0232763_535216.jpg


以前UPしたキュネフェは、小さい丸い型に入れて、
1つずつ焼いていたけど、
ここのは、大きな型で作って、1ポーションずつ切り分けてくれます。







f0232763_535391.jpg


頼んだのは、カイマックのせ。
カイマックも以前UPしているので、詳しくはこちらを。


中のチーズは、キュネフェ専用のチーズなのですが、
モッツアレラっぽいフレッシュなモノです。



わたしは、テルカダイフよりもキュネフェ。キュネフェよりも、エキメッキカダイフの方が好きかも?
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-03-30 06:02 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(16)

カザンディビ(Kazandibi)。

f0232763_3231785.jpg



トルコ・スィーツの中で、
わたしが、いちばん好きなのはカザンディビ。

kazan=大なべ、dibi(=dipの変化形=底)
という名前の付いた、ミルク系のお菓子です。



バクラヴァ、カダイフ、シェケルパーレ・・・。
シロップをかけたお菓子は、吃驚するほど甘いモノが多いけど、
ミルク系のお菓子は、そこまででもなく、
日本人でも、食べやすいハズ。










f0232763_3233747.jpg


今、これをUPする前に、wikiのkazandibiを読んだら
鶏の胸肉入りのモノと、そうでないものがある・・・と。

鶏の胸肉入りのモノは、
Tavuk Göğüsü (Tatlısı) (タヴック・ギョウズ(タットゥルス))って呼ぶことが多いけど、
あれも、カザンディビの一種なんですねぇ~。初めて知りました。

でも。普通にお菓子屋さんで売っているカザンディビは、
胸肉なしの方が多い気がするけど・・・。
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-03-29 03:40 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(16)

塩キャラメル・シュークリーム。

f0232763_6453967.jpg



昨日の続きといえば、続きですが・・・トルコの電化製品について。

日本で、初期不良の家電を買ったコトって記憶にないんですが、
トルコだと、かなりの高確率で、不良品に出会います。
(わたしの運が悪いだけじゃないハズ)

たいして、電化製品を買っていないのに、
この半年で2回も!

先日、
それなりに有名な(でも、比較的価格の安い)トルコ国内メーカーの
エスプレッソマシーンを買ってきて、朝、使おうと思ったら、
通電しないんです。

・・・停電?(トルコじゃ、告知なしの停電がよくあるので)

って、思ったけど、部屋の電気はついているし、


あ~あ。初期不良ね。
(使い方が間違っているのかしら?って思う前に、
 初期不良を思い浮かべる状況って・・・どうなんでしょう??)

お店にいけば、交換もしくは返品してくれるけど、
ほんと、二度手間です。


新しいのは、お店で電源をつけてもらって、
ちゃんと電気が入るコトを確認してから、買いました。。。











f0232763_6455925.jpg


話は変わって、
かなり前に作った、塩キャラメル入りのシュークリーム。

相変わらず、クリームが緩くって、
しっかり焼きのシュー生地との相性は微妙ですが、
クリーム自体のお味は、好みでした。


塩キャラメルって、何に使っても、おいしいですねぇ~。
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-03-28 07:13 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(15)

プラリネ・ルージュを使って。

f0232763_230122.jpg



日本では、100円均一ショップでも、
それなりのモノを扱ったりしているから、
『安かろう、悪かろう』って言葉がそのまま当てはまらないコトも多いけど、
トルコの場合、安いモノ=欠陥商品、もしくはチャチな作りっていうのがほとんど。

だからといって、高いモノを買ったとしても、
絶対に問題ないか?っていうと、そうでもないんだけど・・・。



この前、ホームベーカリーの釜が壊れて(使用頻度からすると、しょうがないと思う)、
新しいのを見に、何軒かのお店をハシゴしました。
最近、どうやら流行らないみたいで、どこのお店でも、
ほぼ1~2種類しか置いていないし、価格も買った時(3年前)の2倍以上!

1つだけ安いのがあって(といっても、買ったときの1.5倍はする)、
『これって、安いですねぇ~』とお店のヒトに言ったら、
『釜に付いているハネが紛失しているからです』と。

・・・それって、買っても使えないってことじゃないですか??







話は変わって、
リヨンで買ってきたプラリネ・ルージュを使ったお菓子。

今年の冬に作って、UPしていなかったのをまとめてみました。


f0232763_2322653.jpg


パルミエにも、プラリネ・ルージュを入れると、
なんだか、かわいい感じ。











f0232763_31464.jpg




随分前に作ったので、記憶があやふやだけど、
確か、ヨーグルトのカップケーキ。


プラリネ・ルージュを振りかけて、焼きました。








f0232763_2334688.jpg



ココアクッキーの上にも、プラリネルージュ。
ピンクと黒の組み合わせって、好みです。

トルコのココアって、メーカーによってかなり質が違うけど、
ブラック・ココアっぽかったです。

ブラックココアパウダー11 200g

ブラックココアパウダー11 200g
価格:448円(税込、送料別)




買ってきたプラリネ・ルージュは、まだ少し残っているけど、
しばらくは、休憩かな?
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-03-27 03:01 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(16)

海苔のクッキー。

f0232763_3353370.jpg


久しぶりに、お家で作ったモノです。

Mchappykunさんの海苔の塩味クッキーを読んで、

日本で買ってきた海苔がかなりあったから、
わたしも作ってみよう!と。

青のりじゃなくて、普通の海苔です。


海苔をちぎって混ぜ込んでみたものの、
どうもうまくいかなかったので、、
さらに、生地ごと、が~っとフードプロセッサーへ。









f0232763_3313693.jpg


お友達のトコにも持っていきました。
けっこう、たくさん海苔を入れたけど、「言われないと海苔だってわからない」って。

やっぱり、青のりと海苔じゃ、かなり違うみたいです。




今回は、ちょっと甘めに作ったけど、
次は、お砂糖を控えて、塩味を強めにしてみようと思います。

海苔も、もう少し足した方が良いのかなぁ~。
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-03-26 03:34 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(14)

再び、キョフテとアンタルヤ・ピアズ。

f0232763_1563661.jpg



何度か出していますが、今回もアンタルヤのピアズ。


ピアズ好きのお友達が
『アンタルヤでいちばんおいしいお店』というので、
じゃぁ、行ってみなくては・・・と。


ほんと、最近、外ごはんが多いです。

お家の冷蔵庫に、
パザル(市場)で買ってきた野菜や果物が待っているというのに。





f0232763_157395.jpg


キョフテ。

ピアズとキョフテを頼むと、
わたしには多すぎるって分かっていつつも、
どっちも食べたいんですよねぇ~。









f0232763_15727100.jpg


ピアズ(ハーフサイズ)。

前回のトコよりも、オイリーな感じ?

確かにおいしい。けど、ピアズ好きのわたし、
どこで食べてもおいしく感じるから、あんまりアテにならないかも?








このお店、ピアズやキョフテを頼むと、
サラダ、アイラン(塩味のヨーグルトドリンク)、デザートが付いてきます。
パンもね。ピザ生地のようなのが、キョフテの下に1枚、
さらに、別のお皿(これはみんなでシェア)にも出てきました。

パンさえ減らせば、食べすぎで苦しくならないってわかっているのだけど、
ついつい食べ過ぎてしまいます。。。

f0232763_1575225.jpg


デザートのバクラヴァ。
普通のバクラヴァよりも、シロップ少なめ。

=食べやすいので、危険です!!





そういえば、アイランって、日本で発売されているらしいですね。

雪印メグミルク・アイラン
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-03-25 02:06 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(20)

黒海料理:イワシのピラフ(Hamsi Pilav)やピクルスの炒め物。

f0232763_1564337.jpg



きちんと調べたコトはないけれど、
普通のトルコ人がいちばんよく食べる魚って、
たぶん、イワシだと思います。


日本では、小イワシはなかなか手に入らなかったりするけど、
トルコでイワシといえば、ほぼ、小イワシです。


特に、黒海地方では、イワシ料理が有名。

先日、偶然見つけた黒海地方料理屋さんに行ってきました。




f0232763_1575444.jpg


イワシのピラフ。
っていうと、『生臭くないの?』って、聞かれるコトがありますが、
おいしいトコのは、ほんとうにおいしいです。







f0232763_1591844.jpg


もともとは、大きな丸いサイズです。










f0232763_1594067.jpg


そえてもらったのは、ピクルス(漬物)の炒め物。
これも、黒海地方名物だそう。


漬物を炒めるのか?って思ったけど、
よく考えるとキムチ炒めとかも、そうですよね。








f0232763_211078.jpg


他には、レバー料理とか、ほうれん草の料理とかを入れてもらいました。


本当のお値段は知らないけれど(まけてくれたと思われる)、
これだけ山盛りで10TL(約500円)。











f0232763_214312.jpg


ものすごく満腹になった頃に、
『ムスル・エキメィ(トウモロコシのパン)が焼きあがったよ!』と。

黒海名物だから・・・って言われると、味見しない訳にはいかず、
結局、一切れもらいました。

しかも、トラブゾンのバターやらチーズやらも出してくれて、
『ムスル・エキメィと一緒に食べるとおいしいよ!』と。



ピラフの上に、普通のパンを食べて、
さらに、その上、ムスル・エキメィ。

絶対、炭水化物の摂り過ぎですよねぇ~。





また近いうちに行くと思うのですが、
その時は、考えながら食べようと思います。
(食べすぎで、苦しかったし・・・)
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-03-24 02:28 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(23)

Hamsi Tava(イワシを食べに)。

f0232763_5184165.jpg



『あと、数週間でシーズンが終わるから・・・』

って、慌ててイワシを食べに行きました。


本当は、4人ぐらいで行く予定だったのだけど、
結局、集まったのは、15人近く。
かなり大人数でのイワシの会となりました。







f0232763_5213679.jpg


イワシと言えば、黒海地方。
『61』は、トラブゾンの県ナンバーです。










f0232763_5235084.jpg


これから、シーズンが終わると、
冷凍イワシを使うらしいけど、今はまだ、生のイワシで調理。











f0232763_5255585.jpg


1人分ずつ、フライパンで焼いていきます。
















f0232763_5261933.jpg


みんなでシェアしたサラダ。












f0232763_5271190.jpg


飲み物は・・・LAZ BOMBASI(ラズの爆弾)。
は、絶対に私には飲めないと思って、普通にコーラを頼みました。


一口だけ飲ましてもらったけど、
やっぱり頼まなくてよかった。。。

喉に辛みが残る、何とも言えない味の飲み物です。


主原料は、赤キャベツ。他には、レモン、にんにく、唐辛子など。

・・・味の想像つきますか??





f0232763_533879.jpg


そして、期待のイワシ料理が登場。

トルコで食べる魚料理って、どうも生臭くって苦手だったけど・・・。

ここのは、ちっとも臭わなくて、
しかも、パリッと焼けていて、骨まで食べられるイワシでした。







f0232763_5351920.jpg


Burma Kadayif(ブルマ・カダイフ)。
普通のカダイフと違って、ねじったカダイフです。

焼いて、シロップをかけて・・・ってトコは同じですが。






実は、この1週間前にも、黒海地方の料理を食べに行ったんです。
明日、UPしようと思います。

トルコに来てから、ほとんどお魚食べていなかったのに、
続くときは、続くものですねぇ~。
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-03-23 05:40 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(18)

クザルムッシュ・ドンドルマ(揚げアイス)・leman kültür編。

f0232763_302966.jpg



3連続になりますが、今日も、
「Kızarmış Dondurma(クザルムッシュ・ドンドルマ)」について。


先週のコトですが、お友達と一緒に、
leman kültürで、夜ごはんを食べました。

夜に行くのは初めてだけど、昼間と同じように、
お客さんが入っていて、かなりの賑わい。
価格がお手頃だからなのかな・・・。










f0232763_30552.jpg


わたしが頼んだのは、
『THAi USULÜ TAVUK DA YEMEDiM DEME』(12TL=約600円)。
(訳:タイ料理チキンも食べなかったとは言うな!)

タイ料理にそんなのあったっけ?


ちなみに、料理の説明には、
チキンとピーマン各色と季節の野菜をデミグラスソースと醤油で炒めたモノ、
ミニサラダ、フレンチフライ、ピラフ、トマトとピーマン・・・。


デミグラスソースとお醤油で、タイ料理??




と。疑問はいろいろありますが、お味は普通でした。




f0232763_311743.jpg


お友達が頼んだ、パスタ。

ナポリタンだったかな?
・・・ナポリタンって日本でアレンジされたパスタだったと思っていたのに。
トルコにもあるんですねぇ~。


当然ですが、トルコのパスタなので、茹ですぎ。
でも、味付けはおいしかったそう。





そして、
f0232763_313743.jpg


クザルムッシュ・ドンドルマ(8.5TL=約480円)

他のお店に比べて、小ぶりでした。
2人でシェアして食べたけど、
ごはんを食べた後なら、これでも量が多いぐらい。




ここまで、3日連続でクザルムッシュ・ドンドルマをUPしてきたけれど、
わたしは、sushicoのがいちばん好みでした。



また、どこかで、クザルムッシュ・ドンドルマを見つけたら、
頼んでみようと思います。
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-03-22 03:48 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(12)