<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

イスタンブルで、キョフテとピアズ。

f0232763_344248.jpg


イスタンブル街歩きの続きです。

ケチェ(フェルト)のアトリエ兼ショップを出て、
エジプシャンパザルとリュステムパシャへ行った後、
遅めのお昼ごはんを食べました。


ヨーロッパから帰ってきたばかりだったので、
無難にトルコ料理、キョフテ屋さんへ。

旧市街で、有名なキョフテ屋さんといえば、
Surltanahmet Koftecisi(スルタンアフメット・キョフテジスィ)。


以前アンタルヤの鶏肉のドネルの時にも書いたけど
どうもトルコでは、同じようなお店が隣り合わせになるコトが多いみたいで、
ここもそうでした。





f0232763_3444353.jpg


ピアズ。おいしいんだけど、
アンタルヤのを食べ慣れていると、なんか足りない気がして
(なにかじゃなくて、主にターヒンですが)、ちょっと物足りないかも?

アンタルヤのピアズはこんな感じ







f0232763_3451941.jpg


キョフテ。
キョフテ自体も悪くなかったけど、
さらにおいしいって思えたのは、添えてもらったペースト。








f0232763_3455299.jpg
   




Surltanahmet Koftecisi

Divanyolu Cad. No.12, Sultanahmet
0212(520)0566




これで、イスタンブル編は終わり。

ほぼ半日しか周れなかったけど、イスタンブルって楽しいです。
飛行機のチケットも高い訳じゃないし、日帰りできるのだから、
また、近いうちに行けたら良いなぁ~と思っています。

明日は、アンタルヤのピアズとキョフテをUP予定。
イスタンブルとアンタルヤ。同じお料理でもこう違うってコトで。
(地域だけじゃなくて、お店によっても、さまざまですが)
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-28 04:16 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(12)

トルコの羊毛フェルト(ケチェ)。

f0232763_2243623.jpg



イスタンブルの続きです。

アヤソフィアの中を見学した後、
『盗まれた遺跡を見に行きましょう!』とzeytinさんに連れて行ってもらったのは、
トプカプ宮殿方向にある他の入り口(こっちもアヤソフィアです)。

以前、zeytinさんのブログで読んで興味があったのですが、
(詳しくは、盗まれた遺産1 アヤソフィヤ博物館のタイル画 で)
ここにある、セリム2世廟の入口にある対のタイル。
1つは本物で、1つは偽物なんですよ。
(盗まれたタイル画は、現在、ルーブル美術館に飾ってあるとのコト)


  ※カメラの調子が悪くて、写真は全く残っていません。。。






そして、その後、向かったのは、keçe(羊毛フェルト)のお店。

f0232763_2272410.jpg
   

トルコの人間国宝メフメット・ギルギチ氏のアトリエ兼ショップ、
Ikoniumです。










f0232763_2264890.jpg


フェルトというと薄い単色のシート状のモノ(とか、それで作った小物)とか、
ニードルワークとかのイメージが強いのですが(わたしだけ?)、












f0232763_2262651.jpg


それもあったけど、メインはこっち。布フェルト。

詳しい作り方も、zeytinさんのトコで。


後継者が少ないとのコトだったんですが、
zeytinさんの体験談を読んで、納得しました。

翌日、腕の筋肉痛で手が上がらないぐらいの重労働だし、
それだけ頑張っても、女性が作るモノは、力不足で、
男性に比べると、フェルト化が甘いそうです。。。。








f0232763_2254689.jpg


上の階がショップになっていて、











f0232763_2301993.jpg


下の階は、アトリエ。
ここで、フェルト作業のワークショップもあるそうです。








f0232763_226439.jpg


Ikonium
Binbir Direk Mah. Dr.Sevki Bey Sok. No.6, Sultanahmet Istanbul
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-27 04:01 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(24)

アヤソフィアの天使に会いに。

f0232763_00615.jpg



イスタンブルの旧市街。
久しぶりに、観光客気分で歩いてきました。

とはいえ、行ったのは、ただ1つ、アヤソフィアだけなんですけど・・・。


で。どんだけ『観光客』らしかったか?っていうと、
なんと、なんと、客引きに、日本語で、話しかけられるぐらい!!

ここのとこずっと、客引きにさえ見向きもされないって、
どんだけ日本人力が下がっているんだろ・・・と思っていたから(前回)、
ちょっと嬉しかったです。

声をかけられすぎると、うんざりだけど、
見向きもされないっていうのも、いや。
・・・人間、我儘にできています。







f0232763_003289.jpg


さて。話は、アヤソフィアに戻して・・・。

今まで、何度か行ったコトはあったけど、
いつ行っても、内には、巨大な鉄製の足場があって、
イマイチ雰囲気に浸れる状態じゃなかったのですが、













f0232763_01289.jpg


今回、行ったら、修復工事が終わり、
足場も撤去されていて、ほんと素敵に変わっていました。


















f0232763_05365.jpg


上の階から眺めてみると。

ヒトのサイズから、アヤソフィアの大きさが実感できますよね?











f0232763_023962.jpg


天使たちもね。
顔を隠したモノが多いのですが、
(偶像崇拝の禁止のためらしい)










f0232763_021256.jpg


この大修復作業によって、
天使セラフィムの顔が出てきたそうです。
(写真の右上の天使さんです)









f0232763_014368.jpg



今回、わたしたちは、
ミュゼカード(滞在許可書を持っていると作れる)を持っていたので、
並ばなかったけど、チケット売り場は、平日なのに長蛇の列でした。
訪れるときは、時間を選んだら良いかも??



次は、トルコの人間国宝がつくるフェルトのお店についてです。
フェルトで人間国宝って、日本ではピンときませんよね?
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-26 00:20 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(16)

イスタンブル街歩き・はじめに。

f0232763_4192266.jpg


気がついたら、2月もあとわずか。
去年の10月に出かけたイスタンブルの話を、
さっさとUPしなくてはっ!!






ヨーロッパの帰り道、イスタンブルで、ストップオーバー(1泊)。
イズニクタイルに首ったけ-イスタンブルで日進月歩-のzeytinさんにお会いして、
イスタンブルの旧市街を、一緒に歩きました。

午後3時には、市内を出て空港に行かないといけなかったので、
朝、早い時間から遊んでいただくコトに。

会社の出勤ラッシュもあるのに、9時台に待ち合わせって、
ほんと申し訳なかったです。


しかも、お会いして早々、『とりあえず、コーヒーでも・・・』って、
マクドナルドに入ったら、話に花が咲き過ぎて、
あっという間に、11時になっていました。。。
(早く来ていただいた意味が・・・)




f0232763_4195579.jpg


結局、どこへ行けたか?というと・・・。

アヤソフィア(修復後初めていきました!)、
フェルトの人間国宝の職人さんのお店、
エジプシャンパザールとタフタカレ、
リュステムパシャ、
そして、有名なキョフテ屋さん。



途中、エジプシャンパザルとリュステムパシャでは、
カメラの調子が悪く、写真が撮れず。。。



タイルの絵付けをなさっているzeytinさんのお勧めのリュステムパシャ、
とっても良かったですよ~。写真で紹介できないのが残念です。
(気になる方は、以前、zeytinさんがリュステムパシャの記事をUPなさっているので、そちらで。)
ドキュメンタリ(トルコ語)の紹介
リュステムパシャのお話
リュステムパシャのタイル(けしの実)について







f0232763_4352966.jpg


そして、そして、zeytinさんの描かれたタイルをいただきました。
ブログで作品を見て、ほんと凄いなぁ~って思っていたけれど、
本物は、さらに素敵です。

玄関に飾って、遊びに来たお友達に、
『日本人のお友達が作ったんだよ~』と自慢しています。

ほんと、ありがとうございました。








f0232763_4361630.jpg


トップの写真の同じお店のモノですが・・・。
子供用の帽子屋さん。

かわいいですよねぇ~。







なんだか、まとまりの内容になっちゃいましたが、
明日から、3日間、イスタンブルの街歩きネタになりますって予告と、
zeytinさんにいただいた、タイルの自慢話でした。。。
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-25 04:45 | トルコの事情(観光編)。 | Trackback | Comments(20)

鶏のから揚げ。

f0232763_1144413.jpg



たまに、無性に食べたくなるものといえば、
カレーやラーメン。

・・・それから、鶏の唐揚げも!!


ナゲットやシュニッツェルも、同じく鶏を揚げたモノだけど、
無性に食べたいって思ったコトないのに、不思議です。

あと、ケンタッキーもたまに食べたくなります。

アンタルヤにもケンタッキーフライドチキンのお店があるんですが、
どうもおいしくないらしく、日本人のお友達から、
『行くとがっかりするから、やめた方が良いよ~』と。
(しかも、複数のお友達から、同じコトを言われました。。。)

国によって、フライドチキンの味って変わるのかしら??







f0232763_1194210.jpg



気分によって、入れるモノ変えているけど、
今回は、↓の分量で作りました。

鶏肉(もも) 300g
にんにくしょう油 大さじ2
しょうが(すりおろす) 1かけ
白ワイン 大さじ2
砂糖 小さじ1/2
小麦のスターチ 30g  
揚げ油 適量
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-24 01:26 | レシピ(海外で和食)。 | Trackback | Comments(20)

鶏の炭火焼き(キョムルデ ピリッチ)。

f0232763_2495511.jpg



だいたい、お料理ネタでも外出ネタでも、
『チーズのように、熟成させているのか?』ってぐらい遅れがちで、
早くても2週間前、ひどい時には、3ヶ月以上も前のコトを思い出しながら、
UPしているのですが・・・珍しく、今週の出来事です。


以前、間違えて違うレストランに入ってしまって
食べそこなった、鶏の丸焼き。

『今度こそは!』とお友達と再訪しました。




カレイチ(旧市街)に近いトコにあるけれど、
奥まった場所で、かなり分かりにくいんですよねぇ~。
ハン(昔の隊商宿)の中、というか、パティオというか、
入口をくぐった後に、広場があって、そこに並んでいるお店の1つなので。



f0232763_2503222.jpg


1954年にオープンした、老舗のレストラン。
1960年代から、今のお店いちおし、鶏の丸焼き(Kömürde Piliçi)を出しているそうです。
丸焼き続けて、50年以上ですねぇ~。

CNN TüRKの番組、 
『Yol Üstü Lezzet Durakları』でも紹介されていました。(トルコ語)←いちばん最後にでてくるお店です。










f0232763_2512120.jpg


しかもね。
機械の丸焼きじゃなくって、ヒトが焼いているんですよ。











f0232763_2515919.jpg


炭火は、火が出ないように調整して、
状態を見ながら、くるくる、くるくる。












メインの前に、メゼ(前菜)とサラダを頼みました。

f0232763_2524324.jpg


炭火で焼いた茄子とヨーグルトのメゼ。
どこで食べてもハズレなしの、大好きなメゼの1つ。












f0232763_253887.jpg


Antep Ezme 5TL(約250円)
Acili Ezme(アジリ・エズメ)です。
が、普通のものよりも、味に奥行きがあって、
とってもおいしい!

お友達と、『きっと、使っているサルチャが違うからだよねぇ~』と。

サルチャ(トルコのトマトペースト)って、どこでもあるけれど、
東でちゃんと作ったものがおいしいって言われていて、ほんと全然違います。








f0232763_2533472.jpg


kaşık salata 6TL(約300円)
チョバンサラタスと何が違うのか?
って、聞いたら、野菜の切り方だそう。
細かく切ると、カシュックサラタになるらしいです(初めて、知りました)。










f0232763_2535524.jpg


メゼを頼むと、ついつい食べ過ぎてしまうエキメッキ(トルコのバゲットっぽいパン)。
軽くトーストしてあって、いつも以上に食べてしまい、
メインの前なのに、すでに腹8分目?













f0232763_2541765.jpg


で。メインのKömürde Piliçi ハーフサイズ。
ブルグルピラフ付き。

吃驚するお値段なんですよ~。
しかも、嬉しい意味で。
8TL(約400円)でした。

最近、ちゃんとしたレストランのメインって、
10TL以下のコトほとんどないのに・・・。
メインと比べると、サラダがなんだか高く感じますよね?


ブルグルピラフもね。使っているサルチャが違うからなのか、
ものすごく、赤いです。


前回、行ったのが7年ぐらい前だけど、
これだけおいしいんだから、次はそんなに期間を空けないで、
また行きたいなぁ~などと思っています。




f0232763_2554313.jpg


PARLAK RESTAURANT

KAZIM ÖZALP CADDESİ ZİNCİRLİ HAN
KALEKAPISI / ANTALYA
0242 241 91 60
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-23 03:05 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(16)

言われてみれば、確かにラーメン?

f0232763_1495898.jpg



最近、知って、
『これは試さなければ!!』と思ったコト。

パスタを茹でるときに、重曹を使うと、ラーメンになる!!(・・・らしい。)



『パスタ』、『ラーメン』でネットで検索してみると、
かなりいろいろな方が、実際、試していて、
(たとえば、こことかこことかこことか)
どうやら、ほんとうにラーメンになるみたいですねぇ~。



トルコで売っている比較的安い中華めんって、
『どうして、こんなにおいしくないの?』ってぐらい酷くって、
1回だけ試して、二度と買わないって決意するぐらいなんです。

麺そのものがおいしくないと、どうアレンジしても、リカバリできません!
(ちなみに、これ。お勧めはしませんが・・・)




そんなトルコだからこそ、
パスタでラーメンが食べれるのなら、かなりの朗報。
という訳で、早速、実験です。


トルコで、karbonat(炭酸塩)として売っているモノの中身が、
炭酸水素ナトリウム(Sodyum bikarbonat)=重曹。

普通のパスタを茹でるときに、1袋入れてみました。






で。できたのが、これ!


f0232763_1502371.jpg


焼き豚は無理なので、焼き豚風にした鶏を乗せて、
ついでにその煮汁で作ったたまごも。
ラーメンスープも、鶏(と魚)ベースの醤油味!!



・・・言われてみれば、確かにラーメン風(?)。

本当の中華めんと比べると、もちろん違いがありますが、
トルコの安い乾燥中華めんよりも、格段においしかったです。


おいしい中華めんが手に入らないトコに住んでいるなら、
試してみる価値はありますよ~。
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-22 02:18 | レシピ(海外で和食)。 | Trackback | Comments(18)

オレンジマカロン。

f0232763_2245490.jpg



『お菓子って、ほんと難しいなぁ~』
って、つくづく思うのは、
些細な違いで、出来が大きく変わってしまうから。


やっと見えてきた気がするけど、
ここ2ヶ月ぐらい、失敗マカロンばかり焼いていました。。。


たぶん、いちばん大きな原因は、材料。
それまでは、日本で使い切れなかったアーモンドプードルの残りを使って、
マカロンを作っていたのだけど、
使い切ったので、トルコ製に変えた途端、スランプに突入。

もともと、環境が変わって、表面が渇きにくいし、
ただでさえ、仲よくなれないオーブンに翻弄されるし、
って、慣れるまで何度か失敗していたけれど、
材料が変わったら、すべてリセット・・・目も当てられない。

何回か焼いたら、普通要領が分かってくるのに、
アンタルヤの気候、オーブン、材料と要因がありすぎて、
何度焼いても、見えてこないんです。。。

レシピもね。
今まではエルメのレシピで作っていたけれど、
ネットで見たレシピをいろいろ試して・・・。

最終的に、落ち着いたのが、杉野英実さんのレシピ。
トルコでマカロンを作るのなら、いちばんうまくいく確率が高いような気がします。
(って、誰かの参考になるかしら??)



失敗マカロンがたくさんできてどうしよう~!!
って一瞬困ったけれど、
よく考えたら、トルコには失敗マカロンと同じようなお菓子があるじゃないか!!

アジュバーデン(Acıbadem)として、トルコ人のお友達に配りました。
(日本人だったら、『こいつ、失敗作を!!』って思われそうだけど、
 『アジュバーデンだよ~』ってトルコ人に渡したら、『おいしい』って好感触♪)






f0232763_2285556.jpg


アジュバーデン風のマカロンは、写真を撮る気にもならなかったけど・・・。

『やっと見えてきた!』って思った頃に作った、キャラメルバター入りのマカロン。
オーブンの下火が強すぎて、空洞化しちゃっていますが・・・。

でもね。この前、高級スーパーへ行ったら、マカロンを売っていて、
表面が欠けているのを見たら、ボコッと酷い空洞になっていました。

かなり空洞化していても、平気で商品になっているから、
これも、トルコ(アンタルヤ)レベルではOKかも?




f0232763_2291395.jpg



これがいちばん最近のマカロン。
中に挟んだのは、昨日のオレンジ風味のバタークリーム。

タルトで食べるのもおいしいけれど、
マカロンに使っても、爽やか~な感じでした。




ちなみに。
杉野英実さんのマカロンのレシピは、↓の本より。

[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-21 02:45 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(25)

オレンジクリームのタルト。

f0232763_419414.jpg



『オレンジとオレンジジュース』の実験の後、
これからは毎日フレッシュジュースを飲もう!って、
たくさんのオレンジを買ってきました。

が。毎日、絞るのって結構面倒。
飲むのは一瞬なんですけどねぇ~。




結局、放置して、一部にカビまで生えちゃったので、

急いで使わなくっちゃ!と、
飲むだけじゃなくって、お菓子にも使うコトにしました。

作ったのは、以前、作ったタルト・オ・シトロンのオレンジバージョン。
爽やかな、バタークリームです。










f0232763_4201324.jpg


ただ。爽やかだけど、材料から考えると、やっぱり重いクリーム。
そんなにたくさんは食べられませんけどね。









f0232763_420332.jpg


タルトに合わせたのは、オレンジの花入りのホワイトティー。


お店のヒトに勧められて買ったティーパックの1つなんだけど、
とってもおいしくって、最近のお気に入りの1つです。
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-20 04:47 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(15)

ルコラとマッシュルームとパルミジャーノのサラダ。

f0232763_4434375.jpg


UPする順番が前後しているけど、中華粥の前日に作ったサラダです。

生野菜は、あまり食べないので(寒い時には特に)、
よく考えると、この冬初めて、家で作ったサラダかも?

ちょっと前にカレイチの『ARMA』で食べたルコラのサラダがおいしかったので、
パルミジャーノを買ってきました。


トルコって、国産のチーズは安いけど、
輸入チーズは、もれなく高価。

最近では、マスカルポーネなど、トルコ国内でも作っているみたいだけど、
パルミジャーノは、見たコトないです。(=しょうがなく、高級イタリア産を購入。)



ポルチーニ茸(生はもちろん、乾燥も)は、簡単に手に入らないので、
マッシュルームで代用したし、
最後にイタリアンパセリのみじん切りをかけるの忘れるし、
ARMAで食べたのとは、ずいぶん違ったできあがりになったけど、
ルコラとナルエキシスィの組み合わせは、とってもおいしいです。




f0232763_4435917.jpg


レシピメモを書くまでもないような感じですが、
とりあえず、残しておきます。

【材料】
ルコラ 1束
グリーンオリーブ 5~6個
トマト 1個
パルミジャーノレッジャーノ 15g(スライス)
マッシュルーム 3個
オリーブオイル 20g
ナルエキシスィ 15g
塩・胡椒  少々

【作りかた】
1.マッシュルームをスライスして、オリーブオイルで炒める
2.火を止めて、冷めたら、塩・胡椒、ナルエキシスィを加えてよく混ぜる
3.後は、サラダにかけるだけ



ナル・エキシスィは、日本でも手に入りますよ~。


[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-19 04:50 | レシピ(洋食)。 | Trackback | Comments(18)