<   2012年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

丘の上から街を眺めて。

f0232763_2185774.jpg



秋のヨーロッパ2012、2日目の午前中は、
リヨンの市内を観光です。


前日、駅からホテルまでタクシーを利用したので、
集合前に、地下鉄の駅を確認に行って、
ついでに、ローヌ川沿いを少しだけお散歩。







f0232763_2195529.jpg


朝の7時半過ぎだったけど、まだ完全に日が出ていませんでした。












f0232763_2202469.jpg


そうそう。今回の旅をお供したカメラは、
ニコンのD3100です。
前のペンタックスよりは良いけど・・・って感じかな?
技術がないわたしとしては、カメラ自体に頑張ってもらわなきゃ駄目なので、
それを踏まえると、前の前に使っていたキャノンのキスデジがいちばん良かったです。






8時半ごろにホテルを出発、
朝ごはんの前に、少しだけリヨンを観光しました。



地下鉄の2時間券を買って、フールヴィエールの丘へ。




f0232763_221189.jpg


丘の上までは、ケーブルカーで上がるのですが、
かなりの勾配。線路はもちろん、ケーブルカー自体も!!
・・・ふらっと来ます。










f0232763_2212984.jpg


フルヴィエールのノートルダム大聖堂
(Basilique Norte-Dame de Foureviere)
めちゃくちゃ大きくって、写真に収まりません!!







1998年、リヨン歴史地区の一部として、世界遺産に登録されています。








f0232763_222159.jpg


聖堂の中は、修復中です。
修復工事の費用は、920,000€(約1億円?)。
さぞかし、素晴らしい聖堂に戻るコトでしょうね。









f0232763_2225221.jpg


今の聖堂は、『必見!』って状態じゃないけれど、
丘の上から眺める、リヨンの街並みは、いい感じです。





ささっと見た後は、朝ごはん。
ケーブルカーと地下鉄に乗って、旧市街へ向かいました。

そうそう。旧市街から、見上げると、
ずいぶんと高いトコに大聖堂がありました。


次回は、旧市街での朝ごはん編。
「リオンといえば・・・」というお菓子を使ったパンの登場です。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-10-31 23:18 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(4)

茄子とズッキーニの重ね焼き。

f0232763_15213757.jpg



前に、ナスとズッキーニを積み重ねたけど、
今回は、さらにそれにトマトソースをかけて、オーブンで焼きました。

オーブンで焼くだけで、ぐっと『秋度』もUP?

まぁ、夏は暑くて、オーブンを使う気にならなかったのが、
寒くなってきて、『熱々のモノが食べたいなぁ~』という心境に変わってコトですね。


そういえば、ムサカにちょっと似ているかも?

肉なしだけど・・・。







f0232763_15215010.jpg

【材料】
なす 1本
ズッキーニ 1本
トマト 1個
にんにく 1かけ
オリーブオイル 50g程度 
パルミジャーノレッジャーノ 20g
塩・胡椒 少々

(飾り用)
パルミジャーノレッジャーノ(粉) 少々

【作りかた】
1.なす、ズッキーニは5mm幅で輪切りにする
2.にんにくは、みじん切りにする
3.トマトは湯むきをして、細かく切る
4.パルミジャーノレッジャーノは、おろし金ですりおろす
5.フライパンにオリーブオイルを入れて火にかけ、なすを焼く
6.焼き色がついたら、ひっくり返し、両面焼く
7.ズッキーニも、なすと同じように焼く(途中、オリーブオイルが足りなかったら足す)
8.にんにくを入れて、にんにくの色が変わり始めたら、トマトを入れて、塩・胡椒で調味する
9.耐熱皿に、ナス、トマトソース、ズッキーニを交互に乗せて、上からパルミジャーノレッジャーノをかける
10.オーブン(180℃に予熱)かオーブントースターで、パルミジャーノが溶けるまで焼く
(11.皿に盛り付けて、パルミジャーノレッジャーノをかける)

※ 耐熱皿で、そのまま食卓に出しても
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-10-30 23:59 | レシピ(洋食)。 | Trackback | Comments(4)

リヨンは、『食の都』だと思っていたけど・・・。

f0232763_2134996.jpg


本題に入る前に・・・。

今までも、何回か間違えているのですが、今年もやってしまいました。
土曜日でサマータイムが終わり、
昨日から、時計の針を1時間遅くしておかなきゃいけないのに、
すっかり忘れていて・・・。約束の時間を1時間勘違いしてしまいました。

去年は、ちょうどこの切り替えの日に飛行機に乗るコトになっていたので、
ものすごく気を付けていたけれど、今年は連休中だし、ぼーっとしていたみたい。

早い分は、まぁなんとかなるから良いけれど、
1時間遅いと、どうしようもないから、3月(サマータイム開始)は注意しておかねばっ!!





さて。秋のヨーロッパ・2012、
今日からいよいよヨーロッパでの記録になります。

f0232763_2142339.jpg



日本からいらっしゃる方をリオンの空港でお出迎え。
予定到着時刻は、18時半過ぎだったのに、
電光掲示板を見るたび、少しずつ遅れていく到着時間。


最初は、賑やかだった空港も、徐々に人が去っていき、
日もゆっくりと暮れていき、完全に暗くなった頃、
やっと、飛行機が到着。
無事に出会うコトができました。


ただでさえ、時間が遅くなっているのに、さらに哀しいかな、
空港と市内を結んでいるTram expressが11月まで運休中。
結局、ホテルに着いたのは、21時前になっていました。



f0232763_2155057.jpg

食の都、リヨン!!

本当は、行ってみたかったブション(Bouchon)があったのですが、
結局、ホテルの近くのお店へ。
   Bouchon(wikpediai英語)は、リヨンの伝統料理を出す庶民的なお店です。


でも、たいがいどこも満員で(金曜日の夜だから?)、すげなく断られてしまいました。
でも、その中の1軒で、「キャンセルがあったので、どうぞ」と、
通りを走って追いかけてきてくれた、
とっても親切で、きれいなお姉さんが働いているブションに入りました。




前菜とメインで、19ユーロ。
が。結構、込み合っていて、なかなかお料理が出てきません。



f0232763_2174635.jpg


久しぶりの豚肉(豚脂だけど)だからっていうのもあるけれど、
出ていたグラトン(豚の脂のフライ)を、ついつい食べ過ぎてしまいました。。。








f0232763_2110431.jpg

前菜は、Salade lyonnaise。
わたしの『リヨンで食べておかなくてはならないモノ』リストの中の1つです。

豚肉製品(ベーコン)が恋しい、わたしには、おいしかったけど、
日本から来たヒトたちには『ベーコンが多すぎて、塩が辛い』と、不評。

たしかに、これでもか!って入っていました。







メインは、わたしのリストの中の1つ、
Quenelle de brochetを注文したのだけど、
哀しいかな、品切れ。

同じリヨン名物でも、トリッパや臓物ソーセージ(アンドゥイエット)などは苦手な人がいるので、
無難なモノを適当に選びました。

f0232763_21105666.jpg

Saucisson brioché
どうやら、これもリヨン名物らしいけれど、
メインとしては、いかがなものか・・・と。






f0232763_21112267.jpg

gateau de foie de volaille
とにかく塩が辛かったです。塩味さえ、もう少し抑えてあったら、
今回このお店で頼んだお料理の中で、いちばんおいしかったと思います。








f0232763_21124196.jpg

もう1つが何を頼んだか忘れてしまったんだけど、
メニュの中からの消去法で考えると、、
Croustillant de sandreしか残っていないので、たぶんそれ。






f0232763_21135398.jpg

中は、こんな感じ。sandreってお魚のハズなんだけど、
でも、フィリングは、ちっともお魚っぽくなくて、フルーツの甘みがかなり強かったです。
これも、夜・メインとして食べるには微妙でした。






とにかく。クネルがなくて、がっかり。
代わりに、頼んだお料理がイマイチで、さらにテンション下がり気味。

お店の人は、とっても親切で良かったのだけど、
食の都リヨンって・・・選んだお店が悪かったのか?それとも??


ちなみに。わたしたちの口に合わないだけじゃないみたいで、
隣に座っていた中国系のアメリカ人に、
「ここ、どうやって知ったの?おいしいと思う???」って聞かれちゃいました。
正直に答えようかどうかと、戸惑っていたけど、
わたしたちの残した量を見て、どうやら察してもらえたみたいです。




もしかしたら、クネルはとってもおいしかったのかもしれません。
だって、売り切れになってしまうぐらいだから・・・。




f0232763_21141786.jpg

La Hugonnière
13 Rue Neuve  69001 Lyon
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-10-29 21:24 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(12)

鶏もも肉と栗のフリカッセ。

f0232763_14312712.jpg


今年も、栗のシーズンですね。

以前にもUPしたような気がするけれど、
フリカッセにしました。

栗の皮がむきにくいので、5分ぐらい茹でてから、
鬼皮と渋皮を剥いて使いました。

あと、半分ぐらい残っているので、小さなモンブランでも作ろうかしら?
などと考え中です。








f0232763_14314829.jpg


【材料】 4~6人分
鶏もも肉 2枚
栗  55g(軽く茹でて、鬼皮、渋皮を剥いたモノ)
しめじ 1パック
にんにく 1かけ
白ワイン 50ml
水 100ml程度
生クリーム 60g
塩・胡椒 適量
パセリ(みじん切り) 少々

【作りかた】
1.鶏もも肉を食べやすい大きさに切る。太い筋は取り除いておく
2.にんにくは皮とヘタを取って、半分に切る。しめじは可食部分のみを小房にしておく
3.栗は、2~3等分しておく
4.フライパンに鶏肉を皮の部分を下にして並べて、にんにくを入れて火にかける
5.塩・胡椒を振って、皮がパリッとするまで焼き、ひっくり返す
6.しめじ、栗を入れて、白ワインと水を加えて蓋をして蒸し焼きにする
7.栗が柔らかくなったら、生クリームを加えて、味を見て塩・胡椒を足す
8.器に盛って、上からパセリをふりかける
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-10-28 23:59 | レシピ(洋食)。 | Trackback | Comments(4)

どんなに大きい人でも、1人だと1人分?

f0232763_3105823.jpg


2012年秋のヨーロッパ。
フランス編に入る前、アンタルヤからリヨンに向かう飛行機でのお話です。
(なので、初っ端から、適切な写真がないです。)


一応、アンタルヤも国際空港。

ヨーロッパへの直行便も出ているし(夏は増便されます)、
日程変更が可能なら、ヨーロッパまで格安で飛ぶコトができます。

でも、今回のスケジュールでは、ちょうど良いのがなくって、
(格安航空券だと、リヨンで2日も前泊をしなきゃいけない)
結局、トルコ航空を使って、イスタンブルで乗り換えして、リヨンに向かいました。


格安航空会社じゃなくて、スケジュール調整ができなくても、
サーチャージを合わせて、往復5万円以下。
(トルコ航空でイスタンブルからヨーロッパまでは、2万円以下の場合もあります)

東京・松江(出雲)間の飛行機代とそんなに変わらないし、
かえって、日本国内の方が高かったりするから、
ほんと、トルコからヨーロッパって、
物理的にもだけど、心理的にも、ひょいっと行ける距離ですね。
(とはいえ、なかなか実現しませんが)



自他ともに認める、ディレイ女のわたし。
案の定、イスタンブル行きの飛行機が遅れました。

ものすごく接続が良かった(乗り換え時間が少なかった)ので、
『間に合わなかったら、どうしよう。。。』と焦りながらも、無事にリヨン行きの飛行機に搭乗。

リヨン行きなんて、使う人いるのかしら?

などと、思っていたのに、ほぼ満席でした。。。





f0232763_3185830.jpg

今回は、機内食も撮ってみました。
鶏肉のソテー。ちっとも期待していなかったのですが、
お肉がしっとりとして、塩味もしみ込んでいて、食べやすかったです。



そんな、リヨンまでの飛行機の中のコト。

去年は、悪臭でびっくりだったのですが、今年もびっくりするコトが。


わたしの列の1つ前の、反対側に、
トルコ人女性が座っていたのですが、ものすごい巨漢
(巨漢って女性には使わないけど、でも、いちばんしっくりくるんで、あえて書きます)。


1つの座席に収まらないぐらい、とにかく横に大きな人で、
シートベルトも普通のじゃ足りなくって、補助用(?)のを追加で頼んでいました。


飛行機で誰が隣に座るか?って、ほんと運だから、
ハズレると悲惨。特に、満席だと、動きようもないし・・・。


隣に座っている女性(たぶん、フランス人)は、めちゃくちゃ気の毒。
細身の人だったのに、サイドから圧迫されていました。

あんなに大きくても、座席1つで乗れるんですねぇ~。



次は、ヨーロッパ突入!!
フランス・リヨン編です。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-10-27 23:59 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(10)

焼きホワイトチョコ。

f0232763_5525055.jpg



余っていたホワイトチョコを使い切りたいなぁ~と、
焼きチョコを作ってみました。

といっても、試行錯誤の段階。


今回のは、上(焼いているときは、下)は、普通のチョコ、
下(焼いているときは、下)が、サクサクな感じになりました。

下の食感が好きだけど、色は上がホワイトチョコらしいし、
・・・もうちょっと考えて、再チャレンジしなくてはっ。




f0232763_558492.jpg


とりあえず、今回のレシピ。

【材料】
ホワイトチョコレート 120g
生クリーム 10ml
コーンスターチ 15g

【作りかた】
1.ホワイトチョコレートを溶かす
2.生クリームを加えて混ぜる
3.コーンスターチを加えて混ぜ、型に入れる
4.160℃に予熱したオーブンで、湯せんにしながら、20分程度焼く
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-10-26 23:59 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(5)

秋のヨーロッパ、2012(プロローグ)。

f0232763_2331643.jpg



今日から、クルバンバイラム(犠牲祭)です。
といっても、トルコに居ても、ムスリムとは縁遠い生活をしているので、
なぁ~んにも、変わらないんですけど。

ただ、大型連休なので、官公庁は当然お休みだし、
お店も、初日の今日はやっていない(ハズ)なので、動きがとれないのが事実。
おとなしく、引きこもりするしかない?




さて。引きこもり中に、どんどんと旅の記録をまとめていこうと思います。


今回のヨーロッパ。今年の夏ごろに、アテンドをお願いされていて、
『トルコで動き出す前だったら、大丈夫ですよぉ~』というコトで、

トルコへきて1週間も経たないうちに、ヨーロッパを周るコトになりました。


ついでに、写真(アルバム)も頼まれたので、
撮りに、撮って、結局、1000枚以上!!
そりゃ、5か国も周れば、当然なのでしょうか?
(でもねぇ~。それだけ撮っているのに、必要な1枚が見つからなかったりするんです。。。)




で。今回のヨーロッパ、旅のリクエストとしては、

・アルベロベッロ(↓の写真の場所)に行きたい
・他は、行ったことのない町に行きたい
・当然のコトながら、安い方がうれしい

という3つで、あとはお任せされました。


アルベロベッロと抱き合わせで、イタリアの町をっても思ったのですが、
フィレンツェも、ローマも、ベネチアも、ミラノも行ったコトがあるそうで、
結局、フランス(お隣だし、わたし自身、慣れている国だから)にしました。




f0232763_23311769.jpg



空からアルベロベッロに向かうなら、最寄りの大都市はバーリ。
でも、バーリ行きの国際線(しかもエコノミックなもの)って少ないんです。

    ★どこから出ているかを探したい方のために・・・。

    Bari Aiportのサイト(英語・イタリア語)で就航会社を見ても良いですが、
    WikipediaのBari Airportで就航路線を探す方が、簡単です。
     (ただし、この場合は、スケジュールが変わるコトもあり)



これに合わせて、条件2の『行ったコトのない』町を選択したら、

1.ニースに入って、プロバンスを抜けて、ジェノバからバーリに飛ぶか?

2.リヨンに入って、ブルゴーニュ、フラッシュコンテ、アルザスを抜けて、
 バーデンバーデン(ドイツ)から、バーリに飛ぶか?

の2択となりました。



ちなみに。バーリ・パリ間も飛行機は飛んでいるんですけど、
ボーヴェ空港(マイナーなパリの空港)しかなくって、却下。

 だって、エアポートバスに乗るには、地下鉄での移動が必要だし、
 85kmも離れているからタクシーもねぇ~。
 そんなコトしたら、なんのために格安航空券を選んだかわからなくなりそうだし・・・。






で。次に、日本からヨーロッパまでのチケット。

これまた、バーリ行きを就航している航空会社はそんなに多くなくって
(提携会社の便に乗れるトコも多いですけど)

いちばんお得なのが、ブリティッシュエアウェイズ(BA)。
便利なのは、ルフトハンザだったのですが、差額が、6万以上!!



と、まぁ。
あれや、これや、試行錯誤の末、
結局、ロンドン経由で、選択肢2の大旅行となりました。


・・・次回、リヨン到着編に続きます。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-10-25 23:59 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(12)

夏野菜のミルフィーユ。

f0232763_15261210.jpg



すでに、秋まっただ中。
季節外れのUPになってしまいましたが、
夏野菜で作ったミルフィーユです。

5mmぐらいの厚さにスライスしたナスとズッキーニを、
オリーブオイルでゆっくりと焼いて、塩・胡椒。

間に、赤と黄色のミニトマトを挟みながら、層にしました。





f0232763_15263393.jpg


ソースは、バジルで。

今回、バジルのソースは、ほんの少しだけ欲しかったのだけど、
作るのが大変でした。

フードプロセッサーは、大きすぎるし、
ブレンダーでも、うまく回らないし・・・。


・・・小さいのが欲しいです。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-10-24 15:26 | レシピ(洋食)。 | Trackback | Comments(4)

アンタルヤに戻りました。

f0232763_17404495.jpg


ちょっと(といえるかわからないけど)、留守していましたが、
アンタルヤに戻りました。


ヨーロッパからの帰り道、
同日にアンタルヤへ着くコトもできたけど、
時間が遅くなるから、イスタンブルで途中下車(1泊)。


ブログで親しくさせてもらっている、zeytinさんにお会いして、
ふたりで、旧市街をお散歩しました。
(ずいぶん先になりそうですが、詳しくは後でUPします。
 素敵なプレゼントもいただいたんです!!zeytinさん、ありがとうございました)




f0232763_17452510.jpg


戻ってみたら・・・。
明日(25日)から、クルバンバイラム(犠牲祭)のお休み。
(行く前は分かっていたけど、すっかり忘れていました)

バイラム中は、おとなしく、
約10ヶ月+12日、あけていたお家を大掃除
+撮ってきた写真の整理でもして過ごそうかなぁ~と思います。


今回の旅行の記録。UPしていくとなると、ものすごい量になるかも?
だって、国でカウントすれば、
フランス、スイス、ドイツ、イタリア、イギリス、(トルコ)になってしまうし、
プロローグ(旅の準備編)などまで書こうと思ったら、
さらに、何回分か増えちゃうし・・・。

10月は2日おきに予約投稿しているので、
その間を縫いつつ、ぼちぼちとUPしていこうと思います。
(じゃないと、忘れちゃいそうですし・・・。)


写真は、スルタンアフメド(イスタンブル)のロカンタのお料理。
さすが観光地?ショーウインドウが美しくライトアップされていました。



f0232763_1754149.jpg


ポアチャ(トルコ風スコーン?)。

そういえば、もうずいぶん、ポアチャを食べていないかも?
でも、ポアチャよりも、ボレキが食べたいです。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-10-23 23:59 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(6)

ミニなバーガー&ドッグ・その2。

f0232763_1529132.jpg



以前UPした、ミニミニバーガー&ドッグの第2弾です。



ほんとうは、月見バーガー、エビバーガー、フィレオフィッシュも候補に挙がっていたのだけど、

月見バーガーは、うずらの卵をわざわざ買うのもなぁ~と、

エビバーガーやフィレオフィッシュは、
ミニバーガーのために、ほんと少量の揚げ物をするのが面倒だなぁ~と、

ウダウダしていたら、時間ばかり経ってしまったので、
短いですが、まとめるコトにしました。





f0232763_15292951.jpg



チリドッグ。
Mchappykunさんに、
『アメリカでは、チリドッグがありますよ~』って、
第一弾のコメント欄で、教えていただいたので、さっそく。

すでに、3か月も経っていますが・・・作ったのはさっそくだったんです。


普通のドッグに、トラ豆で作ったチリビーンズを乗せて、
さらにチーズを乗せてから、オーブントースターへ。

チリビーンズを乗せれば乗せるほど、
おいしくなるけど、食べにくくなる。。。

おいしさと食べやすさが反比例するのは、悩むトコ。



f0232763_15294566.jpg


スパイシーモスバーガー風ミニバーガー。

以前、マチルダさんが、とってもおいしそうな、
お家でスパイシーモスバーガー』をしていらして、

ハラペーニョがあったら、作ってみたいなぁ~と思っていたんです。

で。八百屋さんに行ったら、なんとハラペーニョ発見。
これは、わたしに『お家でスパイシーモスをしろ!』っていうコトなのねぇ~と迷わず購入。

これまた、さっそく、試してみました。



ほんと、ほぼスパイシーモスバーガーです。

しかも、お家で作ると、
ミートソースの量も、ハラペーニョの量も自由自在なのが嬉しいかも?




この夏、八百屋さんで、ハラペーニョを見たのは、
後にも先にも、この1回だけ。

買っておいて、良かったです。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-10-22 23:59 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(8)