<   2012年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

トロサーモンのディルマリネ。

f0232763_15272371.jpg



あっという間に、9月が終わり。
明日からは、10月。
今年も残り、3ヶ月になってしまいました。



これから、ちょっとバタバタするから、
更新できないかもしれないので、
一気にずいぶん先まで予約投稿をしておきました。


このまま、ブログをお休みしようかなぁ~?とも思ったのですが、
でも、今まで作って撮りためておいたお料理を、まとめておこうかと。

だって、写真を撮っただけだと、結局、そのまま放置して振り返るコトないし、
でも、落ち着いてからUPしようと思っても、
時間が経つと、何作ったかが、写真があっても思い出せないし・・・。


そんな感じで、10月以降は、2日に1度の更新です。

今後とも、よろしくお願いします。





f0232763_15273714.jpg


写真は、トロサーモンのハーブマリネ。

とろサーモンとオリーブオイル、レモン汁、塩・胡椒
皮とヘタを落として、縦半分に切ったにんにく、
ディルを合わせて、30分~1時間冷蔵庫でマリネしました。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-30 23:59 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(6)

フォアグラどんぶり。

f0232763_9373639.jpg



以前、おもてなしの時に使ったフォアグラが、
少しだけ残っていたので、どんぶりにしました。


『フォアグラどんが食べたいなぁ~』と、
ずっと思っていたんですよねぇ~。



シブレットを上に散らしたかったけど、
近くで売っているトコないので(地方都市の哀しさ?)、
しょうがないから、青ネギで代用。

気合を入れて、薄く小口切りにしました。




これで、フルーツブランデー(りんご)は、使い切ったので、
次は、レモンで仕込んでみようと思います。



f0232763_9382595.jpg


【材料】1人分
フォアグラ 1枚(約60g)
塩・胡椒 少々
小麦粉 少々

マイタケ 1/2パック
青ネギ 1本
白飯 1膳分

(ソース)
フルーツブランデー(りんご)  10ml
バルサミコ酢  10ml
醤油   10ml

※フルーツブランデー(りんご)は、このレシピで使ったのと同じです


【作りかた】
1.フォアグラに軽く塩・胡椒をして小麦粉をまぶす
2.テフロン加工のフライパンを火にかけて、熱くなったらフォアグラを焼く
3.表面に焼き色がついたら、ひっくり返して、さらに3分程度焼く
4.フォアグラを取り除いて、脂が多かったら少し減らして、
  マイタケを炒める
5.マイタケに火が通ったら、フルーツブランデー、バルサミコ酢、醤油を加えて、
  少し煮詰める
6.どんぶりに白飯を入れて、5のマイタケを乗せ、その上にフォアグラを乗せ、
  上からソースをかける
7.小口切りにした青ネギを散らす

自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ

[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-29 23:59 | レシピ(洋食)。 | Trackback | Comments(9)

ロブスターのマヨネーズソース。

f0232763_1183176.jpg



引き続き、フルーツブランデー(りんご)を使ったレシピです。


といっても、漬けこんだブランデーだけになったので、
(りんごは、他のお料理やらケーキやらで使い切りました)
隠し味に使ったって感じなんですけど・・・。




ネットで買った、訳あり(ひげ折れ)特価のロブスター。

「1匹約180g」という大きさのイメージがつかなかったけど、
実際に見ると、かなり小さいです。。。

なので、嵩UPのために、ちょっと加工。
















下味とタレの隠し味に、フルーツブランデーを使った、
ロブスターマヨネーズ。

・・・とってもおいしかったです!!
が、一瞬で食べ終わりました。
だって、1尾から5口分しか取れないんだもの。。。

量的には、1人1尾は必要だけど、
値段から考えると、やっぱり無理かなぁ~。



f0232763_11131855.jpg


【材料】 1~2人分
ロブスター(冷凍・ボイル済み)  1匹

(ロブスター下味用)
フルーツブランデー(りんご) 小さじ1
塩・胡椒 少々

(衣)
卵 1/3個
片栗粉 20g程度

(ソース)
マヨネーズ 30g
牛乳 10g
砂糖 3g
フルーツブランデー(りんご) 小さじ1

揚げ油 適量
(飾り付け用) 千切りレタス 少々

※フルーツブランデー(りんご)は、このレシピで使ったのと同じです

【作りかた】
1.ロブスターは、頭を取り除いてから、身を取り出す
2.身を5~6つに切り分け、背ワタがついていたら、そっと外す
3.フルーツブランデーと塩・こしょうで下味をつける(5分程度放置)
4.ソースの材料を混ぜておく
5.卵を溶きほぐし、3を入れてよく混ぜ、片栗粉も入れて混ぜる
6.中温で、衣の色がこんがりとするまで揚げる
7.フライパンを火にかけ、4を入れてかき混ぜ、ふつふつと泡だったら、
  火を止めて、6を入れてさっと絡める
8.皿にレタスを盛って、ロブスターの殻を乗せ、7を入れる。ロブスターの頭を飾る

自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ

[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-28 23:06 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(6)

チョコブランデーケーキ、りんごとナッツ入り。

f0232763_2103433.jpg



引き続き、フルーツブランデーを使ったレシピです。

お料理だけじゃなくて、お菓子にも使ってみたかったので、
ケーキを焼くコトにしました。

『ブランデーケーキ、りんご入り』。

響きからして、おいしそうな気がしますよね。





早く使い切ってしまわないといけない製菓用のチョコレートがあったので、
それも、使うと、

『チョコブランデーケーキ、りんご入り』。

響きがよくなった気がします。




さらに。さらに。
いただきものの、ナッツ&ドライフルーツの袋から、
ナッツ(アーモンド、ピーカンナッツ、ピスタチオ)だけ抜き取って、
刻んでいれました。

『チョコブランデーケーキ、りんごとナッツ入り』。

というのが、最終形です。



断面が、ちょっと不満ですが、
かなり濃厚なチョコの味と、ブランデーの香りで、おいしかったです。
あ。でも、りんごの存在は、ちょっと薄かったかも?

もっと、入れてもよかった気がします。




f0232763_2184148.jpg


【材料】スリムパウンドケーキ1本分
卵 2個
バター 60g
砂糖 40g
生クリーム 20g
小麦粉 45g
ココア 10g
アーモンドプードル 20g
チョコレート(製菓用) 100g
フルーツブランデー(りんご) 10ml
ブランデー漬けりんご(4日漬けこんだもの) 30g
ナッツ(アーモンド、ピーカンナッツ、ピスタチオなど) 計30g

※フルーツブランデーは、これと同じモノを使っています

【作りかた】
1.チョコレートは湯せんにかけて、溶かしておく
2.バターは室温で柔らかくしておく
3.砂糖を加えて、よく混ぜ合わせる
4.溶き卵を加えて、よく混ぜ合わせる
5.チョコレートを加えて、よく混ぜる
6.ブランデー、生クリームを加えて、さらに混ぜる
7.ふるった粉類を加えて、ざっくりと木べらで混ぜる
8.細かく切った、ナッツとりんごを入れて、軽く混ぜて、型に流し込む
9.180℃に予熱したオーブンで、30分程度焼く






自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ


  
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-27 23:41 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(4)

アップルブランデー入り、レバーペースト。

f0232763_1515513.jpg



フルーツブランデーを使ったレシピです。


今回も、りんごのブランデー。
1度作ると、結構な量ができるから、
いろいろなフルーツで試すのは難しいですねぇ~。



今までは、シェリーやワインを入れて作っていたレバーペースト。
フルーツブランデーでも、きっとおいしくなるハズって思い、
さっそく作ってみました。



ちなみに、以前、赤ワインを使ったのをUPしています()。






f0232763_15161887.jpg


【材料】 作りやすい量(約6人分)
鶏レバー 230g
バター(有塩) 50g
にんにく 2かけ
フルーツブランデー(りんご) 15ml
オリーブオイル 大さじ1
クミン 小さじ1/3
粗びき胡椒 小さじ1/3
塩・胡椒 少々

(レバーの臭みとり用) 牛乳 適量

※フルーツブランデー(りんご)の作り方は、この時と一緒です

【作りかた】
1.鶏レバーをよく洗って、できるだけ血を取り除く(血が残ると臭くなります)
2.レバーがひたるぐらいの牛乳を入れて、冷蔵庫で2~3時間おく
3.にんにくは皮をむきヘタを取り除き、縦半分に切る
4.バターは室温に戻しておく
5.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて火にかける
6.オイルが熱くなったら、水気をよく切った鶏レバーを入れて炒める
7.軽く塩・胡椒をして、表面の色が変わったらブランデーを入れて、
  蓋をして完全に火が通るまで蒸し焼きにする
8.火を止め、粗熱が取れたら、フードプロセッサーに入れ、
  バター、クミン、胡椒と一緒に撹拌する
9.味を見て、必要なら塩・胡椒を加える




自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ


  
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-26 23:16 | レシピ(洋食)。 | Trackback | Comments(6)

枝豆と生姜の炊き込みごはん。

f0232763_16132815.jpg



ありえない!!って思うコトでも、
起こってしまうモノです。

枝豆と生姜の炊き込みごはんを作ったのですが、
炊きあがったら加えようと、茹でて皮を取った枝豆を冷蔵庫に入れておいたら、
すっかり忘れていて、
『なんだか、しら~っとしているなぁ~』と思いつつ食べた後、
冷蔵庫を開けて、『あ~!!』と。

結局、その日食べたのは、枝豆なしの枝豆ごはん。
いちばん大事なモノを入れ忘れてしまうなんて・・・。




残ったごはんの中に、枝豆を入れておいたら、
翌日、ガッカリな色に変わってしまったけれど、
やっぱり、枝豆が入っている方がおいしかったです。



f0232763_16135272.jpg


【材料】
枝豆 1束
ショウガ 20g
薄揚げ 1/2枚
米 2カップ
白だし 50ml

【作りかた】
1.枝豆は、沸騰したお湯に枝ごと入れて、さっと茹でる
2.ショウガは千切りに、薄揚げも薄く切る
3.米はといで、ザルにあげて水を切る
4.炊飯器に、ショウガ、薄揚げ、米、白だしを加え、炊飯器の目盛に合わせて水を入れて炊く
5.枝豆が冷めたら、皮をむく
6.炊きあがったら、枝豆を入れてさっと混ぜる
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-26 00:25 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(2)

りんごのカザレッチャ。

f0232763_22283757.jpg




昨日のマグレ鴨のソース

実は、その前に、1回失敗しています。。。


というのも、買ってきたフォンドボーのペーストが原因。
『1度で使いきってください』っていうパッケージの指示に従って、
ががっと投入したところ、塩辛くて、塩辛くて・・・。


でも、捨てるのはもったいないから、なんとかならないものかしら?
と、考えて、パスタのソースにしてみました。


りんごのパスタなんて・・・・。
って思っていたけれど、これが意外においしかったです。


パスタは、南イタリア地方の、
断面がS字型になっているカザレッチャを使いました。














f0232763_22292015.jpg



【材料】2~3人分
カザレッチャ 1袋(250g)
リンゴ(ブランデー漬け) 100g
フルーツブランデー 15g(フルーツブランデーは、昨日の記事と一緒)
フォンドボー 10g
塩・胡椒 少々
パルミジャーノレッジャーノ(すりおろす) 10g
オリーブオイル 10g

仕上げ用)パルミジャーノレッジャーノ(すりおろす) 適量(お好みで)


【作りかた】
1.リンゴを小さなダイス状に切る
2.パスタをパッケージの表示に従って、茹でる
3.フライパンにオリーブオイルを入れて火にかけ、リンゴを加えて炒める
4.フォンドボー、ブランデーを加えて、さらに炒める
5.2のパスタが茹であがったら、よく水気を切って入れる
6.パルミジャーノレッジャーノを入れてさっと炒めて、味を見て必要なら塩・胡椒を加えて、火を止める
7.皿に盛って、上から仕上げ用のパルミジャーノレッジャーノをかける







自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ

[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-24 22:35 | レシピ(洋食)。 | Trackback | Comments(6)

マグレ・ド・カナールのロースト、リンゴとフルーツブランデーのソース。

f0232763_20322271.jpg


珍しく、立て続けに、モニターが当たりました。

今回は、ブランデー。
SUNTORYさんのVOで作る、フルーツブランデーを使ったレシピです。
おまけでもらった、保存瓶2つもかわいくって、
届いてすぐにフルーツブランデーを作っちゃいました。

野菜室に眠っていた、りんごをブランデーに漬けるコト3日間。


まずは、フランス産のマグレ・ド・カナールを使ったお料理です。
(マグレ・ド・カナールは、フォアグラを取った後の鴨のムネ肉)

作った後、食べるまでの時間が長くなるコトが分かっていたので、
焼き加減は、ちょっと長めで。
すぐに食べるのなら、もう少し、ロゼでも良かったかもしれないです。

フランスのボルドーで食べたマグレ鴨は、
生焼け?ってぐらい赤かったし・・・(リンクには、切ったトコの写真がないですが・・・)。



マグレ鴨に、リンゴとフルーツブランデーのソース。思った以上に合ったし、
ソース自体、簡単なのに、結構本格的に見えませんか?


f0232763_20241815.jpg


(フルーツブランデー)
【材料】 保存瓶1個分
リンゴ 3/4個
ブランデー 約180ml

【作りかた】
1.リンゴの皮をむいて、5mm程度にスライスして、保存瓶に詰める
2.上から、ブランデーを注ぎ、冷蔵庫で3日間保存する



(マグレ・ド・カナールのロースト、リンゴとブランデーのソース)
【材料】4~6人分
マグレ ド カナール 350g
塩・胡椒 少々

フルーツブランデーのリンゴ 60g
フルーツブランデー(リンゴ) 40ml
フォンドボー 5g

飾り用)チャービル 少量

【作りかた】
1.マグレの皮の面に、1cm幅ぐらいで斜めの格子状に隠し包丁を入れる
2.両面に軽く塩・胡椒を振る
3.フライパンを火にかけ、皮の部分を下にして、マグレを入れる
4.途中、へらで抑えて脂を出しながら、5分焼く
5.ひっくり返して、3分焼いて火を止める
6.180℃に余熱したオーブンで約8分焼く(焼き時間は、焼き加減の好みで調整してください)
7.オーブンから取り出して、フォイルを上にかぶせて、蒸らす
8.ソースを作る。フルーツブランデーのリンゴを取り出して、細かい、さいの目切りにする 
9.5のフライパンの脂をざっと取り除いて(フライパンは洗わない)、リンゴを入れて火にかける
10.ブランデー、フォンドボーを入れて、リンゴに火が通るまで加熱する
11.味を見て必要なら、塩・胡椒を足す




自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ

[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-23 20:34 | レシピ(洋食)。 | Trackback | Comments(6)

鮭の親子どんぶり(とろサーモンといくらのどんぶり)。

f0232763_121427.jpg


ちょっと前(ってかなり前だけど)に作ったどんぶりです。

その頃、ekko*さんも同じように、
いくらとサーモンの親子丼を作っていらして、奇遇だわぁ~と思ってしまいました。

作りたいモノとか、作ったモノを、
訪問したブログで拝見するコトって、結構多いですよね?
なんか、嬉しくなってしまいます。



今回の親子どんぶりは、
トロサーモンといくら。
あと、アボカドを細かく切って、サワークリームを混ぜたものを乗せました。
そして、青ネギも忘れずに・・・。







f0232763_1212415.jpg



最初は、とろサーモンって、脂っぽくてなぁ~と思っていたハズなのに、
いつの間にか、好きになっていました。

さっと表面を炙った方が、さらにおいしくなりそうだけど、
今回は時間がなくて、省略。


それに、このままでも、十分満足できました。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-22 01:30 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(2)

麻婆腐竹(ひき肉と腐竹の炒め物)。

f0232763_19391972.jpg



腐竹(中国湯葉)を使ったお料理です。

豆腐もたいがい聞こえが悪いけど(だって、豆の腐ったのだし)、
腐竹も、文字だけ見ると『なんだろ?』って思ってしまいます。



本当は、日本の湯葉の方が好きなんだけど、
炒めたりするのなら、しっかりしてなきゃ駄目だから、
そんな時は、腐竹。


麻婆豆腐ならぬ、麻婆腐竹を作りました。










f0232763_1940062.jpg


【材料】 3~5人分
腐竹 250g (戻した後の重量)
豚ひき肉 100g
にんにく 1かけ
サラダ油 小さじ2
ゴマ油  大さじ1/2
豆板醤 10g
しょう油 小さじ1
塩・胡椒 少々

水溶き片栗粉(片栗粉 7g、水 25ml)

【作りかた】
1.前日、腐竹を水に漬けて戻す
2.水を切って、沸騰したお湯でさっと茹でて、ザルで水気を切る
3.にんにくはみじん切りにする
4.フライパンに、にんにくとサラダ油を入れて火にかけ、
  にんにくの色が変わったら、ひき肉を入れて炒める
5.豆板醤と塩・胡椒を加えて、さらに炒める
6.腐竹を入れて、ひたひたになるまで水を加える
7.煮立ってきたら、しょう油を加え、味を見て必要なら、塩・胡椒を足す
8.水溶き片栗粉を加えて混ぜて、とろみが出たら、
  ゴマ油を加えてさっと混ぜて、火を止める
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-21 00:11 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(8)