<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

やりいかにエビと豚肉のミンチを詰めた、いか墨ソース。

f0232763_15185388.jpg



最近、図書館で借りてきた、
田村良雄シェフの本を見て惹かれたのが、

『やりいかに鮑と豚肉のミンチを詰めた、いか墨ソース』。


ここのトコ、めちゃめちゃ寒くって、
キッチンに長時間立つのが辛く、手抜きばかりしていたから、
『ここはひとつ頑張ってみようか?』
などと、気合を入れて作りました。



といっても、かなり経済的にアレンジして、
アワビも車エビも入っていないので、
見ためしか似ていないのですが・・・。





f0232763_15294258.jpg


イカの中に、エビや豚やイカを入れて蒸したお料理で、
ソースは、さばいたときに出たイカ墨を使っています。

結構、時間がかかったけれど、お味はそれなりだったかも??


きっと、本物は、アワビや車エビが入っているから、
もっとおいしいのでしょうけどね。




本当は、田村シェフの『桃の冷たいスープ』が食べてみたかったけど、
本を見ると、パコジェットを使って作るみたいだし、
そもそも、今のシーズンに桃ってのも無理だし・・・諦めるしかなさそうです。


ちなみに、パコジェットっていうのは、













値段が値段だから、使ってみたいけど、買えません。。。
(パコジェットのリンク訂正しました。以前のは、本体じゃなくてビーカーでした。。。)
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-02-29 23:18 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(10)

お花のアイシング。

f0232763_15335050.jpg



以前、トルコでアイシングをしてみたのだけど、
ちっともうまくいかなくって(原因不明)、

とりあえず、日本に帰った時のお楽しみにしていました。


ネットで乾燥卵白(使わなくても良いですけどね)と道具を注文して、
そして、ネットの動画()と図書館で借りてきた本でお勉強。


なんとなく、イメージが掴めたので、さっそくお花を作ってみました。




f0232763_15341782.jpg


初めてのお花は、青色。
本と動画でお勉強したはずなのに、口金の持ち方を勘違いしていて。
・・・めちゃくちゃ、平面で悲惨なお花。

そのあと、ピンク色を絞っていた時に、
何かがおかしい??と、やっと間違えに気づきました。


そして、紫色→白色と、少しずつお花っぽくなってきて、
うまくいき始めると、絞るのも楽しくなってきます。


今回、めちゃくちゃ役に立ったのが、フラワーネイル。
安かったので、必要性もわからないまま買っておいたのだけど、
本当に便利でした。
これがなければ、きっともっと悲惨なお花だった気がします。
(道具の重要性を実感っ!!)

【洋菓子用口金】フラワーネール No. 9

【洋菓子用口金】フラワーネール No. 9
価格:100円(税込、送料別)











口金も本当にたくさんあって、
どれを買ってよいのだかさっぱりわからなかったのですが、











お花を作るために、注文しました。
普通のバラ口金よりも、厚さが薄く絞れる気がします。




《Jhc》乾燥卵白【50g】

《Jhc》乾燥卵白【50g】
価格:300円(税込、送料別)











そして、乾燥卵白。
もうちょっと(20円)安いお店もあったけど、
他のモノと一緒に、プロフーズさんで頼みました。



お花づくり、ハマりそうな予感です。
(食べるか?って言われると、この着色に躊躇しちゃうんですけどねぇ~)
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-02-28 23:33 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(10)

トンテキ。

f0232763_2143048.jpg



『トンテキ』というお料理、
実は、近年、知りました。

初めて見たのは、
仲良くさせていただいているekkoさんのブログ
『おいしい暮らし』の中で。


トルコじゃ、食べられないから、
日本に帰ったら、作らなくっちゃ!!とずっと思っていました。


食べなくっちゃ!!じゃなくて、作らなくっちゃ!!
っていうのは、近くにトンテキのお店がないから。




f0232763_2145968.jpg



まずは、トンテキを知るために、
参考にしたのは、wikipedia

トンテキは、三重県の四日市名物で、
特徴として、
1.黒っぽい濃い味のソース
2.厚切りの豚ロース肉を使用
3.ニンニクが添えられている
4.千切りキャベツの付け合わせ
があげられるそうです。

ソースは良くわからなかったけど(本物を食べたコトないので)
お醤油やらウスターソースやらオイスターソースやらバルサミコやら入れて、
黒っぽいソースを作ってみました。

・・・適当に作ったのに、おいしかったです。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-02-27 23:31 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(8)

ひとくちスィートポテト。

f0232763_20493322.jpg



日本に帰ってから(も)、
お菓子ばかり作っている気がします。

だけど、ほとんどが試行錯誤。
なかなか「これ!!」って思えるようなのが出来なくって・・・。
それでも、トルコで作るよりも、マシなんですけどね。


今日のお菓子も、そんな中の1つ。

スィートポテトを焼きました。



f0232763_20484453.jpg



安かったから、買ってみた口金。

口金を見ただけじゃ、どんな風に絞れるのかさっぱりわからなかったけど、
絞ってみたら、かなりカワイイ出来になりました。


ただ、もうちょっと高さを出して絞った方が良かったですね。




[PR]

by akdeniz_tk | 2012-02-26 23:50 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(6)

ホタテのカルパッチョ、イチゴソース。

f0232763_638456.jpg


久しぶりに、ワインの会でした。


最近(といっても、ここ1年)、
『ワインが苦手になったかも??』などと思っていたのですが、
大間違い。
ちゃんとしたワインは、本当においしかったです。

結局、自分では安モノしか買わない(買えない)ので、
味もイマイチ、飲んでもおいしくなかっただけだったみたい。


お料理を作りながら、しっかりとワインをいただきました。


会の最後の方には、かなり飲んで、気も大きくなっていたみたいで、
冷凍庫にあった試作のお菓子などを大放出。

普通の思考だったら、
『見ためや味に納得できないモノを、お客サマにあげるなんて・・・』って思うハズなのに、
あぁ~完全な酔っ払いです。。。

朝起きてから、反省しました。
おいしいからっていっても、飲み過ぎは注意です。


f0232763_6382741.jpg


コースの最初のお料理は、ホタテのカルパッチョ。
イチゴのソースをかけました。

慌てて撮った写真なので、お花の向きとカタチがイマイチです。


合わせたワインは、シャンパン。
ふわっと広がるシャンパンの香りが、イチゴのソースととっても合っていて、
『ワインとお料理。ちゃんと組み合わせると何倍にもおいしくなるんだなぁ~』と、
改めて、思いました。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-02-25 23:38 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(4)

りんごのケーキ、その2。

f0232763_1933427.jpg



引き続き、リンゴのケーキ。

今度は、大きめにスライスしたリンゴをキャラメライズして、
ケーキの中へ入れました。


ケーキの生地自体は、前回とほとんど同じです。


ゴロゴロとリンゴが出てくるケーキ。
しっとり感は昨日の方があるけれど、
リンゴがしっかり味わえるのは、こっちの方かなぁ?






f0232763_19341328.jpg



以前から気になっていた細いパウンドケーキ型を
とうとう、買いました。


今まで見た中で、最安値の500円台だったので、
まぁ、これぐらいならOKかしら?と2本購入。



何を焼いても、なんだかおしゃれに見えるので、
かなり満足しています。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-02-24 22:20 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(2)

リンゴケーキ、その1。

f0232763_2274132.jpg



たくさんのリンゴ。

数えてみると、合計12個。
・・・結構、あります。


随分と長い間、置きっぱなしになっていて、
そろそろ、なんとかしなくちゃいけないみたい。

とりあえず、5個だけ使って、甘煮を作りました。


シャキシャキ系のリンゴじゃなかったので、
お菓子には向かないかなぁ??など思ったけれど、
甘煮の一部で、ケーキも焼いてみました。





f0232763_2275930.jpg


ベースは、キャトルカール。

とにかく、消費したかったので、
普通の2.5倍量のリンゴを入れています。


おかげで、めちゃくちゃしっとりしました。

ちょっとアクセントが足りなかったので、
ナッツとか入れてみればよかったかも??


というコトで、リンゴケーキその2に続きます。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-02-23 23:58 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(4)

チーズケーキ。

f0232763_2340544.jpg



久しぶりに、ちゃんとしたクリームチーズを使って、
チーズケーキを焼きました。

トルコでは、なかなかできなかった味。

日本のクリームチーズだと、
何も考えずに焼くだけで、すんなりとできあがるのだから、
やっぱり材料の違いって大きいですよね。










f0232763_23244492.jpg


ただ・・・。
シリコンのハート形を使って、型のまま冷めるまで放置したら、
カタチが悪くなっちゃいました。

シリコンって、すぱっと取れるから良いけれど、
ケーキと型の間に蒸気が溜まってしまって・・・。

やっぱり作るケーキによって型は選ばなきゃいけないのかなぁ。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-02-22 23:47 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(6)

ステーキどんぶり。

f0232763_20404769.jpg



どんぶりモノが続きますが・・・。

日本で楽しみにしていたモノの1つが、牛肉。
お料理というよりも、食材ですね。

トルコのお肉は、基本硬め。
『お肉が柔らかい』といえば、
日本では溶けるような霜降りのお肉を指しますが、
トルコじゃ、簡単に咀嚼できるってレベルでOK。

噛みきれなくて、
いつ飲み込んで良いのか判断に苦しむような
そんなお肉にだって、結構な確率で当たりますしね。

あと、牛肉の臭いもキツイです。
日本の牛肉は脂がいっぱいあるのに、
どうしてあまり臭わないのだろ??・・・餌の違い??不思議です。





f0232763_20412434.jpg


霜降りお肉を買ってきて、ステーキどんぶり。
お肉は、塩コショウのみで味付け。
そして、肉汁でエリンギを炒めました。

アツアツごはんの上に乗せたら、完成です。

これを食べたら、トルコで牛肉が食べられなくなりそう。。。
って、もともと肉といえば鶏肉ぐらいで、
他のお肉はあんまり食べないんですけどね。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-02-21 23:39 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(10)

海鮮どんぶり。

f0232763_18192761.jpg



ここからは、日本で作ったお料理です。

日本で食べたかったモノといえば、やっぱり、お刺身。

一時期、夢にまで出てきた時には、
『いったいどんだけ食べたいのだろう??』って、
朝、目覚めた後に、思わず笑ってしまいました。


といっても。お刺身、そのままよりも、好きなのはづけ。
お醤油とみりんとお酒をひと煮立ちさせて、冷ました後に、
お刺身を漬けこみました。

漬けこむ時間によって、お醤油の濃さを変えています。



f0232763_1820995.jpg


今回は、いろんな種類の海鮮が食べたかったので、
お刺身5点セットのパックを買いました。
そして、ウニが安かったので、それも合わせて。

ハマチだけ漬けにして、あとはそのままです。



久しぶりの日本の味に、大満足。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-02-20 23:18 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(16)