<   2011年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ピンクざくろのミニゼリー。

f0232763_520223.jpg


お家にあった、ピンクの粒のざくろ。

ジュースとして飲むには物足りない量だったので、
小さな器に入れて、ゼリーにしました。


結構はっきりとした甘さだったので、
お砂糖は、加えなくても良かったかも?



ちょっと人工的なピンク色だけど、そのままザクロの色です。


f0232763_5231552.jpg


【材料】
ザクロ 2個
砂糖  20g
ゼラチン 2.5g(大さじ1の水でふやかしておく)

【作りかた】
1.ザクロは粒を取り出して、潰す
2.ザルで濾して、ザクロジュースの1/3量に砂糖を加えて加熱して、
  熱くなったら火を止め、ふやかしたゼラチンを入れて混ぜる
3.荒熱が取れたら、残りのザクロジュースと混ぜて、器に入れて冷やす
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-10-30 23:15 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback

フライドオニオン。

f0232763_4474047.jpg


『おいしい暮らし』のekkoさんのハワイ旅行記・ハワイ到着を読んで、
めちゃくちゃ惹かれた、ロコモコ。

ハワイアン航空の機内食で、『悪くはなかった』レベルだったらしいけど、
それでも、どうしても食べたくって・・・。
(旅行記が進むと、さらにおいしそうなものが出てきそう。。。)

わたしの中でのポイントは、フライドオニオン。
たまねぎのコトばかり考えていたら、
目玉焼きを乗せるのを忘れていました!!

・・・ロコモコからかけ離れちゃった。。。




f0232763_55086.jpg


フライドオニオン。
面倒だからって作ったコトなかったけど、
あるとないとでは雲泥の差。

次は、目玉焼きものせて、正しいロコモコを作ろうと思います。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-10-28 23:44 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback

ルームシューズ。

f0232763_4411738.jpg


お気に入りのルームシューズが、ボロボロになってしまいました。。。

3年以上使っているから、当然と言えば当然です。


今のルームシューズは、モロッコのバブーシュだし、
トルコにも似たようなのあるかなぁ~といろいろなお店を見たけど、
ちっとも、ピンと来るものなし。

長く使うし、毎日使うモノだから、
愛着が持てる方が良いのだけど・・・うぅ~ん。




で。とりあえず、自分で作ってみました。



f0232763_4414414.jpg


ちょっと雑なトコもありますが・・・それなりに、満足です。


まだ、生地がいっぱい残っているから、
旅から帰ったら、お客様用のスリッパ用に、いくつか作ろうかな。

目指せ、スリッパ職人?
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-10-26 23:32 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback

レースにならなかったラングドシャ。

f0232763_4153280.jpg


先日、UPしたラングドシャ。

上手にできているって褒めて頂いたので、
嬉しくなって、もう1度作りました。

今回は、ちょっと考えて、
レースペーパーのようなラングドシャがあればいいなぁ~とトライしたのですが、
・・・失敗しました。

加熱している間に、生地が広がるのは予想していたけど、
ここまでとは!!、見積もりが甘かったです。



でも。失敗は成功のもと?
なんとなく次はできそうな気がします。


f0232763_4292342.jpg


味は問題ないので、レシピは載せておきます。
作るときは、かなり間をあけてレース模様を書くコト。
(そうすれば、たぶんレースになるはず??)

【材料】
バター 40g
砂糖  40g
卵白  1個分(35g)
小麦粉 40g

【作りかた】
1.室温に戻したバターと砂糖をしっかり混ぜる
2.小麦粉を加えて混ぜる
3.しっかり泡立てた卵白を2回に分けて入れる
4.絞り出し袋に入れて、オーブンシートの上にレース模様を書く
5.170℃に余熱したオーブンで様子を見ながら12~15分程度焼く
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-10-24 23:14 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback

羊のチーズクッキー。

f0232763_461141.jpg


癖のあるチーズは、ちょっと苦手。

羊のチーズが余っていたけど、
そのままでは食べにくいのでクッキーにしました。

ちょっと塩味が効いたクッキー(でも、もちろん甘いです)。


ちょうど、遊びに来ていたお友達に出したら、
「日本のクッキーみたい」って言われました。


・・・かなり、嬉しいです。



f0232763_46357.jpg


【材料】
バター 50g
砂糖  40g
チーズ(羊乳のモノ) 50g
卵黄  1個分
小麦粉 50g

【作りかた】
1.バターを室温に戻して、砂糖を加えて混ぜる
2.卵黄、チーズを加えてさらに混ぜて、小麦粉を加える
3.均等に混ざったら、筒状にしてラップで包んで冷蔵庫で休ませる(30分ぐらい)
4.厚めに切って、160℃で15分程度、焼く

 ※ わたしは、セルクルに入れて焼きましたが、あまり流れなかったので、
   そのままでも大丈夫だと思います

 
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-10-22 23:50 | レシピ(お菓子とパン)。

ちょっと、留守にします。

f0232763_16195249.jpg


ちょっと用事があって、ヨーロッパまで出かけてきます。

今年の9月から、エキサイトのブログでも予約投稿が出来るようになったので、
いない間の記事の予約投稿をしておきました(毎日じゃないですけど・・・)。
・・・ちゃんと1つずつUPされるかなぁ??

留守中も、是非、読みに来てください。




さて。今回、用事の前に半日フリー、
後には、ついでに寄り道をするコトにして、1日フリーを入れました。

後は、我ながらかなり強引だと思いますが、
パリから、バルセロナに寄り道して、イスタンブル経由でアンタルヤに帰ります。
・・・寄り道っていうか、まわり道ですね。

しかも、バルセロナの滞在は日曜日。
・・・お店とかやっていないトコ多いだろうから、ガウディの建造物を見てきます。
  それから、帰国日の早朝に市場にも行きたいなぁ~と
  (飛行機の都合、30分ぐらいしか滞在出来ないけど)。


用事の前の半日は、どうしようかなぁ~。
久しぶりのパリだから、頑張って街中へ出ようか?
それとも、面倒だから空港ホテルで休んでいようか??(だって、空港のホテル高かったし元取らなきゃ!)
・・・考え中です。





今回のヨーロッパ。食べ物がいちばん楽しみで、
名物を考えるのなら、
カスレ食べて、カヌレ食べて、魚のスープ飲んで、
ブイヤベース食べて、ウトベネッツやスヴィーチコヴァー食べて、
ザワーブラーテン食べて・・・っていったトコ。
(かなり変則的な周り方で、いったいどこに行くんだ???って感じですよね)

用事の入っていない日はもちろん、用事のある日にも、
写真だけは、ちゃんと撮る予定なので、
どこに行ったか、何を食べたか(食べれなかったか)
などは、帰ってからしっかり書いていこうと思います。

それでは、いってきま~す!!
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-10-20 23:18 | ヨーロッパでの非日常。 | Trackback | Comments(8)

チキンのオーブン焼き。

f0232763_4244081.jpg


久しぶりに、美容院へ行きました。
といっても、アパートの隣のビルですけど・・・。

お洒落な雰囲気はひとつもない、ごく普通の(どちらかといえばやぼったい)トコで、
安いのだけがとりえ(たぶん、ご近所さん料金)。
ヘアカラー、カット、眉毛を整えて、30TL(1500円ぐらい)。

きっと、お洒落なトコだったら、1.5倍はすると思うし、
それに、知らないトコだと、ぼったくられそうで、なかなか行きづらいし・・・。

ヘアカラーやカットは、日本と同じようなモノだけど
(もちろん、日本の方がずいぶんと丁寧)、
眉毛を整えるっていうのは、日本ではしたコトありませんでした。


これが、本当に痛いんです。
毛抜きで不必要なトコを抜いて、抜いて、抜いて、
糸で産毛を取り除く・・・ほとんど拷問を受けている気分。

あまりの痛さに涙目になってしまうのですが、
お店の人曰く、『久しぶりで、眉毛が伸びているから痛いのよ』とのコト。
・・・本当かなぁ~??


f0232763_4251613.jpg


話は変わって・・・。
久しぶりにオーブンでチキンを焼きました。
スパイスを適当にブレンドして、ヨーグルトでペースト状にして鶏肉にすり込んで焼くだけ。
オーブンの余ったスペースには、小さなたまねぎを皮ごと入れて・・・。
ちょうど、チキンが焼ける頃には、たまねぎも良い感じになっています。

焼きたまねぎ。
日本では、ほとんど食べなかったけど、おいしいですね。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-10-19 23:26 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(12)

ノスタルジックなパッケージ。 kawaii

f0232763_313680.jpg


トルコの大型スーパー、migros(他の国にもありますよね?)の、
57周年を記念した企画。(57周年って、なんだか中途半端ですけど・・・)

「ノスタルジックなパッケージ」。

小麦粉、お酢、チョコレート、ターヒン(ゴマペースト)、アイラン(ヨーグルト飲料)などなど、
50年前の復刻版シリーズです。


50年前のトルコなんて、全く知らないので、
ちっともノスタルジックな気持ちにはなりませんが、
かわいいので、思わず買ってしまいました。。。



f0232763_3115371.jpg


アンカラ(メーカー名)のパスタ。
・・・なんとなく、アメリカンな感じ。







f0232763_3125599.jpg


コーラは、125周年。
50年前のだけじゃなくて、4種類の瓶コーラがありました。







f0232763_347172.jpg


4種類のセット。
時代とともに、瓶も変わってきたのがはっきりと分かります。
(昔の方が手間がかかっていて、かわいい。)


基本的に、コーラは飲まないので、
賞味期限ぎりぎりまで、デコレーションとして使おうと思います。



でも。このノスタルジックシリーズ。

1本250mlのコーラ、2Lのペットボトルのコーラと同じ値段。
かなり割高なんですよねぇ~。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-10-18 23:59 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(14)

スズキのフライにハーブタルタル。

f0232763_430573.jpg


固ゆでの卵って、あんまり好きじゃないけれど、
タルタルソースにすると、どうしてあんなにおいしくなるのでしょう。

タルタルというには、ピクルスやケッパーが足りないのかもしれないけれど、
その代わり、ハーブをいっぱい入れました。


イタリアンパセリとディル。
トルコに来てから、頻繁に使うハーブです。


でも。どう頑張って使っても、1束を使い切れないのが悩み。
出来るだけ食材は捨てたくないのに、なかなかうまくいかないです。

ディルを冷凍したコトあるけど、イマイチだったし・・・良い方法ないかなぁ~。



f0232763_4312492.jpg


書くほどのレシピじゃありませんが・・・。

【材料】
スズキ 1尾
塩・こしょう 少々

揚げ油  適量
(衣)
小麦粉 適量
卵   1/2個
塩   ひとつまみ
水   適量

(タルタルソース)
卵   1個
たまねぎ1/4個
イタリアンパセリ・ディル 適量
マヨネーズ 適量
塩   少々
あら挽きこしょう 少々

【作りかた】
1.スズキは3枚におろし、身の部分を食べやすい大きさに切る
2.塩、こしょうを軽くして、数分放置する
3.その間に、衣を準備する。ボールに小麦粉と塩を入れて、卵を入れて軽く混ぜ、
  少し水を足す(水分は少なめで)
4.タルタルを作る。固ゆでにした卵、たまねぎ、イタリアンパセリ、ディルをみじん切りにする
  マヨネーズを加えて混ぜて、塩、こしょうをして味を調える
5.スズキを揚げて、タルタルをかける
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-10-17 23:24 | レシピ(洋食)。 | Trackback | Comments(12)

馬牧場の朝ごはんと初めての乗馬。

f0232763_2462166.jpg


お友達に誘われて、馬牧場へ朝ごはんを食べに行ってきました。

以前も書いたコトあるけど、
『牧場』といえば、なんとなく垢ぬけないイメージがあるのですが、
とってもお洒落で、素敵なトコです。

ただ。アンタルヤの郊外にあるから、ちょっと遠いから、
なかなか行く機会もなくて、1年半ぶりの訪問となりました。


花よりだんご、馬よりも朝ごはん。
まずは、腹ごしらえです。



朝ごはんは、トルコ風(デラックスバージョン)のビュッフェです。


f0232763_2535944.jpg


オリーブ各種(右側には、サラダ各種)。






f0232763_2513629.jpg


チーズとハム各種。
(もちろん、豚肉のハムはありません。)







f0232763_2542926.jpg


冷菜各種。



他には、定番の卵料理(メネメン、茹で卵、オムレツ・・・)や、
暖かい料理(といっても、ポテトやマッシュルームぐらい)もありました。




主食はといと、スタンダードなパン各種。

そして、村のお母さん風のスタッフが、
その場で調理した焼き立て(揚げたて)の
f0232763_25226.jpg


ギョズレメ(サチボレイ)
中は、ほうれん草入り(他にも、白チーズ入りがあったような???)






f0232763_2522772.jpg


バズラマ





f0232763_2525591.jpg


ピシ




(※以前、3つとも書いたコトがあるので、リンクを張っておきます。)


f0232763_251795.jpg


白チーズ入りのコルボレイ。
(トルコ風のパイの1種です。)







f0232763_322571.jpg


『何かなぁ~』と思って近寄ったら、








f0232763_2545929.jpg


赤レンズ豆のスープ。








f0232763_253311.jpg


デザート各種。





でも。いろいろ試したかったけど、かなりお腹も満たされていて、

f0232763_255288.jpg


結局、スットゥラッチ(ミルクプディング)だけ。
かなり甘かったけど、おいしかったです。



飲み物は、もちろんチャイ(紅茶)。
(インスタントコーヒーもあったけど・・・トルコではチャイが一般的)
f0232763_257373.jpg


上のポットに濃い紅茶が入っています。

飲み方は、カップに紅茶を注いだ後、
熱湯(下の蛇口)を注いで、好みの濃さに調整します。






で。朝ごはんの後、馬に会いにいきました。


f0232763_25633.jpg


乗馬も出来て、10分15TL(750円)。



実は、動物が怖いわたし。
あんまり乗り気じゃなかったけど、
かなり強引に友達に誘われて(きっと彼女がいちばん乗りたかったに違いない)、
初めて、乗馬を体験しました。

f0232763_2563256.jpg


感想は・・・というと、あんまりよく分からなかったです。
というのも、最初は怖々、慣れてきた頃に10分終了って感じ?

でも、時間的には、それなりに乗ったなぁ~という長さでした。


朝8時半ごろに出かけて、牧場を出たのは13時。
・・・しっかりと楽しめました。

ちなみに。料金は、朝食ビュッフェ23TL(約1200円)。
土曜日だと、20TL(約1000円)だそうです。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-10-16 23:35 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(16)