<   2011年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

田舎のパン(bazlama)。

f0232763_4313990.jpg


最近、パンといえば、
丸い牛乳パンばかり作っていたので、
気分を変えて、バズラマ(bazlama)風にしてみました。

以前の記事でちらりと紹介したコトもありますが、
バズラマは、村でよく作られる田舎のパン。
ちょっと厚めの丸く平たいパンです。
・・・フランスのパン・ド・カンパーニュとは、同じ田舎風なのに随分違いますよねぇ~。

村だと、鉄板の上で焼くけれど、家で作るからコンロ+フライパンで。
しかも、牛乳パンと同じ配合で作っちゃったから、
バズラマというよりはバズラマ風ですね。



f0232763_432326.jpg


焼き立てのバズラマの上に、ちょっと多めのバター。
バズラマの熱でバターが溶けて、香りもふわりと広がります。

シンプルだけど、いちばんおいしい食べ方かも?




話は変わりますが・・・。
昨日、お気に入りのドラマの最終回でした。
わたしが見始めたのは一昨年、途中から。
それでも「随分息の長いドラマだなぁ~」と思っていたら、
なんと、始まりは、2007年。
・・・4年も続いていたとは!!

スタート時に、高校生だった主人公たちは、大学生、社会人となり、
その過程で、くっついたり、別れたり、またくっついたり・・・、
(しかも、仲良しグループ内で!!)

海に落ちて亡くなったはずの仲間が生きていたり、

いきなり、3年とか5年の歳月が流れたり・・・。


日本のドラマだと、ありえないぐらいのご都合主義で、
いったい最後はどうするんだろ?ってか、まとまらないでしょう???
って思っていたけれど、あっけなく終了しちゃいました。


あまりの展開の凄さ(というか、強引なストーリー)に惹かれて、
毎週、かなり楽しみにしていたので、ちょっと残念です。

この夏、何本か長寿ドラマが終了したので、
9月からは、新作ドラマが何本かスタートします。
ハマりそうなドラマがあるかなぁ~。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-08-31 05:10 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(6)

シェケルバイラム(砂糖祭)。

f0232763_1334143.jpg


約1ヶ月のラマザン(断食)月が終わり、
今日から、シェケルバイラム(砂糖祭)の連休です。


シェケルバイラムには、断食の終了を祝う休日で、

遠くに離れている家族が里帰りしたり、
子供たちは親(や親族)の手にキスをしてお金をもらったり(お年玉?)、
バイラム初日の朝、男性はジャーミーへ礼拝にいったり(初詣??)、

日本のお盆やお正月みたいな感じです。
(感覚的にですけどね・・・)





f0232763_134940.jpg


そういえば、今日。
朝、かなり激しい雨でした。

アンタルヤは、夏にはほとんど雨が降らないので、
本当に久しぶり。
道路の水はけが悪いから、川のようになっちゃっているし、
雨が上がった後は、蒸し暑いコトこの上なし。

でも、草木にはきっと恵みの雨だったコトでしょう。。。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-08-30 23:24 | アンタルヤの事情(生活編)。 | Trackback | Comments(6)

トルコ風、薄切り肉の炒めもの(ヤプラックカブルマス)。

f0232763_520356.jpg



日本だと、薄切り肉って一般的ですが、
トルコでは普通は売っていません。
(ヨーロッパとかでも見かけなかったような気がしますが・・・どうなんでしょう??)


と。まぁ、薄切り肉は自分で切るか、
お肉屋さんで頼んで特別に切ってもらうしかないのですが、
薄切り肉を使ったお料理はあります。

その1つが、ヤプラックカブルマス(yaprak kavurması)。

初めて、メニューで
『yaprak(葉っぱ)のkavurma(炒めもの)』って見たときは、

ブドウの葉っぱでも入っているのか?
って思いましたが、どうやらお肉が葉っぱのように薄いって意味。
・・・なるほど。




なんだかトルコ版牛皿って感じの、
『あ~、ごはん欲しいっ!!』ってお料理。

多めに作っていたから、
2回目は、ごはんの上にのせて牛丼風に食べました。

・・・やっぱり、ごはんと合います。




f0232763_52181.jpg



【材料】
牛肉  350g
たまねぎ 2個
マッシュルーム 8個程度
バター 15g
オリーブオイル 大さじ1.5
トマト 1/2個
ピーマン 1/2個
塩   小さじ1
こしょう 少々

【作りかた】
1.たまねぎ、マッシュルームをスライスする
2.フライパンにバターとオリーブオイルを入れて加熱して、たまねぎをしっかり炒める
3.牛肉を加えて、さらに炒めて、塩、こしょうして、マッシュルームを加える
4.マッシュルームに火が通ったら、耐熱皿に入れて、上にトマトとピーマンのスライスを乗せて、
  220℃に余熱したオーブンで10~15分加熱する

※ 海外の場合、事前に、牛肉は軽く冷凍しておいて、スライスする必要があります
  日本だと、薄切り肉があるから、便利。。。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-08-30 05:35 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(8)

麻婆豆腐っ!!・・・じゃなくて。

f0232763_1491428.jpg


麻婆豆腐!!

見ためは、かなり似ていると思いますが・・・違います。



というのも、どうやら、お豆腐がとっても恋しかったみたいで、
一昨日、スーパーの冷凍コーナーにて。

「あ!お豆腐!!しかも、さいの目切りの冷凍だ!!
 アンタルヤにも、ついにお豆腐が上陸したんだぁ~」

って、ときめいて、
手に取ってよく見たら、なんと冷凍たまねぎでした。。。

・・・パッケージの白い角切りの絵。似ていたんですけどねぇ~。



なんとか似たようなモノを作れないかなぁ~と考えたのがこれ。
白チーズで、麻婆豆腐風にしてみました。


白チーズは、そのままだと塩味が強いので、
前日から塩抜き。そして、いざ、調理開始です。
豆腐→白チーズ、以外は、麻婆豆腐の要領。



f0232763_1501341.jpg




結果。やっぱり、チーズとお豆腐は違いますよね。当たり前ですが・・・。

麻婆豆腐を知らない外国人に出したら、
こんなものか?って思って食べると思いますが、
日本人は無理かな。。。


チーズなしの方がおいしかったです。
(って、それだと麻婆じゃなくて、単なる肉の辛みあんかけですね)


まぁ、失敗もあるというコトで、ブログに記録しておきます。。。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-08-28 23:40 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(4)

米粉のワッフル。

f0232763_233047.jpg



最近ずっと使っていなかっワッフルメーカー。

存在を思い出したので、戸棚の奥から取り出して、
久しぶりにワッフルを作りました。


普通に焼いても良かったけれど、
米粉があったので、それも使って・・・。


サクッと軽い感じに仕上がるかな?って思ったけれど、
あんまり、変わりなかったです。


もうちょっと改良が必要かな?





※チョコレートは、Nutellaのようなチョコスプレッド。
 トルコでも、かなりよく食べます。
 電子レンジで温めましたが、思ったようには、きれいにかかりませんでした・・・残念。



f0232763_2333415.jpg


とりあえず、今後のために今回のレシピをメモしておきます。

【材料】
小麦粉 100g
米粉  100g
卵   2個
砂糖  20g
牛乳  140g
バター 35g

【作りかた】
1.ボールに小麦粉、米粉、卵、砂糖を入れて混ぜ、少しずつ牛乳を入れる
2.溶かしバターを1に入れて混ぜる
3.ワッフルを焼く
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-08-27 23:28 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(0)

レンズ豆ボール(メルジメッキキョフテシ)。

f0232763_2584628.jpg


4月から山陰中央新報に連載させてもらっている、
『トルコのおいしい豆料理』。
一昨日、今月の掲載紙面が届きました。


8月の豆料理は、レンズ豆ボール(レンズ豆団子)、メルジメッキキョフテシ。
(8月2日火曜日に掲載済みです)


それを前後して、知り合いからの問い合わせ。

「レシピの最後、掲載漏れじゃないの??」って。
焦って、紙面を見たけれど、大丈夫でした。

日本のハンバーグやミートボールだと成形した後に、
焼いたり、揚げたりするから、
レンズ豆ボールが丸めただけで完成するのが、
ちょっと意外だったのでしょうね、きっと。



日本でも作りやすいように、
ビベルサルチャス(ピーマンのペースト)を使うところを豆板醤で、
細挽きブルグルを使うところをクスクスで、代用しています。

トルコでは、チャイ(紅茶)と一緒に食べるコトも多いけど、
ピリッと辛いから、ビールにも合いますよ。



f0232763_2591282.jpg


【材料】
赤レンズ豆 100g
クスクス  100g
たまねぎ  1/2個
青ネギ   3本
イタリアンパセリ(みじん切り)10g
オリーブオイル 大さじ5

(A)
トマトペースト 大さじ2
豆板醤     小さじ1
クミン     小さじ1
塩       小さじ1
こしょう    少々

お湯   70~100ml   固さに応じて調整

レモン   1個
ルッコラ  適量

【作りかた】
1.洗ったレンズ豆と水を鍋に入れ火にかけ、水分がほとんどなくなるまで茹でて火を止める
2.1にクスクスを入れて、蓋をして15~20分、蒸らす
3.たまねぎをみじん切りにする。青ネギは小口切りにする
4.フライパンにオリーブオイル大さじ2を入れて、たまねぎを炒める
  しんなりしたらAを入れて軽く炒め、お湯を70ml加える
5.2に4と残りのオリーブオイルを加えて、5分ほどしっかり捏ねて、
  硬ければさらにお湯を足して混ぜる
6.青ネギ、イタリアンパセリを加えてさらに混ぜて、20~25個に分けて
  小さなラグビーボール状にまるめる

 ※ 食べるときには、レモンを絞って、ルッコラで巻くとおいしいです


 
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-08-26 23:40 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback(1) | Comments(2)

牛肉と茄子とマッシュルームのオイスター炒め。 oishii

f0232763_4375215.jpg


日本は少しずつ涼しくなってきているみたいですが、
アンタルヤは、まだまだ夏、真っ盛り。

昨日、日中3時間ほど外に居ただけなのに、
陽射しが肌に突き刺すように痛くって、
さらに、日焼けをしてしまいました。。。


早く、夏終わらないかなぁ~。




さて。オイスターソースの炒めモノを作りました。

この前、お友達が家に来た時出したお料理なのですが、
レシピを聞かれて・・・うぅ~ん。どうだっけ??
ここに記録する用のは、しっかりメモしているんだけど(それを失くすコトは多々ありますが)、
それ以外は、ほぼ適当で、目分量と思いつき。
確か、これを入れたはず?って、はっきりと覚えていないコトも多いです。


なので。今回は、レシピをメモしながら、再挑戦。

トルコで作る場合、茄子の皮が硬いコトが多いので、
皮をむいて作る方がおいしくできます。
あと、アクがものすごいので、しっかりとアク抜きをするコトも必須。


f0232763_4382798.jpg


【材料】
牛肉(角切り) 150g
茄子 3本
マッシュルーム 6~8個
青ネギ    1本
にんにく 2~3片
オイスターソース 大さじ1.5
しょうゆ  小さじ1    ※にんにくしょう油があれば、それを使って
塩    必要なら
こしょう 少々
ゴマ油  小さじ2程度
サラダ油 大さじ1

揚げ油

【作りかた】
1.茄子は皮をむいて、乱切りにして、水に浸ける
  マッシュルームは4つに切り分ける。にんにくはみじん切りにする。青ネギは小口切りにする
2.1の茄子の水を良く切って、素揚げをして油をよく切っておく
3.フライパンにサラダ油とにんにくを入れて火にかけ、
  にんにくの色が変わったら肉を入れて良く炒める
4.マッシュルームを加えて、炒める
5.2の茄子を入れて、しょう油を加えて、さらに炒める
6.オイスターソース、こしょうを入れて、軽く炒めて、味を見て、必要なら塩を足す
7.青ネギを加えてかき混ぜて、最後にゴマ油を足す

※ 肉が少なめ、野菜多めで作っています
  バランスは良くするなら、茄子は2本が良いかも?
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-08-25 23:08 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(6)

ズッキーニのお花のドルマ。

f0232763_1441532.jpg



モノを増やさない生活を心がけてはいるのですが
・・・久しぶりにお皿買っちゃいました!!

以前から気になっていたお皿が、50%オフのセールになっていて、
つい。つい。といっても、いちばん欲しかった色は売り切れだったから、
ちょっと妥協して、むらさき色の楕円のお皿。

お料理が映えるか?って疑問もあったけれど、
なかなか良い感じです。



で。これまた、久しぶりにパザル(市場)で見かけたズッキーニの花。
たまぁ~に売っています。
気になっていたけれど、買うのは初めて。
8本で25円でした。高いのか?それとも、安いのか???
(ってか、高くはないでしょうね、きっと・・・)


売っていた農家のお母さんに食べ方を聞いたところ、
ドルマ(ピラフ詰め)か、フライって言われたので、
今回は、ドルマにしてみました。


あんまりおいしくなかった時のために、
保険としてピーマンのドルマも少し作りました。

お花の黄色、ピーマンの赤色。
そして、お皿のむらさき色。なかなか華やかな色合いに満足。



で。初めて食べたズッキーニのお花のドルマ。
可もなく、不可もなく・・・普通でした。
まぁ、お花の味ってしないから、そんなものでしょうか??


次見かけたら、フライにしてみようと思います。

f0232763_205036.jpg


これが、使ったズッキーニのお花。
ちょっと小さめだったので、お花が破けそうで、
かなり詰めにくかったです。。。


※ピーマンのドルマは、分量に入っていません。

【材料】
ズッキーニの花  8本
米  40g
たまねぎ 1/2個
イタリアンパセリ(みじんぎり) 小さじ2
オリーブオイル 大さじ1
サルチャ(トマトペースト)  小さじ1
塩   小さじ1/3
こしょう 少々

【作りかた】
1.ズッキーニの花をそっと洗って、おしべ(めしべ)と茎をとりのぞく
2.たまねぎをみじん切りにする。米は洗って、ざるで水を切る
3.鍋にオリーブオイルを入れて火にかけ、たまねぎを炒める
4.しっかり炒めたら、サルチャを入れて軽く炒める
5.米と塩、こしょうを加えてさらに炒め、イタリアンパセリを加えて混ぜて、火を止める
6.ズッキーニの花に5を詰めて、被る程度の水を注ぎ、落としぶたをして煮込む
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-08-24 23:34 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(10)

トルコで春巻きを作るなら。

f0232763_1341051.jpg


今回の話題。
トルコに住んでいなければ、あんまり有用性がないかもしれないですが・・・。




日本だと、餃子の皮、ワンタンの皮、春巻きの皮・・・と、
いろいろ充実していますが、
トルコの場合、遠い国のお料理だから、当然、専用の皮は売っていません。

もちろん、代用できるモノはあります。
トルコ風のチーズの春巻き(シガラボレィ)と同じように、
ユフカを使えば、それなりの春巻きができます。

が、パリパリ感があんまりないんですよねぇ~。



なんとかならないかなぁ~と考えて、
バクラヴァ用のユフカ(パートフィロ)を使ってみたら、これがかなり良い感じ。


パートフィロは、他にも使い道がありそうな食材で、
いろいろと試してみたいと思います。




f0232763_1353868.jpg


今回の春巻きは、野菜の春巻き。
酢醤油もしくは、ラー油醤油をかけて食べるコトを考えて、
味はちょっと薄めです。

【材料】
キャベツ 4枚
にんじん 1本
ズッキーニ 1本
水    200ml 
しょう油 大さじ1/2
オイスターソース 大さじ1
ごま油  大さじ1
こしょう  少々
片栗粉  大さじ1.5(少量の水に溶かしておく)

バクラヴァ用ユフカ(パートフィロ)12枚程度

【作りかた】
1.キャベツ、にんじん、ズッキーニは千切りにする
2.鍋を火にかけ、少量の油(分量外)をひいて、1の野菜を炒める
3.野菜がしんなりしたら、水を足し、しょう油、オイスターソースを加えて煮込む
4.最後に、ゴマ油を入れてかき混ぜ、水溶き片栗粉を入れてとろみが付くまで煮る
5.バクラヴァユフカを2枚重ねて、正方形(春巻きの皮みたいに)に切る
6.4が冷めたら、5に包んで、端は小麦粉を水で溶いたのりで止める
7.160℃ぐらいで揚げる

※ 水の代わりに、中華スープを使う方が良いかも(トルコではないので省略)
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-08-23 23:07 | レシピ(海外で和食)。 | Trackback | Comments(6)

和風なチーズリゾット。

f0232763_621730.jpg


昨日の、アンタルヤのバス、ミニバスについての続きです。
今日、外出して分かったのが、どうやら一部の道路への乗りいれが廃止され、
それに伴い、大幅なルート変更があったみたいです。
まだイマイチよく分かっていないのですが、
最寄りのバス停からの便数は減った気がするし、不便なのには変わりないです。。。

こうなったら、自分で運転するのを本気で考えなきゃ!
って、思うのですが・・・なかなか。

というのも。
日本では、普通に問題なく、たいていの車を運転しているけれど、
(マニュアル車でも、軽トラでも、とりあえず運転していました)
トルコは、日本と車線が反対で、間違えそうで怖いです。

さらに、運転マナー悪過ぎ。
譲り合いの精神、皆無。
強引な割り込み、クラクション、パッシング、急ブレーキ、路上駐車。
とにかく、荒くて、しかも、え~!!って思うコトばかり。

この前。前の車が急に停止して、何事か?って思ったら、
前方から来た車に知り合いが乗っていたみたいで、いきなり挨拶+話を始めていました。
ってか、後ろに車が居るんですけど・・・。

また、他の日の出来事ですが、
ウィンカーも出さずに青信号の前で停まるから、不思議に思ったら、
いきなり、そこで駐車するつもりだったみたい。
駐車するなら、もっと脇に車寄せて欲しいし、
それ以前に、信号の前で駐車っていけないでしょう。。。


などなど。

郊外なら大丈夫かな?って思っていたら、
「牛とか飛び出してくるよ」って、お友達に言われちゃいました。


本当に、ここで運転できるんだろうか???不安です。



f0232763_6410100.jpg


写真は、チーズリゾット。
リゾットといっても、白飯を使ったおじや風の簡易版です。


うめぼし代わりに、オリーブを乗せようか?
などと思ったけれど(理由:おじやじゃなくて、リゾットだから)、
それもなぁ~と、こしょうをかけてみました。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-08-22 23:39 | アンタルヤの事情(食物編)。 | Trackback | Comments(8)