<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

マグロの半生グリル。

f0232763_22315870.jpg


またもや、大雪。しっかり、積もっています。

天気予報では、「今週から暖かくなる」とか言っていたのに、
気温も、ぐんと下がって、本当に寒いです。




寒いときには、暖かいものが良いですが・・・。
買っておいたマグロのサクがあったので、それを使ったお料理。

あぶり焼きにしたかったけれど、バーナーがないので、
さっと焼きで、中は『生』を目指して、グリルにしました。


ソースは、煮詰めたバルサミコ酢で。



安いマグロで、お手軽な調理方法なのに、期待以上のおいしさ。
半生グリル、他の魚介でも使えそうな気がします。

f0232763_22321439.jpg


【材料】
マグロ(サク) 1本
塩       小さじ2
荒びきこしょう 少々
オリーブオイル 大さじ2

バルサミコ酢  大さじ3

(飾り用)
レタス     少量
ミックスペッパー少々

【作りかた】
1.マグロのサクの表面に、塩とこしょうをすり込み、10分程度放置する
2.水分が出てきたら、キッチンペーパーでふき取り、オリーブオイルをまぶす
3.グリルで3~4分、表面だけを焼く
4.フライパンにバルサミコ酢を入れて、とろみが出るまで煮詰める
5.4のソースの上に、3のマグロを切って盛り付け、レタスを添え、
  ミックスペッパーを振りかける


※ミックスペッパーは、黒・白・緑・赤の4種類のこしょうを混ぜたモノです
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-31 22:53 | レシピ(洋食)。 | Trackback | Comments(2)

ワークショップ終わりました。

f0232763_2127437.jpg


キリム織りワークショップ。
無事終了しました。

両日とも、雪。
悪天候の中、ご参加いただいた方、本当にありがとうございました。
楽しい時間を過ごすコトができました。



■ ■ ■  ■ ■ ■  ■ ■ ■  ■ ■ ■  ■ ■ ■  ■ ■ ■  

朝、起きたら、またもや銀世界。
雪は見ている分にはきれいだけど・・・。

かなり早めに出発して、雪道ドライブ2時間ちょっと。
12時前には、目的地へ到着しました。



f0232763_21391947.jpg


今日も、時間通り13時からワークショップを開始。

みなさん、モチーフ入りの力作に挑戦なさったので、
今日もまた、時間内には完成できませんでした。。。
(残りは、お家で宿題というコトになりました)

やっぱり、ちょっと欲張って、
少し大きめだったのがいけなかったのかしら???

でも、参加してくださった方に感想をお尋ねしたところ、
「これぐらいあると、『作った!!』って感じがして良い」
とのコトだったので、これ以上小さくしない方がよいのかなぁ・・・。

今後どうするか?は、ゆっくり考えたいと思います。


残念だったのは、参加なさった方の完成キリムが拝見できなかったコト。
どのキリムも個性が出ていて、素敵だったので、続きが気になります。


f0232763_21395097.jpg

群言堂cafe鄙舎スタイル『sütlaç(スットラッチ)』。

ワークショップのおやつです。
トルコらしいおやつをというコトで、
cafeのスタッフさんがトルコのライスプディング『sütlaç』を作ってくださいました。


これが、今までトルコで食べた、どのsütlaçよりもおいしくって、
本当に素敵なおやつでした。



ご参加いただいた方、群言堂のみなさま、
本当にありがとうございました。

また、ご縁があると良いなぁ~と思います。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-30 21:54 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(4)

ワークショップ1日目。

f0232763_21273030.jpg


群言堂さんに催していただいたキリム織りのワークショップ。
1日目が無事に終わりました。


ご参加いただいた方、本当にありがとうございました。
とても楽しい時間を過ごすコトができました。



■ ■ ■   ■ ■ ■   ■ ■ ■   ■ ■ ■   ■ ■ ■   



天気予報では、大荒れの1日。
相変わらず、雪が散らつくお天気でしたが、
それでも、予想ほどはひどくもなく、なんとか2時間かかって大森町へ。

会場に、キリムを敷き詰めて、道具を準備。
13時から予定通り、ワークショップを開始しました。



f0232763_21322356.jpg


初めてのワークショップだったので、
少し見積もりが甘く、
キリムを完成して帰っていただくはずだったのですが、
半分ぐらいの方が、あともう少しで完成!ってところで終了。
そのまま、お家で続きをするという状況になってしまいました。
・・・すみません。(次回するときには、もう少し小さめのモノにしないといけないですね)


でも、世界に1つだけの小さなキリム。
どれも素敵なモノに仕上がりました(ほぼ、仕上がりも含みますが)。



明日は、2日目。
新しい方との出会いに、ワクワクしています。
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-29 21:40 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(2)

しいたけのフルムダンベール載せ。

f0232763_19322494.jpg

12月の末、『チーズのためのお食事会』をしたコトは、
以前書いたのですが、
その時に余ったチーズの一部分は、冷凍しておきました。

チーズの冷凍って、かなり便利です。
冷蔵してたら色とりどり(特に青いの?)のカビが生えるチーズも、
冷凍だったら、数ヵ月は全然平気ですしね。


今回使ったチーズは、フルムダンベール・オ・ソーテルヌ。
青カビのチーズです。

『しいたけに乗せて焼く』だけだから、レシピとして良いのか?
ちょっと微妙なトコだけど・・・とりあえず。


こういう簡単なお料理は、素材が勝負。
チーズがおいしければ、間違えなくおいしくできあがります。



f0232763_1932396.jpg

【材料】
しいたけ(小) 8個
青カビチーズ  15g 今回は、フルムダンベール・オ・ソーテルヌを利用



【作りかた】
1.しいたけは汚れを取り、軸を切り離し、表に隠し包丁を十字に入れる
2.青カビチーズを乗せて、オーブントースターで10分間。しいたけに火が通るまで焼く
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-28 19:40 | レシピ(洋食)。 | Trackback | Comments(2)

大葉とチーズの餃子。 oishii

f0232763_1964895.jpg


キリム織りのワークショップが近づいてきたので、
その準備にバタバタしています。

木枠を作ったり、縦糸を張ったり、横糸の毛糸だまを巻いたり・・・。


なんとか、完成。
あとは、明後日を待つだけです。


天気予報を見たら、『当日は天候が荒れる』とのコト。

片道2時間ちょっとのドライブなので、
できれば、雪が少ないといいなぁ~と、祈っています。


楽しいワークショップになりますように・・・。




さて。今日のメニューは、変わり餃子。
大葉とチーズを入れました。

がっちり中華な味はしないけれど、
大葉の風味と蕩けたチーズは、やっぱりおいしいですね。
しっかり味が付いているので、タレを付けずに、そのまま食べられます。


f0232763_197683.jpg

【材料】
豚ひき肉 150g
チーズ  60g
大葉   10枚
キャベツ 100g
塩    小さじ1/2
こしょう 少々

餃子の皮  20枚

サラダ油 大さじ1
ぬるま湯 50ml   

【作りかた】
1.鍋に水を入れ沸騰させ、キャベツをさっと茹でる
2.1のキャベツを引き上げ、水を絞り、みじん切りにする
3.チーズをさいの目に切る。大葉もみじん切りにする
4.ボールに、ひき肉、塩、こしょうを加えて粘りが出るまで混ぜる
5.4に、2のキャベツ、3のチーズ、大葉を加えてさらに良く混ぜ、餃子の皮で包む
6.フライパンを火にかけ、油を入れて、5の餃子を並べ、焦げ目が付いたら、
  ぬるま湯を加えて、蓋をして水気がなくなるまで加熱する
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-27 19:17 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(8)

ハートのシュークリーム。

f0232763_17455896.jpg


トルコから買ってきた大量のチョコレート。

そろそろ、賞味期限も迫ってきているし、
それに、バレンタインも近づいてきているから、
季節も、なんだかタイムリー。

しばらくは、チョコレート消費強化期間になりそうです。


『そういえば、ハート型のシュークリームって見たコトないなぁ~』
と、思ったので、まずはチョコレートのシュークリーム。




甘さを抑えたかったので、生クリームにはお砂糖を入れず。
でも、パクパク食べてしまえるので、
それはそれで、恐ろしいかもしれません。


f0232763_17463385.jpg


【材料】
(シュー生地)
水   50g
牛乳  50g
バター 40g
強力粉 25g
小麦粉 20g
ココア 15g
卵   2個

(チョコレートクリーム)
牛乳 80g
卵黄 1個
砂糖 20g
コーンスターチ 4g
チョコレート  70g
生クリーム 100ml

【作りかた】
1.シューを作る。強力粉と小麦粉を合わせておく
2.鍋に水、牛乳、バター、ココアを入れて沸騰直前まで加熱する
3.火を止めて、1の粉類を入れて、よく混ぜ合わせ、再び火をつけて軽く水分を飛ばす
4.火を止めて、溶き卵を少しずつ加えていく
5.絞り出し袋に入れて、オーブンシートを敷いた天板上へハート型に絞り出し、
  霧吹きで水を吹きかける
6.210℃に余熱したオーブンで、12分、その後、180℃に温度を落とし、さらに30分焼く
  (途中、オーブンを開けない)
7.チョコレートクリームを作る。卵黄、砂糖、コーンスターチをボールに入れ、
  泡立て器でよく混ぜる
8.牛乳を加えてさらに混ぜ、茶こしでこしながら鍋に移す
9.弱火で混ぜながら、クリーム状になるまで加熱する
10.9にチョコレートを加えてさらに混ぜ、冷めるまで放置する
11.生クリームを泡立てて、10に加える
12.シューを完成させる。6のシューを半分に切り、11のクリームを詰める
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-26 17:58 | レシピ(お菓子とパン)。 | Trackback | Comments(6)

サーモンはディルたっぷりで。

f0232763_20155760.jpg


相変わらず寒い日が続いています。
天気予報は、今日も雪だるまのマーク。

ただ寒いコトを肌で感じるだけでなく、
キッチンの棚にあるオリーブオイルが固まっているのを見ると、
部屋全体が巨大冷蔵庫になっているのが視覚的にも認識できます。



本来なら、キッチンに入り浸るのが大好きですが、
こう冷え込むと、なかなか。。。

暖房をつけるにしても、
ダイニングキッチンはそれなりに広いので、効率も悪いし、
なんとなくもったいないなぁ~と思ってしまうから、
結局、最近は『短期決戦』。

さっと作って、さっと立ち去る。
本当に、3分間クッキングです。




f0232763_20162479.jpg

冷蔵庫にあったスモークサーモンと、たまねぎを使った冷菜。
サーモンには、やっぱりディルが合うと思います。

【材料】
スモークサーモン 100g
たまねぎ     小1個

ディル     3本
オリーブオイル 大さじ2
白ワインビネガー大さじ2
塩       小さじ1/2

荒びき胡椒   少量


【作りかた】
1.たまねぎをスライスして、水に浸け辛みを抜く
2.ディルをみじん切りにして、オリーブオイル、ワインビネガー、塩とともに混ぜる
3.1と2を合わせて、皿に盛り付けたスモークサーモンの上に乗せて、こしょうをふる
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-25 20:25 | レシピ(洋食)。 | Trackback | Comments(8)

手巻き豚焼肉。 oishii

f0232763_2062271.jpg



普通は、焼き肉といえば、文字通り肉がメインのお料理だから、
『ガツンとボリュームたっぷり』なはずなのですが・・・。

私の食べたくなるのは、お肉よりも野菜がたっぷり食べられる焼き肉。

用意するのは、少量の焼き肉に、サンチュやエゴマなどの葉っぱ。
そして、キムチに白飯も必須です。


手巻き寿司ならぬ、手巻き焼き肉。
f0232763_2065481.jpg

サンチュやエゴマの葉っぱに、
お肉やキムチ、そして、ごはんまで包んで食べます。


ごはんを包むっていうのが、ポイントで、
これがめちゃくちゃおいしいのです・・・お勧めですよ。





今日は、豚焼き肉のレシピだけ書きます。
韓国焼肉風に甘めのタレで浸けこんでから、焼きました。

f0232763_2071047.jpg


【材料】 2人前
豚バラ肉 200g (焼き肉用)
青ネギ(小口切り) 大さじ1  

(浸けこみダレ)
しょう油 大さじ2
ハチミツ 大さじ1
ゴマ油  大さじ1
酒    大さじ2
にんにく 1片(すりおろす)
こしょう 少々


(付け合わせ)
サンチュ、大葉、エゴマなど  適量
キムチ  適量
白飯   2人前


【作りかた】
1.浸けこみダレの材料を混ぜ合わせる
2.1に豚肉を3時間以上浸けこむ
3.加熱したフライパンで2を焼く
4.皿に盛り付け、上から青ネギを散らす






ハナ女子大学×レシピブログのエコレシピコンテスト参加中!
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-24 20:16 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(0)

プリ×シャキ焼売(レンコンとエビの焼売)。

f0232763_2032041.jpg



市販の皮を使った焼売です。

実は、焼売の皮を買ったコトがなかったから、
皮の薄さに驚きました。。。

なんだかバクラヴァのユフカ(皮)に似ているので、
もしかしたら、これでバクラヴァが作れるんじゃないか?
などとふと思いました。

できたら、良いのなぁ~。

薄さ的にはOKだけど、
原材料が違うから、やっぱり無理かなぁ~。


試してみる価値は、ありそうです。




ところで、今回の焼売は、食感を重視。

エビのぷりぷり感。
レンコンのシャキシャキ感。

2つが一緒に楽しめます。


ポイントは、エビもレンコンも細かくしすぎないコト。


f0232763_203385.jpg



【材料】
豚ひき肉 250g
エビ   50g
レンコン 50g
長ネギ  1/2本

しょう油 大さじ1
酒    大さじ2
甜麺醤  大さじ1
片栗粉  小さじ2
ゴマ油  大さじ1
塩    小さじ1
こしょう 少々

焼売の皮 25枚


【作りかた】
1.長ネギをみじん切りに、レンコン、エビは荒めのみじん切りにする
2.ひき肉にしょう油、酒、甜麺醤、塩、こしょうを入れて粘りが出るまで混ぜる
3.1の長ネギ、片栗粉を加えて、さらに混ぜ、
   最後に、1のエビとレンコンを入れてざっと混ぜる
4.3を焼売の皮に包んで形を整え、クッキングシート(空気穴をあけておく)を敷いた蒸籠で、
  10~12分間、蒸す


※しっかり味が付いているので、タレは不要です
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-23 21:36 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(2)

エノキの豚肉ロール。

f0232763_1851045.jpg


『そろそろ買い出しに行かなくては・・・」
と、思いつつも、冷蔵庫の中を一度空っぽにしたかったので、
今日も、あり合わせの食材を使った『褻(卦)の日』ごはんです。




なんとなく、お弁当のおかずっぽいですね。







f0232763_191375.jpg

レシピに書くほどのモノでもありませんが・・・。

【材料】
エノキ      1束
豚肉(切り落とし)150g

塩   適量
こしょう適量
片栗粉 適量

(飾り用)
青ネギ(小口切り)少量

【作りかた】
1.豚肉を薄く広げて、塩こしょうをし、房に分けたエノキを芯にして巻く
2.表面に、塩、こしょうを軽くして、片栗粉をまぶす
3.フライパンに火をつけ、油を入れて、2をしっかりと焼く
4.皿に盛り、上から青ネギを散らす
[PR]

by akdeniz_tk | 2011-01-22 21:00 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(0)