カテゴリ:日本での日常。( 166 )

ドリップヨーグルトゼリー。

f0232763_2029278.jpg



言ったからといって、どうなる訳でもないけれど、
ついつい口から出てくるのは、『暑いねぇ~』って言葉。

明日から、8月。

まだ当分、この暑さが続くのでしょうね。



で。本日の話題は、またゼリー。


ドリップヨーグルトを使って、ゼリーを作りました。

濃厚なトコは、レアチーズケーキ並み(味は違うけど)。




f0232763_20324093.jpg


アップルマンゴーをたっぷりのせて・・・。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-07-31 23:59 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(5)

パンダのパン。

f0232763_200566.jpg



小学生の女の子2人がお家に遊びにくるとのコトだったので、
パン焼きの用意。


準備した生地は、
普通の白いのと、ココア入りの茶色いの。


一緒に、パンのカタチ作り。

白と黒(茶色だけど)で思い浮かぶのは、やっぱりパンダ。





f0232763_201432.jpg


パンダだけじゃおもしろくないので、
白クマ、茶色のクマ、ウサギ、犬・・・・。

天板3.5枚分の
たくさんの動物が出来上がりました。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-07-30 20:13 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(12)

バナナとチョコのゼリー。

f0232763_23555474.jpg



アメリカのディズニーワールドからのお土産でいただいた、
製菓グッズ(シリコンの型とリング)と本。

ディズニーモノって、製菓グッズとしては、少し高めの値段設定だから、
自分では買えない(悩んで結局あきらめる)ので、
とっても嬉しかったです。



型を使ってケーキを焼こうかな?とも思ったのですが、
とりあえず、ゼリー。



思った以上に、カワイイ出来に満足。

茶色いミッキーも良いけど、黄色とかピンクとか紫とか、
いろんな色で作れば、もっとカワイイかも?




f0232763_23553767.jpg



見た目は良いのですが、実は不満足のお味。

バナナとチョコの配分を間違えました。
食べたら、バナナ:チョコ=8:2ぐらい。

バナナを使いきりたかったからってのが理由だったけど、
行き過ぎは駄目ですねぇ~。



写真にある、赤いリングのミッキーは、
何に使えば良いのか?イマイチ分からず、未使用のまま。

当面は、飾っておくだけになりそうです。
(でも、カワイイから、それもありかな?)
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-07-29 23:58 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(6)

チャイゼリー。

f0232763_214991.jpg


1日1ゼリーって感じで、
ここのとこ、ゼリーばかり作っています。

そんなにゼリーって好きじゃなかったハズなのに、
(どちらかというとクリームが好み)
やっぱり、この暑さのせいかな?


実は、去年の冬(約1年半前)に、なにを思ったのか、
450g入りのゼラチンを買ってしまいました。

パッケージの表示によると、
1リットルのゼリー液を作るのに、25~30gが標準量だそうで、
15~18リットルのゼリーができる計算に。

・・・結構な量ですよねぇ~。




f0232763_21493252.jpg



トルコのチャイゼリー。
チャイというと、スパイスの入ったミルクティーを思い浮かべるのかもしれないけど、
トルコのチャイは、ミルクもレモンも(スパイスも)入れないストレートティーです。


パッケージの表示よりも、ゼラチンを少なめにして、
ふるんとした柔らかいのがお気に入り。

液体350mlに5gが、わたしの目安です。
ってコトは、31.5リットルのゼリーが出来るんですよね?

いったい何人分になるのだろう・・・(答え:約200人分)
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-07-27 22:00 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(8)

ミニなバーガー&ドッグ。

f0232763_21354591.jpg



小さいモノって、たいがいカワイイですよねぇ~。
最近、よく作っているミニなバーガー&ドッグ。


パンの焼き方はいろいろですが(白パンにしてみたり、普通に焼いたり)、
ミニバーガーのバンズは、35g、ミニドッグは45g
の生地で作っています。


小さいから何個か、食べられるのが嬉しいトコ。
とはいえ、面倒なので1種類しか作りませんが・・・。


そろそろ、写真も溜まってきたので、
ミニなバーガー&ドッグを記録しておきます。


f0232763_21353525.jpg


てりやきバーガー。

ソースは、お砂糖、おしょう油、味噌、日本酒をブレンド。









f0232763_21363020.jpg


てりやきチキンバーガー。

お酒で蒸し焼きにしたチキンを、
お砂糖、しょう油、味噌で味付け。

レタスの代わりに、大葉を入れました。





f0232763_21362039.jpg


モスバーガー風。

マチルダのチョコレートのマチルダさんの、おうちでスパイシーモスバーガーを読んで、
これは、食べたい!!と早速。

わたしの場合は、スパイシーじゃなくって、普通のでした。
ハラペーニョがないんだもの、しょうがないです。







お次は、ドッグ。

f0232763_21344611.jpg


アボカドトマトドッグ。

おいしいんだけど、ボロボロと上から落ちてきて食べにくかったです。





f0232763_2136577.jpg


タルタルドッグ。

これも、タルタルソースを欲張ってのせたら、
めちゃくちゃ食べにくかったです。

でも、タルタルとドッグは合いますよ!!



まだまだハマっているので、
きっと第2弾があると思います。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-07-27 00:00 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(12)

2色のコーヒーゼリー。 oishii

f0232763_22585660.jpg



頭の中では、出来るように思っていても、
現実的には不可能(もしくは道具的に無理)なコトってありますよね。

今日のゼリーも、そんな感じ。



黒い(コーヒー)ゼリーの中に、
斜めに白いクリームの線が入ったモノが作りたかったんです。


ゼリー液を作って、器に入れて、
斜めに傾けて、冷蔵庫へ。

順調なのはそこまで。


クリームを入れたトコで駄目じゃないか・・・。

思いつく方法は、
・クリームもゼラチンを入れて固めてしまう
(でも、クリームは液体にしたい)
・クリームを凍らせておいて、ゼリー液を入れる
 (冷凍庫に入らないから却下)

ってぐらい。
他に、方法がありそうだけど、わたしの想像力は、こんなものです。


で。最初の予定を大幅に変えて、2食のゼリーにしました。

上は、練乳入りのコーヒーゼリー。


生クリームを絞って、チョコレートをのせて完成です。



f0232763_2385878.jpg


シャシャッと写真を撮ったハズなのに、
この間に、上のチョコが溶けてしまいました。。。

5分かかっていないのに。

どれだけ室内が暑いか?ってコトですよね。
今後は、エアコン入れてから、チョコと戯れようと思います。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-07-23 23:14 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(10)

マスカルポーネ・マンゴープリン。

f0232763_1265639.jpg



ティラミスで使ったマスカルポーネ。
ふと見ると、賞味期限が前日で切れていました。

高級チーズを捨てるなんて、もったいない。
加熱して使えば、大丈夫(なハズ)。



日本の賞味期限は、安全幅がたっぷり取ってあるから、
1日ぐらい経過したトコで、品質が低下しないですよねぇ~。

賞味期限は未開封の状態でって話だから、
数日前に開封しちゃっているので、前提が違っているのだろうけど。



これがトルコだったら、未開封で、賞味期限内の牛乳の封を切ったら、
どろっと固まっていて吃驚したなんてコトもありましたが・・・(以前にも書いたかも?)
日本だったら、クレームつけても当然だけど、
トルコじゃ、みんな泣き寝入り(泣きもしないで、諦めるだけ)。




閑話休題。

マスカルポーネ、ひとくち味見して、普通においしかったから、
生クリームと一緒に加熱しました。


で。加熱した後、何を作ろうかしら・・・って悩んで、
結局、マスカルポーネ・マンゴープリンにしました。


生クリームと混ぜてしまう前に、ちゃんと考えていたら、
チーズケーキにしたと思います。




f0232763_1453990.jpg


写真を見て、後悔。
あまりにも『素』・・・デコすれば良かった。



なんにも考えずに、作って、固めて、写真を撮って、食べてしまいました。


マンゴーと合わせたら、マスカルポーネの風味が埋もれてしまうかな?
などとちょっと心配したけれど、
ちゃんとチーズの風味もあるマンゴープリンになりましたよ。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-07-21 01:54 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(2)

2種類の豚肉で作るインボルティーニ。

f0232763_219125.jpg


ここのトコ、暑いですねぇ~。

と思いつつ、アンタルヤのお天気を見たら、40℃!!
(Antalya hava durumu 15 günlük


・・・松江は、まだマシです。



とはいえ、暑いモノは暑い。

夜間、エアコンを消して眠ると、
数時間後に、必ず目が覚めてしまいます。

寒いのも辛いけど、暑いのも辛いですねぇ~。







f0232763_2194287.jpg


さて。これも、随分前に作ったおもてなし料理。


以前も作っているので、2度目の登場になります。

違うのは、煮込むときにトマト缶を入れたコトぐらい?

そのまま、煮汁をソースしました。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-07-19 21:26 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(16)

抹茶のティラミス。

f0232763_23334471.jpg



ティラミスの続きです。

マスカルポーネが余ったので(というか、余らせたので)、
もう1つティラミスを作りました。

今度は、抹茶。
ふわっとした仕上がりにしたかったので、生クリームも入れました。


抹茶に浸したレディーフィンガーと、
(そのままじゃ入らなかったので、割って入れました)
ザバイオーネ(卵黄で作るソース)+マスカルポーネチーズに、
泡立てた生クリームをブレンドしたクリームを
交互に入れて完成!


生クリームが入っているから、淡い黄色のクリームになりました。
(昨日の濃厚ティラミスは、もっと黄色かったです)



f0232763_23583761.jpg


このところの蒸した暑さを考えると、
生卵でスィーツを作るのは、ちょっと怖いです。

卵が原因の食中毒といえば、サルモネラ菌。

細菌性食中毒の原因の1つで、
低温や乾燥に強いのが特徴です。

だから、ティラミスに使うザバイオーネを作る時も、
普通に湯煎にかけるだけではなくて、
きちんと温度を測った方がよさそう。

サルモネラ菌は、
70℃1分の加熱で死滅すると言われているので、
75℃になるまで(撹拌しながら)加熱して作りました。

そういえば、
エルメのレシピでレモンクリームを作ったときには、
83℃まで加熱したのを思い出しました。
(レモンクリームは冷蔵庫で4日持つって書いてあったけど、
 ちゃんと殺菌しているからなのですね)


しっかり加熱しておけば、
おいしいだけじゃなくって、とっても安心。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-07-19 00:09 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(8)

濃厚ティラミス。

f0232763_051344.jpg



以前、『マチルダのチョコレート』のマチルダさんが、

最近では、『やせっぽちソプラノのキッチン』のMchappykunさんが、

マスカルポーネを使って、
おいしそうなティラミス(やお料理)を作っていらっしゃって、

いいなぁ~、いいなぁ~と思うコト、たびたび。
ついに買っちゃいました。




まず作るのは、もちろんティラミス。

以前、ローマのレストランで食べた時、
日本のティラミスと随分違っていて、かなり衝撃的でした。

食後のデザートとして頼んだのだけど、
ひとり1個食べられないぐらいに、濃厚。

ティラミスって、ふわっと軽い感じのお菓子だと思っていたのに・・・。


※イタリアで食べたティラミス、以前のblogに画像があります
 興味のある方はどうぞ・・・ (その日の話自体は、ローマの犯罪についてなので、全く関係ないんですけど)



f0232763_1151842.jpg


イタリアで食べたのと、日本のティラミス。
違いはなんだろう?って考えて、思い当たったのがメレンゲ。

日本のレシピを見てみると、たいがいメレンゲが入っているけど、
イタリアで食べたのは、メレンゲのふわり感がなかった気がするんです。
(あまりに昔なので、記憶はないけど、記録がありました)


まぁ、夏場だし、生の卵は使いたくないし、
イタリアンメレンゲは面倒だし、ってコトで、
メレンゲは省略して、濃厚ティラミスにしてみました。

かなり濃厚だから、1個ずつの量は少なめで。
エスプレッソのカップぐらいのサイズ。



念願のティラミスに、かなり満足です。



※ 明日もティラミス。次回に続く・・・。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-07-18 01:29 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(4)