カテゴリ:日本での日常。( 160 )

とうもろこしのスープ。

f0232763_2403648.jpg



缶のじゃなくて、生のとうもろこしで、スープを作りました。


とうもろこしを、電子レンジで加熱して、フードプロセッサーで粉砕、
牛乳と合わせて煮て、最後に、ザルで濾して完成です。








f0232763_2405413.jpg


上にかけたのは、カラメル。


ちょっと前に、外食(そのうち、記事にするかも?)をしたときに、
カボチャのスープの上に、生クリームとカラメルが乗っていたので、
真似してみました。(生クリームはなかったので省略です)


とうもろこしの甘みとカラメルのほろ苦さ。
なかなかのおいしさです。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-17 02:54 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(6)

ゴーヤの佃煮。

f0232763_0255497.jpg


食べ物の選り好みはしないけれど、
それでも、得意なモノとちょっと苦手なモノがあります。

ゴーヤも、ちょっと苦手なモノの中の1つ、
自分で買ってまでは食べない野菜です。

あの苦みも、青臭さも、どうも好きになれないから・・・。
(出されたら、食べますけどね)



でも、『マチルダのチョコレート』のマチルダさんが
ゴーヤ嫌いでも食べられるゴーヤの佃煮をつくっていらっしゃって、
(しかも、マチルダさんのお家では1キロのゴーヤで作っても、2~3日でなくなるぐらいおいしいらしい)
これは試してみなければっ!!



f0232763_0253432.jpg


さすがに、1キロは食べきれる自信がないので、とりあえずゴーヤ3本(小さめ)を使って。
でも、お椀いっぱい分の佃煮になりました。


最後に、ほんのり苦みを感じるぐらいで、とっても食べやすく、
かつおぶしやじゃこと合わさって、おいしかったです。

確かに、ゴーヤ嫌いでも、これなら大丈夫。



作り方は、マチルダさんのこの記事で。

わたしはSTAUBを持っていないので、普通のお鍋で作りましたが、
それでも、ちゃんと出来ましたよ。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-13 00:30 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(10)

刻み穴子どんぶり。

f0232763_1163066.jpg



今年は、ウナギが高かったので、
どちらかというと、穴子を良く食べました。


国産の冷凍穴子(かば焼き)を使って、
刻み穴子どんぶりにしました。

熱々ご飯に、
錦糸卵とさいの目切りのアボカド、
オーブントースターで焼いて、刻んだ穴子。

さらに、薬味の大葉と青ネギをこれでもか!って乗せて。
仕上げには、山椒。




f0232763_117736.jpg


もちろん、ウナギはおいしいけれど、
穴子も悪くないですねぇ~。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-12 01:32 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(6)

イチジクのショートケーキ。

f0232763_0231149.jpg



イチジクのショートケーキ。

ちょっとだけ欲しかったので、
ホールはやめて、四角いセルクルを使いました。


自分で作る生クリームの入ったケーキは、クリームの甘さが控えめで大好きなのですが、
カットが苦手で、どうしても納得の仕上がりになりません。

ナイフを温めても、ケーキを冷やしても、上手に切れないので、
『ナイフが悪いのかなぁ~?』などと道具のせいにしていたのだけど、
どうやら、そうでもないみたいで。。。

とってもおいしそうで、しかも美しい断面のケーキをお作りになる『la la la kitchen 2 ♪』
kirakiraさんから頂いたアドバイスを元に、
息を止めて、『きれいにカットできますように!!』って念じました。



f0232763_0391289.jpg


でもねぇ~。相変わらず、ガタガタ。

ボロボロっと生地のカケラが落ちてしまうのを防ぐには、
いったいどうしたら良いのでしょう。。。

生地の配合が悪いのかしら(ナイフの次は、生地のせいにしちゃった)・・・・。


ちなみに。生地は、水あめ(とハチミツ)入り。
kirakiraさんが水あめ入りのロールケーキを焼いていらっしゃったので、
同じように上手にできたら良いなぁ~と、真似させてもらいました。

しっとり、ふわりな生地になって、
生地とクリームとイチジクのバランスもよく、
とってもおいしかったのですけどねぇ~(カットが・・・)。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-11 00:53 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(8)

改・白イカのカルボナーラ仕立て。

f0232763_025433.jpg


以前、白イカのカルボナーラ仕立てを作ったのですが、
目標とするモノとは、全く違っていたので、
改めて、作ることにしました。

ちなみに目標は、ソーニャさんトコで拝見したこれです。


水菜(サラダ用)と糸うりを準備して、いざ!!



作って、写真を取って、食べてから気が付いたのですが、
そういえば、オリジナルはポーチドエッグでした。。。

カルボナーラっていうイメージで作るから、
なんにも考えていないと、ついつい黄身が絡めてしまうんですよねぇ~。




f0232763_0244336.jpg


で。お味は?というと、

以前作った全く別物も、『おいしい!』って思ったけど、
今回のは、糸うりのしゃきしゃきした食感がプラスされ、
さらにその上を行きました。

次こそは、ポーチドエッグをのせます!!
(おいしかったから、また近いうちに作る予定なので)
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-10 00:30 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(6)

エディブルフラワー。

f0232763_082786.jpg



最近のお料理に、何度か登場させたエディブルフラワー。


いつも買いに行く八百屋さんでは、
その時々で売っているエディブルフラワーが違います。
それでもだいたい数種類が定番になっているのだけど、
今回のお花は、初めて見ました。


めしべ(なのか、おしべ)なのか、
お花の中に、星があるみたいで、とってもかわいい。

お料理やお菓子だけじゃなくて、
他にも使い道がありそうな感じ。
いろいろ考えてみるのも、楽しいです。



f0232763_0144371.jpg



ところで。このお花、なんていう名前なのでしょう?








話はすっ飛びますが、最近嬉しかったコトがあります。

健康診断に行ったら、なんと身長が伸びていました!!
生まれて初めて、大台の160cm越え。

成長期は、大昔に過ぎ去って、
横に広がるコトはあっても、
縦に伸びるなんてありえないって思っていたのに。。。


どうでも良いコトなんだけど、
159.5cmと160cmって、わたし的にはかなり違っていて、
今までは、ちょこっとサバを読んで160cmって書いていたけど、
これからは、やましい気分なく身長欄に記入できます。

ちなみに、健康診断の結果が分かるのは2週間後。
自覚症状はないけれど、「悪い病気だったら、どうしよう」と、
考えてもしかたがないけど、結果を受け取るまでは不安です。。。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-09 00:32 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(6)

ぶっかけ、そうめん。

f0232763_1152148.jpg



冷やし中華よりもうどんが好きって、
昨日書いたけど、

じゃぁ、そうめんとうどんなら?って言われると、
やっぱり、うどんを取ります。




でもね。今年は、冷やし中華だけじゃなくて、
そうめんをよく食べました。











f0232763_118393.jpg


ぶっかけにするなら、具だくさんで。

明太子、エビ、糸うり、オクラ、青ネギ入りです。
錦糸卵も入れようかなぁ~?と思ったけど、
糸うりと色が被るので、止めました。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-05 01:22 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(10)

冷やし中華。 oishii

f0232763_10591.jpg



朝晩涼しくなってきて、そろそろ、夏も終わり。

かと思っていたら、
日中の蒸し暑いコト、蒸し暑いコト。



猛暑だった今年の夏は、
昼に夜にと麺類を食べる機会が多かったです。


うどんとラーメンだったら、同じぐらい好きだけど、
冷やしになると、断然うどんの方が好き。

だから、麺類を食べようって思っても、
冷やし中華を選ぶコトって、あんまりなかったのですが、
なぜか、今年は、よく食べていました。






f0232763_111858.jpg


具には、茹で豚、エビ、キュウリ、トマト、もやし、キムチ、青ネギ。
タレは、麺つゆとゴマペーストをベースにブレンドしました。



夏が終わるまでに、あと何回食べるのかなぁ~?
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-04 01:10 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(10)

トラ豆で、チリコンカルネ。

f0232763_23554130.jpg


『チリコンカルネ』っていうと、
まず、思い出すのが、ナンシー・ピカードの『特製チリコンカルネの殺人』。


アルボンディガス、チリ・レジェノス、ソパピジャス、カピロターダ・・・。

本に出てくるお料理は、なじみのないモノが多くって、
ミステリーなのに、そっちの方に興味深々でした。


そんな中でも、いちばん気になったのは、もちろん、
主人公のポッター夫人が作る特製チリコンカルネ!!

特製なのは、27種類もの材料を使うから。
(ちなみに、原題は『The 27 ingredient chili con carne murders』)。

いんげん豆、バター、たまねぎ、にんにく、缶詰の青とうがらし、サーロイン、ポークソーセージ、
小麦粉、ベークドビーンズ、ピミエント、トマト、セロリ、マッシュルーム、赤とうがらし、
青とうがらし、オリーブ、パセリ、チリソース、塩、ガーリックソルト、黒胡椒、コリアンダー、
オレガノ、チリパウダー、サワークリーム、水。
そして、最後はオレンジの皮(これが、秘密の食材)。


一度、作ってみたいけど、
これだけの材料をそろえるのは、ちょっと面倒だから、
なかなか実現はできそうにないです。






f0232763_0404283.jpg


と。ポッター夫人のチリコンカルネほど本格的じゃないけれど、
わたしも、トラ豆を使ってチリコンカルネを作りました。
(そもそも、いんげん豆じゃなくて、トラ豆だし。)

写真にはないけど、最後にサワークリームを乗せて。

正しいチリコンカルネじゃなくても、
これは、これで、とってもおいしかったです。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-08-30 00:46 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(6)

ところてん。

f0232763_08111.jpg



お土産にもらった、天草で、
ところてんをつくりました。

1パック丸ごと使ったら、約2Lのところてん。
あんまり深く考えずに作ると、とんでもないコトになりますねぇ~。

いったい何人前なの?っていうものすごい量だったのですが、
いろんな方に貰ってもらって、なんとかなくなりました。

しかも、天草って2回は使えるみたいなので、
まだ、あと1Lばかり、ところてんが出来そうです。




三杯酢でも良いけれど、
今回は、黒蜜ときなこをかけて。

黒蜜は、黒砂糖と水あめと水を煮詰めました。


なんとなく、『こんなもんでしょ?』と作ったけど、
普通に、黒蜜になりました。


次作るとき参考になりそうなので、
レシピのメモ、残しておきます。

【材料】
黒蜜 80g
水あめ 60g
水 50ml

【作りかた】
小鍋に材料を入れて火にかけ、沸騰したら弱火で、
少しとろみがつくまで、煮詰める

※ 冷めたら、少し固まるので、煮詰めすぎないように
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-08-29 00:24 | 日本での日常。 | Trackback | Comments(9)