カテゴリ:レシピ(日本で和食)。( 50 )

ホタテのうに焼き。

f0232763_5594846.jpg



昨日の続き。
生臭い冷凍ウニをおいしく食べる試行錯誤の、2つめです。

塩水に漬けたウニは、洋風にアレンジしたので、
日本酒に漬けた方は、和風にしました。





塩水と日本酒。
どっちでも、そのまま食べるよりは、少し生臭さが取れたかな?

だけどねぇ~。
どう頑張っても、完全に臭いがなくなる訳じゃないから、
ウニは、新鮮なモノにはかないませんね、やっぱり。
(昨日も似たようなコト書いたけど・・・)



そうそう。
だぁ~れも見向きもしないけれど、
アンタルヤの海岸でも夏場にはウニが転がっています。
というコトは、海の中には、きっと、もっとたくさんのうにがあるハズです。

どうやら、同じ地中海沿岸の、ギリシャやシチリアじゃウニを食べるらしいから、
ってコトは、もしかして、おいしく食べられるのかしら???


でも。素潜りする元気はないので、
ウニも、ホタテも、今のわたしには、かなり縁遠い食材です。
(ホタテもね。ほとんどないんですよ。業務用の大型スーパーで冷凍モノを1度見かけただけ。
 しかも、吃驚するぐらいの、超高級食材でした。。。)




f0232763_621649.jpg



【材料】
うに 55g
ホタテ貝柱 6個
卵黄 1個分
日本酒 大さじ1/2
塩 少々
ゆず(フリーズドライ) 小さじ1/2

【作りかた】
1.卵黄に塩と日本酒を入れて、よく混ぜ、うにを加える
2.耐熱皿にホタテを並べ、上から1をかけ、ゆずを振りかける
3.オーブントースターで焼き色がつくまで焼く

※ 今回のうには、生臭かったので、2~3時間ほど日本酒に漬けました(冷蔵庫で保存)
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-11-13 18:53 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(6)

枝豆と生姜の炊き込みごはん。

f0232763_16132815.jpg



ありえない!!って思うコトでも、
起こってしまうモノです。

枝豆と生姜の炊き込みごはんを作ったのですが、
炊きあがったら加えようと、茹でて皮を取った枝豆を冷蔵庫に入れておいたら、
すっかり忘れていて、
『なんだか、しら~っとしているなぁ~』と思いつつ食べた後、
冷蔵庫を開けて、『あ~!!』と。

結局、その日食べたのは、枝豆なしの枝豆ごはん。
いちばん大事なモノを入れ忘れてしまうなんて・・・。




残ったごはんの中に、枝豆を入れておいたら、
翌日、ガッカリな色に変わってしまったけれど、
やっぱり、枝豆が入っている方がおいしかったです。



f0232763_16135272.jpg


【材料】
枝豆 1束
ショウガ 20g
薄揚げ 1/2枚
米 2カップ
白だし 50ml

【作りかた】
1.枝豆は、沸騰したお湯に枝ごと入れて、さっと茹でる
2.ショウガは千切りに、薄揚げも薄く切る
3.米はといで、ザルにあげて水を切る
4.炊飯器に、ショウガ、薄揚げ、米、白だしを加え、炊飯器の目盛に合わせて水を入れて炊く
5.枝豆が冷めたら、皮をむく
6.炊きあがったら、枝豆を入れてさっと混ぜる
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-26 00:25 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(2)

鶏肉とネギの炒め物、柚子胡椒風味。

f0232763_22455349.jpg



本当は、腰果鶏丁を作るはずだったのですが・・・。

鶏肉をサイコロ状に切って、下味を付けた後、
買っておいたカシューナッツを見たら、
どうやら、すでに味付き(おつまみ用)。
お砂糖やら、いろいろまぶしてあるみたいで(見かけは普通のだったのに)、
これは、お料理には使えないなぁ~と、予定変更。

結局、鶏肉とネギの炒め物です。


ただ、味を見ると、なんか足りない感じ。

で。思いついたのが、モニターでいただいた柚子胡椒。


最後に入れたら、ぴたりと味が決まりました。



f0232763_22564289.jpg


【材料】3~4人分
鶏モモ肉 1枚
白ネギ 1本
にんにく 1~2かけ
サラダ油 大さじ1/2
塩・胡椒 適量
ハウス 柚子胡椒 5g

(鶏の下味用)
酒  大さじ1
片栗粉 大さじ1.5
塩・胡椒 少々

【作りかた】
1.鶏肉をサイコロ状に切って、下味用の材料を揉みこんで冷蔵庫で30分程度休ませる
2.白ネギは2cm幅で輪切りに、にんにくはみじん切りにする
3.フライパンににんにくとサラダ油を入れて火にかけ、にんにくの色が変わったら、
  1の鶏肉を入れて炒める
4.鶏肉の表面の色が変わったら、白ネギを加えてさらに炒める
5.鶏肉に火が通ったら、柚子胡椒を加えて、塩・胡椒で味を調える


和風スパイスの料理レシピ
和風スパイスの料理レシピ

[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-16 00:00 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(8)

茄子の揚げ煮、柚子風味。

f0232763_1412455.jpg



昨日の続きです。

使いにくい、もみじおろしのレシピは後で悩むとして、
今回は、『ハウス ゆず』を使ったお料理です。



さっと、ひと振りで、柚子の香りをプラス
って、コトだったので、茄子の揚げ煮にかけてみました。


揚げ煮といっても、揚げ2割、煮8割ぐらいの感じなので、
そんなに油っぽくなく、あっさりとしています。





『ハウス ゆず』は、フリーズドライの柚子なので、
今回は、お料理に使ったけど、お菓子にも使えそうです。
(柚子クッキーや柚子ケーキって、おいしそうだし・・・)


f0232763_1483149.jpg


【材料】 3~4人分
茄子 3本
白だし 25ml
水 150ml程度
揚げ油 適量

大葉 2~3枚
ハウス ゆず 少々

【作りかた】
1.茄子は皮をむき、食べやすい大きさに切って、塩水に30分程度つける
2.中温の油で、さっと揚げる
3.よく油を切って、小鍋に入れて、白だしと水を加えて、柔らかくなるまで煮る
4.荒熱を取ってから、冷蔵庫に入れて、よく冷やし、上に千切りの大葉を乗せ、
  ゆずを振りかける

和風スパイスの料理レシピ
和風スパイスの料理レシピ

[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-15 01:57 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(2)

牛肉と糸こんにゃくのすき煮。

f0232763_015353.jpg


久しぶり(2年ぶりかも?)に、
レシピブログさんのモニターが当たって、
和のスパイスセットが送られてきました。

入っていたのは、
柚子胡椒、もみじおろし、乾燥ゆず
(と、おまけのチャイ用のブレンドシュガー)。



で。早速、もみじおろしを使ってみました。


牛肉と糸こんにゃくで、甘めのすき煮を作って、
青ネギと一緒に、もみじおろしを上にのせて・・・。


今まで、既製品のもみじおろしを使ったコトがなかったので、
知らなかったのですが、かなり酸っぱ甘いです。
後で、パッケージの原材料を見たら、
りんご酢とソルビトール(甘味料)が入っていました。

なので、はっきり言えば、
甘めのすき煮にはあんまり合わなかったです。


レシピメモは、作った時のままを残しておきますが、
もうちょっとお砂糖を控えめにして、お醤油を増やした方が合うかも?

もしくは、別のお料理が良いのかしら・・・。


甘酸っぱいもみじおろしって、何に合うのでしょう?
無難に、サンマの塩焼きにでも添えてみようかしら・・・。

チューブに入っていて、とっても便利なんですけどね。


f0232763_0152021.jpg


【材料】 2~3人分
牛肉(うす切り) 140g
たまねぎ 1/2個
糸こんにゃく 1袋
サラダ油 大さじ1/2
三温糖 10g
酒 25g
しょう油 15g

ハウス もみじおろし 適量(大さじ1程度)
青ネギ みじん切り  少々

【つくり方】
1.たまねぎをスライスする
2.糸こんにゃくは沸騰したお湯に入れて、さっと湯がき、ざるで水気を切る
3.フライパンを火にかけ、サラダ油を入れて、たまねぎを炒める
4.たまねぎが透き通ってきたら、牛肉を入れてさらに炒める
5.牛肉の色が変わったら、糸こんにゃくを入れ、かるく混ぜて、
  三温糖、酒、しょう油を入れて、蓋をして汁気がなくなるまで煮込む
6.器に盛って、もみじおろし、青ネギを上にのせる


和風スパイスの料理レシピ
和風スパイスの料理レシピ

[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-14 00:35 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(8)

ウナギのどんぶり。

f0232763_16341128.jpg


一昨日の丑の日のコト。


今年はウナギが高いって聞いてはいたものの、
あんまり身近な話じゃなくて(だって普段は買わないもの)、
『ふぅ~ん、そうなんだ。。。』って半分スルーだったけど、
丑の日になって初めてヒトゴトじゃぁなくなりました。


せっかく日本に居るのだから、
食べたいのは、国産ウナギ。


本当に、高いですねぇ~。




どどんとウナギたっぷりの鰻丼は無理だけど、
貧相に見えないように、鋭意努力した結果、
今年の鰻丼は、こんな感じになりました。



f0232763_16342661.jpg



付いていたうなぎのタレで味付けご飯を炊いて、胡麻を混ぜ、
錦糸卵、うなぎ、大葉、ネギ、山椒、のりを載せました。


うなぎは小さいけれど、おいしかったです。
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-07-29 16:36 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(3)

チャーシューと煮卵と松江ラーメン。

f0232763_14211076.jpg


今年は、いままで暑さを感じなかったのだけど、
今日は暑いですねぇ~。


食べながら、汗をかくのが嫌なんですけど、
今日の話題は、ラーメン。


『チャーシュー麺が食べたいなぁ~』と、
ここのとこ、ずっと思っていたので、やっと食べるコトができました。
こんなに暑くなるのなら、もっと前に作ればよかったです。。。



チャーシュー麺のために、まずはチャーシュー作りから。


豚バラ肉を塩もみして、半日ぐらい放置。
塩を落として、テフロン加工の鍋で焼いて、表面の脂を落とし、
黒糖、酒、しょうゆ、八角、唐辛子、ネギの青いトコ、にんにくで、
コトコト、コトコト、煮るコト1時間半。

ついでに、
卵をゆでて殻をむき、熱い煮汁に漬け込んでおけば、翌日には煮卵も完成です。




f0232763_14205083.jpg


ラーメン用チャーシュー&煮卵セット。

ちょっと卵を漬け込み過ぎたかも・・・煮汁の濃度によるけれど、
煮詰めた感じになっているときには、お湯を足すか、漬け込み時間を減らさなきゃ駄目ですね。








f0232763_14245077.jpg


でもって、
『松江ラーメン、家にあるもの全部のせ』。
もやし、メンマ、チャーシュー、煮卵、ネギ。

あれ?本当はチャーシュー麺にするハズだったのに・・・。







f0232763_14285858.jpg


お気に入りのラーメンは、(株)中隆の『松江ラーメン、しじみ醤油味』。

実は、パッケージに魅力を感じなかったので、
何年も買わず嫌いしていたのだけど、これが本当においしいのです。

今じゃ、袋麺を買うときは、いつも『松江ラーメン』(yahooにもお店が出ているみたいです)。

ちなみに、同じメーカーで、白ごま醤油味も出ていますが、
こっちは可もなく不可もなく、普通のラーメンなので、食べるなら「しじみ醤油味」です。




以前、UPした後、

ソーニャの食べればご機嫌』のソーニャさんが、
にほんばし島根館で買った、しじみラーメンはおいしかった」
って、おっしゃっていました。

食通のソーニャさんからも「おいしかった」のコメントを聞いたので、
安心して、しじみラーメンをお勧めします!!
(でも、別のメーカーのしじみラーメンだったですけど)



でも、こう暑いと、
そろそろラーメンじゃなくて、冷やし中華のシーズンに入っているのかな??
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-06-29 14:55 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback(1) | Comments(10)

サラダうどん。 oishii

f0232763_2049509.jpg



梅雨入りはしたものの、
ここ2日間、それなりに良いお天気です。

そのうち、ジメジメしてくるのかなぁ~??



ちょっと前のコトですが、お昼ごはんにサラダうどんを作りました。

ゴマソース好きのわたし。
やっぱり、うどんもゴマダレで(冷やし中華も、もちろん!)。


ゴマペーストにオリーブオイル、
ちょこっとだけ、アンタルヤのピアズにも似ているのかも?
(ソースだけだけど・・・)




f0232763_20501075.jpg


【材料】(2人前)
うどん 乾麺 200g

アボカド 1/2個
新たまねぎ 小1個
ミニトマト 10個
サラダ用ボイルエビ 10尾
ベビーリーフ ひとつかみ

(タレ)
ゴマペースト 20g
オリーブオイル 10g
砂糖 10g
醤油 15g
水 25~35ml

【作りかた】
1.うどんをゆでる。パッケージに表示してある時間に従って、うどんをゆでる
2.茹でている間に、具を準備する。
  ベビーリーフは水で洗ってから水の中に放つ。たまねぎもスライスして、水に放つ
3.プチトマトは、湯剥きする。アボガドは、種と皮を取り除き、食べやすいサイズに切る
4.たれを作る。ゴマペーストにオリーブオイルを入れて、よく混ぜる
  砂糖を加えてさらに混ぜ、しょうゆ、水を、順番に混ぜながら加える
  味を見て、水の量を調整する
5.うどんがゆであがったら、水で洗い器に盛る
  2のベビーリーフとたまねぎの水気をよく切って、上に乗せる。プチトマト、アボカド、エビも乗せる
6.上から、たれをかける
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-06-11 21:09 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(8)

焼きサバちらし。

f0232763_15241246.jpg



あんまり、ちらし寿司って好きじゃありません。
特に、市販のは酸っぱすぎたり、甘すぎたりして、
どうも何かが違うって感じで・・・。


だけど、この前、
近くのスーパーから買ってきてもらったのは、かなりおいしくって・・・
『これは、真似なくちゃ!!』って作ってみました。


甘さも、酸っぱさも控えめにしたら、
ちょっと上品な感じになったかなぁ?(気だけなのかしら???)




久しぶりに、長いレシピになりましたが、どうそ!!

f0232763_15242732.jpg


【材料】
寿司飯
米 1.5カップ
(寿司酢)
酢 大さじ2
砂糖 大さじ1
塩 小さじ2/3

(混ぜ込み用)
にんじん 小1本
しいたけ 3個
蓮根(水煮) 20g
ダシ 200ml
酒 大さじ2
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
砂糖 小さじ1

(飾り用)
うす塩サバ 冷凍 1枚
卵 1個
砂糖(卵焼き用) 小さじ1
塩(卵焼き用) ひとつまみ
青ネギ 2~2本
大葉 3枚
ゴマ(お好みで)・・・今回はなかったので省略

【作りかた】
1.米を洗い、ざるにあげて水を切り(30分程度)、
  炊飯器で寿司飯の目盛り(なければ、目盛りよりも少なめの水)で米を炊く
2.寿司酢を作る。砂糖、塩、酢を小鍋に入れて、ひと煮立ちさせて火を止める
3.混ぜ込み用の具を作る。にんじんは千切り、シイタケはスライス、レンコンも小さく切る 
  小鍋で、ダシ、酒、みりん、しょう油、砂糖と一緒に柔らかくなるまで煮る
4.焼きサバを作る。グリルで、皮を下にして、8分、ひっくり返して3~5分、焼く
  (塩サバなので、塩はふらない)
5.錦糸卵を作る。ボールに卵、砂糖、塩を入れて、良くかき混ぜる
  卵焼き器を火にかけ、油(分量外)を入れ、卵液を少量流して、うすく広げる
  火が通ったら、まな板の上にひっくり返す
  1~3回(卵焼き器の大きさによる)繰り返して、卵が焼けたら、細く切って、錦糸卵にする
6.寿司飯を作る。米が炊けたら、寿司酢を入れて、扇ぎながら混ぜ、水を切った3を加えて、よく混ぜる
7.仕上げ。青ネギは小口切りに、大葉は千切りにする。焼きサバは骨があれば骨を取り除き、身をほぐす
  器に、7を盛り付け、8の青ネギと大葉、6の錦糸卵、8の焼きサバを乗せる


※ 干ししいたけがなかったので、しいたけを使っています
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-06-10 23:22 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(2)

甘辛、肉そぼろ。

f0232763_23472866.jpg



日本の白飯。
本当に、おいしいから、ついつい食べ過ぎてしまいます。

『あんまり食べないように・・・』って、
ご飯茶碗に少しだけよそうのですが、

結局、おかわり、いつも二度手間。



減らそうという、心がけだけは良いハズなのですけど、実践されないのが大問題。

・・・どうしても、我慢ができないのです。







賞味期限ぎりぎりのひき肉で作った、
甘辛の肉そぼろ。

白いご飯にかけて、小口切りのネギをいっぱい乗せて・・・。



f0232763_23473767.jpg





【材料】
ひき肉(あいびき)  200g
日本酒 40g
黒糖 30g
みりん 30g
しょうゆ 30g
青ネギ 適量

【作りかた】
1.テフロン加工の鍋に火をかけて、ひき肉を炒める(油は入れない)
2.黒糖、酒、みりん、しょうゆを加えて、水分がなくなるまで炒める
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-05-16 23:58 | レシピ(日本で和食)。 | Trackback | Comments(8)