カテゴリ:レシピ(アジア系)。( 60 )

バインミー。

f0232763_14300671.jpg





ずっと食べたいと思っていたバインミー。
やっと念願が叶いました。


ベトナム風のレバーペーストだけは、
2ヵ月前から準備していたのにね。
(レバーペーストは冷凍庫で待機)


夏は、コリアンダーと大根が手に入らず。
コリアンダーは1ヵ月前ぐらいから、大根は先週、
パザルでも扱うようになったので、
いざ!!と思ったら、

ミニエキメッキ(バゲッド風のパン)がなかなか買えず。。。
3回ふられて、4度目。
焼き上がりを待つ!!って気合いを入れて行ったら、
あっさり買えました。



近くのベーカリーのミニエキメッキ、
すぐに売れきれるだけあって、ほんとおいしかったです。

クラストは薄めでパリパリ。
クラムはふんわり。


何度ふられても、
もしくは、焼き上がりを待ってでも買いたいようなお味でした。







f0232763_14303654.jpg



で。わたしのバインミーはというと、

バター、レバーペーストを塗って、
ハム(鶏肉のだけど、トルコだからしょうがないね)、
大根とにんじんのなます(酢じゃなくてレモンを使う方が好み)、
そして、コリアンダーをこれでもか!!と挟んだもの。

ちょっと大きめなミニエキメッキだったけど、
するりと完食しちゃいました。




使ったレバーペーストのレシピをリンクしておきます。

ベトナムのお料理サイトを参考に、
ベトナム語は全く分からないけど、想像力を足しながら、
作ったレバーペーストです。





















[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-27 18:01 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(10)

オクラのエビ詰めと 白灼秋葵。



f0232763_06094821.jpg





トマトやキュウリなど定番野菜以外は、
基本的に、パザルは食材の旬に忠実で、
季節が過ぎると、まったく手に入らないのですが、
一昨日のパザルで、オクラを売っているのを見て、びっくり。
・・・もう11月なのに。

さすがに小さいのはないらしく、ジャンボサイズのオクラでしたけどね。












f0232763_06115908.jpg




エーゲの旅に出る前に買ったのが、
わたしの今年最後のオクラでした。
(ジャンボサイズは好きになれないから、もう買わないし)




最近は、煮込んでばかりだったので、
気分を変えて、エビを詰めて、揚げてみました。













f0232763_06121403.jpg



そして、残りの一部は中華風に・・・。


白灼秋葵です。












今年は、ほんとにオクラをよく食べました。



















[PR]

by akdeniz_tk | 2016-11-12 18:03 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(9)

サーモンのキャラメルソース。

f0232763_03113128.jpg






久しぶりに、お家ごはんの話。
・・・エーゲの旅の記録が長かったからね。


以前、チキンのキャラメルペッパーソースを作ったときのコメントで、
Fさんが、「タイレストランで食べた、サーモンのキャラメルソースがおいしかったですよ」
っておっしゃっていたので、

チキンじゃなくて、サーモンも良いね♪♪
って、作ってみました。








f0232763_03120263.jpg




サーモンも、おいしかったです。
他に、どんな食材がキャラメルソースに合うのかな??













[PR]

by akdeniz_tk | 2016-10-26 17:10 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(6)

牛ひき肉で生煎。

f0232763_18120311.jpg





最近、何度か試している生煎。
上海の小吃の1つですね。

まずは、上海ナビの生煎食べ比べを読んで、
イメージをUPさせて・・・・。
皮がふわりとして、カリッとした焼きめがあって、
中からスープがあふれ出す、そんな生煎を目指します。


生地は、餃子とは違って、イースト入り。
粉とイーストと砂糖と塩で作った生地を
ほとんど発酵させないで、具を包みました。
(発酵させると、生地の厚い、ただの焼き肉まんになっちゃうし。。。)


具は、豚のひき肉を入れたいトコですが、
手に入らないので、牛肉で。
ゼラチン(もしくは煮凝り)を使わずに作りました。

牛ひき肉に少しずつ水を入れて(それが後で肉汁に変身!)よく混ぜて、
葱とショウガを加えて、
味付けは、オイスターソースと塩胡椒。
あと、ほんの少しだけごま油もね。





f0232763_18121557.jpg





小籠包のような形に包んで、
餃子を焼くように焼いたらできあがり。


餃子もおいしいけど、生煎も良いね。





[PR]

by akdeniz_tk | 2016-07-02 18:28 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(12)

エスニックそぼろカレー。

f0232763_21311998.jpg





洗車をすると、雨になる。


数か月ぶりに、洗車屋さんに行って、
フル洗車(内も外も)をしてもらったら、
翌日は、雨。夏のアンタルヤ、最後に雨が降ったのっていつ?ってぐらい、
ほとんど雨が降らないのに・・・。

普通の雨ごいよりも、効果がありそうだなぁ~って思いました。




オクシモロンのエスニックそぼろカレーがとってもおいしそうだったので、

鎌倉に行けるのはいつになるかわからないしなぁ~と、
写真からイメージして、適当に作ってみました。


東南アジアっぽくひき肉を味付けて、
周りには、コリアンダーと青ネギと大葉と、
水菜はないので、レタスを乗せて・・・。

まがい物ですが、すっごくおいしかったです。




大葉をもっと入れたかったけど、
いまだに大葉栽培が成功していないので、
ほんのちょっとだけ。
(↓にレシピメモを残しましたが、試すのなら、大葉はもっと入れたらよいと思います)

お皿もね。最後に混ぜて食べるから、もっと大きめが正解だったね。











作ったあとに知ったけど、
本当のオクシモロンのカレーレシピって本になっているのですね。

きっと、かなり違うと思うので、いつか本物も食べてみたいな。








f0232763_21312816.jpg



【材料】1人分
牛ひき肉  75g
レッドカレーペースト 大さじ1/2
にんにく 2かけ
ショウガ 少々
ナンプラー 大さじ1
砂糖 小さじ1
胡椒 少々
サラダ油 大さじ1
レタス 1枚
青ネギ 1本
大葉  5~6枚
コリアンダー 4~5本
ピーナッツ(砕いたもの) ひとつまみ
白飯 1膳分

【作りかた】
1.ショウガ、にんにくをみじん切りにする
2.小鍋を火にかけ、サラダ油を入れて、ショウガ、にんにくを炒める
3.ひき肉を加えてさらに炒め、ひき肉の色が変わってきたら、
  カレーペーストを加える
4.砂糖、ナンプラー、胡椒を加えて、ひき肉に火が通るまで加熱する
5.盛り付ける
  レタスと大葉は千切りに、コリアンダーは食べやすい大きさにちぎり、
  青ネギは小口切りにする
  中央に白飯を盛り付けて、上からカレーそぼろをかけ、
  周りに、レタス、大葉、コリアンダー、青ネギをのせ、
  上から、ピーナッツをかける


 
追記:なにかが足りない?って思いつつ写真を撮ったのですが、
   本物にはレモンが付いていますね。レモンも添えて、どうぞ




[PR]

by akdeniz_tk | 2016-06-30 22:08 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(12)

トルコで作るバターチキンカレー。

f0232763_2254741.jpg



昨日のヨーグルトカレーチキンを使って、
バターチキンカレーを作りました。

といっても、トルコバージョン?

簡単に手に入る材料を使って、かなりアレンジしています。


カレーって、たまに無性に食べたくなりますよねぇ~。








f0232763_2263414.jpg


レシピメモ残していても、トルコに住んでないと役に立たないと思うけど、
たぶん、あとで、わたし自身が見る気がするので、材料だけ残しておきます。
作り方は、以前のとほぼ一緒なので省略します。

【材料】
バター 40g
トマト 3個
はちみつ 35g
ショウガ 35g
にんにく 2かけ
塩 5g
サルチャ(トマト) 25g
ビベルサルチャス 10g  
ヨーグルトチキンのグレービー 適量
牛乳 90ml

ヨーグルトカレーチキン 適量

(スパイス) 
クローブ 2個
カルダモン 3個
ローリエ 1枚
カレー粉 大さじ1
パプリカ 大さじ1
胡椒 小さじ1/3
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-13 03:57 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(16)

ヨーグルト・カレーチキン。

f0232763_0271912.jpg



・・・家庭用のデジタルなオーブンが欲しい!!

って、最近だけでも、何度となく思っています。



結構な割合で、オーブンを使っているというのに、
未だに、ちっとも仲良くなれません。。。

以前も書いた気がしますが、うちのオーブンには、
時間、温度、火の調整(上火のみ、下火のみ、両方)の
ダイヤルが3つ。

この『温度』ダイヤルが曲者で、誤差20℃はあるハズ。

『あと、ちょっとかな?』って思って、時間を延長すると、
たいがい、焦げてしまいます。

一応、誤差を考慮しているというのに、それでも、
なかなかぴったり行かないのは、
もしかして、オーブンにバカにされているのでは???
などと、若干被害妄想中。



それでもね。わたしのオーブンは、温度調整ができるだけまだマシ?
トルコの旧型の丸い電気オーブンは、温度設定のダイヤルさえないんですよ~。
(こんな感じ

・・・マカロンとか焼けないと思います。





f0232763_0274327.jpg


というコトで、若干、焦げ気味ですが・・・。
ヨーグルト・カレーチキンを作りました。

多めに作って、半分はそのまま食べて、
残りの半分は、バターカレー用に。


以前、似たようなチキンをUPしているので、
メモ書き程度に、材料等を書き残しておきます。

使ったスパイス:カレー粉、パプリカ、胡椒など

ヨーグルトとスパイス(それから、塩も)を混ぜて、鶏肉を1日漬けこんで、
耐熱容器に、たまねぎ、マッシュルームを敷き詰めて、
その上に、漬けこんだ鶏肉を乗せて焼きました。
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-02-12 00:31 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(12)

鯖と大根の韓国風煮物

f0232763_0165181.jpg


トルコに来てから、畜肉もあんまり食べないけれど、
それ以上に、魚介類。ほとんど食べていません。

10月からの3ヶ月間を考えてみても、
魚介類を買ったのは、思い出せるぐらいの回数。

冷凍エビ(1kgだけど)、蝦蛄、甲イカをそれぞれ1回ずつ、
そして、今回、サバ・・・以上です。

決して、魚介類が嫌いなんじゃなくって、
お刺身も、魚料理も大好きなんですけどねぇ~。


原因は、わかっています。

まず、近くのスーパーでは魚介類を売っていないってコト。
お魚を買うには、パザル(市場)に行くか、それとも、
ミニバスに乗って、大きなスーパーに行くしかないです。
(トルコにも、魚屋さんもありますが、家の近くにはないです)

しかもね。
パザルのお魚も、スーパーのお魚も、どうも生臭くって・・・。
(以前、スーパーでムール貝を買ったら、
 調理中にアンモニア臭が発生したって、書いたコトありましたっけ?
 ・・・当然、全廃棄しました。)


この前、パザルで、半解凍のサバが売っていたので、
『これなら、大丈夫かな~?』と、久しぶりに買ってきました。


3枚におろした半身を、大根と一緒に煮込みました。
残りのサバについては、また明日。


f0232763_0172051.jpg


【材料】
大根 10cmぐらい
鯖(中くらいの大きさ) 1/3尾
ショウガ 1かけ
しょう油 15ml
砂糖 10g
コチュジャン 10g程度
白ワイン 15ml   日本酒が手に入らないので。
ごま油 小さじ2程度


【作りかた】
1.大根は皮をむき、半月切りにして、下ゆでする
2.鯖は、皮に隠し包丁を入れて、お湯をかけて、水を切る
2.鍋に千切りにしたショウガ、砂糖、しょう油、白ワインを入れて火にかけ、
  鯖、大根、コチュジャン、ごま油を入れて煮る
3.大根に味が浸みたら、火を止める
[PR]

by akdeniz_tk | 2013-01-29 00:19 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(14)

ロブスターのマヨネーズソース。

f0232763_1183176.jpg



引き続き、フルーツブランデー(りんご)を使ったレシピです。


といっても、漬けこんだブランデーだけになったので、
(りんごは、他のお料理やらケーキやらで使い切りました)
隠し味に使ったって感じなんですけど・・・。




ネットで買った、訳あり(ひげ折れ)特価のロブスター。

「1匹約180g」という大きさのイメージがつかなかったけど、
実際に見ると、かなり小さいです。。。

なので、嵩UPのために、ちょっと加工。
















下味とタレの隠し味に、フルーツブランデーを使った、
ロブスターマヨネーズ。

・・・とってもおいしかったです!!
が、一瞬で食べ終わりました。
だって、1尾から5口分しか取れないんだもの。。。

量的には、1人1尾は必要だけど、
値段から考えると、やっぱり無理かなぁ~。



f0232763_11131855.jpg


【材料】 1~2人分
ロブスター(冷凍・ボイル済み)  1匹

(ロブスター下味用)
フルーツブランデー(りんご) 小さじ1
塩・胡椒 少々

(衣)
卵 1/3個
片栗粉 20g程度

(ソース)
マヨネーズ 30g
牛乳 10g
砂糖 3g
フルーツブランデー(りんご) 小さじ1

揚げ油 適量
(飾り付け用) 千切りレタス 少々

※フルーツブランデー(りんご)は、このレシピで使ったのと同じです

【作りかた】
1.ロブスターは、頭を取り除いてから、身を取り出す
2.身を5~6つに切り分け、背ワタがついていたら、そっと外す
3.フルーツブランデーと塩・こしょうで下味をつける(5分程度放置)
4.ソースの材料を混ぜておく
5.卵を溶きほぐし、3を入れてよく混ぜ、片栗粉も入れて混ぜる
6.中温で、衣の色がこんがりとするまで揚げる
7.フライパンを火にかけ、4を入れてかき混ぜ、ふつふつと泡だったら、
  火を止めて、6を入れてさっと絡める
8.皿にレタスを盛って、ロブスターの殻を乗せ、7を入れる。ロブスターの頭を飾る

自家製フルーツブランデーの料理レシピ
自家製フルーツブランデーの料理レシピ

[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-28 23:06 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(6)

麻婆腐竹(ひき肉と腐竹の炒め物)。

f0232763_19391972.jpg



腐竹(中国湯葉)を使ったお料理です。

豆腐もたいがい聞こえが悪いけど(だって、豆の腐ったのだし)、
腐竹も、文字だけ見ると『なんだろ?』って思ってしまいます。



本当は、日本の湯葉の方が好きなんだけど、
炒めたりするのなら、しっかりしてなきゃ駄目だから、
そんな時は、腐竹。


麻婆豆腐ならぬ、麻婆腐竹を作りました。










f0232763_1940062.jpg


【材料】 3~5人分
腐竹 250g (戻した後の重量)
豚ひき肉 100g
にんにく 1かけ
サラダ油 小さじ2
ゴマ油  大さじ1/2
豆板醤 10g
しょう油 小さじ1
塩・胡椒 少々

水溶き片栗粉(片栗粉 7g、水 25ml)

【作りかた】
1.前日、腐竹を水に漬けて戻す
2.水を切って、沸騰したお湯でさっと茹でて、ザルで水気を切る
3.にんにくはみじん切りにする
4.フライパンに、にんにくとサラダ油を入れて火にかけ、
  にんにくの色が変わったら、ひき肉を入れて炒める
5.豆板醤と塩・胡椒を加えて、さらに炒める
6.腐竹を入れて、ひたひたになるまで水を加える
7.煮立ってきたら、しょう油を加え、味を見て必要なら、塩・胡椒を足す
8.水溶き片栗粉を加えて混ぜて、とろみが出たら、
  ゴマ油を加えてさっと混ぜて、火を止める
[PR]

by akdeniz_tk | 2012-09-21 00:11 | レシピ(アジア系)。 | Trackback | Comments(8)