オルドーのトースト・エキメッキ。

f0232763_08171746.jpg



たぶん、黒海の旅の記録はこれが最後。

トラブゾンのご当地グルメ三昧、
スルメネとブランジャックのパザル(市場)、
ホームステイをして、お母さんたちから習った黒海の家庭料理の数々、
とにかく、ギュッと詰め込んだ3泊4日の旅でした。



で。
ギレスンのお友達の実家に泊まった後、そのままギレスンの空港から、
アンタルヤまでのフライトを予約した気になっていたのですが、

旅に出る前にお友達と話をしていたら、
『ギレスンからアンタルヤへは直行便出てないよ?
 サムスンの間違えじゃないの??』と言われ、

・・・あれれ???


ギレスンからオルドーを経由して、サムスンへ。
サムスンからアンタルヤへ帰るコトになりました。

ギレスンとサムスン。
・・・スンしか似てないのにね。
地理感が全くないから、よくわかっていなかったわ。

でも。ギレスンからは直行便がないし、
トラブゾンからは当日の便がなかったので(週に3便しかない)、
結局は、サムスン一択だったのだから、しょうがないね。



まぁ、黒海地方を2県多く回ってラッキー♪♪
ってことで。





ギレスンからオルドーまではミニバスに乗って、
オルドーのバスセンター(オトガル)から、空港バスで、
サムスンにある空港へ向かいました。








f0232763_08175024.jpg



オルドーで見つけたトースト用のパン。
トルコのトーストは、ホットサンドとかパニーニみたいな感じ。
(詳しくは、以前UPしているからそちらでね





比較対象もなく、ずらっと並んでいると、
普通の食パン3斤と同じぐらいに見えますが・・・。










f0232763_08184661.jpg



かなりの大きさ!!
パン1枚が、パン屋のお姉さんの顔よりも大きいって・・・。


これでトーストを作ったら、ものすごく食べごたえがありそうですよね。
欲しかったけど、この袋まるごと(何斤分なんだろ?)しか売っていず、
ものすごく嵩張るから、諦めました。。。



長年、いつかは行きたいと思いつつ行けなかった黒海地方。
やっと念願が叶いました。

今回はハムシボレイ(イワシのピラフ)が習いたかったので、
秋の終わりに行ったけど(イワシは晩秋~冬がシーズンなので)、
現地でも、何人もの人に、『なんで、こんな時期に来たの?』って言われるぐらい、
ほとんど毎日雨でした。。。


次行くのなら、やっぱり夏前ですね。
夏は蒸し暑すぎるし、
秋は長雨だし、
冬は雪も降るし、寒いし(今年は特に雪がひどかったらしいですよ)、
・・・良い時期あんまりないんじゃない??

それでも、黒海地方が魅力的だって言われるのは、なぜなのでしょうね?







[PR]

by akdeniz_tk | 2017-02-08 03:22 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/27519296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fsnote2 at 2017-02-08 08:04
サムスンとは!韓国でもなじみのネーミングです。(笑)
ローフの画では普通に思いましたけど、
お姉さんの持つ手のサイズを見たらビックリ仰天!( ゚Д゚)
これなら一枚で満腹状態。
またお姉さんの表情が良いですね。(笑)
ユフカやピタの様な平パンが主なイメージがありましたけど
普通のパンも沢山食べられているんですね~
黒海地方の旅、行く願いが叶って、また予定外にも見れて良かったですね!
私も楽しませていただきました。<(_ _)>
Commented by Mchappykun2 at 2017-02-09 04:27
今ちょうど、25年くらい前に書かれた村上春樹の「雨天炎天」を読み終えたところです。これはギリシャ・トルコ辺境紀行です。トルコも危ない地域ばかりを車で回って、よく無事で帰ってこられたというような旅行だったようです。
黒海では魚が食べられた、とありました。この本で、トルコが地域によって人種も天気も景色も随分違うのだと、改めて知りました。日本人には想像もつかないほど複雑な国なんですね。
Commented by bayswater92 at 2017-02-09 04:38
こんばんは!アンです。
わー、すごい大きな食パン!食べてみたいな~。
アンカラじゃ見ないですよ。ってオルドー名物なんですよね。
ホットサンドじゃなくて普通の焼くトーストで食べたいけど、
普通のトースターには入らなそうだし、切って焼くのもったいない感じ・・。
といろいろ妄想してしまいました・・。笑
黒海ね・・緑が美しい、景色が綺麗、カラデニズ気質の憎めない人たち・・。
気候的にはいい時期は少ないのかもだけど
それも含めていいところ、って気がします。←黒海贔屓^^;
Commented by ♥ junjun at 2017-02-12 20:33 x
♪わぁ~、ジョーダンの様な でっかい食パン(^^;)
食べごたえありそうだね~。

念願叶って 黒海地方 大いに楽しんだようで 良かった~^^v♥
Commented by akdeniz_tk at 2017-02-17 10:45
Fさん
携帯電話を買おうと思っているのですが(1月以上経つのに、いまだ検討中)、
トルコでは主流だったサムスンは、日本ではあまりないんですね。
普通のパンはあんまりないですよ。地方によって、ちらほらって感じです。
黒海地方、また行けると良いなぁ~って思いますが、
日本からだとなかなか難しいですよね。
Commented by akdeniz_tk at 2017-02-17 10:53
Mchappykunさん
黒海地方で魚といえば、カタクチイワシですね。
トルコは、地域だけじゃなくてその家族によってもずいぶんと違います。
多民族国家だから、容姿もさまざま。青い眼、金髪のトルコ人もいれば、
アラブ系の彫りが深い黒眼・黒髪のトルコ人もいるし、
日本人とちょっと似たアジア風なトルコ人もいます。
イスラム教徒は多いですが、全身に黒い服をまとう女性もいれば、ノースリーブ、ミニスカートでお腹を出して歩いている娘も。
雨天炎天って読んだことないので、今度図書館で探してみます。
Commented by akdeniz_tk at 2017-02-17 10:56
アンさん
ギレスンの子も、『オルドーでそんなパン、有名だっけ?』って言っていたので、
知る人ぞ知る、ご当地パンなのかもしれません。
トルコのトーストじゃなくて、普通に焼いて食べたいですよね。
この大きさだから、トースターじゃなくてオーブンで焼く必要がありそうだけど。
やっと行けたカラデニズ。とっても楽しかったです。
リゼの方にも足をのばせたら良かったですけど、時間がなくて残念でした。
アンさんのカラデニズ贔屓に同感です。
Commented by akdeniz_tk at 2017-02-17 10:58
♥ junjunさん
ちょっと吃驚な大きさですよね。
値段もお手頃だったから、食べてみたかったのですけど、
大きさが全然手頃じゃなくって・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード