アクチャバットのキョフテ(Akçaabat Köfte)。(旅行・お出かけ部門)


f0232763_17432992.jpg






キョフテは、トルコのミニハンバーグや肉団子。
(派生的な豆や野菜のキョフテも存在します)


トルコの全国各地で、いろいろなご当地キョフテ(Köfte)がありますが、
黒海地方のキョフテといえば、トラブゾンの西側にあるAkçaabatのキョフテが有名です。












f0232763_17461040.jpg






で。
数あるアクチャバット・キョフテ屋さんの中で人気があるお店といえば、


本店は、もちろんアクチャバットにありますが、
イスタンブルやトラブゾンにも支店があります。

本当は本店に行きたかったけど、
車もないので、トラブゾン市内にある支店に行きました。








f0232763_17481850.jpg




キョフテをオーダーすると、
ブルグルピラフとAcılı Ezmeがついてきます。

Acılı Ezmeは、スパイシーペースト。
お店によって、かなり違いますが、
ここのはアジュカに近い感じで、とってもおいしかったです。
(アジュカ?なにそれ?・・・以前UPしているので、詳しくはそちらで)












f0232763_17471865.jpg






牛肉、パン、にんにく、牛脂、塩で作られるキョフテ。


その配合は、
約75%(73.2~76.2%)が牛肉、
約15%(14~15%)がパン、
約10%(8~9%)が牛脂
1%が塩

だそうです(cemiliustaのホームページより)。









f0232763_17493380.jpg



黒海地方らしく、
普通のパンのほかに、トウモロコシのパンもありました。












f0232763_17500203.jpg




食後は、バクラヴァとチャイ(紅茶)がサービス。












f0232763_17510117.jpg





予想していたけれど、この時期の黒海地方は雨続き。

トラブゾンに到着したのは、夜だったし、
雨の中、知らない街を歩く気にもなれず、
夜ごはんを食べてすぐに、ホテルへチェックインしました。


ホテルの窓から見た黒海。
・・・地中海との違い、イマイチ分からず。








[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-24 08:20 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/27381405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。