パチャンガ・ボレイ。



f0232763_06012712.jpg







焼きフムスに使った、パストゥルマ。
残りを冷凍していたけれど、なかなか消費できず。

そういえば・・・と思いついて作ったのが、
パチャンガ・ボレイ(Paçanga böreği)。




具を包んで揚げるボレキでは、

リコッタチーズのようなロルペーニルを入れて作る、
シガラボレイが定番だけど、


シガラボレイよりも、わたしはパチャンガボレイ方が好き。














f0232763_05541569.jpg




日本だと、パストゥルマは手に入らないと思うけど、
ブレザオラで代用するか?
豚肉が気にならないのなら、普通の生ハムで作ってもおいしいです。














ほぼ集中講座状態になっている、わたしのバーラマレッスン。
今回の課題曲は、『Gitme turnam』でした。

前回、今回と鶴(turna)続き。

・・・日本だと鶴は長寿の良いシンボルだけど、
 トルコだと少し意味が違う気がする。。。





バーラマのレッスンは、1回1時間。結構、長いです。
なので、途中で(腕が疲れてきたころ、さりげなく先生にバーラマを渡し)
生演奏をしてもらうんですけど・・・。

今回は、同じヒトの曲、mihribanでした。
(ミフリバンは女性の名前だって)


聞いたことあるような、ないようなってメロディーだったけど、
曲名は初めて知りました。
・・・お友達のお店の名前に似ているから、知っていたら記憶に残っているハズだしね。



sarı saçlarına deli gönlümü bağlamışım
(君の金髪を私の狂った心に結び付けて)
çözülmüyor mihriban mihriban
(ほどけないよ、ミフリバン、ミフリバン)
ayrılıktan zor belleme ölümü ölümü
(死は別れよりも難しいとは思わないで)
görmeyince sezilmiyor
(君に会えないと、何も感じられない)
mihriban mihriban mihriban
(ミフリバン、ミフリバン、ミフリバン)


・・・愛が、重い。重すぎる
   だけど、曲は素敵なので、リンクしておきますので、
   よかったら、聞いてみてください









わたしの今回の課題曲も載せておきます。


Gitme turnam bizim elden
(行かないで、わたしの鶴よ。私たちの手から(離れて))
Dön gel allahın seversen
(帰ってきて、お願いだから)
Ayrılık ölümden beter
(別れは、死よりも、もっと酷い)
Dön gel allahın seversen
(帰ってきて、お願いだから)








[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-13 06:29 | レシピ(トルコ料理)。 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/27298587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-12-14 13:23
1曲目はトルコというよりインドに近かったような?
それよりネクタイ+背広のトルコ人てお初。

↓の職人の件ですが木杓文字職人ありと思います。
余った材料で作ってもいそうだけど。
池波正太郎の鬼平犯科帳で清水健太郎が
爪楊枝職人でした。(^_^)/
Commented by fsnote2 at 2016-12-14 19:16
春巻きを包むように・・・まさにトルコの春巻きですね。
おかずにも、スナックにも良さそう♪
バーラマのレッスン、課題曲が頻繁に増えますねッ!
私が昔ピアノを習っていた時は、一曲をちゃんと出来上がるまで
何度も何週も続けなきゃで、レッスンは嫌いでした。f(^^;
残された時間が短いというのもあるかもしれませんが
それだけakdenizさんの上達が早いんでしょうね。

⇩その道60年!
いうのは簡単ですけど、凄いですね。
そんな職人のオクラヴァが欲しいですッ!
Commented by bayswater92 at 2016-12-15 18:34
こんにちは!アンです。
パチャンガボレイ美味しそう〜。
私も朝食用に大量に作って冷凍してますが
具がもっと寂しい気がする。。
たくさん作ろうと思うから中身ケチっちゃうのね。笑
これだけ具が詰まってたら満足の一品ですね!
私も次からケチるのやめよう。。
Commented by akdeniz_tk at 2016-12-17 16:52
ソーニャさん
インドって、こんな音楽でしたっけ?
そういえば、前にもほかの方も、インド音楽と似ているっておっしゃっていました。

木杓文字の職人さんっていらっしゃるのですね。
ひとつの道を究めるって、なんでも大変。
Commented by akdeniz_tk at 2016-12-17 16:54
Fさん
先生が、時間が限られているのを考慮してくださって、
1回1課題曲で、どんどんと進んでいきました。
昨日、最後の授業だったのですが、
『今後、日本に帰ったら、4ヶ月ぐらいは新しい曲じゃなくて、
今まで習った曲をしっかり弾きこなせるようにしたらよいよ』
ってアドバイスをいただきました。

同じことを数十年間続けるって、ほんと尊敬しますよね。
Commented by akdeniz_tk at 2016-12-17 16:56
アンさん
具がたっぷりなのは、やっぱりおいしいです。
冷凍保存しておけば、食べたいときにいつでも楽しめていいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード