なんにでも専門家っているのだろうけど、木匙職人さんっているんだね(サカリヤ)。

f0232763_06385135.jpg





忘れないうちに、トルコ全国物産展の続きを。

今回は、食べ物じゃなくて、キッチングッズです。



サカリヤのブースでは、木匙職人さんが実演販売中でした。



サカリヤって、どこ??
まずは、地図チェックですね。




f0232763_06390698.jpg




サカリヤは、トルコ北西部マルマラ地方にあります。
県都が、アダパザル。
・・・アダパザルはアダパザルとして知っていたけど、
   サカリヤの中にあるって初めて知ったわ~。
   県都と県名が違うとわかりにくいですよね。
   トルコでは、そんな県が4県(wikipedia情報)らしいけど、
   ハタイ県(アンタクヤ)、コジャエリ県(イズミット)、あとは1つはどこ??
   調べたけど、見落としたみたいで・・・ご存知の方、補足lütfen‼

   















f0232763_06392027.jpg





10歳のときに、お父さんとお爺さんに教えられて作り始め、
その道、60年の木匙職人さん。














f0232763_06392744.jpg




いちばん良いのは、ŞİMŞİR。

ŞİMŞİRはツゲ科の樹だそうで、
そういえば、日本でも柘植の櫛は良いって言うよね。

だけど。今のトルコの木匙のほとんどは、
ŞİMŞİRじゃなくて、ブナの樹製だそう。









f0232763_06393586.jpg




昔の水差し。

注ぎ口に、枝の分かれているトコを使っているのが、
おもしろいです。









f0232763_06394641.jpg



極細オクラヴァもありましたよ。

ユフカを広げるためじゃなくて、
ブルマ用。
・・・道理で、普通のオクラヴァで作ったら、
   ずいぶん穴が大きくなった訳だね。







[PR]

by akdeniz_tk | 2016-12-12 07:21 | 名物料理と食材辞典。 | Trackback

トラックバックURL : http://akdeniz.exblog.jp/tb/27285179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。